マイナンバーはキャッシングに利点が多い?

マイナンバーとキャッシングの関係

マイナンバー制度が始まった際に、キャッシングにどのような影響が出るのでしょうか?
国民総背番号制度の別名マイナンバー制度は、基本的にキャッシングとは無関係であると考えられます。

現在決定している時点での法律では、マイナンバーはキャッシングと大きな関係はありません。
基本的に税金関連や、社会保障、災害補償を中心に活用されていきます。また、医療などの現場にも活用されることが検討されています。

ですが、2018年を目処に銀行の口座とマイナンバーのヒモ付が出来るようにする法案が現在検討されています。
マイナンバーと銀行の口座がヒモ付をされると、個人の資産が分かるようになるので様々な影響が出ると考えられています。

一部の人からは『銀行のヒモ付が行われると個人が現金で資産を管理するようになり危険』という声も上がっており、それによって窃盗などの被害が増えるのではないかという懸念の声も。
それによって、一時的にお金が必要になった人がキャッシングを利用するとも考えられるのではないでしょうか。

現在の法案は『脱税対策』と言う側面が大きいため、将来的にどのように活用されていくのかの見通しが立たないのが現状です。
民間利用も検討されているので、将来的に個人信用情報機関も利用できるようになると新卒生がクレジットカードやカードローンなどを利用しやすくなると言う利点も出てくるかもしれません。

マイナンバーは外国人のキャッシングにも影響があるの?

マイナンバーで銀行カードローンが変わる可能性も

マイナンバー制度が実施されてから、上記にも書きましたが2018年から銀行口座とのヒモ付が出来るようになります。
ですが、それによって銀行カードローンの審査が変わる可能性も否定出来ません。
現状の法律では『民間企業がマイナンバーを利用できない』となっていますが、今後マイナンバーを民間利用出来るようにすると言う法案が出ています。
その為、マイナンバーを銀行が利用できるようになると資産などの把握をして、それを元にカードローンの審査が行われる。という風になるかもしれないのです。

マイナンバー制導入によってカードローンの審査は厳しくなる?

マイナンバーとキャッシングに関する利点と欠点

マイナンバー制度が実施された時に、キャッシングに関する内容が一部変更される可能性があります。
利点としては、利用出来る本人確認書類にマイナンバーカードが導入されると考えられています。個人番号カードの表面は免許証同様の本人確認証として有効になる事が検討されているからですね。
今まで首都圏に住んでいて免許証が無い人も、多くの場面で利用しやすくなると考えられるのです。

欠点としては、個人事業主の場合『事業番号が国民番号と同一』になるのが理由の一つです
マイナンバー制度で個人事業主の事業番号を万が一消費者金融などの所に登録されてしまった場合、『個人番号が消費者金融のデータベースに残る』危険性が出てくるのです。
そうなると、最悪の場合今まで借入が出来ていたはずの人も『個人番号流出の危険性』を加味して利用できなくなる可能性があるのです。

恐らくは納税証明書等の提出等を中心に今までと変わらない対応になると考えられますが、マイナンバー制度が始まることにより利点も増えるものの、リスクの方が大きいと考えている企業も多いのが現状です。
最重要の個人情報なので、自分でも漏洩させないように注意しておくことがとても大切です。