マイナンバー制度でキャッシングの裏ワザが使えなくなる!?

マイナンバー制度で使えなくなる裏ワザ

マイナンバー制度が始まることによって使えなくなる裏ワザの種類をまとめてみました。
どのような裏ワザがマイナンバーによって使えなくなるのでしょうか。

無職者の裏ワザ

無職の人の裏ワザとして、色々な噂が囁かれています。
そのいくつかが利用できなくなると考えて良いと思われます。

それは、個人事業主や派遣社員として偽装する方法です。
本来この方法は『利用規約』に反するので、利用することは出来ないのですが、その調査漏れで審査が通ってしまう可能性もあったのです。
個人事業主や派遣社員として申し込みをする方法は以下のとおり。

・個人事業主として偽装する際に、オークションサイトで物を売る事で個人事業主として収入得を得ていると見せていた。
・以前登録した派遣会社の名前を使って、派遣社員として偽装する。

この方法は、マイナンバー制度導入によって利用できなくなる可能性も示唆されています。
その理由としては「脱税対策で収入漏れを隠蔽出来ない」ということにあります。
マイナンバー制度は、災害対策や税金対策が中心に事業が進んでいます。その中で『脱税対策』と言う点に現状重点をおかれているため年収が明らかになります。

銀行カードローンの場合は各社定めた金額、消費者金融の場合は50万円以上の場合は収入証明書の提示が求められます。
現状『嘘』の収入が有ることを言うのが安易になっている以上、個人事業主や派遣社員の場合は各種定められた金額以下でも収入証明書の提出が求められやすくなるかもしれません。
実際にマイナンバーの情報を使って調べることは出来ないと考えられますが、今後マイナンバーの民間利用を検討していると、政府の法案にありますのでそれ以外の方法でも調べられる可能性は十分にあります。
ですが、スグにそのような自体になるわけではなく、実際に法案が可決してからになるので当分先の事になるのではないでしょうか。
他にも会社にマイナンバーを提出することが義務付けられるので、将来的にそのマイナンバーにより在籍確認が行われるということになる可能性もあるのではないでしょうか。

退職した後も即日融資を受けられる?
カードローン審査の抜け道や裏ワザってあるの?

苗字を変えて申し込みをする裏ワザ

苗字を変えて再度申し込みをするという裏技が実しやかに噂されていました。
その理由としては、信用情報にアクセス出来ないために「過去にお借入経験がない人」として扱われる事があったからです。

ですが、マイナンバー制度が開始された場合旧姓と今の姓のひも付けが容易になると考えられます。
信用情報にマイナンバーが利用される事は現在無いようですが、将来的に起こりうる可能性が高いと考えてよいでしょう。
また、銀行口座にマイナンバーが紐付けされることによって、信用情報機関の情報も更新されることも考えられますので、この裏ワザは使えなくなると考えて良いでしょう。

審査の時結婚前(離婚前)の名前は聞かれるの?

マイナンバー制度開始後も使えるキャッシング裏ワザ

逆にマイナンバー制度が始まっても使える裏技を紹介します。
実際違法ではないだけで、あまり一般認知されていない裏ワザなので、安心して下さい。

キャッシング在籍確認の裏ワザ

在籍確認の裏技としては、在籍確認なしで申し込む方法があります。
Web完結での申込方法や、在籍確認の時に使える裏技。Web完結で申し込むと簡単で便利に契約が出来ます。審査の時間なども他の申込方法と変わらないので早いです。

審査の電話で裏ワザはありますか?

返済手数料無料で返済する裏ワザ

普段ATMで返済をしている人は、コンビニATMで返済していませんか?
返済方法として各種借入をした所のATMで返済するだけで、手数料無料で利用出来ることがあります。
また、消費者金融からお借入の場合は『コンビニ払い』で手数料無料で利用出来るとも考えられますね。

ただし、そもそも返済方法が口座振替しか無い所もありますので、裏ワザと言っても使えない金融機関も有ることを覚えておきましょう。

キャッシング会社別返済方法比較