初めての申込/キャッシング業者/審査通る方法

初めての申込の人向け審査のやり方解説

初めて申込の人向け、キャッシング業者の審査のやり方を解説してみようと思います。

  • 申込者の属性
  • 総量規制に沿った借入か
  • 他社からの借入状況下過去の取引状況

基本的にこの3つを中心に審査が行われます。
内容を確認して、申込の時に備えましょう。

申込者の属性

キャッシング審査で初めに行うことが自己紹介。申込用紙を記入して『利用者情報を登録』することが必要となります。
氏名、生年月日、住所、連絡先、勤務先、年収など 個人情報を登録して、身分証明書の提出も必要となります。

他にも、自宅が賃貸なのか、持ち家なのか そこに何年在住予定か、家賃の月額、既婚独身、家族の有無(両親、配偶者)、固定電話の有無などの身辺状況や、勤務先の会社や仕事内容、勤続年数まで様々な要素を確認していきます。

多くの金融機関では、一番最後に行われる『在籍確認』というものがあり、直接勤務先に電話をしてそこで仕事をしているのかどうかを確認することとなります。
電話で担当者が在籍確認をするのですが、必ず会社名は伏せて電話を掛けてきた人の個人名で電話をかけてくるので、安心して良いでしょう。

もちろんこのような条件で審査をするので、書き損じ等があると審査自体に悪影響があります。書き漏れや書き損じには十分注意をしましょう。

審査の在籍確認を通るために知っておきたいこと

総量規制に沿った借入か

消費者金融や信販系の会社等でキャッシングを行う際に『貸金業法』という法律があり、その人の年収の3分の1以上の貸し付けを出来ないです。
例えば、年収が600万の人だったら200万円まで借入が出来ますが、150万円の人は50万円までしか借入が出来ません。
基本的に収入証明書を用いて金額を引き上げるのは50万円以上からとなります。50万円未満の借入は貸金業法にもとづいて収入証明書が不要なので、多くの金融機関では提出を求められません。※審査次第で収入証明書の提出を求められることもあります。

総量規制とは?総量規制の対象、対象外をわかりやすく解説

他社からの借入状況や過去の取引情報

こちらも、総量規制の問題が中心となりますが、他にも『本当に返済が出来るのか?』と言う点が注視されます。
返済能力に不安がある人が、他の金融機関からの借入れ状況が多くある場合は貸し付けが出来ません。
返済能力に不安がある人。と言うのは収入があまりにも少なかったり、他のところからの借入が収入と釣り合っていなかったりする人です。

属性は審査にある程度影響を与えますが、それだけではないです

キャッシングを申し込んだ場合、多くの人が『属性』という点に気を取られがちです。
特に、公務員等の国の機関で働いている人は属性が高くなる傾向があるようです。余程のことが無い限りお金を借りれない事はなさそうです。
それに対して、収入が安定し辛いフリーターや、フリーランスの仕事の人よりも、安定した会社員のほうが収入が少なくても審査に有利に働く傾向があるようです。

属性には多くの要素が含まれているので、重要なものだということは分かります。
ですが、属性以外にも注意すべき点はやはりあります。
世間一般では『ブラックリスト』と呼ばれている信用情報です。
内容としては、過去の遅延、滞納等が大きく影響します。特に3ヶ月以上の滞納がある場合は多くの金融機関で受け付けを断られてしまう場合が多いようです。
審査で過去の滞納は信用情報にどれぐらい響く?

このように様々な要素から審査をされるので、一概に「これだけはやっておけ」と言う物はありません。
ですが、現状少し微妙かも、と思っていても審査が通ることはよくあることです。
特に消費者金融の審査は裾野が広いですから、不安な状態で申込をされる時は銀行カードローンの審査を受けた後に、消費者金融の審査を受けてみてはいかがでしょうか?