プロミスの審査に落ちたら嫌だ!審査基準は厳しいのか考察

プロミスの審査基準は厳しいのか

プロミスで審査基準を調べてみると、意外と多くの口コミサイトで「落ちた」と言っている人が多い印象があります。
しかし、プロミスに限らずそれはどの消費者金融を見ても同じです。そのため、口コミサイトの落ちたと言う書き込みは、実は審査基準が厳しいという裏付けにはならないのです。

基本的に消費者金融の審査基準は過去の借入状況と、これから返済できるかの返済能力で判断されます。
当たり前ですが、過去に借りれが何度もあって返済の遅延を繰り返し行っていたり、滞納を現在も行っている人は、審査基準が厳しくなくても関係なく落ちます。
審査とはこれから申込者にお金を貸して、本当に返してくれるかを確かめる基準だからです。
ですが消費者金融の場合、銀行カードローンと違い細かいところまで見られない傾向があります。細かい情報を毎回見ていると、一人ひとりの審査時間が長くなるので、早さを売りにしている消費者金融の商品としては、あまり得策とは言えない状態になります。
なので、銀行カードローンと比べると、プロミスの審査は甘いと言う考え方が出来るでしょう。

プロミスに落ちた人はどんな人?

プロミスの審査で実際に落ちた人はどんな人なのでしょうか?
審査が落ちた!という人にはある程度の傾向が見られます。

  • 限度額を上げすぎた
  • 嘘を付いている
  • 借金が大量にある
  • 短期間で色々な所に申し込んでいる
  • 働き始めたばかり
  • 不審な所がある
  • 詐欺などに加担している恐れがある

このような項目分けが出来ます。
もちろんそれ以外の理由がある人もいますが、大抵がこのいずれかに当てはまると言われています。
詐欺などに加担している恐れがある人や、借金が大量にある人、不審な所がある人、嘘を付いている人は、お金を借りる以前の問題です。審査をするためにオペレーターが話していると、突然怒鳴りだす等の不審な人にお金を貸して帰ってくると判断されません。
また、年収等を多く書いておいたほうがいいだろうと書いて、バレた時は審査が通らないのです。
嘘とは違いますが、記入間違いも企業からしたら詐称と勘違いされてしまうので、落ちた!なんて事にならないように、書類はちゃんとチェックしましょう。

限度額を上げすぎたり、短期間で色々な所に申し込んでいると「お金に困っている」と誤解を与えて、返済能力がないと判断され借入が出来なくなりかねません。
働き始めたばかりでも、同じく返済能力が無いと判断されます。

また、三十路を過ぎて返済履歴が全くない人も不審として見られます。
30歳でクレジットカード等を使ったことがない人は少ないですから、何も無いとなると債務整理(自己破産など)を行ったと判断されかねません。

プロミスの審査を無事通過するために

プロミスの審査を無事通過するためにはどうすればいいのでしょうか?
審査基準は上記の通りで、審査が落ちてしまう人にならないためにちゃんと行動しておけば問題なく借入をすることが出来る事がわかります。

本当に必要な金額の限度額を設定して、嘘などをつかないようにする。
返済までの計画をしっかり建てられる状況である事を証明する。(最低でも半年以上は働く)

この単純な内容をちゃんと行って、プロミスの審査基準をクリア出来るようにしてから申込んで見てください。
そうしたらプロミスの審査に落ちた!なんて事にはならないで済むはずです。