プロミスの審査は甘い?必要書類から分かる事

プロミスの審査の必要書類は?

プロミスの審査で使う書類は

  • 本人確認書類
  • 収入証明書類

たったこれだけなのです。
銀行などで大口の融資を利用するとどうしても、必要書類が膨大になりがちです。それは、審査の際に使う書類が多いと言うことでも有ります。裏を返せば、銀行の審査が厳しいのは必要書類が多いから、とも言えます。

では、それぞれの必要書類で有効なものは何なのかを確認してみましょう。

本人確認書類

本人確認書類とは、一般的言う身分証明書の事です。
免許証や、健康保健証、パスポート等が必要となります。

外国籍の方は、在留カードもしくは特別永住者証明書が必要となります。法令により有効とみなされる期間中は外国人登録証明書も利用可能です。

また、上記の書類と現住所が異なる場合は必ず

  • 国税または地方税の領収書または請求書、もしくは納税証明書
  • 社会保険料の領収書または請求書
  • 公共料金の領収書または請求書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行のもの)
  • 住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書

を用意しましょう。

必要書類として、どれも証明書なので有効期限が切れていないことが条件です。

収入証明書類

収入証明書は、会社で貰える源泉徴収票や、確定申告書です。
どちらも最新のものを用意しましょう。
もしくは給与明細書も利用が可能です。
給与明細の直近2ヶ月分+1年分の賞与明細書が必要ですが、賞与明細書がない人は、2ヶ月分の給与明細だけで問題ありません。

こちらは、ご希望の借入額が50万円を超える人や、他の金融会社との合計で借入が100万円を超える人が必要となります。

プロミスの審査は何が行われるのか

プロミスの審査は、必要書類が少ない事から分かるように、銀行ほど厳しくはありません。
上記の書類の他に提出する情報は、書類の他にも住所地などの記入が必要となりますので、そちらからも審査がされます。

記入内容

・名前
・住所、居住形態、居住年数
・年齢
・電話番号、電話区分
・勤務先、勤続年数
・年収
・家族構成
・加入保険
・他社からの借入額
・その他

この内容を精査して審査をするようです。

一番重要視するのは信用情報

審査の内容としては、必要書類や記載事項を元に『信用情報』を照会します。
信用情報の内容は、他の会社からの借入などの情報や返済情報。
借入、返済状況等に問題がなければ、多くの場合で融資をしてもらえます。


この内容を元に、申込みをした人が返済可能な人物なのかを見極めるのが審査となります。

プロミスの審査は必要書類が少ないから甘いの?

必要書類が少ないプロミスの審査は甘いのでしょうか?
審査基準を銀行の大口融資と比べると、かなり甘いものと考えてもよいでしょう。ですが、他のカードローンなどと比べると、甘いのではなく一般的だと言えます。

一般的に、銀行カードローンよりも消費者金融の方が審査は甘いと言われています。
甘いかといって、誰でもいくらでも借入が出来るわけではありません。

収入がない方等は、消費者金融の場合は『総量規制』と言う年収の3分の1以上の貸し付けが出来ない制度があるので、年収が0円の人への貸し付けは0円しか出来ません。この辺りは法律が絡むので、甘くなくシビアです。
もちろん、既に借入が収入の3分の1を超えている人もその対象になりかねません。
住宅ローンなどの銀行の大口融資の場合はその対象外となるので、心配しなくて良いでしょう。

また、安定した収入があればアルバイトや主婦の方も借り入れをすることが出来ます。勤続年数が長いほど好印象なので、長いアルバイト歴を恥ずかしがらずに必要書類にはちゃんと記載しておきましょう。

すごく甘い審査とはいえませんが、一般的な人であれば借入が可能として審査するのがプロミスですね。