プロミスカードローンの即日キャッシング以外のメリットは何?

プロミスカードローンのメリット

プロミスカードローンを調べると、即日キャッシングのメリットばかりが目立ちます。
確かにプロミスなどの消費者金融の一番のメリットは即日でキャッシングを出来ると言う審査時間が特徴ですが、それ以外にもプロミスの場合は大手ならではのサービスが充実しています。

手数料無料の返済方法多数

他のカードローンの場合は即日でキャッシング可能!となっていても、返済には無頓着な部分もあります。提携ATMでしか返済できないので、手数料が必ず108円~216円かかってしまうカードローンもあるほどです。
ですが、プロミスの場合はプロミスATM以外にも、三井住友銀行の傘下なので三井住友銀行のATMでも手数料無料で返済することも出来ます。
プロミスATM自体も、無人契約機と併設されている場合が多く、色々な所でみかけますが三井住友銀行のATMも銀行の窓口と一緒に設置されているだけでなく、都市部ではATM専用スペースもありかなり使いやすいものだと考えられます。
また、Webでの返済や口座振替でも手数料無料で返済できる他にも、ローソンやファミリーマートのLoppi、Famiポートを利用して手数料無料の返済が出来るのはかなり幅が広いと言えます。
即日キャッシングが出来るだけでなく、返済まで考えているのがプロミスの利点ですね。

金利が他の消費者金融と比べて安い

消費者金融の場合は、最高金利が18%の物がほとんどです。
それに比べてプロミスの金利は4.5%~17.8%と最高金利が少し低めに設定されていることがわかります。また、最低金利も他の消費者金融でしたら5%前後なのに対して、4.5%なのでこの点も低いと考えられます。
0.2%金利が低いと、どうなるのでしょうか?
同じように他の消費者金融で借入をして、金利が下がっていく事がありますが、返済額や利息に大きな差は現れません。
ですが、ちりも積もれば山となるという言葉がある通り100円や200円の返済額の差だとしても、それが繰り返されて1万だったり10万だったり差が生まれてきてしまいます。特にプロミスの場合は手数料無料で返済が出来る場所が多いので、その差が生じるのも早いと考えられますね。
ただし、銀行カードローンのように元から金利が断然安いものとなると完全に突出したメリットだと考えるのは難しいかもしれません。
あくまで他の消費者金融と比べて安いので、みずほ銀行カードローンなどの別の銀行カードローンを利用して金利を抑えて置きたい人はそちらを先に申し込みをしましょう。
ただし、即日キャッシングをして金利も抑えたいと思うのでしたら、プロミスはオススメです。

30日間の無利息期間

30日間の無利息期間があるのがプロミスの特徴です。
プロミスの場合は、はじめてのお借入日翌日から30日間なので、借入をせずにカードを作っておくだけでも安心ですね。
アコムも30日間の無利息期間がありますが、契約日の翌日から30日間なので先に作っておいていざというときに使おうと思うと、無利息期間が終了してしまっています。
その点、時間の猶予も有りなおかつ30日間と1月ほどの無利息期間があるのはやはり利用する時に有難いものだと考えられます。
また、無利息期間があると返済を複数回に分けても元金を最初に減らしやすいので利息が減りやすい点でもメリットです。
即日キャッシングをしたら、その翌日から無利息期間が開始されます。

忘れてはいけないプロミスのデメリット

プロミスのメリットを紹介しましたが、デメリットも忘れてはいけません。
プロミスは、即自キャッシングが出来る消費者金融の一つなので総量規制の対象となります。総量規制とは、収入の3分の1以上貸し付けを出来ない法律で、貸金業社には適応されます。プロミスも三井住友フィナンシャルグループの傘下ではありますが、銀行ではなく消費者金融なので対象です。
総量規制の対象となると、ほんとうに必要なときに借りられない可能性も出てきます。

また、銀行カードローンと比べると金利が高いこともデメリットの一つです。
消費者金融の中では低い部類に入りますが、カードローンの業界全体で見るともっと低い所はたくさんあります。特に銀行カードローンの場合は高くても最高金利が15%が平均的なのでそれよりも安いみずほ銀行カードローンなどで考えてみるほうが良いかもしれません。
さらに銀行カードローンの場合は総量規制の対象外なのでプロミスのデメリットのどちらももクリアしています。

ですが、金利が安いところほど審査は厳しいと考えたほうが良さそうです。
審査が厳しいので、どうしても借入が出来ない人が出てきます。また、審査の時間が長いのも特徴です。
なので、早く借入をしなければ、と言う人は即日キャッシングが出来るプロミスなどの消費者金融を使うのが良いでしょう。