プロミスはカード無し郵送物無しでバレずにキャッシング可能!

プロミスのWeb完結申込はカード無し、郵送物無し

プロミスのWeb完結申込とは、新規で申込をする際にWeb上で全ての申込から契約までを完了させるやり方です。

「郵送物が心配」
「人と会いたくない」
「スグに借りたいけど時間がない」
「契約機が近くにない」

と言う人にオススメの契約方法。

カード発行を選ぶことが出来て、カード発行無しを選ぶと、郵送でカードが送られてくることがないので、契約書類などは全てWeb上で完結します。
郵便物がない分、家族にバレたくないと言う人には特にオススメ。多くの場合で、家族バレをしてしまうのは郵便物であると言われているため、郵便物がないのはそのリスクを回避するのにうってつけです。

また、Web上で全て完結するので人と一切会いたくない人にもオススメ。
電話番号の確認や、本人の申込かどうかを確認するためや、申込内容の確認のために、登録した携帯電話に電話がかかってくることが稀にありますが、ほとんど心配しなくてよいでしょう。
電話がかかってくる理由の多くは入力ミスや間違いなどです。

プロミスの自動契約機が近くに無かったり、時間がない人はWeb完結で終わらせれば契約機に行く必要がありません。
自動契約機に行ってから申込をすると、申し込み後に審査の時間で待ち時間が発生します。
カードが後から必要になった場合は、後々発行することも出来るので、一度Web完結で申込をしておくのが良いのではないでしょうか。

プロミスのカード無し、郵送物無しの申込方法

Web完結の申込方法の手順を見てみましょう。
まずは、こちらから公式サイトに移動して申込をします。
[プロミス]

必要事項を入力していきましょう。

入力内容の注意点

お勤め状況の確認方法の選択次第で、電話での在籍確認を無しで行うことが出来ます。
在籍確認で、職場に電話がかかってくるのに不都合がある場合は、『書面での確認』を利用すると良いでしょう。

その後、入力していく内容の中で
『ご契約方法の選択』
となっている所を『Web』で選択します。
その後、その日のうちに振り込みキャッシングを利用したいのであれば『振込融資希望』の希望するにチェックを入れましょう。

その後、必要事項を全て入力したら確認画面へ。
確認画面でちゃんと入力内容を確認しておくのが大切です。

プロミスだけではなく、審査の際に『嘘』があると借入が出来なくなってしまうことがあります。
特に電話番号は入力ミスをしていると、間違えていた場合も確認が取れないので審査落ちになる可能性が高いです。

また、30日間の無利息期間を利用する場合は、メールアドレスの登録と、書面の受取方法を『パソコンまたは携帯電話よりプロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認』に選択する必要があります。
Web完結の場合は、受取方法は1つしか出ませんが、来店契約を考えている場合は別の選択肢もありますので注意が必要です。

プロミスのカード無し、郵送物無しでの借入方法

プロミスでカード無し、郵送物無しで申し込みした場合、借入はどのように行えばいいのか疑問に思いますよね。
基本的に、カード無しでプロミスに申込を行った場合は、振込キャッシングが中心になります。
振込キャッシングでは『三井住友銀行』か『ジャパンネット銀行』の口座を持っていると大変便利です。
三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座であれば、24時間何時でも振込キャッシングが出来るためです。申込は他の銀行でも24時間いつでも利用可能ですが、振り込み時間を過ぎている場合は翌営業日に振り込まれるためです。

基本的の多くの銀行に対応していますが、土日の振り込み等の利用が多くなる場合は、後々カードの発行をすると良いでしょう。

また、返済もカード無しで利用できます。
『三井住友銀行』と『ジャパンネット銀行』を初め、『三菱東京UFJ銀行』『みずほ銀行』『楽天銀行』を利用できます。
口座振替として返済することも出来ますが、お金ができた時に『インターネット返済』をつかって返済することが出来るので大変便利。
口座振替と併用して利用することが出来るので、追加返済なども楽々利用できます。