アコムで審査落ちをしたくない。甘いって本当?

アコムの審査が甘いと言われる理由

アコムの審査が甘いと言う言葉を聞いたことがある方も多いかと思います。
まず、理由を考えるにあたって甘いと言うのはどのような基準からなのでしょうか?
甘いと言うは、他の金融機関の基準から見て甘い。ということなので、その他の金融機関を考えなければなりません。

アコム以外の金融機関の審査

厳しいと言われるのは、銀行カードローンです。銀行の審査基準は高く、審査落ちをする可能性が高くなります。
収入から居住形態まで、幅広く審査の基準が決まっていると言われています。
年収が大いに越したことはありませんし、賃貸より持ち家の方がしっかり返済能力があると判断されやすいのです。

アコムの審査

対してアコムを含めた消費者金融の場合は『即日融資』を売りにするため、審査基準が銀行カードローンと大きく異なっているようです。
過去から現在までの借入、返済状況が分かる信用情報を利用して審査が行われるのが基本です。
この時に、審査内容が多くなると即日融資が出来ません。その為、各企業で決めた審査基準の項目に従って合否が判断されます。審査項目が少なく、早く審査結果を伝えることが出来るようにしているため甘いと言われているようです。

銀行カードローンもそうですが、消費者金融の業者次第で審査の方針が変わります。
過去の借入状況で遅延などがあると駄目だと言う業者もあれば、これからの返済状況がちゃんとしていれば、過去の遅延は気にしないと言う業者もあります。
アコムの審査が甘いと言われるのは、この消費者金融の中でも過去より現状の返済能力があるのかを重視すると言われているからだと考えられます。

アコムの審査落ちをする人のタイプ

アコムの審査落ちをするタイプはどのような人なのでしょうか?
審査落ちをするということは、まず審査の基準に引っかかっているということなので、どの部分が引っかかるのでしょうか?

それは、過去の返済状況に数ヶ月に渡り返済遅延を起こすなどの怠慢があった方などが当てはまります。
信用を元にお金を貸し出すサービスがカードローンとなりますので、過去に返済の遅延があると信用が薄くなるのは確実です。1回だけ数日遅れた程度ならば払い忘れだと判断されて気にしない所が多いようですが、それを繰り返し行なっていたり、現在も返済義務を怠っている人は、審査落ちの対象となります。

他にも、虚偽申告(嘘をつく)等をした人も審査落ちをする事があります。
情報を調べるにあたって、嘘偽の申告がある人に過去の遅延がある人同様に信用が出来ない。と言うのは企業ではなく、自分自身が誰かを信用するか? で考えてみるとわかりやすいです。
嘘をつく人にお金を貸したくないのは、みんな同じですよね。
審査と言っても、最低限の義務を怠っていなければ審査落ちをすることがほとんどありません。

また、それ以外で審査落ちをするとすると。
収入がない人は、総量規制の問題で審査落ちをしてしまいます。総量規制とは収入の3分の1以上の貸し付けをしてはいけないという法律です。
いくら審査基準が甘いと言っても、収入がない人に貸せる金額は収入の3分の1なので0円です。
融資を行えない人を審査を通しても、アコムに何のメリットもありません。

他に審査落ちの対象となるのは年齢などのご利用条件に当てはまらない事もあります。
『貸付対象者:20歳~69歳までの安定した収入と返済能力を有し、当社基準を満たすお客さま。』
がアコムが掲げる利用可能社の範囲です。未成年の方はご利用いただけませんので、審査落ち以前に申込みが出来ません。

アコムの審査落ちをせずに借り入れをするには

まず、過去の借入状況を綺麗にしておくことが大切です。
今いくらかお金を借りている人は、それを完済してから借入を考えましょう。出来れば完済させてから6ヶ月ほど期間を開けて申込みをすると、審査の際に信用がしやすいと言われています。
審査基準が甘いからと言って、油断して借金まみれな状態で申込みをしない事が重要です。

また、審査落ちをしないようにするためには、嘘をつかないことも重要です。
いい格好をしようとして、年収などの嘘をついてしまうとただ審査落ちの対象となってしまうだけなので注意をしましょう。