アコム即日融資は店舗ATM以外でも利用可能!

アコムの即日融資は店舗に行く必要がある?

結論から言えばNOです。
アコムの即日融資を受けるためには、インターネットや電話で申し込みをされてから振込融資で借り入れをすることが可能です。
店舗に行く必要もなければ、ATMに行く必要も無いのでとても便利です。

ですが、振込融資を希望される場合は、平日14時までに契約を完了させて振込融資の依頼をしなければなりません。
三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行の口座を持っている場合は、初回のみ18時まで時間が延長されます。

この時間外で申し込みをする場合は、店舗に行ってむじんくんなおdの無人契約機で申し込みをする必要があります。
申し込みをして、カードを受け取ってからATMで借入をするのが即日融資を受ける手段となります。
即日融資を受けるためには店舗ATMを利用する必要はありませんが、時間帯によってはそれ以外の手段が無いことがあるので、注意が必要です。

アコムのWeb完結での即日融資

アコムに申し込みをする際に、Web完結で申込をして振込融資の依頼をするやり方です。
アコムのホームページから申込をして、Web上で完結させる事が可能です。
あとは、申し込みの際に表示される流れにそって契約をしていくだけです。
14時もしくは、18時までに契約を完了させて振込融資を依頼しましょう。

また、在籍確認で職場に電話がかかってきてか融資が可能なので、土日などの会社が休みの日に申し込みをされる際には在籍確認の電話を出来るまでは利用限度額が低めで借入する事が出来る場合があります。この場合は、状況によりますが恐らく電話等で連絡があり相談する形になると考えられます。

アコムに電話での即日融資

電話での申込の場合も、Web完結での申し込み同様に即日融資が可能です。
契約の手続きはむじんくんやアコム店舗、もしくはセブンイレブンやFaxで書類の送付をすることで契約が完了します。
その後、14時までに振込融資の依頼をすることで、即日融資で借入をすることが可能です。
また、電話で申し込みをするとその場で簡易審査の結果を教えてもらえます。実際の審査内容とは異なりますが、簡易審査であるていどの目処がたつのでありがたいですね。

店舗やむじんくんで即日融資

アコムの店舗やむじんくんに行って即日融資を受けるやり方です。
実際の店舗の数が少ないので、むじんくんに行く形になると考えられます。むじんくんは9時~21時(場所により21時半)まで営業していて、その中で申し込み~契約まで完了させることが可能です。
契約まで完了させると、カードがその場で発行されるので併設のATM等で借り入れをすることが出来ます。

アコムの店舗ATMを利用する利点

アコムの店舗ATMを利用して即日融資を受ける際にはいくつか利点があります。
上記であります通り、営業時間がその一つです。アコム店舗ATMで即日融資を受ける場合は、むじんくんから申し込みをする形になると考えられます。その場合は、21時まで利用が出来るので便利です。
特に、むじんくんの場合は併設の店舗ATMが設置されている場合が多いので、契約したその場で借入をすることも出来ます。ATMだけ24時間稼働の場所もあるので、必要なときにむじんくんの場所がわかっていれば、お金を引きろすので困りません。即日融資を受けること以外にも、借入や返済の事を考えておくと、店舗ATMの場所がわかっているとかなりお得です。

また、アコムの店舗ATMでの一番の利点は手数料がかからないことにあります。
手数料無料で利用できるので、コンビニATM等で利用する場合は108円~216円の手数料が借入返済どちらでも掛かってしまう無駄が発生しますが、アコムATMではそれがありません。
216円の借入返済を毎月続けていれば、すぐに1万円以上の手数料を支払うことになっていまいます。
その為、利息+手数料と負担が大きくなっていくので注意が必要です。

アコムの店舗ATMも使わずにWebで返済

店舗ATMの利点は、手数料無料で借入返済が可能なところですが、店舗ATM以外にもパソコンや携帯、スマートフォンでアコムのサイトにアクセスしてログインすると借入から返済まで全て行うことが可能です。
指定のインターネットバンキングが利用出来る口座を登録しておくことで、返済なども手数料無料で利用できます。
また、振込融資も無料で利用できるのでかなりお得です。ホームページから申し込みをされる際に、口座の登録をしておくとスムーズに利用する事が出来ます。
他の登録の場合は、会員ページにログインしてから登録をすることが可能です。
また、楽天銀行の口座を持っていれば、店舗ATM同様に24時間借入をすることが出来ます。いつでも振込融資をうけることが出来るのは楽天銀行の口座のみなので、アコム専用に楽天銀行の口座を作る人も居るほどです。
借入から返済まで全て行うのには、やはり利便性が高いほうが利用しやすいと考えるのが妥当でしょう。