モビットのWeb完結の審査は会員でなくても10秒で審査!

モビットのWeb完結と10秒審査とは

モビットの申し込みはパソコンや携帯、スマートフォンを使ってWeb上で完結させることが可能です。
申込時に煩わしい書類を書いたり、自宅に郵便物が届くのが不安という方に最適なのがWeb完結の申し込み方法だと言えます。
Web完結の申し込みは、カードの受取をせずにカードローンの利用が開始できます。カードが無いのにカードローンと言う名前なのは不思議ですが、手元に物が無いので家族バレ等が怖い人には有難いサービスですね。

Web完結の流れ

モビットのホームページに移動して、申し込みをしましょう。
申し込みの際に、必要事項を入力していくだけです。
申込時に入力する内容は注意しましょう。間違った内容を入力したり、嘘の情報を入れてしまうと審査に落ちてしまうことがあります。嘘をつく人間にお金をかすのは、業者も個人も嫌なものですから。

入力を終えて送信すると10秒審査の結果が出てきます。
その後、本審査を終えるとメールで(基本的にWeb完結の場合はメールですが、審査の際に確認が必要であれば電話も来ます)結果を通知してもらい、契約手続きに以降。本審査にあたり、本人確認が出来る書類の提示を求められますが、多くの場合で携帯のカメラやスキャナーで画像化したものを送付するだけで構いません。
モビットの会員に入会登録をすると、入会手続きが完了し次第振込での融資を受けることが可能です。

Web完結で申し込みをすると、上記にも書きましたがカードの受け取りをせずに済みます。ですが、カードを受け取る方法もあり、郵送かローン契約機でカードを受け取ることも可能です。

10秒審査とは?

10秒審査は入力した情報を元に審査をする『簡易審査』です。
あくまで簡易審査なので、実際の審査と結果が異なる場合があります。
嘘の内容を入力しても、審査の際に信用情報で照会をした際に違うことが分かり審査が落とされたなんてこともあるようです。

会員でなくても10秒診断を受けられるが……

会員登録をしていない人も10秒審査を受けることが出来ますが、10秒審査を行う場合は申し込みが必要となります。
申し込みをしてしまうと、信用情報機関に『申込情報』が残り、他のカードローンやクレジットカードを作ろうとした際に不利に働いてしまう可能性があります。
10秒審査以外にも、モビットでは『お借入診断』を行うこともでき、10秒審査よりも簡易的な審査を受けることが可能です。
お借入診断の場合は、個人情報を入力しませんので信用情報に情報が残ることはありません。
モビットのホームページからお借入診断をすることは可能です。
診断結果は『ご融資可能と思われます。』『申し訳ございませんが、ご入力いただいた情報では判断できませんでした。』のどちらかが表示されます。
Web完結で申し込みをされるのでしたら、前記の『ご融資可能かと思われます』の状態でしたら情報を入力しましょう。
判断できないと出てしまった場合、申し込みをされるのでしたら一度モビットに電話やローン申込機で相談してみる方が良いと考えられます。

モビット審査で落ちたら…?審査結果の事前対策!

モビットWeb完結の利点

モビットのWeb完結での利点は、やはり書類やカードの送付が無いことが一番だと考えられます。
他のカードローンでも、カードをつけとる前にその場で振込融資を受けることが可能なものもありますが、モビットの場合はカードを受け取らなくても会員登録をするだけでいつでも振込融資を受けることが可能なので他のカードローンよりも利用しやすいものだと考えられます。
申し込みをした際に10秒審査で利用限度額などの目安が表示されます。事前に利用限度額が分かるので、審査結果を末までに返済の目処を建てることも可能です。
モビットのホームページにアクセスすると、返済シミュレーションも利用できますので、返済までにどれぐらいの月がかかるのか、毎月の返済額がいくらなのかを知っておきましょう。

モビットの10秒審査を受けると、申し込みをした事が信用情報に残りますが、それ以外にも返済情報ももちろん残ります。
その為、返済を滞らせてしまうと他の住宅ローンなどの銀行からお金を借り入れる際にも、影響が出てしまうことがありますので、注意が必要です。返済の目処まできっちりたてられる返済シミュレーションを利用しない手はありません。

また、会員登録をするとモビットのホームページから会員ページにアクセスすることが出来ます。
パソコンから利用すれば、様々なサービスを受けることができ、携帯やスマートフォンでも基本的な利用には困らないサービスを受けることが可能です。