みずほ銀行のカードローン審査は口座開設が必要?

みずほ銀行カードローンの審査には口座開設が必要?

みずほ銀行のカードローンの審査を行うには口座は必要ありませんが、審査通過後利用を開始するには口座開設が必要です。
現在口座を持っている人は、その口座を利用して申込みが可能となります。

口座を持っている人

Web完結の申し込み方法が利用可能です。
みずほ銀行の口座を持っていて、みずほダイレクトをご利用の方は、200万円以下のご利用であれば本人確認書類や収入証明書類が不要となるので簡単に始めることが出来ます。
基本的に、最初の申込みの際に必要事項を記入しておくだけで大丈夫です。
本人確認書類の提出も不要なのは、他のカードローンでほとんどないので楽に使えるカードローンの一つだと言えるでしょう。
また、口座を持っている人は郵送でも利用が可能ですが、こちらは時間がかかってしまうので一度電話や、窓口で相談されてみるのが良いでしょう。

申し込みを終えて、審査が通ったらあとはお手持ちのキャッシュカードをご利用いただくとキャッシングがご利用いただけます。
新たに郵送物が届くなどがないので、家族に知られることが無く、カードも同じものを利用出来るのがありがたいですね!

口座開設が必要な人

みずほ銀行の口座を持っていない人は、口座開設が必要となります。
口座開設のやり方はいくつか種類があり、それぞれにかかる時間なども変わります。
自分に合った開設方法を選びましょう。
基本的に、最初はホームページなどで申込みをしましょう。申込みをすると、審査が始まります。
ここまでは、口座を持っている人と変わりません。

最短即日で融資可能ですが、審査時間が人によってまばらなので、早めに申込みをしておいたほうが良いでしょう。

窓口で口座開設をする方法

1つめの方法は、ホームページで申込み、審査を終えてから、口座開設となります。
口座開設は普通預金を作るだけで問題ありません。口座の開設は当日中におわります。
キャッシュカードの利用について聞かれた時は普通にキャッシュカードを申込みしてもらってかまいません。
不明な点があれば、申込みの際に聞くことも出来ます。

その後、契約書類が郵送で届くので、内容を記入して返送し契約完了の連絡が届いてからキャッシュカードを使って利用することもが可能です。
他にも、カードローン専用カードを受け取ることも可能ですが、さらに発送→到着までの時間がかかってしまうので注意をしましょう。

2つめの方法は、窓口で直接申し込む方法です。
口座開設をする前に申込みをして、審査が通ってから開設することが可能であったりと、窓口の職員に聞いてみると自分に合った申し込み方法が分かります。
200万円以下の融資であれば本人確認書類と印鑑だけで申込みが可能なので、アナログですが一番確実なやり方となると思います。

インターネットで申込み

みずほ銀行のホームページからカードローンの審査、口座開設の申込みをします。
申し込みの後、審査は時間帯にもよりますが最短当日で回答が出ます。
そこから口座開設をして、キャッシュカードや通帳を受け取る必要があります。その為、開設に関する書類の郵送でやりとりをするため、時間が1ヶ月ほどかかると思っておいて下さい。
口座開設が完了したら、カードローンの必要書類に記入して再度送付します。契約が完了し次第キャッシュカードを利用して借入をすることが出来ます。

カードローン専用カードにすると、再度送付までに1~2週間ほどの時間がかかるので、申し込みの後の時間がかかる事を覚えておきましょう。

電話で申し込み

みずほ銀行のカードローンに電話で申し込みをする場合も、インターネットで申し込むのと同様の手順で実際の借入まで行きます。
申し込み方法が変わっただけで時間などに違いはほとんどありません。

みずほ銀行の口座があれば専業主婦も利用可能

消費者金融や一部の銀行と違い、収入がない専業主婦の方もみずほ銀行の口座を持っていると、専業主婦の方も利用ができます。
専業主婦をしていると、カードローンの利用が出来ない所がほとんどです。
総量規制という法律が原因で、収入の3分の1以上の貸し付けが出来ない用になっているからです。
なので、消費者金融などで審査を受けると収入がないので貸し付け出来る金額が0になって審査落ちをしてしまうのです。

ですが、みずほ銀行は口座開設をしておけば、カードローンの申込みが可能!
カードローンの申込みが可能なので、返す当てはあるけど今生活費が足りない。なんてときに利用出来ますね!