みずほ銀行はATM手数料無料!?金利以外の無駄をはぶく方法!

みずほ銀行ATMの手数料は無料

みずほ銀行カードローンを利用する際に気になるのは手数料です。せっかく金利が安いみずほ銀行のカードローンに申し込んだのに、手数料がかかってしまったら意味がありません。
消費者金融のカードローンや、他の銀行のカードローンは手数料がかかってしまうものがほとんどで、利用する際に金利以外の無駄なお金が掛かってしまうが難点です。

平均して、手数料は108円~216円かかるので、216円の手数料を1年間毎月2回利用するだけで5,184円も損をシてしまうのです。
5千円あれば、ちょっといい食事を出来るのに勿体無いと思いませんか?

手数料無料で使える時間

みずほ銀行のATMは、平日朝8時15分~18時までの借入であれば手数料無料でご利用いただけるんです!
なので、朝会社に行く前でも、休憩中でも、仕事終わりでもこの時間内であれば手数料をかけずに利用出来るのです!
普通の銀行ATMだと朝9時~17時までだったりするので、時間に少しですが余裕があります。

ただし、みずほ銀行ATM以外や上記以外の時間だと他のカードローンと同じく手数料がかかってしまいます。1万円以下なら108円、それ以外は216円かかるので注意をしましょう。

みずほ銀行の金利とATM手数料を比べてみる

みずほ銀行の金利とATM手数料を比べてみましょう。
仮にみずほ銀行で30万円を1年借入をしたと想定して、金利の計算をしてみます。

2年間(12回払い)
毎月の返済額:29,559円
返済総額:325,146円
利息の合計額:25,146円

これに、毎月他行からみずほ銀行に返済用のお金を振り込んでいるとします。
そのたびに手数料がかかれば5,184円の手数料がかかります。
結果として30,330円も損をしてしまうのでかなり勿体無いですよね。
返済のために、お金を振り込むのであれば8時15分~18時までにしておくのが得策です。

繰り上げ返済もATM手数料無料

カードローンの返済の際に、繰り上げ返済をするほうが金利を減らすことが出来ます。
ですが、金利を減らすためにATM手数料を払うのも馬鹿らしい、と思う人もいるでしょう。
みずほ銀行のカードローンでしたら繰り上げ返済も、ATM手数料が無料でご利用いただけます。

借入、振込同様にこちらも8時15分~18時までの間でしたらいつでも利用可能。
みずほダイレクトに登録しておけば振込を多めにして、インターネットで繰り上げ返済(任意返済)で引落しをすることも可能なので、何度も銀行に行かなくていいので便利です。
カードローンを申込みをする際に、みずほダイレクトも一緒に登録しておきましょう。

みずほ銀行から借入の際のATM手数料も気をつけよう

みずほ銀行は提携ATMが沢山あります。
セブン銀行、E-net、ローソンATM、ゆうちょ銀行、BANCS、MICSと幅が広い利用が可能です。
特にコンビニATM等で利用するのが、一番身近で楽な利用方法になります。
ですが、提携ATMは必ず108円~216円の手数料がかかる事を忘れてはいけません。

特に月末でお金が足りない、ということで何度かに分けて借入をする時等が一番盲点です。
手数料が200円ぐらいだからと言って、毎月3回ずつ借り入れていたら年間1万5千円以上の手数料と、返済の際にまた別に振込手数料がかかってしまうのです。お金が今いらないけど、スグ後で必要になる事が分かるのであれば、借入は1回にするかみずほダイレクトを使って、振込融資を使っておくのが良いかと思われます。

消費者金融や、一般的な銀行カードローンと比べて金利が低い分使いやすいのですが、手数料が毎回かかっていると消費者金融で支払うよりも高くつく事もあります。
金利とATM手数料の関係を利用する時はちゃんと見なおしておきましょう。