みずほ銀行カードローンの利用に在籍確認はない?

みずほ銀行カードローンでも在籍確認はされる?

キャッシングやカードローンの審査では基本的に在籍確認が行われます。消費者金融、銀行問わず行われるので、みずほ銀行カードローンも例外ではありません。
みずほ銀行カードローンは、保証会社の「株式会社オリエントコーポレーション(オリコ)」が審査を行いますので、在籍確認もオリコが行います。

在籍確認で周囲にばれる?

在籍確認はカードローン申し込みの際に申告した職場に「実際に勤めているか」を確認するための作業です。そのために、確認の電話が職場へとかかってくるのです。

キャッシングやカードローン利用していることが周囲に知られることを懸念し、在籍確認を嫌う人が多いですが、もちろん各会社対策はあります。
消費者金融や信販会社の場合は、社名ではなく担当者の個人名を名乗ります。
銀行カードローンの場合は、利用者からの希望が特に無い場合銀行名を名乗ります。また、希望すれば個人名でかけてもらうことも出来るようです。もし、銀行名での電話も嫌な方は、申し込みの際に希望を伝えるといいでしょう。ただし、別の銀行名や嘘の会社など、嘘の名前を名乗って欲しいという要望は通りませんので注意してください。

ちなみにみずほ銀行カードローンの場合、在籍確認を行うのはオリコです。オリコは信託会社のため、在籍確認の名前を名乗る際、みずほ銀行の名前ではなく、個人名を名乗るようです。

内容は何を聞かれるの?

さて、その在籍確認ですが、電話が来た場合必ず会社にいなければいけない、というわけではありません。
本人が不在の場合
「○○ですが、××さんはいらっしゃいますか?」
「××はただいま席を外しております」
等といった今は不在しているということを、電話を取った人間に証明してもらうだけでいいのです。
不在だった場合に、電話をとった人間が用件を確認する場合もあるでしょう。ただ、みずほ銀行側が第三者に用件を聞かれても、それを話すことはありませんので安心してください。
次に本人がとった場合、名前を聞くだけといった簡単な質問で済みます。ですが、会社によってはその場で住所や生年月日を聞くこともあるようです。

どうしても在籍確認されたくない場合は?

みずほ銀行カードローンは勤めている方は在籍確認を逃れられません。
大手消費者金融などは社会保険証や社員証を提出することにより、Web完結で済ます事が出来る場合もあります。在籍確認がどうしても不要な場合はプロミスやモビットなどの消費者金融に申込、その際に担当者に確認してみましょう。

専業主婦は在籍確認がない?

みずほ銀行は専業主婦で本人に収入が無い場合でも、配偶者に安定かつ継続した収入がある場合、利用限度額を30万円の設定で申し込む事が出来ます。

みずほ銀行カードローンは原則、利用限度額が200万円以下の場合収入証明証は原則必要ありませんので、専業主婦の借り入れにはもちろん不要です。また夫の同意書も必要ありません。
他にも在籍確認で旦那の勤め先に電話がかかるのではなく、自宅の固定電話か申込者本人の携帯電話にかけて終了なので、夫にもばれずにカードローンの申込が完了することになります。

ですが、自宅にかかってきた電話を夫に取られた場合などは、夫に知られてしまう結果となりますので気をつけましょう。
旦那に内緒でキャッシングなんて本当に出来るの?

在籍確認は怖くない

みずほ銀行でももちろんプライバシー保護や個人情報の保護についてかなり徹底しています。そのため在籍確認でカードローンの審査をしているといったようなことは知られないよう気をつけています。かかってくる電話に不安がある場合事前に問い合わせておくのも良いでしょう。
他にも在籍確認では都合のいい時間帯を指定することも可能です。そういう場合は自身が取れやすい時間などを事前に伝えておくと良いですね。
またクレジットカードにも在籍確認はありますので、「クレジットカードに申し込んだ」と事前に周囲に説明しておくのもいいかもしれませんね。
こういった在籍確認のために事前準備をしておけば、何も怖いことはありませんので、安心して申し込んでください。