みずほ銀行Web完結申し込み。Web完結の契約方法

みずほ銀行カードローンにWeb完結でどうやって申し込むのか

みずほ銀行カードローンにWeb完結でどうやって申し込みをすれば良いのでしょうか?
まずみずほ銀行カードローンのWeb完結の申し込みをするには、みずほ銀行の口座が必要です。
みずほ銀行口座をお持ちでない場合は、みずほ銀行カードローンの利用で口座の開設が必要です。
▼銀行口座をお持ちでない場合はコチラ▼

Web完結の申込方法

みずほ銀行カードローンにWeb完結で申し込みをするのには、2つの方法が選べます。

『キャッシュカード兼用カード』『カードローン専用カード』

どちらかを選んで申し込みをします。
即日利用が可能なのは、キャッシュカード兼用にすることです。現在お持ちのキャッシュカードにキャッシングの機能を追加するだけなので、手間もかからずに便利なのでオススメ。
また、キャッシュカードと兼用の場合、カードを見られてバレる心配もなく、周囲に知られること無く借り入れが可能なので人気があります。

みずほ銀行カードローンWeb完結申し込み

スマホやパソコンで申し込みをする際に、みずほダイレクトをご利用の方や通帳を手元に用意が出来るとスムーズに契約まで出来ます。
お手元に通帳が無くても、本人確認資料をWeb上で送信して完結するので大変便利です。
また、250万円以上の極度額(ご利用限度額)を希望される場合は本人確認資料の他に収入証明書も必要となるので用意をしましょう。

情報を入力して送信後、審査が行われます。
審査結果に応じて、送られてきたURLに必要書類をスマホのカメラ等で撮影した画像や、パソコンのスキャナで取り込んだ画像をアップロードしましょう。
みずほダイレクトにお申込みの方、もしくは口座をお手元にお持ちでしたらこの本人確認書類のアップロードの作業は必要ありません。
郵送書類を送る必要がないのでお手元のスマホだけで簡単に契約完了。
最短即日で審査回答がなされて、その日のうちに契約完了となればスグに借り入れをすることが出来ます。

みずほ銀行カードローンの審査時間はちゃんと明言されていないので、なるべく早く申し込みをするのが即日融資を受ける際のポイントです。
保証会社のオリエントコーポレーションの営業時間は平日9時30分~17時30分なので、その時間内に申し込みをしないと翌営業日に審査回答になると考えられます。
また、それだけではなくみずほ銀行自体の審査時間も必要なので、午前中に申し込みをしておくの方が即日融資を受けられる確率が高くなります。

土日などで即日融資を受けたいと考えている人はコチラをご利用下さい。
土日でも審査を通って即日融資を受ける方法→

口座なしのネット申し込み

口座を持っていない場合でもスマホやパソコンから簡単にネット申し込みが可能です。実際に利用する際は口座開設が必須ですが、低金利のカードローンなので専用の口座を作る手間も惜しくないと考えられます。
ネット申し込みの場合、審査が通過してから口座開設をすることが出来るので無駄がありません。
審査は最短即日回答です。
みずほ銀行カードローン申し込み
ホームページから申し込みを行った後、基本的な手順は同じですが途中で契約書類の郵送が行われます。
その後、返送した後キャッシュカード兼用型カード、もしくはカードローン専用カードが送られてきて利用開始です。
その為、こちらの申込方法では早くて2週間ほどの時間を見ておく必要があります。

お近くにみずほ銀行があるのであれば口座開設を先に銀行窓口で行ってから、Web完結の申込方法を利用するのが一番簡単です。
窓口で口座を作れば1日で口座を作ることが出来ます。キャッシュカードがお手元に届き次第利用開始が出来ます。

スマホ・パソコンで申し込みのメリット

スマホ・パソコンで申し込みをする際のメリットは、やはり最短即日融資・審査と言うところだと考えられます。
即日融資を受けようとする場合、電話や郵送では時間がかかるため難しいと考えられますが、スマホやパソコンでの申込の場合は、Web完結での申込方法があるためすべての手順をWebで完結させて時間を大幅に短縮できるのです。

今ではほとんどの人がスマホやパソコンを持っているので、現代社会に合わせた申込方法が確立されている様子。
特に業界トップクラスの金利の低さなので、多くの人に向いているカードローンですね。

専業主婦も申込可能

収入がない専業主婦の方も、スマホやパソコンを利用して申し込みが可能です。
一般のかたは200万円まで収入証明書が不要であるなど、大口融資を利用することも出来ますが、配偶者の収入に既存する専業主婦の場合は最高30万円までの限度額です。

限度額を30万円以上にする場合は、パートやアルバイトなどを開いた時間に行って増額申請等をしましょう。
パートやアルバイトなどを最低でも半年~1年以上続けることによって、安定した収入があると判断でき、増額申請がしやすくなっていきます。