みずほ銀行でおまとめローンにするメリット・デメリット解説

みずほ銀行カードローンはおまとめローンとして利用できるのか

みずほ銀行カードローンは3.0%~14.0%と銀行系カードローンの中でも比較的金利が低く、借入れ限度額が1000万円と金融業界のなかでもかなりの高金額です。

おまとめローンを利用する場合は、「金利」と「借入れ限度額」が重要視されます。
もちろん金利が元のものよりも高くなってしまっては、おまとめにした意味がないですよね。また借り入れ限度額は、あまり低すぎると、まとめ切れない可能性が出てきますのでオススメができません。
その点から考えるとみずほ銀行カードローンは、消費者金融などよりも低金利ですし、借入れ限度も1000万円と申し分ないでしょう。
みずほ銀行カードローンはおまとめローンに大変オススメです。

みずほ銀行カードローンには二つのプランがあります。
コンフォートプランとエグゼクティブプランの二種類です。審査の結果で決まるため自分自身で選ぶことは出来ないのですが、どちらも住宅ローンを利用することで金利が年0.5%も引き下がります。
エグゼクティブプランは高年収層向けのプランで、年利が3.0%~年7.0%とかなり低い金利の設定となっています。コンフォートプランは従来のプランなのですが、こちらも元々比較的金利が低いですので、どちらのプランでもおトクですね。

引き下げ適用後の金利がこちら

利用限度額 適用利率
エグゼクティブプラン コンフォートプラン
10万円以上100万円未満 年13.5%
100万円以上200万円未満 年11.5%
200万円以上300万円未満 年6.5% 年8.5%
300万円以上 400 万円未満 年5.5% 年6.5%
400万円以上50万円未満 年5.0% 年5.5%
500万円以上600万円未満 年4.5% 年4.5%
600万円以上800万円未満 年4.0% 年4.0%
800万円以上1,000 万円以下 年3.0% 年3.5%

ちなみにエグゼクティブプランは200万円以上からの利用で対象になるのですが、おまとめ目的であれば自動的に借入れ額も上がりますので、でエグゼクティブプランになる可能性も上がりますね。

みずほ銀行カードローンをおまとめローンで利用するために

みずほ銀行カードローンをおまとめとして利用するためには、まずみずほ銀行カードローンを申し込む必要があります。
みずほ銀行カードローンに申し込むには5つの方法があります。
パソコン・携帯・郵送・電話・窓口の5つなのですが、みずほ銀行の口座を持っていればWeb完結を利用することで、最短即日で融資が可能です。さらにみずほダイレクトを利用もしくは通帳を手元に用意できる場合は、利用限度額200万円以下の場合、原則必要書類もありません。審査に通り契約が済めば、手持ちのみずほ銀行のキャッシュカードでそのままキャッシングが利用できます。手間も掛からず、来店も郵送も不要なので便利ですね。

またみずほ銀行カードローンの口座がない場合でも最短即日で審査の回答をもらう事が可能です。カードローン専用のカードを送付してくれるので、普段使いのキャッシュカード分けて管理したいという方にはこちらがオススメです。
[みずほ]

みずほ銀行カードローンをおまとめローンで利用するメリット

他行で取り扱っているおまとめローンは、申込みに職業に条件をつけるなどしており、一般的に審査が厳しいといわれています。
ですが、みずほ銀行カードローンでは20歳以上で定期的な収入があれば申込みに必要な条件はクリアしていますので、正社員の方はもちろんアルバイトやパートの方でも利用できる可能性があるのです。

本来のおまとめローンは基本的に返済専用で追加で借入れをすることは出来ません。突然お金が必要になっても新規で申込みをしなければいけないのですが、その場合おまとめローンでの借入れ額は関係ありませんので、金利は初期の高い設定になってしまいます。
その点みずほ銀行カードローンであれば、借入れ限度額内で何度でもキャッシングができます。しかもおまとめの借入れ額に合わせて金利が低くなっているはずですので、おトクに借入れが出来ますね。

デメリットはあるのか

おまとめローン自体のデメリットになってしまうのですが、おまとめにしたことにより月々の支払額を減らしすぎてしまい、ただ返済期間が延びただけになってしまう。その分利息も付いてきますので、総支払額が上がってしまったということもあるようです。
金利が下がったからといっても、返済期間を延ばしてしまっては、本来のおまとめ前より総支払額が下がるという目的を見失ってしまっているので、気をつけましょう。

おまとめをして現在の負担を減らすために、一時的に返済額を減らすのであれば仕方ありません。ですが金銭的に余裕が出た際には、みずほ銀行カードローンであれば任意返済といっていわゆる繰越返済も出来ます。
ATMやみずほダイレクトを利用して1円単位での返済が可能なので、自身の都合に合わせて、無理の無いように返済を行うと良いでしょう。
任意返済を行うことで、返済期間も短くなりその分金利が付く期間も減り、総支払額も下がりますので、みずほ銀行カードローンでおまとめした甲斐があるでしょう。

みずほ銀行カードローンは低金利で限度額も高い優れたカードローンですね。高い金利でばらばらに返済していくよりも、みずほ銀行カードローンでまとめてみてはいかがでしょうか。