オリックス銀行カードローンの在籍確認の電話は何を聞かれる?

オリックス銀行カードローンの在籍確認は必須?

結論から言うと、オリックス銀行カードローンの在籍確認は必須です。
オリックス銀行カードローンの場合、在籍確認をしなくても勤めていることが明確であると判断出来た場合は、稀に電話が来ないことがあるようです。
ですが、必ず来ないと言う事はありませんので注意が必要です。

何故在籍確認が必須なのか

在籍確認が必要な理由は『返済能力があるかを確認するため』だからです。
返済能力がない人間にお金を貸した場合、当たり前ですが貸した側が損をしてしまいます。
なので、損をしないためにも返済能力の有無を確認せざるをえないのです。

ですがオリックス銀行カードローンも、無駄なトラブルを避けようとしますよね。
「オリックス銀行カードローンで〇〇さんが借りるから在籍確認しました」なんて電話が来たらトラブル続出です。
そうならないようにするために、在籍確認では個人名で電話をかけてくれるようです。

「■■と申しますが、〇〇さんはいらっしゃいますでしょうか?」

と、丁寧な内容でちゃんと対応してくれます。
時には「オリックス銀行の■■ですが」ということも有るかもしれませんが、銀行なので口座開設やクレジットカード、引落しのことなどで電話がかかってきても不思議ではありません。
万が一にもカードローンの利用で電話がかかってきたのかと聞かれても、言い逃れをすることは可能ですので安心しておきましょう。

オリックス銀行カードローンの在籍確認で聞かれること

実際にあった例を参考に見てみましょう。名前は偽名にしてあります。

「おまたせ致しました、〇〇株式会社の××です」
「オリックス銀行の佐藤と申します。鈴木様はいらっしゃいますでしょうか?」
「申し訳ございません、ただいま鈴木は席を外しております」
「かしこまりました」
「折り返しお電話さし上げましょうか?」
「いえ、こちらから鈴木様の携帯にお電話致します」
「かしこまりました」

ざっくりとした内容を書き出すとこんな感じです。
実際に電話がかかってくる時は、このようにオリックス銀行と名乗ることが多いようです。
ですが、上記にも書いたとおりカードローンと言う言葉は一切口に出しませんでした。
万が一にカードローンの在籍確認と聞かれても、そのようには答えないのだと思われます。

大手消費者金融や銀行カードローンの場合、在籍確認などの際にトラブルを避ける為に周囲に知られないような配慮を徹底しています。
なので、安心して在籍確認の電話を受けても良いのではないでしょうか?

実際に電話に出た場合も、生年月日などの確認で終わらせられる事が多いようです。
周囲の人に尋ねられた時に言い訳を出来るよに、新規口座の開設や金銭信託をやろうと思ってなど何を言うか考えておくとバレる心配はなさそうですね。

在籍確認が来たら審査が通ったも同然?

在籍確認の電話が来た場合、多くのカードローンの場合で審査の最終段階であるようです。
オリックス銀行カードローンもその可能性があるのではないでしょうか。

何度も書きましたが、トラブルを避けたいのが銀行側の意見です。在籍確認などのデリケートな内容はなるべく「貸し付けが可能な人」だと判断出来るまではしないのが妥当だと考えられます。
貸し付けしてもいいだろう、と言う風に判断された時に在籍確認の電話が来るのです。
オリックス銀行カードローンから電話が来ると不安、と言う風に考えるだけではなく電話が来たら審査が通ってる可能性が高いと考えておくと良いでしょう。

在籍確認の電話が来ても落ちる場合

当たり前のことですが、在籍確認が来てもそこに在籍していなかったら審査落ちの対象となります。
在籍確認で「先日退職致しました」「そのような人は弊社にはおりません」なんて言われたら、確実に審査落ちの対象になってしまいます。
申込の時は嘘や、間違った情報を伝えないように気をつけましょう。