レイクの審査に落ちるのはどんな時?

レイクの審査に落ちるのは?

レイクの審査に落ちるのはどんなときなのでしょうか?
理由などの考えてみましょう。

基本的には審査落ちをする理由はどこも同じ

基本的に審査に落ちる理由と言うのはどのカードローンでも同じなのです。
過去の返済遅延や滞納であったり、属性が合わないなどの理由があります。

特に心当たりが無いのに、審査に落ちる原因として多いのは「携帯料金の未払い」「奨学金の未払い」が多く言われています。
携帯料金の分割払いや、日本学生支援機構の奨学金は信用情報にに記録されます。
その2つで未払いが生じてしまうと『事故情報』として取り扱われ、審査落ちをする対象となってしまうのです。

他にも過去に借入履歴が一切無い場合も『スーパーホワイト』と言われる状態になり、30代を過ぎると債務整理を行ったのと勘違いされて審査落ちをしてしまう事があります。

審査が落ちる理由って何?キャッシング基礎知識

レイクの審査落ちの対策はある?

レイクの場合、元々消費者金融であった事から審査がとてつもなく厳しいというわけではなさそうでです。特に敷居の高い銀行カードローンと比べたら利用出来る人の範囲が大きいと考えられます。
今までの生活で何もなかった場合は審査落ちをしないようにする対策、といったものは特にありません。
支払うものをチャント支払っていれば延滞などの情報がつきませんので問題なく借り入れをすることが出来ますね。

ですが、審査落ちをしてしまってからでは遅い、と考える人は『信用情報』を一度確認しておきましょう。
審査落ちを防ぐ対策は、滞り無く払っておく事なのですがそれが本当にできているか不安な方は、信用情報を見ることで『安全確認』をすることが出来るのです。
過去に1回だけ払い忘れがあったがスグに追って返済した、等の場合は問題がないと考えられます。
信用情報の詳しい見方は↓を見てみましょう。

審査で過去の滞納は信用情報にどれぐらい響く?

また銀行カードローンであるレイクですが、収入のない専業主婦は利用することができません。
レイクの貸付条件に『満20歳以上70歳以下の方で安定した収入のある方(パート・アルバイトで収入のある方も可)』となっているので、収入のない人は貸付条件に当てはまらないので、パートやアルバイトをして収入を得るようにしましょう。

審査の電話で裏ワザはありますか?

レイクの審査は何が行われる?

新生銀行カードローンレイクに申し込みをしたら、審査が開始されます。
審査の時に多くの場合最初に見られるのは『属性』と言われる貸し付けにあたって、申込者が返済能力があるのかを判断する項目。
属性とは、勤続年数や住居形態などの情報です。これによって『返済をする事が出来る』かを判断します。

次に入力された情報から、信用情報機関に情報の照会をして「嘘がないか」を確認します。
他社からの借入などの情報はここに記載されるので、借入がないほうがよく見られるんじゃないかと思って書いた嘘もすぐにバレてしまうのです。
そして、在籍確認が行われます。在籍確認は電話で行われるのが一般的です。

レイク申し込み後に出てくる仮審査結果

入力情報を元に、本審査を行う前に仮審査が行われます。申込をしてスグにその結果が表示されるので、実際の審査結果が来る前に指標としてどれぐらい借入が出来るのかを確認すること出来ます。
仮審査はあくまでその場の入力情報を元に概算をしただけなので、実際の審査結果と異なる場合がありますので、ご注意下さい。