レイクの限度枠はどのくらいなの?

レイクの融資枠っていくら?

レイクはよく消費者金融の大手と勘違いされる方が多いかもしれません。ですが、レイクの正式名称は「新生銀行カードローンレイク」といって、銀行系カードローンの商品名なのです。
借入限度枠は最高500万円と大手消費者金融と比べると平均的ではありますが、大手銀行系と比べると若干低めの傾向がみられます。
また、「レディースレイク」という女性専用のキャッシングサービスも存在します。こちらも同じく最高限度枠500万円となっており、銀行系ではあまり見られない女性向けのキャッシングサービスです。電話対応も窓口も、すべて女性スタッフが対応してくれるので女性の方は安心して利用できますね。

自分は最高限度枠の500万円借り入れできる?

まず限度枠には2種類有ります。

  • 銀行が1人に融資できる最高額
  • 申込者が利用できる借入限度枠

そのため、レイクの限度枠が500万に設定されていても、誰でも最初から500万借入できるわけではありません。また審査の結果によっては自身の希望よりも低い限度枠になる可能性もあるのです。

契約時の限度枠の設定には収入の安定性、雇用状況、債務状況などのクレジットヒストリーや他にも家族構成、居住状況などを元に総合的に判断して限度枠が決定されます。
キャッシングに年齢と年収の影響はどれぐらいなの?

ちなみに初回の限度枠の設定は大体50万円以下と言われています。ただレイクの限度枠の設定は1万円~500万円とされていますので、信用が低いと1万円の限度枠の設定になる可能性もあるのです。
もちろん借入に見合った年収で収入が安定しており、雇用状況もよく、クレジットヒストリーが良い場合は最初から500万借入できるという可能性もあるでしょう。
レイクは新生銀行カードローンですので、総量規制に関係なく借入は可能となります。
ただ、借入金額の希望設定を高くしすぎると、審査自体が厳しくなり易いと言われています。必要以上の額で希望を出さない方が良いでしょう。

初回に決められた限度枠以上のお金は借りれない!?

当然レイクも、後々の増額が可能です。
ただ、増額も誰もが好きなように上げれるわけではありません。直接申し込まなくても金融側から増額の案内が来て申請する、もしくは自ら増額の申請をして、申請が通れば10万円ずつ増額というのが一般的なようです。
増額にも審査はあります。なので、転職して給与が下がったなどの、属性が変化することにより増額が難しくなります。
その他にも、レイク以外の他社からの借入が増えていたり、本人情報の変更を怠っていたり等は信用問題に関わります。レイク側が不信感を抱くような事柄があると増額の審査は通りません。逆に今ある限度枠が減額される事もありえますので、注意しましょう。

増額において一番重要と言われているのが、利用実績です。
利用実績とは返済遅延は無かったか。次に定期的に借入れをして、こつこつと返済は続けているか、といったところです。
やはり、遅延があると増額は厳しくなりますので、必ず計画的に借りたら忘れずに返済していきましょう。
次に「定期的に借入」というのは1度の借入を返済し続けるのではなく、「借りて・返す」のサイクルを何度も繰り返すことです。それによってこの人は計画的に利用してくれる人だな、と信用してもらえます。
最低でも半年以上の利用実績を積まなければ限度枠の増額は難しいと言われています。

レイクの無利息で増額できる裏技!?

レイクは初回利用の場合、30日間か180日間の無利息期間をつけるサービスを行っています。
180日間では限度枠が1~200万円の人であれば、借入額のうち5万円まで無利息。30日間では特に条件は無く、借入額の全額が無利息となります。
この期間、実は最初に借りた1回きり、ではなく最初に契約した日から180日間もしくは30日間であれば限度枠内を何度借入しても無利息なのです。
ゆえに限度枠が低く借入額も低ければ、180日間の無利息期間を利用して定期的に借入と返済を繰り返し、元金のみで利用実績を積む事が出来ますね。

また、最初から限度枠が高いのであれば全額無利息の30日間を選ぶのもオススメです。
こうして180日間の間に利用実績を作ることにより、レイクでお得に増額ができるのです。