プロミス

特徴

常に人気ランキング上位に挙がる消費者金融業界トップクラス大手。三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)の完全子会社なので、社会的信用はもちろん、財務の心配もいらない。自社に加え、コンビニから信用金庫、郵便局まで、ほとんどのATMで借入・返済ができるなど、利便性の良さも銀行グループならでは。実質年率は4.5%~17.8%と大手消費者金融の中ではわずかながら低く設定されています。

プロミスの5つのポイント

を詳しく見る

良いところ

①30日間無利息サービス

メールアドレス登録とWeb明細利用の登録及び初めての利用限定で、30日間無利息に。短期での利用がわかっている人には断然有利。

②スピード融資

平日14時までにWEB契約が完了すれば当日振込も。14時を過ぎた場合でもネット申込&審査通過後に最寄りの自動契約機に行けばその場で出金ができるのに加え、自宅への郵送物も基本的には届かない。三井住友銀行のローン契約機でも申込&カード受取ができるのも嬉しい。

③土日・祝日も審査&融資実施

金融機関が休みでも即日融資が可能。ネット申込&審査通過後に最寄りの自動契約機でカードを受取れば、スグに借入OK。

④無人契約機は9:00~22:00※2。まで稼働

朝9時から22時※2まで申込可能だから、アクシデントでの出費にも使えそう。プロミスATMコーナーは7:00~24:00※3 まで利用できる。

⑤最短10秒で振込=瞬フリ ※1

三井住友銀行もしくはジャパンネット銀行の口座をプロミスに登録すれば、24時間最短10秒で振込みが可能な場合も。 ※1

を詳しく見る

悪いところ

①総量規制対象

個人の借入総額が原則年収などの1/3までに制限(総量規制)されるので
限度額がどうしても低くなりがち。

②返済日が少ない

返済日が「5日・15日・25日・末日」に限定。ただし、インターネットをはじめ、口座振替、店頭窓口、ATM、コンビニや銀行振込もOKと、様々な方法が用意されているので返済方法には問題なし。

③コンビニ利用だと手数料が必要

多くのATMで利用ができるものの、コンビニなどでは手数料が必要となり、場所によっては他社より高くかかる場合があるので要注意。

まとめ

各ランキングサイトの上位常連で、全体的なサービス・バランスがよく、広汎性も高いので、多くの人が安心かつ気軽に利用しやすい環境が整っている。特に、短期利用や急に出費が発生した場合になどに持ち味を見せる。また、銀行でのカード受取や借入・返済が可能なので、消費者金融=ネガティブなイメージも気にならない。一方で、限度額や審査基準、返済日など、いくつかの制約があるので要注意。

※1 瞬フリサービスをご利用いただく場合、三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座をプロミスにご登録頂ければ、24時間最短10秒でお振込み可能。詳しくはプロミス公式サイトをご確認ください。
※2 一部21時もあります
※3 ATMにより営業時間、休日が異なります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>