みずほ銀行カードローンは専業主婦OKのカードローン!

みずほ銀行カードローンは専業主婦でも利用可能なの?

専業主婦の場合も、みずほ銀行カードローンの利用が出来ます。
みずほ銀行カードローンの利用条件は以下のとおり。

・ご契約時の年齢が満20歳以上満66歳未満の方
・安定かつ継続した収入の見込める方
・保証会社の保証を受けられる方
ご本人さまに収入がない場合、配偶者に安定かつ継続した収入がある方は、ご利用限度額30万円を上限にお申し込みいただけます。
※外国人のお客さまは永住許可を受けている方が対象となります。

※審査の結果によってはご利用いただけない場合がございます

専業主婦の場合は配偶者に、安定かつ持続した収入のある方の場合であれば問題なく借り入れすることが出来るのです。
また、パートなどをしている兼業主婦の場合は上限が30万ではない申込方法を利用出来るのです。

専業主婦の方は、みずほ銀行カードローン以外のカードローンに申し込みが出来る場所が少ないので、とても便利ですね。
特に、総量規制の問題が出てくる消費者金融等は収入がない専業主婦の場合、貸金業法に基いて絶対に利用することが出来ません。
また、銀行系カードローンの中にも、ご利用条件で専業主婦OKになっている所は少ないのです。

専業主婦がみずほ銀行カードローン申し込みする手順

専業主婦がみずほ銀行カードローンに申し込みをするのはどのような手順があるのでしょうか。
まず、みずほ銀行の口座を持っているかでカードローンの申し込みの手順が変わります。

みずほ銀行の口座を持っている場合

みずほ銀行の口座を持っている場合、専業主婦の方でも『Web完結』で申し込みをすることが出来ます。
Web完結とは、文字通りWeb上で申し込み~契約のすべてを完結させるやり方です。
みずほ銀行カードローンの審査時間は、最短即日。早い時間に申し込みをすると、審査の回答が即日で来る可能性が高いので、最短でその日のうちに借入が可能!
専業主婦の場合でも、審査に関する特記事項がないので最短即日で利用可能になると考えられます。

専業主婦がWeb完結で申込する手順は以下のとおり。

  • 公式サイトに移動
  • 申込内容を入力
  • 審査・審査結果の通知
  • 必要書類の登録※
  • カードローン利用開始

※みずほダイレクトをご利用中の方、もしくはお手元に通帳が用意できる方は不要。
パートなどを行っている兼業主婦の場合は、ご利用限度額200万円以下なら収入証明書も不要です。
カードローンのカードは、お持ちのキャッシュカードと兼用する形にするのが一番お手軽です。みずほ銀行のカードだけなので怪しまれません。
専用カードの発行も出来ますが、その場合1週間程度待つ必要があります。

みずほ銀行の口座を持っていない場合

みずほ銀行カードローンを利用する場合は、みずほ銀行の口座が必須です。
そのため、借入をする場合口座の開設と申し込みをする必要があります。
Web上で全て申し込みをする場合、2~3週間ほど時間を見ておきましょう。
審査は当日で完了しますが、口座開設、キャッシュカードの送付、などの書類の郵送で時間がかかってしまいます。
近くにみずほ銀行があれば、口座開設だけ先に行っておくと良いでしょう。
口座を作った場合は上記の手順と同じになります。

専業主婦がみずほ銀行カードローンに申込をする時気をつけたい事

専業主婦がみずほ銀行カードローンを利用する際に気をつけたいことがいくつかあります。
みずほ銀行カードローンは、専業主婦でも借入が出来ますが『返済能力』を重視しています。
その為、借入の理由などを聞かれた時に『パチンコのため』などと言うとかなりの確立で審査落ちをしてしまいます。
借り入れをする理由と、返済をする期間をはっきりさせておいて、もしも何か聞かれた時にすぐに答えられるようにしておいたほうが良いでしょう。
Web完結の場合も、入力事項に間違いがあった場合など、予期せぬ理由で自宅や携帯に電話がかかってくることがあります。
家族バレをしたくないのでしたら、自分が確実に電話を取れる時間帯で申し込みをするのが良いかもしれません。

みずほ銀行でおまとめローンにするメリット・デメリット解説

みずほ銀行カードローンはおまとめローンとして利用できるのか

みずほ銀行カードローンは3.0%~14.0%と銀行系カードローンの中でも比較的金利が低く、借入れ限度額が1000万円と金融業界のなかでもかなりの高金額です。

おまとめローンを利用する場合は、「金利」と「借入れ限度額」が重要視されます。
もちろん金利が元のものよりも高くなってしまっては、おまとめにした意味がないですよね。また借り入れ限度額は、あまり低すぎると、まとめ切れない可能性が出てきますのでオススメができません。
その点から考えるとみずほ銀行カードローンは、消費者金融などよりも低金利ですし、借入れ限度も1000万円と申し分ないでしょう。
みずほ銀行カードローンはおまとめローンに大変オススメです。

みずほ銀行カードローンには二つのプランがあります。
コンフォートプランとエグゼクティブプランの二種類です。審査の結果で決まるため自分自身で選ぶことは出来ないのですが、どちらも住宅ローンを利用することで金利が年0.5%も引き下がります。
エグゼクティブプランは高年収層向けのプランで、年利が3.0%~年7.0%とかなり低い金利の設定となっています。コンフォートプランは従来のプランなのですが、こちらも元々比較的金利が低いですので、どちらのプランでもおトクですね。

引き下げ適用後の金利がこちら

利用限度額 適用利率
エグゼクティブプラン コンフォートプラン
10万円以上100万円未満 年13.5%
100万円以上200万円未満 年11.5%
200万円以上300万円未満 年6.5% 年8.5%
300万円以上 400 万円未満 年5.5% 年6.5%
400万円以上50万円未満 年5.0% 年5.5%
500万円以上600万円未満 年4.5% 年4.5%
600万円以上800万円未満 年4.0% 年4.0%
800万円以上1,000 万円以下 年3.0% 年3.5%

ちなみにエグゼクティブプランは200万円以上からの利用で対象になるのですが、おまとめ目的であれば自動的に借入れ額も上がりますので、でエグゼクティブプランになる可能性も上がりますね。

みずほ銀行カードローンをおまとめローンで利用するために

みずほ銀行カードローンをおまとめとして利用するためには、まずみずほ銀行カードローンを申し込む必要があります。
みずほ銀行カードローンに申し込むには5つの方法があります。
パソコン・携帯・郵送・電話・窓口の5つなのですが、みずほ銀行の口座を持っていればWeb完結を利用することで、最短即日で融資が可能です。さらにみずほダイレクトを利用もしくは通帳を手元に用意できる場合は、利用限度額200万円以下の場合、原則必要書類もありません。審査に通り契約が済めば、手持ちのみずほ銀行のキャッシュカードでそのままキャッシングが利用できます。手間も掛からず、来店も郵送も不要なので便利ですね。

またみずほ銀行カードローンの口座がない場合でも最短即日で審査の回答をもらう事が可能です。カードローン専用のカードを送付してくれるので、普段使いのキャッシュカード分けて管理したいという方にはこちらがオススメです。
[みずほ]

みずほ銀行カードローンをおまとめローンで利用するメリット

他行で取り扱っているおまとめローンは、申込みに職業に条件をつけるなどしており、一般的に審査が厳しいといわれています。
ですが、みずほ銀行カードローンでは20歳以上で定期的な収入があれば申込みに必要な条件はクリアしていますので、正社員の方はもちろんアルバイトやパートの方でも利用できる可能性があるのです。

本来のおまとめローンは基本的に返済専用で追加で借入れをすることは出来ません。突然お金が必要になっても新規で申込みをしなければいけないのですが、その場合おまとめローンでの借入れ額は関係ありませんので、金利は初期の高い設定になってしまいます。
その点みずほ銀行カードローンであれば、借入れ限度額内で何度でもキャッシングができます。しかもおまとめの借入れ額に合わせて金利が低くなっているはずですので、おトクに借入れが出来ますね。

デメリットはあるのか

おまとめローン自体のデメリットになってしまうのですが、おまとめにしたことにより月々の支払額を減らしすぎてしまい、ただ返済期間が延びただけになってしまう。その分利息も付いてきますので、総支払額が上がってしまったということもあるようです。
金利が下がったからといっても、返済期間を延ばしてしまっては、本来のおまとめ前より総支払額が下がるという目的を見失ってしまっているので、気をつけましょう。

おまとめをして現在の負担を減らすために、一時的に返済額を減らすのであれば仕方ありません。ですが金銭的に余裕が出た際には、みずほ銀行カードローンであれば任意返済といっていわゆる繰越返済も出来ます。
ATMやみずほダイレクトを利用して1円単位での返済が可能なので、自身の都合に合わせて、無理の無いように返済を行うと良いでしょう。
任意返済を行うことで、返済期間も短くなりその分金利が付く期間も減り、総支払額も下がりますので、みずほ銀行カードローンでおまとめした甲斐があるでしょう。

みずほ銀行カードローンは低金利で限度額も高い優れたカードローンですね。高い金利でばらばらに返済していくよりも、みずほ銀行カードローンでまとめてみてはいかがでしょうか。

みずほ銀行Web完結申し込み。Web完結の契約方法

みずほ銀行カードローンにWeb完結でどうやって申し込むのか

みずほ銀行カードローンにWeb完結でどうやって申し込みをすれば良いのでしょうか?
まずみずほ銀行カードローンのWeb完結の申し込みをするには、みずほ銀行の口座が必要です。
みずほ銀行口座をお持ちでない場合は、みずほ銀行カードローンの利用で口座の開設が必要です。
▼銀行口座をお持ちでない場合はコチラ▼

Web完結の申込方法

みずほ銀行カードローンにWeb完結で申し込みをするのには、2つの方法が選べます。

『キャッシュカード兼用カード』『カードローン専用カード』

どちらかを選んで申し込みをします。
即日利用が可能なのは、キャッシュカード兼用にすることです。現在お持ちのキャッシュカードにキャッシングの機能を追加するだけなので、手間もかからずに便利なのでオススメ。
また、キャッシュカードと兼用の場合、カードを見られてバレる心配もなく、周囲に知られること無く借り入れが可能なので人気があります。

みずほ銀行カードローンWeb完結申し込み

スマホやパソコンで申し込みをする際に、みずほダイレクトをご利用の方や通帳を手元に用意が出来るとスムーズに契約まで出来ます。
お手元に通帳が無くても、本人確認資料をWeb上で送信して完結するので大変便利です。
また、250万円以上の極度額(ご利用限度額)を希望される場合は本人確認資料の他に収入証明書も必要となるので用意をしましょう。

情報を入力して送信後、審査が行われます。
審査結果に応じて、送られてきたURLに必要書類をスマホのカメラ等で撮影した画像や、パソコンのスキャナで取り込んだ画像をアップロードしましょう。
みずほダイレクトにお申込みの方、もしくは口座をお手元にお持ちでしたらこの本人確認書類のアップロードの作業は必要ありません。
郵送書類を送る必要がないのでお手元のスマホだけで簡単に契約完了。
最短即日で審査回答がなされて、その日のうちに契約完了となればスグに借り入れをすることが出来ます。

みずほ銀行カードローンの審査時間はちゃんと明言されていないので、なるべく早く申し込みをするのが即日融資を受ける際のポイントです。
保証会社のオリエントコーポレーションの営業時間は平日9時30分~17時30分なので、その時間内に申し込みをしないと翌営業日に審査回答になると考えられます。
また、それだけではなくみずほ銀行自体の審査時間も必要なので、午前中に申し込みをしておくの方が即日融資を受けられる確率が高くなります。

土日などで即日融資を受けたいと考えている人はコチラをご利用下さい。
土日でも審査を通って即日融資を受ける方法→

口座なしのネット申し込み

口座を持っていない場合でもスマホやパソコンから簡単にネット申し込みが可能です。実際に利用する際は口座開設が必須ですが、低金利のカードローンなので専用の口座を作る手間も惜しくないと考えられます。
ネット申し込みの場合、審査が通過してから口座開設をすることが出来るので無駄がありません。
審査は最短即日回答です。
みずほ銀行カードローン申し込み
ホームページから申し込みを行った後、基本的な手順は同じですが途中で契約書類の郵送が行われます。
その後、返送した後キャッシュカード兼用型カード、もしくはカードローン専用カードが送られてきて利用開始です。
その為、こちらの申込方法では早くて2週間ほどの時間を見ておく必要があります。

お近くにみずほ銀行があるのであれば口座開設を先に銀行窓口で行ってから、Web完結の申込方法を利用するのが一番簡単です。
窓口で口座を作れば1日で口座を作ることが出来ます。キャッシュカードがお手元に届き次第利用開始が出来ます。

スマホ・パソコンで申し込みのメリット

スマホ・パソコンで申し込みをする際のメリットは、やはり最短即日融資・審査と言うところだと考えられます。
即日融資を受けようとする場合、電話や郵送では時間がかかるため難しいと考えられますが、スマホやパソコンでの申込の場合は、Web完結での申込方法があるためすべての手順をWebで完結させて時間を大幅に短縮できるのです。

今ではほとんどの人がスマホやパソコンを持っているので、現代社会に合わせた申込方法が確立されている様子。
特に業界トップクラスの金利の低さなので、多くの人に向いているカードローンですね。

専業主婦も申込可能

収入がない専業主婦の方も、スマホやパソコンを利用して申し込みが可能です。
一般のかたは200万円まで収入証明書が不要であるなど、大口融資を利用することも出来ますが、配偶者の収入に既存する専業主婦の場合は最高30万円までの限度額です。

限度額を30万円以上にする場合は、パートやアルバイトなどを開いた時間に行って増額申請等をしましょう。
パートやアルバイトなどを最低でも半年~1年以上続けることによって、安定した収入があると判断でき、増額申請がしやすくなっていきます。

みずほ銀行カードローンエグゼクティブプランは低金利!

みずほ銀行カードローン2つのプランとは

みずほ銀行カードローンは2015年の11月より「エグゼクティブプラン」と「コンフォートプラン」の2つのプランを提供しています。
金利やプレゼントサービス等が異なります。
この2つのプランは自分で選ぶことは出来ず、みずほ銀行の審査の結果により異なります。

みずほ銀行カードローン申込み方法

みずほ銀行カードローンの申込みはみずほ銀行の口座を持っているか持っていないかで異なります。

口座を持っている場合はWEB完結で申し込むことで、最短即日で利用が可能となります。また、みずほダイレクトを利用の方または手元に通帳を用意できる方は利用限度額200万円以下の場合、原則書類提出は必要としませんので、来店や郵送なども不要ということになります。

口座を持っていない場合はWEBで申し込むことにより最短即日で審査の回答が可能となっています。ただし、カードが発行されるまで待たなければいけませんので、事前に口座を用意しておくなどの準備をしておくと素早く利用できる可能性が高くなりますので、オススメです。

この申込み時にはエグゼクティブプランになるのか、コンフォートプランになるのかはまだ決定されません。ただエグゼクティブプランで利用したいためだけに希望限度額を高額にしすぎてしまうと、みずほ銀行カードローンの審査そのものに通らず、コンフォートプランさえ利用できない結果となってしまいますので、欲張り過ぎないように気をつけたいですね。

エグゼクティブプランになるための条件とは?

みずほ銀行の『エグゼクティブプラン』とは高年収層を含む40~50歳代の方をメインターゲットとしたもの。その設定にあわせて以前からみずほ銀行カードローンで取り扱っていたものを「コンフォートプラン」として幅広い層に向けたプランとなりました。
エグゼクティブプランはメガバンクでは最低水準となる3.0%を実現したプラン。利用限度額が200万円からとなっているため、希望限度額がそれ以下の場合はコンフォートプランにされてしまいます。
(最低水準の3.0%は住宅ローンと併用の引き下げ適用後の金利です)
銀行カードローンなので総量規制の対象外です。そのため年収によって借入れが制限されるわけではありません。
ですが、エグゼクティブプランは高年収層のためのサービスとみずほ銀行自身が大々的に宣伝していますので、年収が程々に必要になるのではないでしょうか。

初めはコンフォートプランでも利用状況に応じて昇格するという可能性も。日ごろからこまめに返済と利用を繰り返などして、信頼を気づいておく。またみずほ銀行をメインバンクとして利用する等のアピールで昇格する可能性があるかもしれませんね。

エグゼクティブプランは金利が低く様々な特典が付く

みずほ銀行カードローンのプランがエグゼクティブプランになった際についてくる特典がいくつかあります。

  • 教育資金サポート
  • エグゼクティブプレゼント
  • コミュニケーションメール配信
教育資金サポート
お子様の教育資金のために大きな利用限度額と低金利で利用が可能になります。
エグゼクティブプレゼント
直近の1年間の平均利用残高が一定額以上の方にはもれなく(一回のみ)、半年間の平均利用額一定額以上の場合も抽選で高島屋法人事業部特性の魅力的なギフトがプレゼントされます。
コミュニケーションメールの配信
セミナーやイベントの紹介、タイムリーな経済・金融コラム、キャンペーンの案内やプレゼントのお知らせなどを定期的にメールで配信されます。
(こちらの場合は事前にアドレスを登録しなければいけませんので気をつけましょう)

エグゼクティブプランは従来のコンフォートプランとどう異なる?

エグゼクティブプランもコンフォートプランも最高限度額1000万円と同じですが、それぞれ利用限度額に伴って、適用される金利が異なります。
先ほども上げた住宅ローンの利用でみずほ銀行カードローンの金利が年0.5%引き下がるのですが、こちらはエグゼクティブプランとコンフォートプランが共に適用されます。(カードローン利用店で住宅ローンを利用した場合に限りますので、気をつけてください)

金利引き下げサービス適用後の金利

利用限度額 エグゼクティブプラン コンフォートプラン
10万円以上100万円未満 13.5%
100万円以上200万円未満 11.5%
200万円以上300万円未満 6.5% 8.5%
300万円以上400万円未満 5.5% 6.5%
400万円以上500万円未満 5.0% 5.5%
500万円以上600万円未満 4.5% 4.5%
600万円以上800万円未満 4.0% 4.0%
800万円以上1000万円以下 3.0% 3.5%

利用限度額はコンフォートプランは10万円から借入れ可能ですが、エグゼクティブプランの場合は200万円からとなっています。限度額が200万円だからといって全額借入れしなければいけないわけではなく、借入額は小額でも利用できます。

ちなみに専業主婦など収入の無い方も配偶者に安定した収入があれば利用できるみずほ銀行カードローンですが、専業主婦はもともと最大限度額が30万円なためエグゼクティブプランの適応はかなり難しいでしょう。

このようにエグゼクティブプランで利用するには申込み状況によりプランが決定するため、コンフォートプランになる可能性もあります。従来のコンフォートプランでも比較的金利の低いカードローンですのでおトクに借入れは出来るでしょう。また口座を持っていれば、web完結で審査後手持ちのキャッシュカードですぐに利用できますので、急ぎの場合にもおすすめです。

みずほ銀行にログインでキャッシングもお手軽!申込みも簡単

みずほ銀行のみずほダイレクト利用でカードローンが簡単申込み

みずほ銀行カードローンの申し込みには二つのパターンがあります。
それが「みずほ銀行の口座を持っている場合」と「みずほ銀行の口座を持っていない場合」です。口座を持っていない場合は、最短即日審査 回答可能となっており、その日のうちに利用が出来ると限ったわけではありません。

ですが、みずほ銀行の口座を持っていてみずほダイレクトを利用または手元に通帳を用意できる方は、WEB完結で申込んだ場合最短即日で利用ができる可能性があります。また利用限度額200万円以下の場合、原則書類提出が不要なので、来店・郵送も不要。家の中にいるだけで簡単にキャッシングまでできるようになりますね!

みずほダイレクトにログインすることで利用できるみずほ銀行カードローンのサービス

みずほ銀行のみずほダイレクトに加入していれば、みずほ銀行カードローンの審査に通っていれば、ログインすることで自宅でも外出先でも借入れ・返済が可能です。

借入れはインターネットバンキング・モバイルバンキングからログインして利用する場合、月曜日~金曜日(祝日・振替休日を除く)0:00~15:00の間利用できます。
同じみずほダイレクトでもテレホンバンキングは利用時間が異なり時間が短いため、インターネットバンキング・モバイルバンキングを利用するのがオススメです。

返済におきましては、みずほダイレクトにログインで24時間利用が可能です。
引き落としが近いけどATMに行けないという時は大変便利ですよね。
ただ注意が必要なのが、月曜日から金曜日の15:00以降および土・日・祝日・振替休日の受付分は翌営業日扱いとなりますので、確認しておきましょう。
(土曜日22:00~翌日曜日8:00、第1・4土曜日の3:00~5:00はシステム調整のため利用いできません。)

みずほ銀行カードローンは専業主婦でも配偶者に安定した収入があれば、限度額30万円で借入れ可能です。
家事に忙しい主婦の方もわざわざ銀行に行かなくても、みずほダイレクトにログインすることによりみずほ銀行カードローンの利用が家の中で利用できるので大変便利で、お手軽ですよね。
またお仕事で忙しくてATMに行けないなんて人にもWEB完結で済ますことのできるみずほ銀行カードローンが大変オススメです!

みずほ銀行のみずほダイレクトとは

みずほ銀行には「みずほダイレクト」というサービスが存在します。パソコンや携帯が銀行の窓口代わりにに利用でき、ほど24時間取引ができるという便利なもの。
みずほダイレクトでは、1つの契約で「ネットバンキング」「モバイルバンキング」「テレホンバンキング」と三つのバンキングが利用できるようになります。

みずほダイレクトで出来ること

・いつでもどこでも取引可能に
サービスごとに利用可能な時間は異なりますが、残高照会や振込または振替などの申込みがネットバンキングログインすることでほぼ24時間利用できます。そのためATMや窓口がしまっている時間帯でも便利ですね

またみずほダイレクトなら、手持ちのパソコンやスマートフォン、携帯電話、固定電話から手軽に銀行口座にアクセスできます。
仕事で忙しい方は外出先から、家事等で忙しい主婦の方などは自宅から、とお好きな場所で銀行口座ログインして利用できるようになりますね。

みずほダイレクトログインして利用で手数料がおトク!

みずほダイレクトでの振り込みは、窓口での振り込みに比べて手数料がおトクになります。
振り込み金額が3万円以上の場合(1件あたり)

みずほ銀行別支店宛 みずほダイレクト 店舗
インターネットバンキング・テレホンバンキング(自動音声サービス)・モバイルバンキング テレホンバンキング(オペレーターサービス) 窓口
216円 324円 540円

比べてみることでみずほダイレクトの利用がおトクなのがよく分かりますね。
ただ同じみずほダイレクトでも、テレホンバンキングの利用の場合は、手数料がATMの現金振込と同額になってしまいますので、パソコンやスマフォを利用したネットバンキングのほうがオススメです。

豊富にある便利なサービス

残高照会や振込みのほかにも、スマートフォンやタブレットで提供しているみずほのアプリを活用できます。
また宝くじの購入や投資信託の取引、みずほグローバル口座の取引など、みずほダイレクトには素敵なサービスが盛り沢山です。

みずほ銀行カードローンを更におトクに借入れするために

みずほ銀行カードローンにはプランが二つあります。年利3.0%~7.0%のエグゼクティブプランと年利3.5%~14.0%のコンフォートプランです。
住宅ローンと併用することで、みずほ銀行カードローンの金利を年0.5%引き下げてもらう事が可能となります。(エグゼクティブプランの年利3.0%とコンフォートプランの年利3.5%は引き下げ適用後の金利です)
プランは審査の結果によってみずほ銀行が決定するので、自身で選ぶことは出来ませんが、どちらにせよ住宅ローンとあわせて利用することで大変便利に利用が出来ますね。

ネットバンキングや住宅ローンと合わせてみずほ銀行カードローンを利用することで、手軽にそしておトクにキャッシングの利用ができますね。
これを機会に申込んでみてはいかがでしょうか。

※プランは審査の結果によって決定されます。お客さまご自身でお選びいただくことはできません。
※エグゼクティブプランは200万円以上のご利用から対象となります。

みずほ銀行カードローンは即日融資してもらえる?

みずほ銀行カードローンは実際に即日融資をしてもらえるの?

実はみずほ銀行カードローンは、銀行系カードローンでは数の少ない最短即日でカードローンの利用が可能なのです。
金利も安く、借入額の大きいみずほ銀行カードローンがその日のうちに利用出来るのは良いですね。
ただ、即日利用のためには条件がいくつか存在するのです。
では、その条件とは一体何なのかを見ていきましょう。

即日でカードローンの利用を可能にするには?

みずほ銀行カードローンを即日利用を可能にするためにはまず、みずほ銀行の普通預金口座を用意しておく事が重要です。
口座が無い場合は即日での利用は難しいですので、口座が無くても即日融資を行っいる新生銀行カードローンレイクプロミスなどの消費者金融での借入をオススメします。

さてインターネットでは、みずほ銀行カードローンの申し込みボタンが二種類用意されています。
「当行口座をお持ちの方はこちら」と「当行口座をお持ちではない方はこちら」
この二種類。
口座を持っている場合の契約の流れはこちら▼
みずほ銀行カードローン申し込み
また口座を持っていない場合の契約の流れがこちら▼
みずほ銀行カードローン申し込み
口座が無い場合ですと申し込み書類の郵送などがありますのでそれなりに時間がかかるのが分かりますね。
また郵送やガラケー、電話の場合は口座を持っていても郵送での書類の返送が必要となり即日での利用は不可能となりますの注意しましょう。

次にカードの選択ですが、みずほ銀行カードローンには二種類のカードを選ぶ事が出来ます。普通預金のキャッシュカードで利用が出来る「キャッシュカード兼用型」と新規発行するローン専用のカード「カードローン専用型」です。
即日融資のためには「キャッシュカード兼用型」を選ぶ必要があります。
契約の際に、キャッシュカード兼用型を選択していると、契約完了後そのままATMで借入が可能となります。
「カードローン専用型」ですと、申し込みから契約完了後に1週間から2週間後にカードローン専用カードが届きますので、かなり待つことになってしまいますね。
また、他にもみずほダイレクトを利用している場合は、パソコンや電話などから借入が可能となっています。ネットバンキングの振込み受付は24時間行っていますが、即日融資は月曜日~金曜日の0時00分~15時00分となっていますので注意しましょう。

最後にインターネットですとカードローンの申し込みは、24時間受け付けています。ですが、審査が可能な時間は保証会社の業務時間内となります。また融資の時間もみずほダイレクトですと0時~15時となっております。即日を希望するのであれば、前日のうちに申し込みだけ済ましておくか、最低でも13時までに申し込む事が必要と考えられます。

みずほ銀行カードローンを即日で利用するために!

大切なポイントとして3つ。

  • みずほ銀行の口座を持っており、みずほダイレクトを利用もしくは通帳が手元にある
  • カードローンの契約で「キャッシュカード兼用型」を選択する
  • 借入希望金額が200万円以下であること

この三つの条件を満たすことにより、Web完結で最短即日でみずほ銀行カードローンの利用が可能になります。
みずほ銀行カードローンの低金利が魅力的なローンが即日で利用できるのであればそれを逃す手は無いですね!

みずほ銀行カードローンの利用に在籍確認はない?

みずほ銀行カードローンでも在籍確認はされる?

キャッシングやカードローンの審査では基本的に在籍確認が行われます。消費者金融、銀行問わず行われるので、みずほ銀行カードローンも例外ではありません。
みずほ銀行カードローンは、保証会社の「株式会社オリエントコーポレーション(オリコ)」が審査を行いますので、在籍確認もオリコが行います。

在籍確認で周囲にばれる?

在籍確認はカードローン申し込みの際に申告した職場に「実際に勤めているか」を確認するための作業です。そのために、確認の電話が職場へとかかってくるのです。

キャッシングやカードローン利用していることが周囲に知られることを懸念し、在籍確認を嫌う人が多いですが、もちろん各会社対策はあります。
消費者金融や信販会社の場合は、社名ではなく担当者の個人名を名乗ります。
銀行カードローンの場合は、利用者からの希望が特に無い場合銀行名を名乗ります。また、希望すれば個人名でかけてもらうことも出来るようです。もし、銀行名での電話も嫌な方は、申し込みの際に希望を伝えるといいでしょう。ただし、別の銀行名や嘘の会社など、嘘の名前を名乗って欲しいという要望は通りませんので注意してください。

ちなみにみずほ銀行カードローンの場合、在籍確認を行うのはオリコです。オリコは信託会社のため、在籍確認の名前を名乗る際、みずほ銀行の名前ではなく、個人名を名乗るようです。

内容は何を聞かれるの?

さて、その在籍確認ですが、電話が来た場合必ず会社にいなければいけない、というわけではありません。
本人が不在の場合
「○○ですが、××さんはいらっしゃいますか?」
「××はただいま席を外しております」
等といった今は不在しているということを、電話を取った人間に証明してもらうだけでいいのです。
不在だった場合に、電話をとった人間が用件を確認する場合もあるでしょう。ただ、みずほ銀行側が第三者に用件を聞かれても、それを話すことはありませんので安心してください。
次に本人がとった場合、名前を聞くだけといった簡単な質問で済みます。ですが、会社によってはその場で住所や生年月日を聞くこともあるようです。

どうしても在籍確認されたくない場合は?

みずほ銀行カードローンは勤めている方は在籍確認を逃れられません。
大手消費者金融などは社会保険証や社員証を提出することにより、Web完結で済ます事が出来る場合もあります。在籍確認がどうしても不要な場合はプロミスやモビットなどの消費者金融に申込、その際に担当者に確認してみましょう。

専業主婦は在籍確認がない?

みずほ銀行は専業主婦で本人に収入が無い場合でも、配偶者に安定かつ継続した収入がある場合、利用限度額を30万円の設定で申し込む事が出来ます。

みずほ銀行カードローンは原則、利用限度額が200万円以下の場合収入証明証は原則必要ありませんので、専業主婦の借り入れにはもちろん不要です。また夫の同意書も必要ありません。
他にも在籍確認で旦那の勤め先に電話がかかるのではなく、自宅の固定電話か申込者本人の携帯電話にかけて終了なので、夫にもばれずにカードローンの申込が完了することになります。

ですが、自宅にかかってきた電話を夫に取られた場合などは、夫に知られてしまう結果となりますので気をつけましょう。
旦那に内緒でキャッシングなんて本当に出来るの?

在籍確認は怖くない

みずほ銀行でももちろんプライバシー保護や個人情報の保護についてかなり徹底しています。そのため在籍確認でカードローンの審査をしているといったようなことは知られないよう気をつけています。かかってくる電話に不安がある場合事前に問い合わせておくのも良いでしょう。
他にも在籍確認では都合のいい時間帯を指定することも可能です。そういう場合は自身が取れやすい時間などを事前に伝えておくと良いですね。
またクレジットカードにも在籍確認はありますので、「クレジットカードに申し込んだ」と事前に周囲に説明しておくのもいいかもしれませんね。
こういった在籍確認のために事前準備をしておけば、何も怖いことはありませんので、安心して申し込んでください。

みずほ銀行カードローンの利用時間は気にしなくても良い!?

カードローンを利用したいけれどどこで使えるの?

みずほ銀行カードローンの借入れは、みずほ銀行のATMや提携金融機関、ゆうちょ銀行、コンビニのATMで利用できます。
ただキャッシュカード兼用型の場合、提携金融機関やゆうちょ銀行ではみずほのカードローンというボタンが表示されないため、「お引き出し」ボタンから「自動貸越」という形での借入れとなります。
カードローン専用のカードの場合は「お引き出し」ボタンからでも「みずほのカードローン」ボタンからでもどちらも借入れという形になりますので、特に心配はいりません。ですが「自動貸越」のサービスは利用できませんので注意。

※「自動貸越」とはキャッシュカード兼用型のみで利用できるサービスで、普通預金からお金を引き出す際に残高が不足していると、利用限度額内で自動的に不足分をカードローン口座から貸し出してくれて、一緒に引き出すことが出来るというサービス。

他にもインターネット(PC・スマートフォン)や携帯電話・固定電話でみずほダイレクトが利用できます。こちらは、自身の口座に入金してもらえる「借入れ」もしくは、自身の口座から振込む「返済」ができます。ただ、みずほダイレクトを利用するには申込が必要となるので、事前に確認するよう気をつけましょう。

みずほ銀行カードローンの利用時間はいつまで?

24時間稼動しているATMにおける借入れできる時間はこちらです。
基本的には下記の通りですが、店舗によって異なることもあるようです。

月曜日 火~金曜日 土曜日 日曜日
みずほ銀行ATMコーナー 7時00分~24時00分 終日 0時00分~22時00分 8時00分~21時00分
コンビニATM 終日 終日 0時00分~22時00分 8時00分~24時00分

返済または振り替えのみの場合の時間帯はこちらとなっています。

月曜日 火~金曜日 土曜日 日曜日
みずほ銀行ATMコーナー 返済・振替のみ8時45分~18時00分 返済・振替のみ8時45分~18時00分 返済・振替のみ9時00分~17時00分 返済・振替のみ9時00分~17時00分
コンビニATM 返済のみ8時45分~18時00 返済のみ8時45分~18時00分 返済のみ9時00分~17時00分 返済のみ9時00分~17時00分

ちなみに第一・第四土曜日の3時から5時までは利用できなくなっていますので注意が必要。
ネット又は電話での利用の場合、借入れは月~金曜日の0時から15時に利用できます。返済は24時間利用できますが、月~金曜日の15時以降および土日曜日・祝日・振替休日に返済した場合は、翌営業日となります。

今すぐカードローンを使いたいけど他に方法はないのでしょうか?

みずほ銀行の口座を持っているようでしたら、web完結で審査が通った場合、利用限度額が200万以下で、原則書類提出もなく、即日借入れが可能です。
ただ、借入れは上の利用時間をご覧の通り0時から15時までの受付となっていますので午前中に申込を終わらしてしまうなどの注意が必要ですね。
みずほ銀行の口座をもっていない場合は、審査の回答は最短即日でもらうことが可能ですが、カードローン用のカードが手元に届くまでに1週間から2週間はかかります。そのため、その日のうちに借入れしたいと考えているようならば、融資までの時間が銀行と比べると比較的早い消費者金融を案に入れてはいかがでしょうか?
プロミスなら即日融資が出来る場合もありますし、無利息期間やポイントサービスなどのサービスが充実していますので選択肢として有りでしょう。
プロミスのWeb完結即日融資の簡単申し込み!

みずほ銀行借入で気をつけたい点

借入は銀行ATMもコンビニATMも平日は利用時間がほぼ終日なので安心して利用できますね。また何かとお金が必要になる日曜日でもコンビニATMの利用時間は24時まで取り扱っていますのでこちらも嬉しいですね。
ただコンビニATMでの利用は手数料がかかる場合もありますので注意してください。
返済に関しても、銀行やコンビニすら行く暇が無いとなってもインターネットでは24時間受け付けているのでATMなどの利用時間を気にすることなく、かつ返済忘れをすることも無いですね。またインターネットを利用することにより、ATMを利用するよりも手数料が安くなりますのでこちらもオススメです。
一般的な銀行カードローンに比べ、金利が低いのでお得に利用できるみずほ銀行カードローンなどを利用しましょう。

みずほ銀行カードローン申し込みで便利なものとは!?

それぞれの申し込み方法

みずほ銀行での申し込み方法は全部で5種類あります。

  • パソコン(スマートフォン)
  • モバイル(ガラパゴス携帯)
  • 郵送
  • 電話
  • 窓口

その中でも便利な契約とは何なんでしょうか?
申し込み内容を一つずつ確認していきましょう。

パソコン(スマートフォン)

インターネットでの申し込みは24時間可能となっています。ネットで必要事項を記入し審査を申し込みます。
審査の結果は入力したメールアドレスにメールにて連絡が来ます。
みずほ銀行で口座を持っていて、みずほダイレクトを利用している又は手元に通帳が用意できるなら利用限度額が200万以下であれば本人確認の書類が必要ないのです。
その後仮申し込みの審査結果が届き、キャッシュカード兼用を申し込んだのであれば、すぐにキャッシュカードで利用できます。

みずほ銀行の口座を持っていない場合には、審査結果のメールが届いた後に、契約書類が郵送できます。契約にはみずほ銀行の普通預金口座が必要となってくるので、普通預金口座を開設してから、契約書類に必要事項を記入の上、書類を返送します。
急ぎの場合はカードローン契約書類・本人確認できる資料(200万以上希望の場合は年収の確認できる書類)・届け印を持って、取引希望のみずほ銀行へ行きましょう。基本的に銀行口座の開設は窓口であれば当日中に開設できます。
またカードローン専用型での契約の場合ですと1~2週間後に郵送で専用カードローンが届きます。

モバイル(ガラパゴス携帯)

審査結果の確認まではパソコン(スマートフォン)での申し込みと同じです。
仮申し込みの審査結果がメールできます。
審査完了後の手続きは銀行口座を持っていても持っていなくても、契約書類が郵送されます。
口座がある場合は必要事項を記入後返送。
ない場合は口座を開いてから必要事項を記入の後、返送となります。
モバイルの場合も急いでいるのであれば、パソコンと同じく直接窓口へ必要書類などを持って行くと良いですね。

郵送

銀行のATMの横などに備付けてあるメールオーダーにより、郵送での申し込みとなります。
カードローン申込書・本人であることが確認できる書類のコピー・(200万以上希望の場合は年収の確認できる書類)を同封して送ります。
電話もしくは郵送で連絡の後利用できるようになります。
キャッシュカード兼用型を申し込んだ場合、手続き完了後手持ちのキャッシュカードで利用できます。
またカードローン専用型ですと手続き完了後、1週間~2週間後にカードが郵送で送られます。

審査が通らなかった場合は郵送での連絡となっているようです。

電話

カードローン専用ダイヤルがありますので、そこに電話をかけます。家庭の電話だけでなく携帯電話からの申し込みも可能です。
こちらは利用時間が決まっており、月曜日から金曜日の9時~20時(但し12月31日~1月3日、祝日、振り替え休日を除く)となっています。
専用ダイヤルでは、オペレーターが申し込みの受付を行ってくれます。申し込み内容をすべて電話で伝えたら、審査に通った場合のみ電話で連絡が来ます。審査に落ちてしまった場合は郵送で連絡がきます。
その後みずほ銀行の口座を持っている場合は郵送で来た契約書に記入のち返送。
口座を持っていない場合は契約書が郵送されてきますが、口座がないと利用が出来ませんので、口座開設後に契約書類を返送。
急ぎの場合は、契約書類・本人証明書・印鑑(200万以上希望の場合は年収の確認できる書類)を持って銀行窓口へ。
その後キャッシュカード兼用の場合は手持ちのキャッシュカードで利用、カードローン専用型を希望した場合は手続き完了後1~2週間後に郵送でカードが届きます。

窓口

本人確認が出来る書類のコピー・印鑑(200万以上希望の場合は年収が確認書類)を持参し、受付時間内にみずほ銀行の窓口に向かいます。
審査の結果は契約手続き完了後郵送で連絡がきます。
その後、キャッシュカード兼用型を選択した場合、手持ちのキャッシュカードですぐに利用可能となります。カードローン専用型の場合は1~2週間後に郵送でカードローン専用カードが届けられます。
また審査が通らなかった場合も郵送で連絡がきます。

結局一番便利なのは?

電話や窓口ですと、直接相談は出来ますが、営業時間外での申し込みができません。特に平日はすべて仕事というサラリーマンの方には難しい話でしょう。郵送ですと、送っている間に時間がかかりますし、審査結果の返事がきている間にも時間がかかります。そのため待ち時間がかなり長いですね。
モバイルの場合ですと口座を持っているにしろ持っていないにしろ、契約書類は書かなくてはなりません。
また電話、窓口、郵送、モバイル、これらすべてにおいて、もし審査に通らなかった場合は郵送で返ってくるため時間がかかります。
その点パソコン(スマートフォン)での申し込みですと、24時間申し込むことが出来ます。口座を持っていて借入額が200万以下なら本人確認の書類も必要ありません。銀行カードローンにおいてネット完結できるものというのは中々ありませんのでかなり優秀と言えるでしょう。また口座を持っていなくても申し込みを平日の9時から20時までに申し込みをしておけば、最短即日で審査の結果が返ってくるようです。
口座があり、キャッシュカードを持っていればその日のうちに借入れが出来る可能性が有るというのもすごいですね。
また持っていなくても、事善にインターネットで申し込みをして窓口に行けば、審査は終わっているので普通に窓口へ行って申し込みをして、郵送で結果を待つとなるよりは断然速さが違うと言えるでしょう。
これらを含めて考えるとパソコン(スマートフォン)での申し込みが一番便利です。

みずほ銀行カードローンは口コミの評価高は金利が安いから

みずほ銀行カードローンの金利の口コミはどれぐらいなの?

まず知っておきたいのはみずほ銀行カードローンの金利はどれぐらいの口コミ評価があるのでしょうか?

みずほ銀行カードローンの金利は4.0~14.0%と最高金利が14.0%と低いのが特徴です。
他の消費者金融の一般的な最高金利が18.0%なので、4%も低いことが分かりますね!

4%低いと同じ返済方式でどれぐらい利息が異なるのでしょうか?
100万円を借入をした際に『残高スライドリボルビング方式』で計算したら
14.0%での借入の返済額は1,683,261円。利息は683,261円です。123回払い。
18.0%での借入の返済額は2,152,297円。利息は1,152,297円です。154回払い。
利息の支払いが多くなる分、返済回数も変動します。返済回数が多くなると期間が長期化して利息がその分上乗せされます。
その為倍近くの利息を最終的に支払う事になってしまうのです。
このことから、金利が低くなるにつれて利息を支払う分が全体的に少なくなる事がわかります。金利が低くなるチャンスがあれば、なるべく下げて行きましょう。

このことから、口コミの評価がかなり高くなりやすいのが分かります。
更に消費者金融のカードローンと違い、銀行のカードローンなので『総量規制』の対象外であることも口コミで人気の理由の一つです。
『総量規制』とは、収入の3分の1以上の貸し付けを対象の金融業者が出来ないようにする法律です。ですが銀行のカードローンの場合はその対象ではありませんので年収が300万円の人で150万円の借入をすることが出来た、と言う例もあります。

みずほ銀行は金利以外の利点は口コミが高いの?

みずほ銀行の利点はさしあたって上記の金利がありますが、他には何があるのでしょうか?
返済方式にも利点があります。
上記に上げたとおりみずほ銀行の返済方式は『残高スライドリボルビング方式』で、月々の返済額は返済が進むに連れて減っていきます。
最初のうちは負担が大きいですが、最後の方になると半分以下の支払額担っている事も多々あります。
ただし、これは普通に払い続けているだけですと利息がかさみがちなので注意が必要です。利息の話で出したとおり返済する金額が高くなると返済回数がかさんで最終的に払う金額が高くなります。
その為、なるべく繰り上げ返済を行って利息を支払う回数を減らす事が重要になります。
返済額が減るからと言って放置するのではなく、減って余裕ができた分を早めに返しておくと今後の支払いで更に多く元金を返していけるようになります。このことから計画を立てて返済をしていく人にとって残高スライドリボルビング方式は金利の次に良い返済方式だと考えられます。

みずほ銀行カードローンの口コミが満点でない理由

カードローンの金利や返済方式などで利点が多いように感じますが、満点ではない事が多いのは何故なのでしょうか?

審査スピード

消費者金融と比べると審査スピードは遅いです。
最短当日審査となっていますが、場合によっては2~3日かかる事もあるようです。
その後カードが届くまでに時間が2週間ほどかかるのも気になる点だと言われやすいです。
また、窓口の場合は最短で即日の融資を受けられたという話もあります。ですが出来れば1月ほど時間をみて申し込みをした方がいいかもしれませんね。

ATM手数料がかかる

みずほ銀行ATMで借入をすると手数料無料で利用できますが、8:15~18:00までの間に借入をしないと手数料が108円~216円かかってしまいます。
また、みずほダイレクトに加入しておけば振込手数料無料で使えますが、こちらも平日15時までしか申し込みが出来ないいのであまり差がありません。
金利が低くても何度も繰り返し出し入れをしているうちに消費者金融よりも高い額を払っていたということになりかねません。
返済は口座振替にしていても、引き出しの時のお金がかかるのはやはり気になる人も多いようです。

借入や返済方法

他の金融機関カードローンのサービスを見てみると『Webで簡単返済』であったり『即日融資』であったり色々なところをうりにしている物があります。
ですが、みずほ銀行カードローンの基本的な借入方法はATMが中心となります。返済方法に至っては口座振替のみです。自分のタイミングで返済したい人や、収入源が複数ある人にはあまり好まれない返済方法ですね。
金利が低い分その辺りのサービスは少ないのかもしれません。

みずほ銀行はATM手数料無料!?金利以外の無駄をはぶく方法!

みずほ銀行ATMの手数料は無料

みずほ銀行カードローンを利用する際に気になるのは手数料です。せっかく金利が安いみずほ銀行のカードローンに申し込んだのに、手数料がかかってしまったら意味がありません。
消費者金融のカードローンや、他の銀行のカードローンは手数料がかかってしまうものがほとんどで、利用する際に金利以外の無駄なお金が掛かってしまうが難点です。

平均して、手数料は108円~216円かかるので、216円の手数料を1年間毎月2回利用するだけで5,184円も損をシてしまうのです。
5千円あれば、ちょっといい食事を出来るのに勿体無いと思いませんか?

手数料無料で使える時間

みずほ銀行のATMは、平日朝8時15分~18時までの借入であれば手数料無料でご利用いただけるんです!
なので、朝会社に行く前でも、休憩中でも、仕事終わりでもこの時間内であれば手数料をかけずに利用出来るのです!
普通の銀行ATMだと朝9時~17時までだったりするので、時間に少しですが余裕があります。

ただし、みずほ銀行ATM以外や上記以外の時間だと他のカードローンと同じく手数料がかかってしまいます。1万円以下なら108円、それ以外は216円かかるので注意をしましょう。

みずほ銀行の金利とATM手数料を比べてみる

みずほ銀行の金利とATM手数料を比べてみましょう。
仮にみずほ銀行で30万円を1年借入をしたと想定して、金利の計算をしてみます。

2年間(12回払い)
毎月の返済額:29,559円
返済総額:325,146円
利息の合計額:25,146円

これに、毎月他行からみずほ銀行に返済用のお金を振り込んでいるとします。
そのたびに手数料がかかれば5,184円の手数料がかかります。
結果として30,330円も損をしてしまうのでかなり勿体無いですよね。
返済のために、お金を振り込むのであれば8時15分~18時までにしておくのが得策です。

繰り上げ返済もATM手数料無料

カードローンの返済の際に、繰り上げ返済をするほうが金利を減らすことが出来ます。
ですが、金利を減らすためにATM手数料を払うのも馬鹿らしい、と思う人もいるでしょう。
みずほ銀行のカードローンでしたら繰り上げ返済も、ATM手数料が無料でご利用いただけます。

借入、振込同様にこちらも8時15分~18時までの間でしたらいつでも利用可能。
みずほダイレクトに登録しておけば振込を多めにして、インターネットで繰り上げ返済(任意返済)で引落しをすることも可能なので、何度も銀行に行かなくていいので便利です。
カードローンを申込みをする際に、みずほダイレクトも一緒に登録しておきましょう。

みずほ銀行から借入の際のATM手数料も気をつけよう

みずほ銀行は提携ATMが沢山あります。
セブン銀行、E-net、ローソンATM、ゆうちょ銀行、BANCS、MICSと幅が広い利用が可能です。
特にコンビニATM等で利用するのが、一番身近で楽な利用方法になります。
ですが、提携ATMは必ず108円~216円の手数料がかかる事を忘れてはいけません。

特に月末でお金が足りない、ということで何度かに分けて借入をする時等が一番盲点です。
手数料が200円ぐらいだからと言って、毎月3回ずつ借り入れていたら年間1万5千円以上の手数料と、返済の際にまた別に振込手数料がかかってしまうのです。お金が今いらないけど、スグ後で必要になる事が分かるのであれば、借入は1回にするかみずほダイレクトを使って、振込融資を使っておくのが良いかと思われます。

消費者金融や、一般的な銀行カードローンと比べて金利が低い分使いやすいのですが、手数料が毎回かかっていると消費者金融で支払うよりも高くつく事もあります。
金利とATM手数料の関係を利用する時はちゃんと見なおしておきましょう。

みずほ銀行のカードローン審査は口座開設が必要?

みずほ銀行カードローンの審査には口座開設が必要?

みずほ銀行のカードローンの審査を行うには口座は必要ありませんが、審査通過後利用を開始するには口座開設が必要です。
現在口座を持っている人は、その口座を利用して申込みが可能となります。

口座を持っている人

Web完結の申し込み方法が利用可能です。
みずほ銀行の口座を持っていて、みずほダイレクトをご利用の方は、200万円以下のご利用であれば本人確認書類や収入証明書類が不要となるので簡単に始めることが出来ます。
基本的に、最初の申込みの際に必要事項を記入しておくだけで大丈夫です。
本人確認書類の提出も不要なのは、他のカードローンでほとんどないので楽に使えるカードローンの一つだと言えるでしょう。
また、口座を持っている人は郵送でも利用が可能ですが、こちらは時間がかかってしまうので一度電話や、窓口で相談されてみるのが良いでしょう。

申し込みを終えて、審査が通ったらあとはお手持ちのキャッシュカードをご利用いただくとキャッシングがご利用いただけます。
新たに郵送物が届くなどがないので、家族に知られることが無く、カードも同じものを利用出来るのがありがたいですね!

口座開設が必要な人

みずほ銀行の口座を持っていない人は、口座開設が必要となります。
口座開設のやり方はいくつか種類があり、それぞれにかかる時間なども変わります。
自分に合った開設方法を選びましょう。
基本的に、最初はホームページなどで申込みをしましょう。申込みをすると、審査が始まります。
ここまでは、口座を持っている人と変わりません。

最短即日で融資可能ですが、審査時間が人によってまばらなので、早めに申込みをしておいたほうが良いでしょう。

窓口で口座開設をする方法

1つめの方法は、ホームページで申込み、審査を終えてから、口座開設となります。
口座開設は普通預金を作るだけで問題ありません。口座の開設は当日中におわります。
キャッシュカードの利用について聞かれた時は普通にキャッシュカードを申込みしてもらってかまいません。
不明な点があれば、申込みの際に聞くことも出来ます。

その後、契約書類が郵送で届くので、内容を記入して返送し契約完了の連絡が届いてからキャッシュカードを使って利用することもが可能です。
他にも、カードローン専用カードを受け取ることも可能ですが、さらに発送→到着までの時間がかかってしまうので注意をしましょう。

2つめの方法は、窓口で直接申し込む方法です。
口座開設をする前に申込みをして、審査が通ってから開設することが可能であったりと、窓口の職員に聞いてみると自分に合った申し込み方法が分かります。
200万円以下の融資であれば本人確認書類と印鑑だけで申込みが可能なので、アナログですが一番確実なやり方となると思います。

インターネットで申込み

みずほ銀行のホームページからカードローンの審査、口座開設の申込みをします。
申し込みの後、審査は時間帯にもよりますが最短当日で回答が出ます。
そこから口座開設をして、キャッシュカードや通帳を受け取る必要があります。その為、開設に関する書類の郵送でやりとりをするため、時間が1ヶ月ほどかかると思っておいて下さい。
口座開設が完了したら、カードローンの必要書類に記入して再度送付します。契約が完了し次第キャッシュカードを利用して借入をすることが出来ます。

カードローン専用カードにすると、再度送付までに1~2週間ほどの時間がかかるので、申し込みの後の時間がかかる事を覚えておきましょう。

電話で申し込み

みずほ銀行のカードローンに電話で申し込みをする場合も、インターネットで申し込むのと同様の手順で実際の借入まで行きます。
申し込み方法が変わっただけで時間などに違いはほとんどありません。

みずほ銀行の口座があれば専業主婦も利用可能

消費者金融や一部の銀行と違い、収入がない専業主婦の方もみずほ銀行の口座を持っていると、専業主婦の方も利用ができます。
専業主婦をしていると、カードローンの利用が出来ない所がほとんどです。
総量規制という法律が原因で、収入の3分の1以上の貸し付けが出来ない用になっているからです。
なので、消費者金融などで審査を受けると収入がないので貸し付け出来る金額が0になって審査落ちをしてしまうのです。

ですが、みずほ銀行は口座開設をしておけば、カードローンの申込みが可能!
カードローンの申込みが可能なので、返す当てはあるけど今生活費が足りない。なんてときに利用出来ますね!

みずほ銀行カードローンの金利は返済額にどれぐらい影響するのか

みずほ銀行カードローンの金利の評価は?

みずほ銀行カードローンの金利は実際どれぐらいの評価なのでしょうか?
他のカードローンと比較してみると

みずほ銀行カードローン

  • 最高金利4.0%~14.0%

一般的な消費者金融カードローン

  • 最高金利4.5%~18.0%程度

一般的な銀行カードローン

  • 最高金利4.0%~15.0%程度

一般的な銀行カードローンよりも最高金利が低いのもみずほ銀行カードローンの特徴です。みずほ銀行よりも金利が低い所はありますが、条件や審査の厳しさなども変わってくるので、それぞれ調べなくてはなりません。

ですが、消費者金融との差を見て分かる通り、業界全体では低金利の部類に入っています。
銀行カードローンですと最高金利が15%の所が多いので、最初から14%から始められるのはとても有難いものです。

みずほ銀行の金利で返済額はどうなる?

みずほ銀行の返済額はどのように変わるのでしょうか?
消費者金融や他の銀行カードローンと比べてみましょう。
実際14.0%の金利はどれぐらい良いものなのかを、具体例を上げて考えていきます。

他のカードローンと比べて返済額はどうなるのか

他のカードローンよりも、最高金利が低いことがわかります。
消費者金融と比べると4%も低いので、年間の金利で考えるとかなりの差です。

2年間50万円の借入をした時で考えてみましょう。
返済方式は、わかりやすくするために同じで考えます。

50万円を24回払い、金利18.0%で計算した場合、返済総額は603,803円です。利息は103,803円かかります。
50万円を24回払い、金利18.0%で計算した場合、返済総額は579,637円です。利息は79,637円かかります。

2つの金額の差は24,266円です。
たった2年でも、約2万5千円の差が出来る事になります。これが5年だと6万5千円もの差になるので、4%の差がどれだけ大きいのかがわかりますね。

みずほ銀行カードローンの返済方式

月々の返済額は元金+利息で決定します。また、みずほ銀行の返済方式は『残高スライド方式』というもので、一般的に残高スライドリボルディング方式とも言われるものです。
リボ払いの一種で、最初に元金よりも利息を多く支払うのが特徴です。その為、繰り上げ返済すると元金の減りが早く利息が抑えられる特徴があります。

返済額を減らすには

返済額を少なくするためには、返済回数を減らす(1回の返済額を出来るだけ高くする)事や、繰り上げ返済で早く返す事が大切になります。
金利を抑えることが出来ても、返済回数が多くなるとその分利息を多く支払わなければならないことは覚えておきましょう。

みずほ銀行カードローンの金利を下げるには

みずほ銀行のカードローンに限らず、金利を引き下げるためには信頼の実績が必要となります。金利は利用限度額などで決定するので、限度額引き上げと同時に金利が下がることが多いです。

その限度額を引き上げるためには、こまめに借りてちゃんと返す事が大切です。
こまめに借りる事で、返済の履歴が積み重なります。返済を1度も遅らせないで払っていると「この人はちゃんと返済能力がある」とみずほ銀行側から判断がしやすくなります。
その回数が多いほど、信頼やすいのは明らかですね。
返済額を少なめに設定するのではなく、少し高めに設定しておいて早めに返済を終わらせることで利息の支払額の負担を減らすことができ、金利も下がるのでいざという時のためにと考えている人は、こまめめに借入をしておいて損はないでしょう。

ただし、返済を滞らせたりすると逆に限度額が下がってしまうことがあるので、計画的に無理のない返済を行うようにしてください。