モビットでお金を借りる方法まとめ!注意したいところとは?

モビットでお金を借りる前に

モビットでお金を借りるためには、まず申込みを行ない審査に通らなければ利用は出来ません。お金を借りるためにもその申込み方法を確認していきましょう。

申込み

モビットの申込みはパソコン・ケータイ・スマホ・郵便・電話・ローン申込機から選ぶ事ができます。特に便利なのが、パソコン・スマートフォンでインターネット上から申込みを行う方法。
ネット上から申込む方法は2種類あり、カード申込みかWeb完結申込みです。
Web完結の場合は以下の条件を満たすことにより電話連絡も郵送物もなく申込むことが可能となります。

『三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に普通預金口座を持っていること』
『全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)、もしくは組合保険証を持っていること』

保険証の条件から、正社員又は公務員の方や、アルバイトやパートでも働く時間が長く社会保険に入っているような方でないとWeb完結の利用が出来ないようですね。
カード申し込みであれば、社会保険に加入していないアルバイトやパートの方でも申込み可能ですのでそちらを試してみるのも良いでしょう。またプロミスであれば社会保険証や組合保険証なしでWeb完結も受けていますので、プロミスも検討してみると良いでしょう。

審査

インターネットでカード申込みやWeb完結の申込みを入力した後、送信すると10秒で簡易審査結果の表示があります。

その後本審査の結果が最短30分でメールか電話で届きます。(Web完結の場合基本的に電話がないのですが、申込書の記入ミスで正確な確認がとれないといった場合などで申込内容について連絡がくることもあります)
ちなみに簡易審査で仮の融資額も出ますが、最終的な融資額の決定は本審査終了後となります。

モビットの審査で気をつけたいこと

10秒で結果が届く審査は『簡易審査』です。あくまで簡易審査のため、本審査の結果とは異なる場合があります。
嘘や間違いの入力をして簡易審査が通っていても、本審査の調査で発覚したため審査に落ちてしまうということもあるようです。

審査で嘘は必ずバレてしまいます。嘘をつくことにより落ちてしまう結果となってはいけませんので、絶対に嘘の記入はしないように気をつけましょう。
次に間違いが多いと、この申込者は信用できる人間なのかどうかが疑われてしまいます。また、申込みをした本人は間違いと分かっていても、審査をする側にとって嘘の申告をしたと捉えられる可能性があります。
借りる事が出来たはずのお金でも少しの間違いで審査に通らないということになりかねませんので、申込みの入力は慎重かつ丁寧に行いましょう。

モビットでは借入れが可能かどうかを簡単に診断できる借入れ診断を用意しています。
申込み時に行われる10秒の簡易審査よりも更に簡易的なものではありますが、不安な方は一度試してみるのも良いでしょう。

契約

Web完結の場合はそのままWeb上で入会手続きを行います。カード発行がありませんので、振込キャッシングのみでの利用となります。
提携ATMでの利用を望む場合は、Web完結が済んだ後に自動契約機にてカードを受け取りましょう。
[モビット]

実際にモビットでお金を借りよう

審査が通った後、モビットでお金を借りる方法は2種類あります。
1つが振込キャッシング、もう1つが提携ATMでモビットのカードを利用してお金を借りる方法です。

振込キャッシングを利用する

振込キャッシングの場合は、ホームページの会員専用サービス「Myモビ」、または電話で、指定の預金口座への振込手続きが行えます。
振込キャッシングは平日9:00~14:50までに手続きを完了させることで最短3分で利用者の普通預金口座へ振り込んでくれます。
それ以降の時間帯になると反映されるのが翌営業日となってしまいますので注意しましょう。

ちなみに振込キャッシングを利用するためには、金融機関口座の登録が必要です。口座を登録していない場合、振込キャッシングは利用できませんので事前にカード申込みで行った場合は事前に口座を登録しておきましょう。

提携ATMでお金を借りる

モビットのカードをお持ちの場合、全国の銀行やコンビ二など約10万台の提携ATMにてお金を借りることが可能です。
ちなみにATMでの借入れの場合は手数料がかかります。

  • 取引金額1万円以下・入金/出金:108円
  • 取引金額1万円超・入金/出金:216円

振込キャッシングは手数料が無料なので、基本的にはそちらの利用がおすすめ。ですが、振込キャッシングが利用できない場合などカードが有れば、突然お金が必要になった時でも提携ATMでお金を借りる事が出来ますので、万が一の時のために発行しておくのも良いでしょう。

モビットで借りたお金を返そう!

モビットの返済方法は大きく分けて3つあります。
提携ATMでの返済か、口座振替の返済、銀行振り込みでの返済です。

提携ATMでの返済

お金を借りる時と同様に豊富にある提携ATMを利用しての返済が可能です。
ただ先ほども上げたようにATMの利用の場合は手数料が掛かります。

銀行振り込みでの返済

自分が利用している金融機関の口座からモビット指定の預金口座へ振込をし返済することが出来ます。
指定される口座は三井住友銀行の口座か三菱東京UFJ銀行の口座です。
振込手数料も利用者負担となります。
もし三菱東京UFJ銀行の口座を持っておりネットバンキングが利用できるのであれば、三菱東京UFJ銀行への振込をおすすめします。
三菱東京UFJ銀行同士の場合、ネットバンクを利用することで振り込み手数料が0円になるのでとてもおトクです!

口座振替

口座振替ですが、口座引落ともいいます。
こちらでの返済の場合手数料はかかりません。引き落とし先として指定できるのは『三井住友銀行』か『三菱東京UFJ銀行』とモビットの方で決められていますので、口座振替を利用したい場合は予め口座を準備しておく必要があるでしょう。

もう1つの便利な返済方法

この3つの他にもローソンにあるLoppiやFamiポートといったコンビ二のメディア機器を利用することで、手数料を掛けずに返済を行うことができます。
ちなみにメディア機器とコンビ二ATMは全く異なるものです。間違えると結果的に手数料が掛かってしまいますので注意してください。

利息以外のお金がかかってしまうと損をしてしまいますので、手数料をかけずに利用できるところは徹底していきたいですね。
モビットでおトクにお金を借りるためにも、申し込み方法や借りる方法、返済方法やサービスなどしっかりと確認してからお金を借りましょう!

モビットの手数料無料にする方法とは?賢くキャッシング

モビットで手数料無料でキャッシングするために

三井住友銀行グループであるモビットですが、Web完結で有名な消費者金融です。
審査に通った後の借入れ方法や返済方法、金利以外にもかかる手数料についてみていきましょう。

モビットの借入れ方法

モビットの借入れ方法は2種類あります。

  • 振込キャッシング
  • 提携ATM

振込キャッシングは電話やWeb上のモビット会員専用サイト「Myモビ」から簡単な申込みをすることで利用できます。
振込キャッシングの場合は手数料が無料です。
また平日の9:00~14:50までに振り込みの手続きが完了していれば最短3分で口座に振り込んでもらうことも可能です。
振込キャッシングの利用には予め金融機関口座の登録が必要なので忘れずに登録しておきましょう。
またモビットのメンテナンスのため、毎週月曜日0:00~7:00はサービスを停止しているようです。

提携ATMからの借り入れは全国の銀行やコンビ二エンスストアで利用できます。
提携ATMは銀行コンビ二など合わせて全国でなんと約100,000台。
営業時間は設置してあるATMによって異なりますが、かなりの範囲をカバーしているので、突然お金がなくて困ったときに重宝しますね。
ただATM利用で借入れを行った場合は手数料が掛かってしまいます。

  • 取引金額1万円以下→入金/出金:108円
  • 取引金額1万円超 →入金/出金:216円

ATMから借り入れした際に発生した手数料は、次回返済の入金時に清算されます。

土日祝日やメンテナンス時の振込キャッシングは、振込みの申込みしか受け付けておらず翌営業日の振込となります。そういった場合はATMで利用し、突然の緊急時以外は振込キャッシングの利用がオススメです。

モビットのお得な返済方法はどれ?

借入れが手数料無料できたなら、今度は返済も出来る限り手数料無料で行いたいですよね。
モビットの返済方法は大きく分けて三つあります。

  • 銀行振り込み
  • 口座振替
  • 提携ATM

上記の三つがどのように利用できるのか確認してみましょう。

銀行振り込み

自身が利用している金融機関口座からモビット指定の預金口座へ振り込み支払う方法です。
モビットの指定する金融機関口座は三菱東京UFJ銀行、または三井住友銀行の二つです。そのうちのどちらかを選択する事が可能です。
手数料は自身が利用する金融機関によって異なります。

三菱東京UFJ銀行の三菱東京UFJダイレクトは国内本支店あての振込手数料がいつでも無料なので、三菱東京UFJ銀行の口座を持っている人にオススメです。
またその他のインターネットバンキングの中には振り込み手数料が無料になるサービスを行っている銀行もありますので、一度そちらを見てみるのも良いでしょう。

銀行振り込みは、振り込む時間帯によって処理が翌営業日になることがあります。
返済をしたけれど処理が遅れてしまったせいで、遅延料を支払わなければいけないのは、大変もったいないですので銀行振り込みの利用は日時に注意して、余裕を持って行いましょう。

提携ATM

銀行やコンビ二などの全国提携ATMで返済が可能です。
利用時間は設置場所によって異なりますので注意してください。返済の場合のATMの利用も借入れ時と同じく手数料が掛かります。
またモビットは期間限定のキャンペーンを行っており、2015年10月1日(木)~2016年3月31日(木)の間はモビットカードを三井住友銀行のATMで利用しても手数料が無料です。
借入れ・返済ともに手数料無料なので、キャンペーンは見逃せません。公式ホームページで確認しましょう。
[モビット]

都市銀行
三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行
地方銀行
第三銀行、福岡銀行、親和銀行、熊本銀行など
その他銀行
セブン銀行、イオン銀行
その他
イーネットATM、ローソンATM、プロミス、Pat Sat、セゾンカードなど

ATM利用の場合は、返済日当日の営業時間終了までに入金することで、間に合います。またコンビ二の場合は日付が変わるまでに入金すれば問題ないようです。
ただ、それぞれATMの営業時間やメンテナンスの時間により入金できなくなる可能性もありますので、余裕を持って入金したいですね。

口座振替

三井住友銀行もしくは三菱東京UFJ銀行に預金口座がある場合預金口座から自動引き落としで返済行うことが出来ます。
こちらも手数料は無料です。

口座振替であれば引き落としは自動に処理してくれるので、支払い忘れもなく大変便利。
ただ、口座にお金が入っていない等の場合は支払日の何時の時間帯に引き落とされるか分かりませんので、前日までに振り込んでおくと良いでしょう。

コンビ二で手数料無料で支払う方法がある!

コンビ二ではATM以外にもう1つ支払い方法があります。
ファミリーマートに設置されているFamiポートやローソンなどにあるLoppiといったマルチメディア端末を利用して支払う方法です。
こちらはATMと違いなんと手数料が無料です
主に舞台などのチケットを発券する際に利用される機械なのですが、モビットの支払いにも利用できます。
一部返済や繰り上げ返済、一括返済など都合にあわせて支払うことも出来るよう。

返済当日の23時55分まで対応しているので、それまでにマルチメディアで支払いの申込みを行いレジで支払いを済ませましょう。
またATMとは端末が異なりますが、こちらの支払いの場合にもモビットのカードが必要となりますので忘れないよう注意が必要ですね。

モビットはWEBとローン申込機どちらの利用が良い?

モビットにWEB以外でも申し込みの仕方はあるのでしょうか?

WEB申し込みがよく表に押し出されているモビットですが、もちろんWEB申し込み以外にも方法はあります。

  • パソコン
  • ケータイ(スマートフォン)
  • 郵便
  • 電話
  • ローン申込機

こちらの5通りです。
モビットの公式サイトにはそれぞれ最短の審査完了の時間が載っています。パソコン・携帯(スマートフォン)・電話が最短30分に比べてローン申込機は最短5分と表記されています。ですが、それはカードが発行されるまでの時間。実際に審査完了までには同じく30分はかかるのです。ちなみに郵便の場合は待ち時間が長いためか、表記はされていませんでした。

ローン申込機は早いと聞いたけれど?

確かにカードの発行は一番早いですが、融資までの時間はWEB完結と変わりません。またモビットのローン申込機は全国展開はしているのですが、他の大手消費者金融の自動申込機と比べて台数が少ないと言われています。特に都市部には用意があっても、少し地方へ行くとローン申込機自体が少ないようです。申込機を探し、見つけたとしても遠いところにあるのであれば、わざわざ遠くまで申し込みとカードの受け取りにだけ行くよりも、WEBで申し込みをした方が良いと言えます。

ローン申込機で出来ること・WEB申し込みで出来ること

ローン申込機で出来る事といえば、申し込みとカードの受け取り、それだけです。審査の結果が出た後そこからカードの利用はできますが、入会申込書が後日届きますので、必要事項を記入して返送しなければいけません。
パソコンもしくはスマートフォンや携帯電話ではWEB完結の場合、申し込みから書類提出まで可能となっています。更に入会手続きが終わり、メールが届きしだいカードが無くても家でそのまま借り入れできます。(スマートフォンの場合はモビット公式スマホアプリが必要です)
また契約後から利用できるサービスですと、ローン申込機では特に出来ることがありません。
こちらもパソコンと比較すると、借入はもちろん、返済のための振込みや登録内容変更等、様々なサービスが多数存在します。

どの申し込み方法が一番良いのか?

カードを必要としないのであれば、WEB申し込みが、一番効率がよいのではないでしょうか。WEB完結の申し込みがオススメです。WEB完結ですと、申し込みから利用までネットとメールだけで済みます。それ故に電話連絡や郵送物が無いため誰かに見つかることがありません。内緒で利用したいという方には一押しですね。また郵送までの手続きが無いので、待ち時間が少なく利用開始までがスピーディーです。
ただ、WEB完結の場合は、「三井住友銀行または三菱東京UFJにて普通預金口座をお持ちの方」で「全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)、もしくは組合保険」が必要となりますので注意が必要ですね。

カードが必要の場合でも、WEB申し込みがオススメです。もしパソコンでの入力が苦手と言う方でも、必須項目以外は電話で確認をしてくれます。またカードの受け取りは郵送でも大丈夫ですが、ローン申込機にて5分で発行してくれるので、申し込んでから受け取りに行けばスムーズに済みますね。もし近くにローン申込機があるのであればこちらも考えてみても良いでしょう。
カードがあればネットからはもちろん、提携のATMからでもキャッシングが可能となります。ただカード受け取りの場合は書類の返送が必要となりますので、注意しましょう。

速さを考えるとやはり、ネット上での申し込みにてWEB完結がよいのではないでしょうか。

モビットカードはATMで使える!受取方法を選ぼう!

モビットカードの受取方法

モビットカードを受け取るためには、まず申込方法を知っておかなければなりません。
モビットのカードローンへ申込をする際には、以下の方法から選ぶことが出来ます。

  • パソコン・スマートフォン
  • ケータイ
  • 郵送
  • 電話
  • ローン契約機

それぞれの申込方法からの受取方法は以下のとおりです。

パソコン・スマートフォン・ケータイからの申込

まず、パソコンスマートフォンからの申し込みでモビットカードを受け取る方法です。
パソコンスマートフォンからの申し込みは、下のボタンから公式サイトに移動して、申し込みをすることが出来ます。
カード申し込みをする時に『カード申込』『Web完結申込』を選ぶことが出来ます!
基本的な申し込みの流れは同じです。

申し込みボタンを押して、まず必要事項に記入をしていきます。
必要事項を記入したら、確認をしましょう。打ち間違い等があると、審査が長引くことがありますので、確認は念入りにしておくと良いです。

その後、審査。
申込画面の後に、仮審査結果が表示されます。
審査結果は電話、またはメールで届きます。
希望連絡先に基本的に連絡が来ますが、確認事項等がある場合別の連絡先に来ることも稀にあるようなので、注意をしましょう。勤務先への連絡は、希望指定ない限りあまりないと考えられます。

カード申込の場合

審査終了後、連絡が来てモビットカードや契約書類などが郵送にて発送されます。
郵便の差出人の欄は『MCセンター』と書いてあるため、モビットに申し込んだことを周囲に知られる心配はありません。

書類を返送が完了して到着し次第モビットカードの利用が開始出来ます。ATMなどを使い借り入れが可能です。

Web完結申込の場合

Web完結申込の場合はモビットカードは発行されません。
カード無しで利用できるので、審査が終了し次第Web上で契約をして利用開始することが出来ます。
モビットカード無しで利用できるので、カードの受け取り時の心配等が無くなります。
また。

※Web完結で申し込みをする場合は、三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行の口座を持っていて、会社の保険証を持っている人が対象。対象出ない人はカード申込で申し込みをしましょう。
[モビット]

郵送・電話のからの申込

モビットへの申し込みをするために、入会申込書を受け取らなければなりません。
申込書はコールセンターに電話をするか、ローン申込機や三井住友銀行に置いてありますので受け取って郵送しましょう。
その後、審査結果が電話などで伝えられ、カードと書類が届きます。
審査結果次第で、ローン申込機でカードを受け取ることが出来る場合がありますが、なるべく早く借りたいと言う人にはオススメ出来ません。
電話で申し込みをした場合は、契約書類の返送をして契約完了です。
カードを受け取ってからATMなどから借り入れをしましょう。

ローン申込機で申込

ローン申込機から申込みをすることも可能です。
注意点として、ローン申込機で申し込みをした場合、カードの受取が最短ですが、書類の送付等があるので家族バレなどを防ぎたい人はWeb完結で申し込みをするのが良いでしょう。
申し込みなどは、ローン申込機に入り画面の指示に従って申し込みをしていきます。約5分でカードが発行されて、審査が最短30分で行われます。
その後、審査結果の連絡が来て、通過してれば会員登録を行います。
会員登録が終了し次第ATMなどで借り入れが可能です。
この時点でカードは利用開始出来ますが、入会申込書が後日届くため、2度手間になるのが欠点です。

モビットカードはATMで活躍!

モビットカードは約100,000台(10万台)の提携ATMとネットワークされていて、全国何処でも借り入れには困りません。
10万台のATMで借り入れや返済が出来るので、家の近くのコンビニだけでなく旅行に行くときなどの遠出でも安心です。

基本的に手数料がかかりますが、三井住友銀行のATM手数料無料キャンペーンなども行われているので、使いやすいですね!
※三井住友銀行ATM手数料無料キャンペーンは2015年10/1~2016年3/31まで

また、返済の際はローソンやファミリーマートにあるLoppiやFamiポートを利用して、手数料無料で返済することが出来ます。
コンビニATMだと手数料がかかりますが、こちらだと手数料無料で利用できるので安心ですね!
提携ATM10万台の中には、地方銀行や信用金庫、駅ナカのATMも提携しています。
カードがあればキャッシュカードが使えない場所でも利用可能なので、旅行などの場合はうってつけですね!

逆にモビットカードが必要じゃない、というのであればWeb完結で申し込みがオススメです。
モビットカードの発行だけではなく、ネットからの申込からご利用まで電話、郵送なしなので、在籍確認の電話が心配だと言う人も安心ですね!

モビットのWeb完結の審査は会員でなくても10秒で審査!

モビットのWeb完結と10秒審査とは

モビットの申し込みはパソコンや携帯、スマートフォンを使ってWeb上で完結させることが可能です。
申込時に煩わしい書類を書いたり、自宅に郵便物が届くのが不安という方に最適なのがWeb完結の申し込み方法だと言えます。
Web完結の申し込みは、カードの受取をせずにカードローンの利用が開始できます。カードが無いのにカードローンと言う名前なのは不思議ですが、手元に物が無いので家族バレ等が怖い人には有難いサービスですね。

Web完結の流れ

モビットのホームページに移動して、申し込みをしましょう。
申し込みの際に、必要事項を入力していくだけです。
申込時に入力する内容は注意しましょう。間違った内容を入力したり、嘘の情報を入れてしまうと審査に落ちてしまうことがあります。嘘をつく人間にお金をかすのは、業者も個人も嫌なものですから。

入力を終えて送信すると10秒審査の結果が出てきます。
その後、本審査を終えるとメールで(基本的にWeb完結の場合はメールですが、審査の際に確認が必要であれば電話も来ます)結果を通知してもらい、契約手続きに以降。本審査にあたり、本人確認が出来る書類の提示を求められますが、多くの場合で携帯のカメラやスキャナーで画像化したものを送付するだけで構いません。
モビットの会員に入会登録をすると、入会手続きが完了し次第振込での融資を受けることが可能です。

Web完結で申し込みをすると、上記にも書きましたがカードの受け取りをせずに済みます。ですが、カードを受け取る方法もあり、郵送かローン契約機でカードを受け取ることも可能です。

10秒審査とは?

10秒審査は入力した情報を元に審査をする『簡易審査』です。
あくまで簡易審査なので、実際の審査と結果が異なる場合があります。
嘘の内容を入力しても、審査の際に信用情報で照会をした際に違うことが分かり審査が落とされたなんてこともあるようです。

会員でなくても10秒診断を受けられるが……

会員登録をしていない人も10秒審査を受けることが出来ますが、10秒審査を行う場合は申し込みが必要となります。
申し込みをしてしまうと、信用情報機関に『申込情報』が残り、他のカードローンやクレジットカードを作ろうとした際に不利に働いてしまう可能性があります。
10秒審査以外にも、モビットでは『お借入診断』を行うこともでき、10秒審査よりも簡易的な審査を受けることが可能です。
お借入診断の場合は、個人情報を入力しませんので信用情報に情報が残ることはありません。
モビットのホームページからお借入診断をすることは可能です。
診断結果は『ご融資可能と思われます。』『申し訳ございませんが、ご入力いただいた情報では判断できませんでした。』のどちらかが表示されます。
Web完結で申し込みをされるのでしたら、前記の『ご融資可能かと思われます』の状態でしたら情報を入力しましょう。
判断できないと出てしまった場合、申し込みをされるのでしたら一度モビットに電話やローン申込機で相談してみる方が良いと考えられます。

モビット審査で落ちたら…?審査結果の事前対策!

モビットWeb完結の利点

モビットのWeb完結での利点は、やはり書類やカードの送付が無いことが一番だと考えられます。
他のカードローンでも、カードをつけとる前にその場で振込融資を受けることが可能なものもありますが、モビットの場合はカードを受け取らなくても会員登録をするだけでいつでも振込融資を受けることが可能なので他のカードローンよりも利用しやすいものだと考えられます。
申し込みをした際に10秒審査で利用限度額などの目安が表示されます。事前に利用限度額が分かるので、審査結果を末までに返済の目処を建てることも可能です。
モビットのホームページにアクセスすると、返済シミュレーションも利用できますので、返済までにどれぐらいの月がかかるのか、毎月の返済額がいくらなのかを知っておきましょう。

モビットの10秒審査を受けると、申し込みをした事が信用情報に残りますが、それ以外にも返済情報ももちろん残ります。
その為、返済を滞らせてしまうと他の住宅ローンなどの銀行からお金を借り入れる際にも、影響が出てしまうことがありますので、注意が必要です。返済の目処まできっちりたてられる返済シミュレーションを利用しない手はありません。

また、会員登録をするとモビットのホームページから会員ページにアクセスすることが出来ます。
パソコンから利用すれば、様々なサービスを受けることができ、携帯やスマートフォンでも基本的な利用には困らないサービスを受けることが可能です。

モビットの評判を体験談から分析!審査結果は?

モビット体験談。実際に体験した人の例

モビットで借入をしようと決めたAさんに話を伺って、その内容からモビットの評判を確かめてみましょう。
Aさんは申し込みをインターネットからされたとのことです。

申し込みから審査までの体験談

「評判がいいから、と言う理由でインターネットからの申し込みをするときに『10秒審査』と書いてあったので、恥ずかしながら簡単な診断だと思って申込んでしまいました」
モビットの特徴である10秒審査とは、本当にスグに結果を教えてくれるサービスになっています。
簡易的な診断もあり、そちらは『お借入診断』と名前が別になっています。
まず本当に借入が出来るのかを確認したい人は、10秒審査と間違えずにお借入診断を使って確認してみましょう。

「審査は思っていたよりも簡単に終わりました。10秒審査と書いてあるとおり、本当に10秒で簡単な結果が出てきました。でも、その時には融資が可能か判断できないと言われたのですが、申し込みボタンを押した後だったので引き返せませんでした」
氏名、生年月日や勤務形態などの個人情報に関する内容の入力を求められた時は、この時点で申し込みボタンを気軽に押しては行けません。それは通常の申し込みと同じ内容になるので10秒審査と言っても『信用情報』に残ることになってしまいます。
申込情報はCICでは半年間残るので他の所に申し込みを考えている人は注意をしましょう。

お借入診断の項目

  • 生年月日
  • 税込年収
  • 現在他社借入金額

これ以外の項目がある物には注意が必要。

審査から契約までの体験談

「在籍確認の電話があったあと、審査結果はメールできました。電話の内容はそれほど違和感を覚えるようなものではなかったと思います。このサイトにも書いてあるとおりモビットと名乗らず私に繋がれました」
体験談でよく言われている通り、電話の在籍確認をする際にモビットと言うことは絶対に無いのは事実のようです。
ですが、それでも電話がかかってくるのが困る方はWeb完結で申し込みをするようにしましょう。電話での在籍確認ではなく、必要書類を手元に置いておけば電話での在籍確認をせずにすみます。

「審査が終わった後はローン申込機でカードを受け取るように選択したと思います。郵送かローン申込機のどちらかが選べたのと、どうせなら早くモビットカードが欲しかったので。あとは返済内容とか連絡をしていいのかなんてことも入力をしたと思います。それで契約が完了しました」
カードの受け取りは、早い段階でモビットカードを手にしておきたい場合はローン申込機でカードを受け取ることが可能です。
郵送の場合はその日のうちに融資を受ける場合は振込融資のみになってしまいます。14:50までに申し込みをしないと、その日のうちに借入をすることが出来ないのでカードを受け取るようにしましょう。

会員登録、借入の体験談

「モビットのローン契約機に申し込みに行きました。電話ボックスみないな中身だったと思います。契約内容の確認の画面で予約番号があったので、その番号をメモ帳に控えていきました。それで入力したらそのまま免許証を出してスキャンしたぐらいだったような。スグにモビットカードと受付票が出てきました」
詳しく伺ってみるとローン申込機を利用すると、本当に簡単にカードが出てくるようです。

「その後借入はATMにカードを入れたら簡単でした。キャッシュカード感覚で使わないように気をつけたいですね」
ATMでの借入以外にも、契約と途中で『振込キャッシングを利用される方は別途入力作業があります。
振込先を指定して、希望の金額を入力しておくだけです。上記にも書いてありますが、時間が14:50までに申し込みをしないとその日のうちに振り込まれないので注意が必要です。
振込キャッシングについては、モビットから電話がかかってくることがありますので注意をしましょう。

体験談から見える評判

拍子抜けをするぐらい簡単に申し込みから借入までが終わったと語っていました。
評判が良い理由というのもやはりその辺りが関係しているのかもしれません。
後日話を聞いてみたところ『MCセンター』という所から手紙が届いたということです。モビットカードの略がMCなのかもしれないですね。
その内容は契約の確認と契約書類だったようなので、家族にバレてしまうと困る人には注意が必要です。

評判自体は口コミで良い物もあれば、悪いものもありますね。良くも悪くも普通の消費者金融のカードローンであると考えても問題無いと思います。
ですが、審査が簡単なのは間違いないのでその観点から利用するのは良いかと思われます。
三井住友銀行グループのカードローンなので、安心感もありますね!

モビットカードローンの返済はATMでどこでも楽々可能!

モビットは提携ATMが豊富

モビットの特徴として、他のカードローンと比べて提携ATMの数がかなり多いという点があります。
提携ATMの種類は以下の通りです。

・ご利用明細や領収書が発行される提携ATM・
三井住友銀行
三菱東京UFJ銀行
セブン銀行
イオン銀行
プロミスATM
セゾンカードATM
第三銀行
福岡銀行
親和銀行
熊本銀行
E-net
ローソンATM


・後日ご利用明細や領収書が発行される提携ATM・
地方銀行
信用金庫(一部信用金庫を除く)
駅ATM(VIEW ALTTE、Pat Sat)

全部合わせると10万台以上ある提携ATM。更に支払いに関しては、コンビニのLoppiやFamiポートなども使えるので、そこも含めると更に台数が増えますね!

返済の場所にどころか、借入の場所は国内で一切困らないカードローンだと思っても良いかもしれませんね!

他の返済方法

ATMでの返済方法の他にカードローンの返済方法はなにがあるのでしょうか?
返済方法で行えるのは
・ATM返済
・口座振替
・銀行振込
・コンビニ払い
の4種類です。

口座振替は、毎月決まった日にちに返済額を自動で引き落とされます。
ですが、こちらは三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座がないと利用が出来ません。なので、メインバンクが別の銀行の場合は、少し使い使いかもしれませんね。

銀行振込の場合は、コンビニATMよりも高い手数料がかかってしまいますのであまりオススメ出来ません。

コンビニ払いは、上記で少し触れたLoppiやFamiポートでの利用となります。

Loppiでのお支払い

Loppiでは各種サービスメシューの中にある「各種代金・インターネット受付・スマートピット(Smart Pit)/クレジット等お支払い/Amazon等受け取り」を押してから「カードローン・キャッシングのご返済」の順番に押していきます。
後は画面の手順に従って、モビットを選択して画面の手順通りに利用することで利用できます。

Famiポート

Famiポートでは『金融サービス』の中にあるモビットをクリックします。
その後画面の支持に従い入力していくだけです。
操作の手順はLoppiよりも単純です。

どの返済方法がお得に返済できるのか

カードローンの金利意外にお金を掛けたくない、というのが多くの人の考える所です。
モビットの提携ATMの場合、キャンペーン期間意外では手数料がかかるものがほとんどです。
手数料をかけないで返済していく方法としては口座振替が無料でご利用いただけます。

口座振替で毎月の返済を怠らずに行い、そのまま追加返済をして金利も減らすことが可能です。
追加返済の際はATMでなくローソンやファミリーマートのあるLoppiやFamiポートを利用して追加返済を行えばカードローンの無駄な手数料を支払わなくて済みますね。
また、毎月の口座振替なので払い忘れもありません。
カードローンの返済を滞らせてしまうと、信用情報に事故情報がのってしまいますので気をつけたいものです。

また、モビットのホームページからMyモビに登録をしておくと、利用状況の照会をすることが出来ます。
他にもPC版サイトでは契約内容や取引履歴なども利用できます。
借入や返済の相談も利用が出来るので、PCでログインして借り入れるか悩んでいる時は気軽に使って返済計画までちゃんと立てておきたいですね。
他にもモビットのPC版サイトでは返済シュミュレーションが利用が出来るので、返済計画をきっちり立てていこうと思う人は是非利用しましょう。

モビットカードローンをWeb完結で申込み。ログインして出来る事

モビットカードローンのWeb完結申し込み

竹中直人さんのCMでよく目にするモビットで、カードローンを実際に使うには申し込みをしなければなりません。
そこで今回はWeb完結の申し込みの流れを説明します。

申し込み

モビットのホームページからWeb完結で申し込みをします。名前や電話番号などの、必要事項を記入して送信するだけで、カードローンの申込みが完了です。
この時にカードローンの希望額を入力できますが、金額が高くなると審査が難しくなるので注意をしましょう。必要な分だけ申し込むのが得策です。

審査

モビットのカードローンを利用するためには審査が必要です。
過去の借入状況や返済状況、今の収入などの観点から返済できる人物像かを判断します。
審査の際に、打ち間違え等があると落とされたり電話で確認がかかってくるので注意しましょう。

※お急ぎの人は、Web完結で申込み後フリーダイヤルで電話をしましょう。そうすると、審査の結果を電話で伝えてくれて、すぐに会員登録が出来ます。

契約

Web完結でのカードローン申込みの場合、パソコンで入会手続きを行います。
Web完結の場合は、カードなどの郵送物の受け取りはありません。ATM等でキャッシングを行いたい方は、カードの受取は自動契約機で受け取りをしましょう。

実際の借入

Web完結でカードローンを申し込んだ際の借入は、モビットのホームページから行います。
モビットのホームページから、会員ページにログインして「振込キャッシング」を利用しましょう。
任意の額を記入して、振込をしてもらいます。
最短3分で振込がされますので、利用される口座からお金を引き出しましょう。

モビットにログインして出来る事

Web完結で申込みをした際に、利用する事になるのがモビットの会員ページ「Myモビ」です。
Myモビにログインすると何が出来るのでしょうか?

PC版サイト、モバイル版(携帯)サイト共通

  • 振込キャッシング
  • 利用状況照会
  • 登録内容変更
  • ユーザーID変更
  • インターネットパスワード変更
  • カード紛失・盗難の連絡

PC版サイト限定

  • 契約内容照会
  • 取引履歴照会
  • 電子領収書ダウンロード
  • 書類提出システム
  • 振込返済口座照会
  • 返済シュミュレーション
  • 借入・返済相談
  • 提携ATM一覧
  • ローン申込機検索
  • Myモビメッセージ

モビットのPC版サイトでログインをすると、色々と便利な利用が出来ますね。
普段の利用は、スマートフォンがあれば問題なさそうですね。
PC版サイトのみでしか出来ない事が必要であれば、スマートフォンのブラウザでPC版の表示に変える事も出来ます。

カードローンの利用で、Myモビにログインして使うとすると、基本的に振込キャッシングを利用する形となるかと思われます。
そのため、普段から持ち歩く携帯やスマートフォンに登録しておくといざというときに便利に利用できます。

また、モビットカードローンのカードを人に見られる心配もないので、周囲に知られる事が少なくてすみますね!

ログインをするためには、ユーザーIDとパスワードで入力する方法と、カード番号と生年月日で申込みをする方法の2つがあります。その為カードを発行しておくとユーザーIDがわからなくなった時に役立ちます。
ただし、IDやパスワードは知られてしまうと借入を勝手に行われて、知らない間に遅延していたなんて事になりかねませんので、しっかり管理をしておきましょう。

家族バレを防ぐには

モビットのWeb完結の申込みが人気な理由の一つに、家族にもバレにくいという点があります。
家族の方にパソコンなどを使って知られる可能性があるものの一つで、観覧履歴という所があります。
そのため、ログインしたブラウザ(インターネットエクスプローラー等)の履歴やキャッシュを消すようにしておきましょう。ブックマーク、お気に入り登録も気をつけたほうがいいかもしれません
スマートフォンや携帯も同様の対応をしておくと確率が低くなりますね!

モビットの返済方法はATMで返済の評判はいいのか

ATMで返済は実際利用しやすいのか

返済方法の一つATMでの返済は、実際利用しやすいのでしょうか? 評判はどうなのでしょう。
まず初めに知っておきたいことは、モビットは自社ATMを持っていません。
その為、提携ATMを利用して返済をするのが必要となるのです。

提携ATMとして主な提携先は

  • 三井住友銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • E-net
  • ローソンATM
  • 地方銀行、信用金庫

このほとんどで返済が可能です。(一部信用金庫などでは取扱が無い所もあります)
毎月の返済で、毎回遠くのATMまで行かなければならない事はなく、近くのATMがあれば大抵の所で返済が可能なのはいいことだと評判です。

モビットは提携ATMの数が10万台(2015年6月現在)を超えていて、日本のATMは30万台以下なので利用できないATMの方が主要都市には少ないかもしれません。
利便性の面で考えると申し分ない評価といえると思います。

モビットATM返済の評判はいいのか

モビットの返済方法でATM返済は「近くにあって便利」「お金が出来たらすぐ返せる」と良い評判を目にする事が多いと思います。
ですが、ATM返済の際に見落としがちなのは『手数料』です。
手数料がかかってしまうと、利息分と追加して返済の際にお金がかかってしまう事を忘れてはなりません。

手数料は1万円以下なら108円、それ以外は216円かかってしまいます。
毎月108円で1年間返済したら1,296円、216円で1年間返済したら2,592円もかかってしまいます。
それ以外にも、繰り上げ返済を行うたびにお金がかかってしまうのが、提携ATMを利用した返済方法なので注意をしておきたいものです。

返済方法をATM払いにして、手数料が1回1回の金額が小さいからと油断をしていると毎月支払って5年で1万円以上のお金を無駄にしてしまう事を忘れないようにしましょう。
しかも、消費税が増税になったらさらに金額が高くなってしまうので怖いところですね。

手数料無料で行うには

モビットの返済を手数料無料で返済を行う方法は何かるるのでしょうか?

コンビニで返済

ATMでの支払いはコンビニでが一番身近なものですね。
ATMでの返済方法の他に、コンビニで支払う時はATMの他にローソンLoppiやファミリーマートのやFamiポートから利用が可能なのはご存知でしょうか。
コンビニ内に設置されている機械で、クレジット・ショッピングのお支払いなどの対応したボタンを押してから、画面の手順に従って入力を指定ってください。
ここから支払いをすると、手数料が無料で支払いが出来るのです。
この支払い方は評判が良いのですが、あまり知られていないことがあり、使っている人は何割かしかいないようです。
モビットのキャッシングの評判を見ると、借入をするためにATMでの出金を重視しているため返済の際にこのやり方は重視されていないと考えられます。

口座振替

返済方法の一つ口座振替で毎月指定日に支払いをしていれば、毎月の支払いで手数料はかかりません。
毎月指定された日から引き落とされるので、給料日後に指定しておくと払い漏れなどの対策にもなりますね。
モビットの口座振替を指定できる日にちは5日、15日、25日、月末の4つがあり、給料日に合わせられると評判が良いです。
口座振替を利用する場合は、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行のどちらかの預金口座があることが前提となるので、利用される場合は作っておきましょう。

モビット審査で落ちたら…?審査結果の事前対策!

モビットお借入診断をして審査結果を事前確認

落ちた! と言わない為に、モビットのホームページからお借入診断が出来ます。
お借入診断の項目は以下の通り

  • 生年月日(選択式)
  • 税込年収
  • 現在他社借入金額

事前にこれを使って審査をしておくことが大切です。
回答画面になると
『ご融資可能と思われます。』
『申し訳ございませんが、
ご入力いただいた情報では判断できませんでした。』

と審査結果が伝えられます。

後者の判断できませんでした。となると、現在借入が難しいと判断されているということです。遠回しに審査を落ちた事を伝えていると考えてもいいでしょう。
この場合年齢、年収、借入額の問題を解決しなければなりません。
この状態で実際に申し込まれて、借入が出来たケースもあるようですが、稀ですので注意しましょう。
申し込みをすると、信用情報に申し込み履歴半年間が残ります。審査結果は問わず、残るだけで他のカードローンに申し込みをした時に、マイナスに働いてしまいますので注意をしてください。
年齢がまだ二十歳になっていない人は、二十歳になるまで待ってくださいね。

こちらの診断は、あくまで簡易的な審査なので、実際の本審査と結果が異なることがあります。ご注意ください。

モビットの審査を落ちない為に

モビットの借入が出来る条件は
『年齢満20歳以上65歳以下の安定した定期収入のある方
アルバイト、派遣社員、パート、自営業の方も利用可能です。』

となっています。

収入を安定させよう

モビットで借入をするためには定期収入が必要となります。
専業主婦や無職の学生さんは総量規制の問題により、借入が出来ないために審査を落とされてしまいます。もし落ちたら…と考える前に、まず借入条件に合うようにしましょう。
アルバイトなどを初めて、安定した収入を入れれるようにしておくことが大切です。年収が0だと総量規制により、収入の3分の1までしか借入が出来ませんので、0円の借入額となりモビットの審査を落ちてしまいます。
最低でも半年以上続けることが大切だと言われています。

モビット以外の借入を終わらせて審査を有利に

モビット以外からの借入がある方は、先に他の借り入れの返済やクレジットカードの支払いしておくほうが良いでしょう。
リボ払い等で、支払いがまだ残っている人は繰り上げ返済をして早めに返しておくことが大切です。
支払いが残っていると総量規制の対象となって、収入と借入額が不釣合いと判断される可能性もあるからです。

また、返済記録がきちんとしていると、審査の際に有利となります。遅延等が無い事が大切です。

嘘をつかない

落ちたらイヤだから嘘を付く必要がないじゃないか、と言う人がほとんどだと思います。もちろん本当に嘘をついてしまう人は、嘘をつかないようにしなければいけません。
ですが、自分が気づかない間に『書き間違え』で嘘を付いていると判断されてしまうことがあります。
初めて合う相手が、間違えて書いていると「この人は嘘を付いているんじゃないのか?」とモビットからは疑われてしまいます。なので、審査の際の書類はちゃんと正確に書き込むようにしましょう。

見落としがちな携帯料金で審査結果が変わる

携帯料金の滞納を怠ったりはしていないでしょうか?
特に問題になるのは、携帯の本体料金を分割払いにしている時です。携帯を止められているだけじゃ済みません。

分割払いにするということは、お金を借りて携帯電話を先に買った。と言うクレジットカードの使い方に近い状態になっています。
その為、信用情報機関に事故情報(俗にいうブラックリスト)として記録されてしまうのです。
ちゃんと支払いをしておかないと、モビットの審査に落ちたとなってしまうのです。

他にも見落としがちな物は、奨学金です。
日本学生支援機構のJASSOが貸し出しをしている奨学金は、信用情報機関と繋がっています。平成20年の11月以前は、JASSOは信用情報機関に加入していませんでしたが、現在は加入しているので「遅延をしてもブラックリストに載らない」という人生の先輩の言葉は聞いてはなりません。

以上の事を踏まえてモビットの審査の審査結果が良いものになるようにしましょう!