アコム

特徴

1978年から営業する業界で最も歴史のある消費者金融。2008年に三菱東京UFJフィナンシャル・グループの傘下に入り、信頼度もアップ。
その長きにわたる経営で得た独自の与信ノウハウで、他社の審査が否決になった人でも融資が可能になる場合があるなど、間口の広さには定評あり。有人店舗数や提携ATMも多いほか、特に、郵送物や電話連絡といった利用者の要望を契約時にしっかりヒアリングしてくれる顧客対応の良さで高い人気を誇る。

良いところ

①30日間の無利息期間の導入

2014年10月から始まったサービス。アコムでの契約が初めての人が対象で、“借入日”ではなく“契約日”から30日間が無利息期間をなる。

②多彩な返済スケジュール

返済した翌日から数えて35日後が次の期日となる「35日ごと返済」、毎月、利用者の希望日が期日となる「指定日返済」、毎月6日に自動で引落される「口座振替返済」の中から、都合にあった返済方法を自身で選べる。

③WEBで契約から返済までを完結

公式サイトで「申込み⇒契約⇒借入⇒返済」までを済ませることができる。パソコンはもちろん、携帯やスマートフォンでも可能。

④マルチなサービス+α

スピード審査や即日融資といった基本サービスに加え、返済に困った場合や返済スケジュール変更の相談にも乗ってくれることがあるなど、柔軟な対応力は随一。

⑤振込時間の延長が可能

契約完了後の振込は14時までが一般的だが、三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・ゆうちょ銀行のいずれかを振込先に指定すると、19時まで即日振込(受付は18時まで)に対応してくれる。ただし、初めての借入のみ。

悪いところ

①審査に時間がかかる場合も

利用者の要望などによっては審査に時間がかかることも。また申込にあたり、同じ質問が繰り返されることも多く、わずらわしく感じるかもしれない。丁寧な対応が故の弊害と言える。

②「おまとめ」に不向き

各社同様、複数の借入を一本化するための商品「貸金業法に基づく借換え専用ローン」が用意されているものの、金利が7.7%~18.0%と業界最高利レベル。高額融資にはちょっと消極的なよう。

③専業主婦の申込制限

総量規制の対象なので、自身で定職を持たない専業主婦は申込ができない。ただし、配偶者の同意書と収入証明書を提出をすれば可能な場合も。

まとめ

大手銀行の子会社としての信頼感に加え、業界最古参らしく独自の与信ノウハウを持った間口の広さと安心の実績が大きな魅力。新たに導入された「30日間無利子期間サービス」や振込時間の延長といった手厚いサービスをはじめ、多くの利用者が口を揃える丁寧な対応やフォロー体制など、まさに“はじめてのアコム”のキャッチコピー通り、キャッシング初心者には最適だ。迷ったらまずはここから始めてみては?

アイフル

特徴

銀行グループに属さず独立性を保つ唯一の消費者金融会社

設立37年の実績と、初めての人限定の書類レス審査&限度額10万円ローン「わんポチッと。」や最高金利9.5%の「ファーストプレミアム・カードローン」、
用途に合わせた「目的別プラン」といった多彩な商品展開、一定の条件で収入証明書の提出不要など、利用者目線に立ったサービスを多く提供し、
顧客満足度も高い。柔軟で良心的な審査も好評価のヒミツ。

良いところ

①融資は1,000円から!
10,000円単位での融資が多い中、1,000円から借入が可能だから、「給料日まで5,000円だけ」など小回りの利いた使い方ができる。
②24時間借入・返済OK
自社ATMなら7時~23時まで手数料無料で借入・返済ができるほか、ローソン、セブンイレブンなど提携ATMでは実質24時間いつでもどこでも使えるので、いざという時の心強い味方に。
③家族に知られず自宅でカード受取
PCやスマートフォンからのWEB契約限定で、カードの受取時間が指定できるサービス「配達時間えらべーる」が新登場。時間がなく来店が難しい人でも、これなら家族に知られず自宅でカードが受取れる。
④「おまとめローン」が充実
2種のプランが揃う「おまとめローン」では、他社よりサービス参入に遅れをとったせいか、金利が低めに設定されている。ただし、追加借入はできないので、あくまでも賢い返済方法として利用を。
⑤簡素&迅速な融資
利用限度額50万円以下なら、収入証明書の必要がなく、本人確認書類があれば最短30分の審査で契約・借入が完了。シンプルかつわかりやすさは初心者にうってつけ。

悪いところ

①銀行のバックアップがない

法改正などの影響もあり、銀行の傘下に入る会社が増えているキャッシング業界。その中で、優良消費者金融大手とはいえ、やはり銀行の後ろ盾がないのは財務面で若干の不安要素に。

②低い限度額
ローンのタイプによっては限度額の高い商品もあるが、使い勝手の良いレギュラータイプでは限度額が低めなので、使途によっては不向きな場合も。増額へのハードルも高めとのウワサも。
③無利息期間サービス未導入
プロミス、アコムといった3大消費者金融会社の中では唯一、無利息期間がない。このあたりのサービスの遅れは惜しい。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。

まとめ

大口から小口まで多様なタイプのローンを揃え、使い過ぎが心配な借入初心者からワンランク上の融資を望む上級者まで、自分の目的に合ったキャッシング方法が選べるのが最大のポイント。
銀行の親会社を持たない唯一の独立系として、柔軟性や小回りの良さで幅広いユーザーが使いやすい反面、サービスや特典展開の遅れは少々気になるところ。今後の巻き返しにも注目。

プロミス

特徴

常に人気ランキング上位に挙がる消費者金融業界トップクラス大手。三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)の完全子会社なので、社会的信用はもちろん、財務の心配もいらない。自社に加え、コンビニから信用金庫、郵便局まで、ほとんどのATMで借入・返済ができるなど、利便性の良さも銀行グループならでは。実質年率は4.5%~17.8%と大手消費者金融の中ではわずかながら低く設定されています。

プロミスの5つのポイント

を詳しく見る

良いところ

①30日間無利息サービス

メールアドレス登録とWeb明細利用の登録及び初めての利用限定で、30日間無利息に。短期での利用がわかっている人には断然有利。

②スピード融資

平日14時までにWEB契約が完了すれば当日振込も。14時を過ぎた場合でもネット申込&審査通過後に最寄りの自動契約機に行けばその場で出金ができるのに加え、自宅への郵送物も基本的には届かない。三井住友銀行のローン契約機でも申込&カード受取ができるのも嬉しい。

③土日・祝日も審査&融資実施

金融機関が休みでも即日融資が可能。ネット申込&審査通過後に最寄りの自動契約機でカードを受取れば、スグに借入OK。

④無人契約機は9:00~22:00※2。まで稼働

朝9時から22時※2まで申込可能だから、アクシデントでの出費にも使えそう。プロミスATMコーナーは7:00~24:00※3 まで利用できる。

⑤最短10秒で振込=瞬フリ ※1

三井住友銀行もしくはジャパンネット銀行の口座をプロミスに登録すれば、24時間最短10秒で振込みが可能な場合も。 ※1

を詳しく見る

悪いところ

①総量規制対象

個人の借入総額が原則年収などの1/3までに制限(総量規制)されるので
限度額がどうしても低くなりがち。

②返済日が少ない

返済日が「5日・15日・25日・末日」に限定。ただし、インターネットをはじめ、口座振替、店頭窓口、ATM、コンビニや銀行振込もOKと、様々な方法が用意されているので返済方法には問題なし。

③コンビニ利用だと手数料が必要

多くのATMで利用ができるものの、コンビニなどでは手数料が必要となり、場所によっては他社より高くかかる場合があるので要注意。

まとめ

各ランキングサイトの上位常連で、全体的なサービス・バランスがよく、広汎性も高いので、多くの人が安心かつ気軽に利用しやすい環境が整っている。特に、短期利用や急に出費が発生した場合になどに持ち味を見せる。また、銀行でのカード受取や借入・返済が可能なので、消費者金融=ネガティブなイメージも気にならない。一方で、限度額や審査基準、返済日など、いくつかの制約があるので要注意。

※1 瞬フリサービスをご利用いただく場合、三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座をプロミスにご登録頂ければ、24時間最短10秒でお振込み可能。詳しくはプロミス公式サイトをご確認ください。
※2 一部21時もあります
※3 ATMにより営業時間、休日が異なります。