パチンコ店員のキャッシング方法&オススメ

パチンコ店員のキャッシング方法

パチンコ店員がキャッシングをする方法としては、カードローンとクレジットカードの2種類があります。
キャッシングをするときに使いたいのは何が良いのでしょうか。

クレジットカードのキャッシング

クレジットカードのキャッシングは身近ですが『あまりオススメ出来ない』と考えられます。
キャッシングをするときにクレジットカードのキャッシング枠を利用するのですが、キャッシグング枠は金利が高く固定金利なので使い勝手が非常に悪い物が多いです。

また、ショッピング枠の現金化もあります。
現金化は利用規約違反ですので、知られてしまうとカードの更新が出来なかったり、その会社で二度と使えないと言う自体になりかねませんので絶対に行わないようにしましょう。

カードローン

パチンコ店員に限らず、やはりキャッシングをするのであればカードローンがオススメ。
金利がちゃんと、低くなっていくのが特に重要。
他にも無利息期間のサービスや、コンビニで好きなタイミングで返済出来るなどのサービスが充実しているのでお得に利用できます。

▼オススメのカードローンはこちら▼

キャッシングをするときに気をつけること

キャッシングをするときに、パチンコ店員で気になるのは審査です。
審査を通すにはどうすればいいのか、と言うことをチャント知っておきましょう。

パチンコ店員で正社員の場合

パチンコ店員で正社員の場合は、借り入れが問題なく出来ると考えられます。
ですが勤めている会社によって、少しずつ借り入れできる審査基準が変わります。
パチンコ業界の離職率は他の業界よりも少し高めで、これがキャッシングの審査に関わってくるのです。

離職率は公開されている企業と、公開されていない企業があります。公開されているところの多くは、離職率が低めになっている優良企業だと考えられますね。
離職率が低いところでしたら『返済能力が無くなる危険性が低い』と判断できるので、キャッシングの審査で有利に働きます。
基本的に半年以上勤めてから申込みをするのが最低条件だと言われていますが、離職率が高い企業の場合は1年以上働いてからの方が良いでしょう。
長い間勤めていれば、その分審査に有利に働くので長期間働いている人は心配が要らないと思います。
初めての借り入れでしたら、プロミスアコムなどの消費者金融がオススメです。

また、主任や店長クラスになれば、高額の借り入れも問題なく行えます。
借り入れをするときに収入の3分の1までとなっている総量規制の問題も、年収が高ければ問題が少なくなっていきます。
高額の借り入れでしたら、みずほ銀行カードローンオリックス銀行カードローンがオススメです。

パチンコ店員でアルバイトの場合

パチンコ店員の中でもアルバイトの比率は多いです。
アルバイトで働いている人でもキャッシングの申込みは問題なく出来ます。
ただし、こちらも離職率の問題が高く1年以上勤めている人が最低条件だと考えてよいでしょう。
カードローンの申込み条件として、毎月安定した収入が有ること。と言う条件がありますが、アルバイトでも毎月シフトが決まっていれば安定した収入を得られると判断できます。そのため、借り入れの際に収入が原因で審査で不利になる事はありません。
安心して申込みをして下さい。

パチンコ店員のオススメのカードローン

サービス名 金利 融資速度




プロミス 4.5%~17.8% 最短一時間
アコム 4.7%~18.0% 最短一時間
モビット 3.0%~18.0% 最短一時間

レイク 4.5%~18.0% 最短即日
みずほ銀行カードローン 4.0%~14.0% 最短即日
オリックス銀行カードローン 3.0%~17.8% 最短5日程度

上記の通り、アルバイトの人は消費者金融からの借り入れがオススメ。
20歳以上で安定した収入があれば誰でも申し込みをすることが出来ます。

正社員の方は、勤めている期間が1年以上であれば銀行カードローンがオススメ。
金利が低いのでお得に利用出来ます。
また、すぐに借り入れをしたいのであれば、消費者金融などの借り入れまでの時間が短い物を利用すると良いでしょう。

映画館で働く人もキャッシングが出来る

映画館で働くスタッフはキャッシングが出来る

映画館で働くとキャッシングが出来るというのはどういうことでしょうか?
映画館スタッフは実際にキャッシングを行うことが出来ます。
キャッシングをする際の審査の基準としては職業の離職率が重要視されるため、飲食店やとび職などの離職率の高い職業と比べて審査が通りやすいと言われています。

ただし、社会全体で見ると賃金が低い事が多く、会社の体制が古い場所も多いため、離職率が高い分類とされることが多いです。
その為、高額の貸付をいきなり申込んでも審査が通らず希望の限度額に至らないことがほとんど。
また、希望の限度額に達するためには、収入をその限度額の3倍以上にしておく必要がある場合があります。消費者金融は総量規制によってキャッシングを行える金額が収入の3分の1までとされているので、それを超えた借り入れをする場合は特に注意が必要ですね。

総量規制とは?総量規制の対象、対象外をわかりやすく解説

離職率が高いと言うことはつまり、映画館スタッフが注意しておくべ審査内容は、勤続年数だということ。
勤続年数が長いほどキャッシングの審査で有利に働くと考えて良いと思います。

また、過去の借り入れや返済状況によっても審査されるので注意をしておきましょう。
審査で過去の滞納は信用情報にどれぐらい響く?

アルバイトの人もキャッシングが出来る

アルバイトだからキャッシングが出来ないと諦める必要はありません。
カードローンの多くは『安定した収入がある人』を対象としており、大手カードローンの場合アルバイトやパートの方も可となっているようです。
収入があれば消費者金融からも借り入れが出来るので、キャッシングサービスを選ぶ幅が広がっています。

映画館で働く人は秘密で借りられる?

映画館で働くスタッフは、誰にもバレずにキャッシングをすることは可能なのでしょうか?
結論から言うと誰にもバレずに借り入れをすることが出来ます。
キャッシングを行う際に気にするのは『他の人に知られないか』と言う事に焦点を置いている人は少なくありません。
秘密で借り入れをするためにはいくつか方法があります。

在籍確認は怖くない

在籍確認の電話がかかってくると、バレてしまうんじゃないかと思う人いますが実際にはそんな心配は不要です。
電話がかかってきて、本人が働いていることが分かればいいので自分が電話に出なくても「ただいま席を外しております」という返事さえ貰えればいいので、安心して下さい。

また、それでも不安な人は在籍確認を無しで借り入れできるWeb完結などで申し込みをすると良いでしょう。
審査の在籍確認なしで借入をする方法

映画館スタッフは金利が安い所でキャッシング出来る?

映画館のスタッフは金利が安いからキャッシングが出来るのでしょうか?
映画館スタッフは基本的に『低賃金』と言われており、上層部の役職になると給料が一気に上る体制の職業形態の場合が多いです。
その為『限度額を高くして金利を低くする』というやり方で、金利が安いところから借り入れをすることが出来ないと考えられます。

ですが、申し込みをする際に◯%~◯%の上限金利を気にしておくことで、金利が安いところから借り入れをすることで、金利を少しでも下げる事が出来るのです。
銀行カードローンと消費者金融を比較してみると、最高金利の平均的な値が15%と18%で3%も違いが有ります。15%が上限金利である銀行カードローンで申し込みをすると総量規制の対象外なので、給料の3分の1以上の借り入れも出来て2つの意味で利用しやすいと考えられますね。

銀行カードローンであるみずほ銀行の場合、金利が4.0~14.0%と銀行カードローンの中でも低い水準なのでお得に利用する事が出来ます。

映画館スタッフが即日で借りる方法

金利を重視すると銀行カードローンを利用するのが良いと書きましたが、即日で借り入れをすることを重要視する場合、消費者金融からの借り入れがオススメです。
審査は最短30分でかなり早く、借り入れまでのスピードは最短即日。

借入れ方法や返済方法が多彩なプロミスやアコムがありますし、初めて借り入れをする場合は30日間の無利息期間もあるので安心です。

即日で借りれるWeb完結!各社比較