教師のキャッシングはバレない?

教師(先生)がキャッシングをしてもバレない?

教師がキャッシングをした場合、一番怖いのが周囲にバレてしまうことですよね。教師・先生という立場上どうしても悪いイメージが付いてしまうと今後の教育に影響してしまいます。
キャッシングをするときに周囲にばれない方法があるのでしょうか?

カードローンで借りた時にバレない?

教師がカードローンで借入をした時にバレてしまうのでしょうか?

答えは『基本的にバレません』
基本的には自分から周りの人に告げる等をしなければバレないと言われています。
教師だからといって、銀行や消費者金融は何かを学校に通達したり、学校側が見ることが出来る何かの履歴が残るわけでもないのです。

稀に『遅延・滞納』を繰り返すことで、学校に催促の電話がかかってきてしまいバレたと言うケースもあるようですが、基本的に遅延・延滞をしなければ問題ないと考えられます。

在籍確認でもバレないの?

教師と言っても、在籍確認が行われます。
在籍確認では消費者金融の名前を出して電話をかけてくることは、貸金業法により禁止されちるので絶対にありません。銀行カードローンの場合は、銀行名をいうことがあるようですが、カードローンの審査のためとは言わないと考えられます。
消費者金融からの電話でしたら何かしらの用事だと思われますし、銀行カードローンからの電話でしたらクレジットカードを作ったため、などの言い訳が使えそうです。

他にも、Web完結で契約することによって在籍確認を書類で済ませることも出来ます。

即日で借りれるWeb完結!各社比較

教師(先生)だったら共済組合で借りるのがいい?

公立・私立学校の教師をしていると、学校の共済組合からお金を借りる事が出来る場合があります。
必要に応じて借入の種類があります。
一般貸付に関しては、通常のキャッシングサービスと同じような使い方が出来ると考えて良さそうです。
利率も公立学校共済組合の場合2.72%とかなり低金利なので、利用する際に金利を優先する場合はこちらを利用しましょう。私学共済組合の場合は2.26%の低金利です。

ですが、やはり共済組合の場合は同職員から知られることがあります。
そうなると、校内での立場が危ういなどの場合は通常のキャッシングサービスを利用するほうが良さそうです。
バレずにキャッシングをするのでしたら消費者金融、銀行カードローンを利用するのが良さそうですね。

教師(先生)はキャッシングの審査に通りやすい?

教師と言う職業はキャッシングの審査に通りやすいのでしょうか?

公立学校の教師・先生の場合

公立学校の職員は『地方公務員』として審査に挑むことが出来ます。
地方公務員でしたら他の職業と比べて「安定した収入」として判断してもらいやすいので、かなりキャッシングの審査には有利だと考えられます。
利用する際には職業的には属性が良いとい考えて良いでしょう。

その他の過去に遅延や、借金の滞納等が無いなどの一般的な人であれば、審査が厳しくなることは無いと考えられます。

私立や国立の教師・先生の場合

私立や国立の教師・先生は法人の職員として扱われます。
ご存知の方も多いですが、国立の学校の教員は平成16年4月より国家公務員から非公務員型の法人職員と変わりました。
そのため、通常のサラリーマンと同じ扱いになると考えられるのではないでしょうか。

教員という職業柄4月までは辞めることが少ない、と見られるのが一般的ですのでそのことを考えても審査の際の属性が良いと考えられますね。

審査が落ちる理由って何?キャッシング基礎知識

自衛官のキャッシングはカードローンが良いのか?

自衛官がキャッシングするなら?

まず、自衛官がキャッシングをするなら『絶対に職場にバレない』と言うふうな点から仮り入れを考えていくことが基本だと思います。
その理由、バレない方法について考えてみましょう。

自衛官がキャッシングでバレてはいけない理由

自衛官がカードローン等でキャッシングをしていはいけない理由の多くは『借金がある』という点が重要視されてしまうからだと言われています。
借金があるからと言って懲戒免職になったりはしません……が、残念ながら昇格には響く可能性アリ。
自衛官だと、特に気をつけておきたいことは『返済遅延』などです。場合によっては営内に電話がかかってきて返済を請求されます。

自衛官がキャッシング等で借金をしていると、国防や公務に当たる責任のある人間が、お金の問題で仕事に影響を及ぼすのが良くない。と言う考え方からだと思って良いでしょう。
また、懸念される点の一つとして自衛官に借金があると、それを理由に外国から揺さぶりを受ける等があってはいけないから。と言うことも考えられますね。

ですが、裏を返せば返済遅延を起こしたり、周りに知られることが無いようにすれば自己責任ですがなんら問題がないと言う事です。
なので、バレない方法を知って借り入れを検討してみましょう。

自衛官がキャッシングでバレない方法

自衛官がバレないキャッシング方法は何があるのでしょうか?
カードローンを利用するときに、バレないようにするには『在籍確認』に注意をしておく必要があります。
在籍確認では、電話の相手の名前しか言いません。その為、会社名や関係を言わないためバレてしまうことがままあります。
銀行カードローンを利用する時は、銀行名を言うところから借り入れをすると良いのではないでしょうか。カードローン意外にも、自動車ローンや住宅ローン等も取り扱っているため、そちらの内容だったと言い訳が立ちますし、電話に出ても違和感がありません。

また、消費者金融等でスグに借り入れをしたい、と言う場合は在籍確認の電話が無いところから借り入れをすると良いでしょう。
在籍確認の電話を、書類で代用できる大手消費者金融のアコムモビットであれば、不安になる事は少ないですね。

注意すべきバレてしまうタイミングとは?

先ほど挙げた返済遅延や在籍確認もそうですが、それ以外のタイミングでも、知られてしまうことがあります。
それは、会話からバレてしまうことです。お金に困っている事を何度も言っていた人が急に言わなくなったりすると周囲の人が違和感を感じてバレてしまうことがあるようですね。
また、家族からの相談や、金遣いの仕方が変わったなどでもバレてしまうことがあるようです。

この当たりに関しては基本的に、節度を持った利用であれば問題がないと考えられますね。

自衛官にオススメのカードローンは?

さて、色々と対策を考えてきましたが、その上で自衛官にオススメのカードローンは何があるのでしょうか?

サービス名 金利 書類で在籍確認 審査時間
みずほ銀行カードローン 3.0%~14.0% × 最短即日
モビット 3.0%~18.0% Web完結で可能 最短30分
アコム 4.7%~18.0% Web完結で可能 最短30分
プロミス 4.5%~17.8% Web完結で可能 最短30分
オリックス銀行カードローン 3.0%~17.8% × 最短即日

一番オススメのカードローンは?

みずほ銀行カードローンは、金利も低く銀行カードローンなので安心です。
先にも申し上げたとおり、みずほ銀行カードローンで在籍確認が来たとしても、銀行カードローンなので、銀行の別件の電話だと言い訳が出来ると言う強みがあります。
その為、みずほ銀行カードローンがオススメ。自衛官であれば、審査の際に公務員として見てもらえるので、属性的に有利です。

消費者金融で最もオススメなのはモビット。
モビットの場合、書類が一切なしで借りられるので、Webからの申し込みで誰にも知られずに借りることが可能です。
返済を口座振替にしておけば、支払いに行く手間や知られる心配がほとんど無くなるので、とても手軽に借り入れすることが出来ます。。
Web完結で申し込みをする場合カードの発行が無いので、一番効果的だと考えられます。

アコムやプロミスも十中八九問題なく利用できますが、極稀に書類が家に届くことがあります。その書類等が原因で家族バレをしてしまう事があるので、Web明細にするなど家に書類が届かないようにするように気をつけなければなりません。
カード発行で家に書類が届くため、Webで申し込みをした後自動契約機で契約するのが良いでしょう。

自衛官が借りるのは本当にカードローンが良いの?

自衛官の場合共済から借り入れをすると言う手段も考えられます。
カードローンと共済から借り入れをするのはどちらが良いのでしょうか?

共済で借り入れをした場合、様々な手続きが踏まれて、営内の一部の人に借り入れをした事が知られてしまいます。
キャッシングサービスよりも金利が低いですが、リスクが高い借り入れだと考えて良いのではないでしょうか。
また、給料から天引となるため、給与明細に記載されてしまいます。家族にも知られないようにする、と言う場合は特にこうなってしまうのはあまりオススメ出来ません。

そのため、共済で借り入れをするよりも断然カードローンを利用してキャッシングをした方が良いと考えられますね。
カードローンの場合周囲に知られないように配慮をしてくれるため、自分が気をつけられる所で気をつけておけば、気兼ねなく借り入れをする事が出来ます。

公務員がカードローンキャッシングで借りる方法決定版!

公務員がカードローンの審査に通りやすいのは本当?

結論から言うと、公務員がカードローンの審査に他の職種と比べて通りやすいのは本当だと考えられます。
まず、カードローンの審査の際に条件として『安定した収入が有ること』が重要。
公務員の場合安定した収入があると考えられるため、収入面で考えた時にかなり有利になります。

特に、サラリーマンと比べて『倒産』と言う危険が無いのが大きな理由だと考えられます。
一般企業の場合、どんな会社でも多かれ少なかれ倒産の可能性がありますが、公務員の場合国が国として維持できなくなる時が職を失う時、と考えられますのでそんな事はほとんど考えられ無い事から安定性が高い。となるのです。
国が国として維持できなくなると、公務員だけではなく他の企業もかなり倒産し始めると考えられますので、貸付金の回収どころではなくなってしまう事も考えられますね。

ただし、公務員だからと言って『過去に借金の遅延をした』などの、返済が出来ない人判断されてしまうと審査落ちをしてしまいますので、ご注意下さい。

公務員は銀行や消費者金融より共済から借りるほうが良いの?

公務員の場合は、銀行や消費者金融よりも共済から借り入れをするほうが良いのでしょうか?
カードローンなどのキャッシングサービスを利用するよりも、共済で借入をした方が良いのでしょうか?

共済から借り入れをするメリット・デメリット

多くの場合金利などの点でかなり優れていると考えられます。住宅ローン等の場合は、銀行で貸付をするほうが良い事もありますが、無担保で借入をするカードローンのと比べるとやはり金利が低いと言う事が多いです。
ですが、デメリットとして周囲に知られてしまうことが大きいですね。
共済で借入をする時、地域によっては所長の印が必要な所もありますし、返済(償還)の際に給与から差し引かれる点も同僚に知られてしまうきっかけ。
他にも離職する際に即時償還(すぐに全額返済する事)を求められる事もあり、隠れたリスクが大きいと考えられます。
また、金利を重視する場合は共済からの借入となりますが、繰り返し利用する場合は何度も手間がかかるのが難点です。

共済でトラブルも

共済で貸付を行う際に『共済への加入』を条件に出してくる所もあり、ある地方でトラブルになっています。
共済で借入を考える場合は、過去にトラブルが無い共済であることを調べておく方が安心でしょう。

銀行、消費者金融のカードローンを使うメリット・デメリット

共済の借入を利用するのと違い周囲に知られる事がほとんどありません。
家族には書類や引落し口座の印字等で知られることがありますが、職場の人に知られることはほぼ無いと言われています。
また、カードローンの場合一度契約しておくと繰り返し利用する際にかなり便利だと考えられます。出先で急にお金が必要になった時等も利用できるので、かなり便利ですね。さらに必要書類も少ないので、契約の手続きも共済で借入をするよりも簡単なのではないでしょうか。
デメリットとしては、金利が高い物が多い所です。
消費者金融等から借入をすると、金利が18%から下がっていく所も少なくありません。
銀行カードローンの場合は、高額の限度額で契約をすることによって、かなりお得な金利で利用できる所も多いですが共済の金利と比べると、やはり高い場合がほとんど。
カードローンで借入をする場合は、周囲に知られたくないなどの秘匿性を特に重視する場合だと考えられます。

ヤミ金や詐欺等には要注意

共済同様に銀行カードローンや消費者金融のカードローンを装った詐欺等には要注意が必要です。
大手消費者金融などの名前を利用した詐欺グループも多く、そのようなところの場合は見分けづらいのが特徴なので特に注意が必要となりますので、ご注意下さい。

公務員専用カードローンもある

地方銀行の場合は公務員専用カードローンもあります。
メガバンクなどでは取り扱っていない商品が有るのも地方銀行の特徴ですね。
ですが、デメリットとしてはその地域にいる間しか使えないなども考えられるので、転勤がある国家公務員の方などには向いていないのではないでしょうか。

基本的に公務員の場合、公務員専用となっていない所でも借入審査の条件は良いと考えられますので、自分に合ったカードローンを探してみるのが良いかもしれませんね。

5社のカードローンを比較!ピッタリのサービスを探そう!

国家公務員はキャッシング審査は有利?

国家公務員は審査に有利?今日中に借りられる?

国家公務員(官僚)であれば、カードローンなどのキャッシングサービスを利用するときの審査は有利なのでしょうか?
国家公務員(官僚)の方の場合は、職業として公務員として申し込みをすることとなります。
公務員の場合は他の職業と比べて『安定した収入』と言った面で有利に判断されやすい、と言われています。
一般企業で勤めていると、業績悪化等で倒産する可能性がどんな会社でもあります。その時に給料が支払われず、カードローンを提供する会社は貸しつけたお金が回収できない事もあるのです。
その点を考えると国家公務員の場合国家が潰れる事がない限り給料が支払われないなんてことは無いので、公務員は審査の際に属性が良いと考えられますね。
ですが、国家公務員の方も働き始めて数日目などの不安定だと判断される場合は貸し付けを断られる可能性もあるので要注意。
国家公務員だけど給料が少ない、と言って嘆く必要無いと考えられます。

また、公務員の場合は在籍確認を行わない消費者金融もあるようです。
国家公務員の場合は、職場に電話をかけること自体不審であったりするため、書類での在籍確認を執り行っているそうです。
実際に保険証などで共済保険に加入していることがわかるので、それで完了する事もあると噂されています。
よって国家公務員の方は、銀行カードローンや消費者金融等から即日で借りる事が出来ると考えられます。
手続きの方法や種類によっては、即日で借りられないサービスもあるのでご注意ください。

国家公務員だったら共済組合で借りたほうが良い?

国家公務員でしたら一度は共済組合からお金を借りる方法を聞いたことがあるのではないではないでしょうか。
公務を行う人は、各共済組合で「普通貸付」といった名目で借り入れをすることが出来ます。
貸し付け内容は各共済組合によって違いますが、基本的にキャッシングサービスと同じように利用目的に大きな制限はありません。
年利は通常のキャッシングサービスよりもかなり低く設定されているので、金利のことを考えて利用する場合は共済組合で利用するのが良いでしょう。組合によって金利は異なりますが、5%以下の物がほとんどの様です。

ですが、共済組合の場合どうしても手続きが面倒であったり、周囲に知られてしまうことになります。
周囲に知られたくない、もっと手軽に済ませたい、と言う人はカードローンの利用が良いでしょう。
銀行カードローンや消費者金融の利点は、やはり周りに知られづらいと言うところが大きいと考えられます。

国家公務員だとキャッシングしたらバレる?

国家公務員だからといって、銀行カードローンや消費者金融で借入をした事を、国の関連機関から調べられることはありません。
特に消費者金融の場合は貸金業法によって定められた内容により、第三者に向けてむやみに公表することを禁止されており、なおかつ利用者の周囲に知らしめる様な事も出来ません。

基本的にキャッシングがバレるのは一般企業に務める方と大差ありません。
多くの場合で「返済の滞納」が原因による督促が、周知されるきっかけになっているようです。
督促の電話や、督促状、職場への電話など様々なきっかけが考えられます。

また、債務整理をするときに役職によってはバレてしまう事があるようです。その為必ず返済はしていくようにしましょう。
個人再生、自己破産を行うと、共済組合などからお金を借りている場合はそちらにも通知が行きます。その為借金がバレてしまうそうです。
ご利用は計画的に行ってください。