新聞社務めの人はキャッシングが出来るのか

新聞社で勤めのキャッシング審査は厳しい?

新聞社で勤めていると、キャッシングの審査が厳しいのかを考察してみました。
キャッシングの審査については、様々な要素があるのでどのように当てはまるかを見てみましょう。
新聞社は職業のフリーマーケットと呼ばれることもあるほど様々な仕事があるため、審査の際に色々と聞かれることがあります。

大手新聞社でのキャッシングの場合

大手新聞社で働いている人は、新聞を実際に制作編集するデスクや、配達をする配達員など様々な役割があります。
中でも配達員に関しては、アルバイトなども多く『離職率』の正式な統計が発表されている所が多くありません。世間的なイメージでは離職率が高い職業だと言われています。
ですが、正社員として就職をしている場合は特に影響を及ぼさないと考えて良いでしょう。

新聞記者や制作に携わる人は、一般的なサラリーマンよりも年収が高い傾向にあるため、借入限度額も高めに設定しやすいのではないでしょうか。

配達員でも問題がない

配達員の場合は正社員やアルバイトの方がいます。
正社員の場合は、特に問題無くカードローンの申し込みが出来ます。基本的に長期間勤めている方が審査では有利だと考えられます。

また、アルバイトの方でも多くのカードローンに申し込みをすることが出来ます。
カードローンの申込条件として『20歳以上の安定した収入が有る方』となっている物がほとんどなので、アルバイトの方でも安定した収入として判断出来るのです。
20歳未満の学生バイトの場合は、基本的に借り入れが出来る所が少ないので注意が必要です。

中小の新聞社の場合

大手新聞社と比べると、中小の新聞社では離職率が高くなります。
一部の地方新聞を除き、基本的に旧体制の会社が多い為新人の育成がままならない状況になっている物が多いと言われています。
離職率が高いと、貸付をした後『返済が出来ないのではないか』と言った理由で審査落ちをしてしまう事があります。
審査を受けるにあたって、少なくとも1年、出来れば3年以上同じ会社で勤めていることが条件として好ましいと考えられますね。

女性が不利な新聞業界

男性と比べると、一部の新聞社を除き女性が給与面などで不遇な状況におかれることが未だに多く存在します。
女性の場合でも、キャッシングを行う際の限度額は年収に影響があります。
収入の3分の1以上借り入れが出来ない総量規制の問題では年収に差が有る事で大きな差が生まれてきます。
また、総量規制の影響を受けない銀行カードローンの場合でも、年収が少ないと限度額を抑えられるのが一般的なので注意が必要。

基本的には審査等に大きな影響はありませんが、借り入れが出来る限度額に差が出来ることは免れないのではないでしょうか。

新聞社の人は何処でキャッシングをすればいい?

新聞社で勤めている人はどこでキャッシングをするのが良いのでしょうか?
キャッシングをする際には基本的にカードローンやクレジットカードを利用して、コンビニATMなどで借り入れができます。
クレジットカードでのキャッシングの場合、クレジットカード自体の審査を再度受ける必要が有るなどの手間がかかるため要注意。
カードローンの場合は消費者金融と銀行カードローンの2つに分かれており、銀行カードローンは一般的に金利が安く、消費者金融の場合はサービスが充実していると考えるのが一般的。消費者金融の場合は、即日融資などのキャッシングがスグに必要だと言う場合にとても便利です。

基本的にみずほ銀行カードローンやオリックス銀行カードローンは、高額の借り入れをする際に便利で、スグにお金が必要だという人はプロミスやアコム、モビットといった消費者金融が便利です!

労働組合から借りる方法もある

大手新聞社の場合は労働組合等に加入をしていれば、そこから借入を受ける事が可能です。
労働組合の貸付は、各種で聞くことが出来ます。
金利がかなり安く使えるので、借り入れの際に金利を重視する場合は、労働組合からの借り入れも良いでしょう。
ただし、労働組合からの借入の場合周囲に知られてしまうことがありますので、借金は秘密にしておきたいと言う場合には一般的なカードローンを使うのが良いでしょう。