上京費用でお金はいくら必要?知っておきたいポイントを厳選

上京費用でかかる金額はどれぐらい?

上京でお金はどれぐらいかかるものなのでしょうか?
それぞれの上京に合わせて考えてみましょう。

上京して初めての一人暮らし

初めて一人暮らしをする時、上京でどれぐらいお金がかかるものなのでしょうか。
基本的に上京をするときにかかる初期費用として50万円と言われています。
ほとんどが家を借りるときに使うお金で消えてしまうので、気をつけましょう。

基本的に、都内で家を借りるときに敷金、礼金、家賃、仲介手数料など様々なお金がかかってきます。
以前筆者が学生の時に上京して、3万5千円の格安な家賃の家を借りた時ですら、不動産会社に支払った金額は礼金なしで22万7千円でした。
家賃が5万円を超えると30万円を下ることは基本的に無いと思います。

他にも、家財道具や初月の食費や生活費等もかかってくるのでなるべく多く用意できると良いですね。

一人暮らしのお金ないときの対策とは?

引っ越しで上京をする費用

引っ越しをして上京をするときに知っておきたいポイントは結構多くあります。
まず、部屋を決める時のポイントとして『畳』の大きさの違いを覚えておきましょう。
京間、江戸間と言われる畳の規格があるため、関西から関東に移動する時は特に注意。六畳一間で部屋を借りると、1畳ほど狭いと感じてしまいます。
初めての上京の場合ネットで調べるだけではなく、実際に行って大きさを確認しておくことが大切です。

また、引越し費用が距離によって高く付く場合も考えられます。
当たり前ですが、距離が長くなればなるほど引っ越しの費用が高くなります。また、荷物の量が多くなるほどそれもまた金額が高くなります。
引越し費用を低くするには、やはり家財道具を極力減らすと言うことが条件だと考えられますので、要らないものを思い切って捨ててしまうなども良いでしょう。

引っ越し費用についてはこちら→

あとは、上記の一人暮らしの所に書いてある内容とほぼ同等ですが、家を借りる際の初期投資が高くつくので、そのあたりのお金を用意しておくのが良いでしょう。

上京費用のお金が足りない時はどうすればいい?

上京費用でお金が足りない時は、キャッシングをするのも一つの手です。
上京を決めてから、キャッシングをするのに一番適したタイミングは、引っ越す前だと考えられます。
引っ越しをしてからキャッシングの申込をするよりも、引越前に申し込みをするほうが属性と呼ばれる審査基準が有利だからです。

すぐに引っ越しをする、と言う人にはプロミスアコム等の消費者金融がオススメ。
消費者金融で借り入れをするのであれば、即日融資が可能な所が多いので、引っ越しをする前に借り入れが可能になります。
申し込みをするときの注意点としては、Web申し込みをしてから無人契約機で契約をすると言うセオリーを守りましょう。無人契約機でカードの発行が行えるので、カードが家に届く心配がありません。
数日家を引き払うまで時間が有るのであれば、Web契約でも問題なく利用出来ます。
借入後のトラブルを避けるためには、引越し後はすみやかに契約内容の更新を行うことが大切です。

また、まだ引っ越しまでに時間がある場合はみずほ銀行カードローンオリックス銀行カードローンのように金利が安いところを選ぶのが良いでしょう。
みずほ銀行カードローンの場合は、上限金利が低いので借り入れ額が低くでもお得です。オリックス銀行カードローンの場合は借入額を多く考えている人にオススメです。

カードローン審査で転職は信用情報に影響があるのか→

上京した時に覚えておきたい費用の話し

上京した時に覚えておきたい費用については、契約更新料が有る。と言うことを覚えておかなければなりません。
関西では契約更新料等はかかりませんが、関東の多くで2年契約の場合家賃の1.5ヶ月分程度の契約更新料がかかる事があります。
他にも、地域によってかかるお金が色々と変わってくるので、不動産会社にちゃんと確認をしておくことが大切です。

上京した時に実際にかかる費用は全部でいくら?

上京をするときに実際に掛かる費用は全部でいくらぐらいなのでしょうか?
上記で、初めての一人暮らしをするときにかかる費用の相場は50万円と言いましたが、内約を考えてみましょう。

家を借りることに関する費用は、25万~40万。平均的には30万程度。
家財道具を揃える費用は、5万~20万。平均的には10万。引越し費用になった場合も同じぐらいの金額です。
移動費は地域によって大分差があります。上京をするときに関東に割りと近い所だと、ローカル線を乗り継いで数千円単位で往復出来ますが、九州や北海道等の遠い場所からだと往復で10万円以上かかる場所もあります。
また、家を探すときにホテルに泊まったりする場合は更に費用がかさむことも。
それらを合わせて平均すると50万円となるのです。

家の家賃を抑えるのにシェアハウスはありなの?

シェアハウスは金銭的に安く上がる。というので一時期話題となりましたが、実際はどうなのでしょうか?
間違いなく言えることは、お金の面では安く上がるということ。
初期投資が平均的に50万→35万になると言われています。
ですが、シェアハウスは人付き合いが付きまとってくるので、あまり人と接するのが得意ではない人はやめておいたほうが良いでしょう。
お金の面で得をしても、精神面で損をするのは勿体無いです。

他にも、シェアハウスの場合様々なトラブルが起こることも考えられます。
普通に六畳一間のような部屋のシェアハウスの場合は近隣トラブルのような自体が起こったり、2畳しか無い様な部屋を借りると脱法タコ部屋と言われるように金銭トラブルが多く発生するようです。(※タコ部屋とは、低賃金労働者が働く際に支給される下宿などをさした言葉)

交通費を浮かせるので自転車等で行くのはあり?

体力に自身がある人は、関西等から自転車でいくのが安いのではないか。と考えたことが一度はあるでしょう。
ですが、実際は自転車で行くのは逆にお金がかかってしまいます。
自転車で移動すると、数日寝泊まりをしなければなりません。
ですが途中で、ネットカフェに泊まったりすると疲れが取れずにまた日数がかさんでいくことになったり、ずっと運動をするため空腹になりやすく食費がかかると言うことも考えられます。

夜行バスで関西から関東に行くのが8千円だとしても、途中でかかるお金を計算すると自転車のほうが高く付く可能性が高いので、素直に電車やバスを利用する事をオススメします。

どうしてもお金が無いのであれば、一時的にキャッシングで借りるのをオススメします。
親戚や知り合いに借りると、返済の際のトラブルがつきまとってしまうので、後腐れがないという点でもキャッシングはオススメです。

引っ越しで家具を一新する費用の作り方

引っ越しの時の家具の費用

引っ越しの時に新生活を始める上で古い家具を新しくしたり、買い足したりしたいと思うのは自然なことですよね。
引っ越しの時の家具の費用はどうすればいいのでしょうか?

初めての一人暮らしなら

初めての一人暮らしで、アパートやマンションを借りるときに『家具付きの家』を借りるのと、家具を買うのはどちらが安いのでしょうか?
基本的に覚えておきたいのは『家具付きの賃貸は1~3割程度価格が高い』と言う事です。
家具をそろえる必要が無いので、家賃自体が少し割高に設定されているのは仕方ないと考えられますね。
ただし、済む期間が長いのであれば家具付きの賃貸で生活するのは少し勿体無いと考えておきましょう。

大学に通う期間、そこに住むと考えるのであれば4年間の期間が有ることが分かります。
同じような部屋で同じ期間過ごした時に家賃の家具代などの費用が、実際に買う時の金額と釣り合っているのかを確認しましょう。
一人暮らしの場合6万円程度で最低限の家具を揃えられると言われています。
そこに、色々な物を継ぎ足しをすると考えるのでしたら、費用として10~15万あれば問題ないと考えられますね。

引っ越しの時にかかる家具の平均額は?

一人暮らしを始める時もそうですが、引っ越しをするのは社会人になってからも多いですよね。
基本的に家族世帯や、一人暮らし、同棲なども含めた家具の新規購入金額は『約70万円』と言われています。

これに、引越し費用や敷金礼金等を含めて、一回の引っ越しで100万円以上かかることは少なくありません。

引っ越しの時、家具を安く買うために

引っ越しの時に家具を安く買うときに気をつけたいのは電化製品を買うこと。
値段が安いから、と言って色んな所から買うのはあまりオススメ出来ません。特に家電量販店では、まとめて買う時に値切り交渉がし易いと言われているからです。
家電製品のまとめ買いでお得に買物をすると良いですね。

また、電気屋さんでクレジットカードで買い物をするよりも、現金で買い物をした方が値引きの率が良い事があります。
理由は、クレジットカードだと売上の数%をカード会社に支払わなかければならないからです。
なので、買う時はキャッシュで買うことを言っておくと良いかもしれません。

引っ越しで家具を捨てるのも忘れないように

引っ越しで古い家具を捨てる時に『お金がかかる』事を忘れないようにしなければなりません。
色々な家具で、大型ゴミのお金がかかるので予め引越前の地域の回収料金を確認しておきましょう。引っ越しの後で捨てる方が回収料金が安くても、引越し代が高く付いてしまうので、先に捨てておくことが良いと考えられます。

また、地域によっては不要品回収業者の方が費用が安い事があるので、そちらも調べておきましょう。

家具を買う費用が足りない時は

引っ越しの時に家具を買う費用が足りない時はどうすればいよいのでしょうか?
基本的に、色々な所を節約して引っ越し代をためてきたけど、魅力的な家具は値段がするので少し足りない。と言うことはよくある事です。
家電量販店では安く買う為に、色々な値引きをするのが良いですが、他にも対策がいくつかあります。

家具を買うお金を借りる

家具を買うのは早い事に越したことはありません。
かといって、家具専用のローンだと何かと必要な引っ越しの時に不便極まりありません。
そこでオススメなのはカードローンです。

プロミスアコムなどの消費者金融でしたら、審査時間は最短30分で即日融資が可能なので、引っ越し後でお金が足りない!と思った時にでも借り入れが出来ます。
また、これから引っ越しをしようと考えている人には、みずほ銀行カードローンがオススメ。
金利が低いので、返済の時にお得に利用出来ます。

カードローンで借り入れをして、先に家具を買っておけば生活に困ることは無いので良いですね。
また、家電を買うときに現金を渡したい時に特に役に立ちます。クレジットカードでは現金を作れないので、かなり便利なアイテムだと考えられますね!

※クレジットカードの現金化は基本的に利用規約違反なので、クレジットカードの利用が停止させられる恐れがあります。ご注意下さい。

買う順番を考える

家具を買う費用が足りない時は、特に買う順番を考えなければなりませんね。
基本的に『衣食住』の中で、衣、食に関係する家具を買うのを優先すると良いです。リビングに置かれるソファなどは後回しにして、冷蔵庫や洗濯機などの家電等を中心に買っていきましょう。
そうすれば、自然と家電を先にまとめ買いして、他はゆったりと買っていく。と言う手順担っていくと思います。
それでも先に欲しい、と言う人は借りてでも買うのが良いのではないでしょうか。