振袖のお金がないし成人式は無理?その前にやっておきたい事

振袖のお金がないし成人式は無理?その前にやっておきたい事

振袖のお金がないので成人式に行くのは無理。という風に思う前にやっておきたいことがいくつかあります。
一生に1度の成人式で、振袖のお金がないせいで無駄にしてしまうのはもったいありません。本人だけじゃなくて親が出来る事は …

振袖代の相場。安い所はお金がなくてもレンタル出来る?

成人式の時に買う・借りる振袖代の相場はだいたいいくらぐらいなものなのでしょうか?
お金がないと言うものの、値段が分からなければ用意のしようもありません。
相場から自分がいくらぐらいの振袖を借りればいいのかを考えてみましょう。

成人式の振袖を購入した場合

振袖を購入する際に、新しい物を買おうとすると相場は大体15万~20万程度だと言われています。
ですが、和服は記事の素材や流行り廃り、その他細かい所で一気に値段が変わったりします。
基本的に、フルセットでの購入となると表示価格より少し高めになることがあります。値札の近くに書いてある説明書きや、店員さんに話を聞いて購入を検討しましょう。
かわいいと思った着物が100万円を超えていた、なんてこともザラにある話なので、値段はなるべく安めのものから選びたいものですね。

安いものであれば5万程度で揃えることが出来ると言われています……ですが、選び方にコツが必要であったり、流行りの柄でなかったりするので注意が必要。どんなに安く上げるにしても、着物代として10万は用意しておくのが良いのではないでしょうか。

また、これを気に着付け教室に行こうと思っている人は『着物の押し売り』に注意。
着物の初心者に対して、値段の高い着物を勧めてくる業者も少なくないので、自分に合った価格帯のものを選ぶ事を心がけておきましょう。

購入の場合は振袖代意外も結構かかる

購入した場合に注意したいのは、それ意外のお金が結構掛かるということ。
振袖代意外にも、着付け代や、ヘアメイク代、小物代や写真代などがかかります。
こちらの平均は3~5万程度と言われています。
また、帯にお金がかかってしまうと10万円を軽く超える事があります。その辺りまできっちり金額を調べて購入をしなければなりません。

ですが、着物購入の利点として、何度も使える事があります。
姉妹がいたり、卒業式で着たり、結婚式で着たり。
一度買ってしまえば、次回以降ヘアメイク代等にお金を充てられるので、3~4回以上着るのであれば購入をオススメします。
お金がない場合でも、姉妹がいるのであれば親御さんが少し頑張って買っておくのも必要かもしれません。

成人式の振袖をレンタルした場合

振袖をレンタルした場合は、インターネットで予約した場合相場は大体3万~5万と言われています。インターネットのレンタルショップも地域によっては利用出来るようです。
ですが、ネットレンタルの場合写真代などが別途かかるので、余計に料金がかさむこともあるので注意が必要。
全て込になったレンタルは、着物屋等で予約するのが良いと思われます。

その場合、5万~10万円が相場だと言われています。
写真などの前撮り付きであったり、いろいろな業者で様々なサービスがあるので、パンフレットを一通り見てみるのも良さそうですね。

成人式の日にだけ、着ていくというのであれば、最初に上げたインターネットでレンタル出来る物が良いでしょう。
レンタルの場合、様々なものの金額を抑えると5万程度で借りられると考えられます。

成人式の時にかかるお金の合計と最安値

成人式の時に振袖を含めて掛かるお金の合計はどうやって考えればいいのでしょうか?
基本的にかかる費用は以下の5点。

  • 振袖代
  • 小物代(バックや外套、ネックレスなど)
  • ヘアメイク・メイク代
  • 写真代
  • 2次会等のドレス代

一番大きな金額を占めるのはやはり振袖代ですね。
レンタル着物の場合は、小物代は振袖代に含まれている場合があります。
また、2次会のドレス代は1万~3万程度。2次会のドレスは着ないで、普通の私服にする人も少なくありませんが、参加するのであれば費用の中に入れておいたほうが良いでしょう。

全てを最安値で行う金額をざっと調べた所、振袖代(小物代)3万5千円、ヘアメイク・メイク台1万円、写真代1万円、ドレス代5千円。
合計6万円で行えることがわかりました。
ですが、この金額になると選べるものがほとんどなく、生地等も化学繊維のものが多くなって見栄えが悪くなる事も考えられます。
どこにお金を掛けて、どこを絞るか。という点をきっちり考えてみましょう。

安い所のお金も足りない時は

一生に1度の事だから、絶対に振袖は譲れない。と言う方も、どんなに安い所でもお金がないと借りられません。
そのお金はどうやって作れば良いのでしょうか。
その場合カードローンで借りる、と言う方法があります。
カードローンで借りるのであれば、本人よりも親御さんが借りることのほうが多いでしょう。
ですが、20歳になっていて、アルバイトを1年以上続けているのであれば借りられる可能性があります。
カードローンの申し込み条件は20歳以上で安定した収入がある方なので、アルバイトでも1年以上続けていれば安定した収入として見られやすくなっています。

サービス名 金利 審査速度 特徴
プロミス 4.5%~17.8% 最短30分 無利息期間アリ。ポイントサービスで延長可能
みずほ銀行カードローン 3.0%~14.0% 最短即日 業界トップクラス低金利
レイク 4.5%~18.0% 申込み完了画面に表示 無利息期間を選べる
アコム 4.7%~18.0% 最短30分 最大30日の無利息期間アリ
モビット 3.0%~18.0% 10秒結果表示 カード発行無しで使える

親御さんが借りるのであれば、返済期間次第でプロミスかみずほ銀行カードローンがオススメ。
プロミスの場合、メアド登録とWeb明細の利用で無利息期間が30日が利用できます。また、ポイントサービスで無利息期間の延長も可能なので、短期返済の場合かなりお得です。
みずほ銀行カードローンの場合は1年以上かけて返済する場合にお得。長期の返済の場合、金利が安い方が利息を支払う分が少なくなります。

本人が借りるのであれば、プロミスやアコム等の消費者金融を利用すると良いでしょう。多くの銀行カードローンの場合審査が保証会社と銀行で2箇所行われるため、学生や20歳になったばかりの人はどちらかの審査でオチてしまう可能性が高いと考えられます。
なので、審査が1箇所である消費者金融に申し込みをすると良いと考えられます。

葬儀のお金がない?葬儀費用って何が必要?

葬儀ってどのくらいお金が必要になる?

仏式の葬儀のお金は地域によって異なりますが、家族葬形式であれば50万円程度~ 一般葬儀でも200万円~ とあるようです。
低価格のプランを選んでも葬儀会社は棺のランク上げを薦めたり、花を増やすことを薦められるのが一般的。しかし、戒名やお布施等の寺院費用が高くなる可能性もありますので、予算8割程度で組むのが賢い選択といえるでしょう。
葬儀社によって内訳が異なります。

葬儀は何にお金が掛かっているの?

では、葬儀に掛かるお金は何が必要なのか見ていきましょう。
まず、葬儀自体のお金、次に飲食費、そして寺院費用が掛かります。
それぞれ、どのようにお金が掛かるのか見ていきましょう。

葬儀自体のお金

葬儀自体のお金としてかかってくるものは、「斎場費」「祭壇費」「祭壇回り」「遺体運搬費用」があります。

齋場費
葬式を行う場所費用です。自治体の施設と企業が管理している民営施設があります。3万円~20万円ぐらいが目安ですが、比較的自治体の方が安いです。
祭壇費
祭壇とは、葬儀のときに、前にある宮殿のようなもの。その貸出料が平均的には50万~80万といわれており、最低でも20万円ぐらいは必要。実際には貸出料だけではなく、人件費や諸経費が掛かってくるため少々高額になるようです。
また、大きさによっても価格が変わるので、費用を抑えたいようであれば、小さな祭壇を選ぶのが無難でしょう。
祭壇回りや遺体運搬費用など
葬儀周りに必要なものは、「遺影」「棺」「骨壷」「葬儀用の供花」「位牌」「枕飾り」

それぞれ、最低1万~2万程度で用意できますが、中には非常に高額なものもあるようです。他にも、故人の遺体を冷やすドライアイスの料金も1日1万円~ かかるため、葬儀に時間がかかった日数分だけ掛かってきますね。
葬儀会社によっては、「葬儀一式~万円」といったセット料金という形をとっているよう。ただ、葬儀社によって含まれるものが少々異なるので注意が必要です。

遺体を病院から斎場まで運ぶ際の「遺体搬送車」と「霊柩車」の料金、それと火葬場まで親族が乗る「送迎車」
「遺体搬送」の料金は一万円ほどで、こちらは搬送する距離によって異なります。「霊柩車」は2万円程度「送迎車」は5万円程度必要。また、こういった車を葬儀社が手配する場合は手配手数料が掛かります。

これらをまとめると、葬儀自体で最低でも40万程度はかかってきます。

飲食接待費用

お通夜の料理や、告別料理、飲み物と会葬返礼品を指します。こちらの費用は、会葬者数や内容で大きく異なります。
料理の場合関しては大体一人当たり5000円~
会葬返礼品であれば1000円~5000円程度のお茶やお菓子・カタログギフトがよく利用されているようです。

寺院費用

こちらの費用は、読経料や戒名料などを指します。
お通夜から初七日までの読経料は20万~25万円が平均的といわれておりますが、寺社や教会の格などで大きく異なりますので注意が必要でしょう。
また49日などの法事の際の読経料は5万~10万円が一般的です。

葬儀の後のお金

49日や初回忌などに法要を行う際に導師へお布施・献金が必要となりますね。
他にも仏壇や納骨・墓石・墓地にも費用が掛かってきます。
葬儀社によっては、後飾り祭壇を貸し出ししてくれる葬儀社もありますが、49日法要前には必要に応じて祭壇を用意しなくてはなりません。

葬儀費用は香典でまかなえる?

お香典でまかなえるかどうかは、葬儀の規模と参列者の数によって異なります。大きな葬儀を行ったのに参列者が少なければもちろん足りません。
逆に家族葬のように小さい規模の葬儀でも近親者のみで葬儀を行う場合集まる香典の額も少なくなりますので、香典の額より葬儀費用のほうが高くなることが多いようです。

葬儀費用は通常もらった香典から支払うといわれています。
ですが、香典で足りない分に関しては、ふつうは喪主が相続財産の中から支払うことになります。
貰える香典の額も考慮したうえで葬儀の規模や形式を決めましょう。

また、葬儀社によっては香典葬といって、予め頂く香典の試算をし、その香典収入を目安として予算を立てる葬儀もあります。
ですが、香典返しや通夜料理代、参列に対するお返し物などを引いてしまえば香典はほとんど残らないのでは?とも言われておりますので、あまり香典に頼りきりになるのも好ましくはないと思われます。

葬儀のためのお金が無いときの対策

香典があったとしても、10万円~100万円ほどは喪主が負担するケースが多いようです。そんな時自分に貯金が無いときはどうすればいいのでしょうか?そのための対策を考えてみました。

葬儀ローン

葬儀社と提携している信販系のローンや銀行などで葬儀ローンを提供しています。
提携ローンは金利が7.2%~10%とやや高めなので、借入れ金額が少なく、生命保険金が受け取れるなどで一時的なつなぎであれば早期返済が可能なため、おすすめできます。
しかし、高額融資や返済期間が長期になるようであれば、金利負担が多くなりますので、やめておいたほうが無難でしょう。
また追加での借入れもできませんので注意が必要です。

葬儀会社によっては、言われるがままローンを組んでしまうと余分な利息を取られるといったケースもあるようなので、契約内容を自身でしっかり確認しなければいけませんね。

家族葬にする

一般葬儀に比べて、家族葬であればかなり費用は抑えられるでしょう。ですが、故人が現役であった場合や、交友関係が広く友人が多かった場合などは、後日大変な状況になることがあるようです。
仲の良かった一部の人だけに知らせておいても、情報が少しずつ漏れ、予定外に弔問客が多くなる場合があります。
また家族だけで葬儀を行い、後日喪中はがきを送った場合も、お線香だけでもと弔問が多くなります。その際は連日で夜間や週末などとそれぞれの都合で訪問されるでしょう。

故人が遺言で残しておくなどであれば例外ですが、家族葬を行う際は慎重に決めないといけませんので、注意してください。

銀行の多目的ローンの利用

銀行の多目的ローンを利用して葬儀のローンを組む方法があります。
ですが、カードローン等に比べ提出物が多いため、そういった資料を用意する時間がかかりますね。。
また、融資までの時間もかかるため、現金払いが主な寺院費用等の準備には間に合わないこともあるようです。

地方銀行などの場合は営業地区に居住していることや、銀行口座を持っている等の利用条件がつくこともあるので、注意が必要です。
葬儀までの日数があれば、比較的金利も抑えることができお勧めですが、やはり急ぎという時は困ってしまいますね。

キャッシングの利用

葬儀費用は寺院費用といった、即日現金で清算されるものが多いため、手持ちの資金が無い場合はキャッシングで清算することも一つの方法でしょう。香典代金の清算分を考慮すれば、キャッシングの利用の引き下げも可能です。

葬儀ローンや銀行の多目的ローンでは日数が掛かってしまうことがありますが、プロミスアコムなどの消費者金融であれば、最短即日で借入れが可能となります。
後日お金が必要になったとき等も、他のローンとは違い、借り入れ限度額内あればで新しく申し込みをせずとも借入れ可能ですので、49日や初回忌などの費用が必要になった時でもすぐに用意が出来ますね。

急なときおすすめなカードローン
プロミス 最短即日借入れ・初回30日間無利息 ・ポイントサービスにより再度無利息期間利用可能
アコム 最短即日借入れ・初回30日間無利息・3秒簡易診断
モビット 最短即日借入れ・WEB完結有り
新生銀行カードローン レイク 最短即日借入れ・初回30日間と180日間で無利息期間が選べる(180日間の場合借入額5万円まで)

※場合によってご希望に沿えない可能性があります。

キリスト教式葬にする

キリスト教式葬は仏式葬に比べると費用が少なく済むといわれています。
キリスト教式葬の場合献金として納める費用は任意の金額となっており、式の一切を執り行うのはその教会の信者の方々です。
そのため、キリスト教式葬で費用の対象となるのは飲食代、教会への献金、牧師やオルガン奏者へのお礼、式場使用料、墓地や埋葬にかかる費用となります。
葬儀1件当たりの費用はスタンダードなものですと、おおよそ70万程度。また仏教葬のような一回忌や三回忌などのような行事はありませんので、その点で考えても、キリスト教式葬は安くつくといわれています。

ただ、仏教徒が費用を安く済ますためだけにキリスト教式葬を行うことはほとんど不可能。
本来であればまず信者にならなければいけませんので、キリスト教の洗礼を受け、日曜日には必ずミサや礼拝に通わなければいけません。
葬儀の費用が安く付いたとしても、それまでに掛かる費用を考えると、結局は同じような金額になるようです。

突然の葬儀のためのお金の知識

突然の死亡で起こるトラブルで、「預金の払い戻しが出来なくなる場合」というものがあります。
金融機関は死亡の事実を知った場合直ちに相続預金(亡くなった本人の預金)の払い戻しをストップするように義務付けられております。
相続人全員の合意が無い限り相続預金は引き出すことが出来ませんので注意してください。

葬祭費といって国民保険に加入していると、亡くなった際に支給されるお金があります。
金額は自治体によって異なりますが、3万円~5万円程です。
亡くなった方の保険証や申請者の印鑑等必要なものを持ち自身で申請に行かなければ支給されません。申請手続きを葬儀の日から2年以内に行わなければ時効となりますので注意しましょう。
葬儀の費用を全て支払うには足りませんが、あるに越したことは無いでしょう。

葬儀は高いものですが、故人のために最後にして上げられることです。万が一の出来事の場合慌ててトラブルを起こさないためにも、備えておきましょう。キャッシングやカードロー
ンであれば、事前に用意しておけば、別の場面でも利用できますし、突然の事態でも対応できます。前もって所持しておくなども大切でしょう。

ご祝儀でお金がない!ご祝儀貧乏の対策案

ご祝儀包む時の本当の相場は?

一昔前では最低でも3万円が常識、と言われていました。
ですが、現在マナー本等を見てみると『2万円でも良い』と書かれていますが、実際にそうなのでしょうか?

結婚式の費用は平均333万円

結婚式の費用は、全国平均で約333万円と言う数値が出ています。
招待人数は平均70人程度。ご祝儀で一人3万円ずつ包んでくれたとしても、210万円で、100万円以上式を挙げる人が支払う結果となります。
お金がない人でもあげられる結婚式、というものが最近流行っていますが、それでも100万円近くかかる事が多いようです。

マナー本等には2万円と書かれているものも多いですが、知り合い程度の人ならば問題無いでしょうが、ある程度親しい仲であれば3万円を包むのが常識だと言われています。

下記の表を確認して、ご祝儀の金額に間違いが無いようにしておきましょう。

ご祝儀の相場
友人・同僚 2万~3万円
先輩 2万~3万円
部下 3万9千円
上司 3万円
教え子 3万7千円
親族 5万5千円
兄弟姉妹 5万~10万円
いとこ 2万~3万円
取引先 3万~5万円
欠席時 1万~5万円
その他 基本的に3万円

2万円で包む場合は、基本的に1万円札と5千円札2枚で包むようにしましょう。
昔の習わしで『2で割れる数字はいけない』と言うところから、1万円札2枚では演技が良くないと言われているからです。
この風習を中心で考えたら、3万円でも割れるじゃないか!と言う事で『30011円』を袋に詰めて渡す人もいるようです。30011円は素数で、2意外の数字でも割り切れないからみたいなので、分かる相手には粋な渡し方ですね。

ご祝儀袋代はいくら?

色々な所でご祝儀袋が売られていますが、その値段も様々です。
これも最低限のマナーがあるので、間違えないようにしましょう。

ご祝儀袋の値段
5万円を超える場合 500円以上
3万円程度 300円~500円
それ以下 300円以下

ご祝儀袋の金額は大したことはありませんが、確実に結びきりのご祝儀袋を選びましょう。
結び方は基本的に売られているものに沿っている事が多いですが、稀に自分で結ぶ物がありますが、蝶々結びだけは絶対にしてはいけないので要注意です。

結婚式に出席していくらぐらい使うのが平均的?

結婚式に出席するのには、ご祝儀代意外にも様々なお金がかかります。
移動費、宿泊費もさることながら、女性の場合髪型のセットの料金なんかもかかってきますし、ドレス代も馬鹿になりません。
また、2次会の参加費などもあります。
基本的に出席した時にかかる平均的な費用は5万円。

お金がない時に5万円の出費は痛手もいいところ。
招待者の好意によって、移動費などは出してくれる場合もあるようですが、実際どんなものの金額がかかるのかは、その時の状況によって変わるため、5万円で収まらない事もままあります。

なんで1万円がダメなのか

「お金がないし、ご祝儀なんか1万円でもいいんじゃないか」という風に考えてしまいがちですが、これだけはやめておきましょう。
式場によりますが、ある程度大きな会場になると基本的に料理やお酒などで一人1万円~2万円、引き出物で5千円~1万円ほどの金額がかかっています。
そのため、1万円で出席をすると大変失礼な行為となってしまうからです。

ご祝儀貧乏になってしまった時の対策

ご祝儀貧乏になってお金がない。結婚式ラッシュでお金がない。
と言う時のお金の工面で、対策は何か無いものでしょうか。

ドレスを毎回レンタルしない、髪を自分でセットする

ドレスを毎回レンタルしているとどうしてもお金がかかってしまいます。
結婚式が一気に行われるんじゃないか、と言うのは事前に交友関係からわかってくるもの。
一着そこそこのドレスを買って、着回す事も考えて置いたほうが良いかもしれません。
また、髪型のアレンジなどはネットで検索すると結構出てきます。
毎回美容室に行くと、それだけでもご祝儀同様にお金がかさんでしまうので、ここぞという時意外は自分でアレンジ出来る髪型を探してみてはいかがでしょうか?

キャッシングをしてご祝儀を作る

キャッシングをしてご祝儀を作る方法です。
基本的に『お祝いごと』なので、お金をちゃんと渡しておきたいものですよね。
後々の人生で「この人はご祝儀が少なかったから」と言う風に見られると、縁が遠のいてしまう可能性もあります。
結婚式ラッシュの時なんかは特に便利な方法です。

キャッシングをするのには、クレジットカードやカードローンを使いますが、お得に使えるのはカードローンです。
プロミスアコムなどの消費者金融は、審査時間は最短30分でその日のうちに借り入れをすることが出来ます。
また、金利を考えるのであればみずほ銀行カードローンのような上限金利が安いところを選ぶと良いでしょう。

お金がない時でも、先に借り入れをして、返済していくことで将来的な縁を切らずにすむのは大きいです。

5社のカードローンを比較!ピッタリのサービスを探そう!

相手に事情を説明する

結婚式が続いてお金がない、ご祝儀が包めないと言う時は相手に相談してみましょう。
相手としては出席をしてくれるだけで嬉しい、と言う気持ちで招待をしていることが多いので、多くの場合で怒られる事は無いと思います。
ですが、ちゃんとお金が出来た時に食事をご馳走するなどの、好意に対するお礼をするのがマナーなので、それほど深く知らない人の場合は注意が必要です。

また、欠席をして渡す金額もままならない、と言う状態でしたらキャッシングをして、1万円だけでも払っておくと、トラブルや信用を失わずに済みそうです。