年末年始にキャッシングは出来るの?年末年始にお金が欲しい

年末年始でもキャッシングは出来るの?

クリスマスに大晦日、お正月と帰省などもあり年末年始はお金がかかりますよね。
急にお金が必要!なんて事もあると思います。
金融業者も年末年始は休みが多く、キャッシング出来るのか心配される方も多いと思いますが、年末年始でもキャッシングは可能なんです。
年末年始にキャッシングするには、いくつかのポイントを知っておくことが大事です。

消費者金融を選ぶ

年末年始の営業時間は銀行より消費者金融のほうが長いので、年末年始のキャッシングは銀行より大手消費者金融を利用したほうがいいです。

ネット申込→自動契約機で借りる

まずはネットから申込みます。
審査が通ったら自動契約機に行って契約とローンカードの発行、お金を受け取ります。
年末年始はこの方法が一番効率的な方法なのでオススメです。

年末は前日または早朝に申込

年内最後の営業日の審査は混み合う可能性があり、申込の受付時間であっても審査回答が翌営業日となることもあるので、申込は前日か早朝までに行いましょう。

年始は営業開始後すぐ連絡

「急ぎでお金が必要だ」ということを伝えれば申込や審査もなるべく早く対処して貰えるので、年始早々にお金が必要な場合は営業開始後すぐにコールセンターに連絡をしましょう。

休業なしのATM選ぶ

年末年始のATMの利用時間はATMによって異なります。
ATMが稼動していなければお金を借りることは出来ませんので、年末年始のATMの利用時間を確認しておきましょう。

金融機関の年末年始の休業日

金融機関によって休業日は異なります。
年末になると、金融機関のHPで年末年始の営業についてお知らせがあるので確認しておきましょう。

サービス会社名 web申込 自動契約機
プロミス 1/1 1/1

12/30は9:00~22:00まで営業
12/31は9:00~18:00まで営業

アコム 12/31~1/1 12/31~1/1

12/30は8:00~18:00まで営業
1/2~1/3は8:00~22:00まで営業

モビット 1/1 1/1
レイク 年中無休 12/31~1/1

1/2~1/3は18:00まで営業

みずほ銀行カードローン 年中無休 自動契約機なし

大晦日と元旦のキャッシング

銀行や消費者金融のほとんどが大晦日と元旦は休業日となっていますが、大晦日や元旦でもキャッシングすることが可能なんです。

大晦日の申込とキャッシング
プロミスモビット

自動契約機で契約を済ませば、その場でキャッシングも可能!
ただし、通常より出勤人数が少ないと思いますので早めの申込が即日融資可能の秘訣になります。銀行が休みなので振り込み融資はできません。

元旦の申込とキャッシング
アコム

元旦に申込みたいというのは残念ながら、どこも休業日になので不可能になります。アコムのATMは元旦でも稼動しているので、元旦にお金が必要で借り入れがしたいという方はアコムへ事前に申込んでおけば大丈夫です。

年末年始のキャッシングで気をつけること

年末年始でもキャッシングすることは可能ですが、いずれも事前確認が必要になります。
どのような事に気をつければいいのでしょうか。

365日24時間申込可能→審査は翌営業日

ネット申込の場合、365日24時間申込を受け付けてる事が多いですが、営業最終日に申込むと審査結果は年が明けてから通知される場合があります。審査は申し込みを済ませた順に通知されるので早めに申込みをした方がいいでしょう。

振込キャッシングは利用しない

振込先の銀行が休業していると振込キャッシングは受けられません。
振込先の銀行が営業しているか確認しておきましょう。

ATMの利用時間に注意

ATMが稼動していないとお金は借りれません。
利用時間は消費者金融のATMやコンビになどの提携ATMによって異なるので、事前に確認しておきましょう。

年末年始のキャッシングは大晦日でも可能なプロミス・モビット、元旦でもATM利用可能なアコムでの利用がオススメになりますが、休業日をしっかりと確認して早めに申込をしておくことをオススメします。

ペットの病院でお金がないと言っていられない時の解決案

ペットの病院代のお金がない時に診察してもらえるのか

ペットの病院代のお金がない時でも、診察をしてもらえるのでしょうか?
答えは『どちらとも言えない』です。
その理由としては、ペットの医療に医療保険がないことがあります。
お金がないと言う理由で支払いをせずに、踏み倒しをしてしまうと医療保険がある人の病院と違い、全て動物病院が損害を受ける形となります。
どんなに親切な動物病院の先生でも、経営が悪化すると生活が成り立たなくなり廃業せざるを得ません。
実際にあった話しでは、一度親切で診察をした後、病院に野良犬や野良猫の治療を無責任に押し付ける人が殺到して、廃業してしまった事例もあります。

行きつけの所だったら分割払いが出来るかも

行きつけのところだったら、後払いや分割払いをして貰えることがあります。
ですが、初診である場合それは難しいと考えられます。理由は上記の通り、病院の経営が成り立たなくなる危険性があるため。

ペットの病院の場合ある程度の信頼関係が必要だと考えておきましょう。

お金がない上に、分割払い等が出来ない場合

ペットの病院に行くお金がない、けれど分割払いを申し出せるような行きつけの病院もない。と言う場合は、別のところからお金を借りるてでも行くのが良いでしょう。
まず考えなければならないことは『命はお金に変えらない』と言う事です。
病院代がないから、お金がないからと言って、大切な家族であるペットを死なせてしまっては後悔しきれません。

ですが、他に借りる所がわからないのであれば、クレジットカードやカードローンを利用してみましょう。
支払いがクレジットカードの場合、限度額が心配になります。
動物病院での医療費は、手術となると10万円を超えることが多々あります。その場合ちゃんと予め説明を受けることがあると考えられますが、クレジットカードで支払えない金額の場合は分割払いなどになるでしょう。
その場合、手持ちがないと分割払いも断られてしまう可能性があるので、カードローンを利用するのが最適です。

ペットのためにカードローンを利用するには

ペットを動物病院に連れて行ってから、診察待ちをしている間にカードローンの申し込みをしましょう。
スマフォや携帯などで表のところから申し込みをするのが最適です。

サービス名 審査時間
プロミス 最短30分
レイク 審査結果申し込み後にすぐ表示
アコム 最短30分
モビット 10秒結果表示

申し込みをするときの注意点としては、嘘を書かないこと。
嘘を書いてしまうと、審査に時間がかかったり、融資を断られる可能性が高くなります。
対応の口座を持っていれば、いつでもスグに銀行振込で借り入れをすることが出来ます。(プロミスの場合三井住友銀行、など)
持っていない場合でも、お近くの無人契約機を利用すると、カードの発行をすぐに出来る物がほとんどなので、診察が終わってからその日のうちに借り入れをして病院代を支払うことが出来ます。

ペットの病院代を拒んで警察を呼ばれてしまうことも

実際にペットの病院代を拒んで警察を呼ばれてしまった実例を上げてみます。
基本的にこうなることはほとんどありません。

ペットが骨折をして病院に連れて行った人が、診察を終えた時に「持ち合わせがないから後日払う」と申し出たそうです。
その時に、本人確認が出来る身分証明書等を提出してもらうのですが、それも持っていないと言い張ったそうです。
そこで、本人確認の為に診察の際に記載されていた電話番号に電話をかけた所つながらなかったため、疑われて問い詰めた所返答が曖昧になり最終的に警察を呼ばれてしまったそうです。

ペットに罪はないので、診察をちゃんとしたものの、飼い主が嘘を付くなどをするとペットに迷惑がかかってしまうことも考えられます。
警察を呼ばれるほどでないとしても、踏み倒しをするのもオススメ出来ません。

もしも、次に何か重大な病気になった時に利用出来る病院が一つ減ると、悲しい結末になる事も考えられます。
踏み倒しをしようとして、結局大切なペットの命を失ってしまったということは、ペットの命を値踏みしたということになってしまうのです。
絶対に、お金がないからと言って大切な家族の命に関わるお金を踏み倒そうなんて考えないでくださいね。

税金が上がるとキャッシングがお得になる?買い物するなら今

税金が上がると自分の給与があがる?

29年には「8%」から「10%」の再増税が予定されていますね。ですが、自身の給与が上がるのだろうかと不安がありますよね?
以前税金が「5%」から「8%」に上がった際に騒がれたのが、給料が元のままの人が多かったということ。
給与があがり、法人税が下がったからといって、全ての会社が個々の給料を上げてくれるわけではなかったのです。
そのためかなりの買い控えが起きてしまい、景気があがらずじまいとなったようです。

借り入れしていたお金に税金は関係してくるの?

給与が上がらなかった方も上がっても足りなかった方もそれぞれいるでしょう。
中には生活費が足りず、キャッシングやカードローンを利用した方もいるでしょう。
そんな中、消費税増税に伴い金利も上がるのではないだろうか?返済額が増えて生活を圧迫されてしまうのではないだろうかと考えたことでしょう。

しかし、心配はありません。キャッシングの利息は非課税のため税金の影響はありません。
そのため利息制限法で定められている金利が上がることもありませんし、借入れた際に適用された金利が上がることもありません。また税金を追加で支払う必要もありません。
例えば借り入れの申込みをした際に利用限度額が審査によって決められます。その利用限度額に応じた貸付金利が決められ貸付金利に応じた利息を月々の元金の返済とともに支払っていくことになるのです。
ゆえに、金利が15%とされたのであれば15%のままなのです。
そのため、最初に支払い計画を立て、総支払額を確認した以上増えることはありません。

ただ支払いが遅れた場合等は、遅延損害金といって利息とは別にお金を支払わなければいけません。返済期日から遅れた罰金のようなもので、日割り計算で付いてくるため遅れた日数分支払わなければいけませんので注意しましょう。ちなみにこの遅延損害金も非課税となりますので、会社ごとに設定されている遅延損害金の金利が増税に伴って増えることもありません。だからといって遅延を起こすのはやめましょう。返済額が上がるだけではなく、個人信用情報に傷をつけてしまい、今後の借り入れが難しくなります。

また、銀行カードローンなどでは保証人が不要な代わりに、保証会社の保証を受ける事が必須になるのですが、保証会社に保証をしてもらう場合手数料が必要になります。ですが、この手数料自体にも別途支払う必要は無く、貸付金利の中に含まれていますのでこちらも消費税は関係ないのです。

増税前が狙い目!?賢く借りいれしよう

消費税が上がる前にセール等がよく行われいるのをご存知でしょうか?
29年度には8%から10%に上がるとされている消費税。たった「2%」と思う方もいるかもしれませんが、大きな買い物ですとその「2%」が大きく響いてくるのです。
そのため大きな買い物をするのであれば、今の消費税が8%の間に買い物をするのが良い決断といえるでしょう
大きな買い物をする場合現金で支払うのが難しいこともあるかもしれません。それによって諦めてしまう方もいることでしょう。ですが、それはもったいない!
また他にも、酒税が上がったり、タバコが値上げしたりと嗜好品の値上げも懸念されますので、今のうちにまとめ買いを検討するのも良いでしょう。
現在の手持ちが無いからといって諦めても、結局後々購入するのであれば結局少し高い価格で購入することになってしまいますよね。
なのであれば、キャッシングをして今の間に買ってしまうほうがお得なのではないでしょうか。

高いものほど消費税の影響は出てきます。特に家電や車といったものはそうですね。生活に必要不可欠といえるものは、キャッシングやカードローンを利用するといいでしょう。
キャッシングやカードローンの金利は先ほど上げたように税金の影響を受けませんので、金利が受けることはありません。

初めてキャッシングやカードローンを利用する人にとっては少し怖いと感じる人も出てくるかもしれません。ですが、自身の収入を考えて、返済計画をしっかりと立て利用すれば怖いことは無いのです。

プロミス等の消費者金融中には30日間の無利息期間を設けているところもあります。買いたい物があり貯金が少し足りないなんて場合は不足分を借りて、無利息期間の間に返済できれば、金利も付かずお得に借り入れが可能となりますね。

また高い金額を借りようと考えるのであれば、オリックス銀行カードローン等の銀行系カードローンがお勧めですね。消費者金融よりは融資までの時間はかかってしまいますが、オリックス銀行カードローンであれば、借り入れ限度額のコースによって金利が設定されています。高額の借入れであれば比較的金利も低く、借入限度額も高いので、長期的な借り入れを考えるのであればそちらがお勧めです。

社名 融資速度 金利 無利息期間 備考
プロミス 最短一時間程度 4.5%~17.8% 初回30日間無利息期間あり ポイントを貯めることにより、無利息期間を再度利用可能
アコム 最短一時間程度 4.7%~18.0% 初回30日間の無利息期間あり 初めての方でも来店用不要で即日振り込み可能
モビット 最短一時間程度 3.0%~18.0% なし WEB完結での契約が可能
新生銀行カードローン レイク 最短即実 4.5%~18.0% 初回30日間の無利息か180日間の無利息機関化の選択可能(180日間の場合は借入金額5万以下という条件付) 初回の無利息期間が30日間か180日間か自身の利用しやすいほうを選択できる
みずほ銀行カードローン 最短即日 4.0%~14.0% なし 最高限度額が1000万円と高く、金利も比較的低い
オリックス銀行カードローン 最短5日程度 3.0%~17.8% なし 金利が限度額ごとにコース設定されており、高額を借りるほど金利が低くなっていく

税金が上がれば借り入れする人も増える?

景気が悪いと、給料も低いためお金が無くキャッシングを利用するというのはお分かりいただけるでしょうか。

税金があがれば景気も上がるなどと噂されるのですが、税金が上がっても給与が上がらない、またはあがったとしても雀の涙程しか上がらないなんて人がほとんどかと思います。
消費税が上がるにつれて物価も上がりますよね。本来であれば物価や消費税が上がり生活費の消費が上がるわけですが、給与だけではすごしていけない。そんな時にキャッシングやカードローンの利用が上がるようです。

生活費の借り入れは小額で長期的という人が多いので、そういった場合は比較的金利の低いみずほ銀行などがお勧めですね。
みずほ銀行カードローンであれば1000円からの借り入れが可能ですし、上限金利が14.0%と低い設定となっています。
いざ必要なときに銀行カードローンのカードを持っていれば、困ることは無いですね。
またみずほ銀行カードローンは、専業主婦の方でも借り入れ可能となっているので、家計のやりくりに困ったときなどのいざというタイミングでの利用も可能でしょう。

税金が上がる前に色々と用意はしておきたいものですね。

クレジットカードの支払いでお金が足りない時の解決策

クレジットカードのお金が足りない時にまず行いたいこと

クレジットカードの支払いのお金が足りない。
と思った時にまず行いたいことを知っておく必要があります。

まずは利用しているカード会社に電話

クレジットカードの支払いが遅れそう、支払えないのが確実なのであればクレジットカードを利用している会社に電話をしましょう。
一括払いになっているものを、分割払いにしたり、リボ払いに変更することが出来るかもしれません。
基本的に、支払う意志があればクレジットカード会社の人も鬼のように催促を迫ることはしません。むしろ優しくきちんと対応をしてくれる所がほとんどです。

支払いが分割払いや、リボルディング払いの場合でも、遅延賠償金を含めていつまでに返す。という風に伝えれば、カードの利用停止等にはならずに済みます。

また、期日内であることが確実であれば、ホームページから支払回数等を変更できる物もあります。
一度利用規約などを見なおしておく必要があります。

キャッシングをして一時しのぎをする

支払うお金がないのであれば、一度借りる方法を取ることも出来ます。
俗にいう借り換えに近い状態です。
キャッシングであれば、プロミスアコムレイクと言った『無利息期間がある』カードローンがオススメです。

無利息期間があるので、給料日までの繋ぎで利用するなどでかなり役に立ちます。
5万円以下ならレイクがオススメ。
5万円までは180日間無利息期間があるので、返済で無駄がありません。
それ以上ならプロミスがオススメ。プロミスなら30日間の無利息期間の他に、ポイントサービスで無利息期間を延長することが出来ます。またクレジットカードの支払いでお金が足りない、となった時にも役に立つので長く使うならやっぱりプロミスです!

サービス名 無利息期間 審査時間 金利
プロミス 30日間+ポイントサービスで延長可能 最短30分 4.5%~17.8%
レイク 30日間or
5万円以下の借り入れ分180日間
申込み完了画面に表示 4.5%~18.0%
アコム 30日間 最短30分 4.7%~18.0%
モビット 無し 最短30分 3.0%~18.0%
みずほ銀行カードローン 無し 最短即日 3.0%~14.0%
オリックス銀行カードローン 無し 最短即日 3.0%~17.8%

クレカの支払いでキャッシングをするのって損じゃないの?

クレジットカードの支払いでキャッシングを行うのは損だと思ってしまいがちですよね。実際はどうなのでしょうか?

結論から言うと「結果的に損をすることはない」です。
それは、どういうことなのかを考えてみましょう。

まず、クレジットカードなどで支払いを送らせてしまうと『信用情報機関』に載っている情報に『遅延』と記入されます。
返済までに3ヶ月以上かかってしまうと『延滞』として記入されます。
遅延の場合、信用情報が残る5年間の間に1回や2回ならなんら問題ないと言われていますが、延滞情報は1回でもあると、住宅ローンや自動車ローンも組めない可能性が出てくる、と言われています。
今後のことを考えて信用情報に傷を付けないようにするのであれば、キャッシングをして返済に充ててでも、返済情報をクリーンに保ったままにしておきたいですね。

ブラックリストってどういうこと?

ブラックリストとは、先程も書いた『信用情報機関』に『遅延』や『延滞』の情報がある事です。
その状態になると、様々な金融機関での審査に通りづらくなるほか、カードの更新が出来なかったり利用停止になることもあると言われています。

審査で過去の滞納は信用情報にどれぐらい響く?

犬のお金を用意しておくのはいくらぐらい必要?

犬を飼うために最初に必要なお金とは?

犬を飼うためには犬単体のお金だけではいけません。
その他にも初期費用が色々とかかります。その初期費用がこちら

  • 畜犬登録代 \3000(地域によって異なります)
  • 狂犬病予防注射 \3500(年一回)
  • 健康診断 \3500~¥35000(年一回)
  • 混合ワクチン接種代 \6500~\8400(初期は二回、その後一年に一回)

健康診断の上限と下限にかなり差が有るのは、初診の際に血液検査や尿検査等のオプションをつけるとかなり値段が上がるためです。必ず行われる検査ではないですが、オプションを依頼すればその分検査費用が上乗せされるでしょう。

こちら以外にも用具が必要となってきます。
餌やゲージ、トイレシート等諸々含めておおよそ3万円と言われています。
小型犬・大型犬で用具費にも差が出るようで、大型犬の方がそこそこ高いようです。例えば餌であれば物は同じだとしてもそもそも食べる量が異なってきます。小型犬であれば2600円ほどですが、大型犬だと6000円程となっています。
餌だけでもこれぐらいは差がでてくるのです。

最低金額で見積もっても、初期費用が大体46500円かかるわけです。もちろんこの値段は犬の購入代を除いての値段となります。
最近では犬のための保険であったりマイクロチップの埋め込み料などが掛かります。
犬が大切で保険に入れてあげたいと考える様であれば、その料金も含んだ初期費用を考えるべきでしょう。

飼おうと決めたのであれば、犬の値段だけではなく、初期費用のことも頭に入れて用意しておきましょう。
また、犬の購入費はもう用意していたけれど初期費用の分のお金が足りないとなった時は、我慢するのではなくいっそ初期費用の分だけでもお金を借りて飼うというのもいいでしょう。
初期費用だけであれば、犬だけの購入費と比べて小額ですのでキャッシングで賄うのも良い手だと思われます。5万円以下であれば新生銀行カードローンレイクの180日間無利息期間が利用できますので、小額であれば無利息の間に返済も可能です。

犬のために毎年かけるお金はどのくらい?

犬も人間と一緒で生活していく上で、必要なものが沢山出てきます。
初期費用でもあった用具費が日々掛かってくるわけですね。
例えば、餌やトイレシートは毎日利用するものなので、定期的に購入しなければいけません。
その他にも服やおもちゃやおやつといったものからシャンプーなどの消耗品。人と同じような生活用品が必要となってきます。
個体差によりますが、オスなどは特にゲージを壊してしまう事もありますので修理または修繕するためにイレギュラーなお金も必要になってくるでしょう。

また、一年に一回は予防接種や健康診断に行きますので、その分の費用も掛かってきます。
食費と消耗品と医療費すべてあわせると年間費用は小型犬でおよそ12万円、大型犬でおよそ20万弱となるようです。
大型犬は、大きい分餌代や医療費が掛かるため出費が多くなる傾向にあります。

その他にも、月々のトリミング代やしつけをするための訓練代などを用意する家庭もありますね。
トリミングの相場が小型の場合4000円~5000円・大型の場合は約1万円円
訓練代は1回あたり4000円~6000円程度ですが、一回では意味が無いので、1ヶ月~3ヶ月くらいの訓練コースというのもあるようです。
犬を飼うとわが子も同然のように扱いますので、必要経費ともいえるのではないでしょうか。

自身の生活費と犬のための生活費を合わせると、どうしてもトリミング代を用意して上げられない時も出てくるでしょう。
しかし、犬のためにお金を用意して上げられるのは飼い主だけなのです。犬自身ではどうしようもありませんので、しっかりと準備をしてあげましょう。
貯金が足りなくなったなどなる前にカードローンなどを用意しておくと良いかもしれませんね。
事前にカードローンを用意するのであれば、比較的金利の低いみずほ銀行カードローンを用意しておくのがお勧めです。
カードローンを持っておけば、いつでも困ったときに利用しできますし、金利が低いと返済もしっかりできるので安心できますね。

犬にもある突然必要になるお金!?

犬にも突然必要になるお金はあります。
例えば、交通事故にあったり病気になったり、などなど。
犬も人も同じで、何時どのタイミングでも病気や怪我の恐れはあるのです。
料金は病気や怪我の内容によってまちまちですが、事前に出来る準備としては、ペット保険に加入しておき、飼い主の経済的負担を軽くすることぐらいでしょう。

お金が無くて飼い犬を助けられなかった、なんて悲しい事態を起こさないよう経済的余裕を持ちたいものです。
ただ、どれだけ準備していてもお金が足りないときもあるでしょう。
そんな時は即日で借入れできる消費者金融からのキャッシングを考えましょう。
プロミスなどですと最短で一時間で借入れできます。
スマートフォンでの申込みも可能ですので、病院で診てもらっている間に申込みをしておけば、いざ必要となったときにすぐに借りることが出来ますね。
犬のために一刻も争う自体の際には大変助かりますね。万が一のことはあまり考えたくないものですが、飼い主ご自身が悲しまないためにも頭の片隅にでも置いておいてください。

犬がなくなってしまったときは……

万が一、犬がなくなってしまった時にも必要なお金もあります。
ペットが死んだ場合、死骸は「一般廃棄物」として処理される事になります。ですが、一緒にいた家族を普通ごみと一緒にするなんて忍びないと感じるでしょう。

自治体によっては自宅の庭などの個人の所有地であれば埋葬を許可している自治体もあります。ですが、犬の大きさによっては十分な深さや大きさを用意しなければいけませんので、一苦労といえるでしょう。

そんな時には民間のペット葬儀業者を利用すると良いでしょう。火葬の費用は犬の大きさや火葬方法によって変わります。火葬方法は会社によって異なりますが、合同や個別また立会火葬というものがあるようです。
価格の相場は小型合同で14000円~、大型合同で50000円~ぐらい。個別や立会いになると更に値段が上がります。他にも僧侶に来ていただいてお経を上げてもらったり、お骨入れを別でもらったり等といったオプションをつけるなどで値段が上がるようです。
家族の一員がなくなってしまった悲しみは深く辛いものです。
そんな時にお金の心配をして、悲しみの場を騒がしいものにしないよう気をつけたいですね。
貯金をしておく、しておいても足りない場合はキャッシングやカードローンといった借りるという選択を早めに決めてしまいましょう。

どれだけ準備していても足りない犬のためのお金

犬を飼うためにかかる一生のお金は300万程度といわれています。
もちろんこれは病気等せず健康に育てていっての結果のお金。突然病気になったりすればもっと費用は掛かるでしょう。
犬を飼うにあたってしっかりと責任をもち、計画的に貯金をするなどしていざという時のためにしっかり備えておく必要がありますね。
お金は犬の命に代えることはできません。備えておけば安心することもあります。先ほど上げたキャッシングやカードローンも万が一のための事前準備ですので、用意しておくに越したことはないでしょう。

犬が頼れるのは飼い主だけです。飼う前に必ずそれを頭にいれて、購入を決めましょう。

犬のお金を用意しておくのはいくらぐらい必要?

一人暮らしで最低限必要なお金

引越しが終わりさぁ、新しい生活がはじまるぞ、という時に大切なのが今後の生活費。
最初に躓いてしまうと、後々まで響いてきてしまいます。
そうなる前に知っておきたい、これだけは必要といわれる物を押さえていきましょう。

家賃

家賃の相場でよく言われているのが、月収の三分の一というものですが、全員にそれが当てはまるわけではなく、個々の給与によってそれぞれ考えなければいけません。
毎日の生活のためには家賃以外のお金もかかります。その生活費は、月収から家賃を引いたお金で賄っていかねばなりません。
そのため、月収が少ない人ほど家賃はなるべく抑えめにしておくのがいいでしょう。
また忘れがちなのが、管理費や共益費のこと。家賃に含まれている賃貸もありますが、そうではないところもあります。他にも地域によって2年ごとの賃貸の更新料(家賃の約一か月分等)を必要としますのでそちらの注意も必要ですね。

給与の三分の一にこだわるのではなく、無理のないように支払える金額であれば、四分の一でもそれ以下でも良いでしょう。
逆に給与から必要な生活費を抜いた分を元に、家賃を考えるというのも良い手ではないでしょうか。
アクセス等も大切かもしれませんが、一度家賃のことを考え直してみましょう。
もし考え直した上でやっぱり家賃が高いなぁ、となるようであれば早めに引っ越してしまう方が後々お金も浮いてきます。引越しのお金が用意できないでお金を借りて引っ越したとしても浮いた分で返済すれば良いので、最終的には得したことになりますね。
▼借りる方法▼

食費

一般的には一ヶ月2万円前後といわれています。
ただ、この2万円前後というのも毎日自炊しての金額だそうです。
引っ越して初めのうちは楽しんで自炊をするかもしれませんが、だんだん飽きてくるとそうもいきません。
一人暮らしは外食も多くなりますし、コンビニご飯も増えてしまいがちです。それにより、食費が3万4万と増えていってしまうなんてことも。
スーパーで買い物をして毎日家で自炊していく事が食費を抑える大事なポイントだといえるでしょう。
また友人から誘われていく飲み会等も程ほどにしなければいけませんね。

光熱費

光熱費といえば水道代、電気代、ガス代を含めまとめて光熱費といいます。レオパレス等の特別な賃貸契約を除きその支払いは必須なものです。

電気代の平均は3000円~4000円ただし、エアコンなどの冷暖房器具をよく利用する磁気はもう少し金額が高くなるようで、7000円~1万円程度になることもあるようです。

つぎにガス代ですが、こちらはプロパンガスか都市ガスかによって前後するようですが、3000円~5000円程度とされています。

水道代の平均が3000円~4000円となっており、一人暮らしであれば基本料金くらいで済みます。自治体によっては多少、差がでて来るようです。
ただ、お風呂が好きな人は水道代が高くなりがちなので、注意が必要です。
お風呂以外の水の利用はトイレとキッチンくらいです。お風呂の利用量に比べたらたいした事はありませんので、そこまで節約を気にしなくてもいいでしょう。

その他の費用

雑費といわれるその他諸々のこと。
通信費や交際費、日用品や服代また税金等の公共料金等含まれます。

  • 通信費は現代人からなかなか切っても切れない存在のスマートフォン等の携帯代やインターネット代のこと。10000円~20000円と言われています。
  • 服代は女性、男性によってかなり異なるといわれていますが、平均20000円~30000円とされています。
  • 税金に関しては給料の約20%程度といわれています。
  • 日用品は消耗品などのことを指します。ティッシュや洗剤などなど平均3000円。ですが、女性の場合はこれに化粧代も足しますのでもう少し費用がかかりそうですね。

一人暮らしのお金の全体的な平均は?

毎月の生活費用ですが、家賃や税金などを含まずに考えても70000円~80000円といわれています。
こういった出費の上に年末年始に実家に帰省しなければいけない、結婚式に出席しなければいけないなんてときに突然のお金が用意できるように、事前に貯金などをして準備しておきたいものですね。

生活が苦しくなったときに取れる対策とは?

今月の生活はぎりぎりで、実家に帰るお金も用意できない。
お金が無いから、大切な友人の結婚式にも参加できない。
または思ってたよりもイベントが多い月だったため、食べるのに一苦労なんてなる前にとれる対策はあるのでしょうか?

親に借りる

いざ、一人暮らしをしようと思ってもうまく計算できないときもあります。そんな時は思い切って親を頼ってみましょう。
友人などから借りるよりは気心の知れた家族から借りるのが良いかもしれませんね。
ただ親子だからこそ、お金のことで迷惑をかけたくないと考える方もいるでしょう。
また、親に一度借りてしまうと返済がなぁなぁになってしまったり、癖になって何度も甘えてしまうかもしれませんので注意が必要です。

キャッシングで借りる

友人にはもちろん、家族にも迷惑をかけたくないなんて時。
また次の給料日には必ず返せるんだけど、少し借りたいなんてときには特に便利なものです。

プロミスアコムなどといった消費者金融では初回30日間無利息期間が付くというサービスを行っています。
審査時間は最短30分とその日のうちに借り入れをすることが出来ますので、食べるのに今困っているという方にも嬉しいですね。
また、新生銀行カードローンレイクでしたら、5万円以内の借り入れであれば180日間も無利息期間がつきます。生活になれて、お金に多少の余裕が出るころには完済できますので、利息なしで借り入れが可能ですね。

一人暮らしは誰かに甘えてしまうと、甘え癖が付いてしまう人も多いですので、そうならないように気をつけたいですね。
自立のためにも自身で借り入れをして計画的に返済していくのは自身を大人にする一歩かと思います。

5社のカードローンを比較!ピッタリのサービスを探そう!→

実家に帰る

もういっそ一人暮らしは諦めて実家に帰るというのはどうでしょうか?
夢にまで見た一人暮らしかもしれませんが、ぎりぎりの生活を続けて体を壊してしまうよりはマシでしょう。少しばかりを家に入れておけば親もそこまで文句を言うことはないでしょう。
ただ、実家に戻るまでの交通費や引越し代がかかりますので、事前にお金を用意しておかねばなりません。早く実家に帰ってしまいたい、など急ぐようであれば、即日で借りれるプロミスなどでキャッシングを考えてみてもいいでしょう。

一人暮らしでは節約生活を徹底しよう

特にイベントがあったわけでもないのに、万年的に生活費が足りないという方は一度生活費を見直してみるべきでしょう。

生活費で特に節約しやすいのは食費といわれています。外食を控えなるべく家で作るなどして食費を抑えていきましょう。買った食材を無駄にしてはいけませんので、無理の無い程度に出来るとよいですね。
電気や水道代も細かい積み重ねで節約する事が出来ます。つけっぱなしにしない、だしっぱなしにしないという気持ちをいつも心のどこかに置いておくと良いでしょう。

欲しいものと必要なものは違います。お金が無いときこそ、その見極めが大事と言えますね。
どうしても必要、でもお金が無いなんてときはキャッシングを考えてみても良いと思います。
必要なものをいつまでも放置するよりも借りて買ってしまえば、困らないですし、キャッシングも借りた分を早々に返済してしまえば何も躊躇することは無いのです。
ただし、キャッシングを利用する際は、後で返済があるということも忘れず、計画的に借り入れしなければいけませんね。

一人暮らしのお金ないときの対策とは?

一人暮らしで最低限必要なお金

引越しが終わりさぁ、新しい生活がはじまるぞ、という時に大切なのが今後の生活費。
最初に躓いてしまうと、後々まで響いてきてしまいます。
そうなる前に知っておきたい、これだけは必要といわれる物を押さえていきましょう。

家賃

家賃の相場でよく言われているのが、月収の三分の一というものですが、全員にそれが当てはまるわけではなく、個々の給与によってそれぞれ考えなければいけません。
毎日の生活のためには家賃以外のお金もかかります。その生活費は、月収から家賃を引いたお金で賄っていかねばなりません。
そのため、月収が少ない人ほど家賃はなるべく抑えめにしておくのがいいでしょう。
また忘れがちなのが、管理費や共益費のこと。家賃に含まれている賃貸もありますが、そうではないところもあります。他にも地域によって2年ごとの賃貸の更新料(家賃の約一か月分等)を必要としますのでそちらの注意も必要ですね。

給与の三分の一にこだわるのではなく、無理のないように支払える金額であれば、四分の一でもそれ以下でも良いでしょう。
逆に給与から必要な生活費を抜いた分を元に、家賃を考えるというのも良い手ではないでしょうか。
アクセス等も大切かもしれませんが、一度家賃のことを考え直してみましょう。
もし考え直した上でやっぱり家賃が高いなぁ、となるようであれば早めに引っ越してしまう方が後々お金も浮いてきます。引越しのお金が用意できないでお金を借りて引っ越したとしても浮いた分で返済すれば良いので、最終的には得したことになりますね。
▼借りる方法▼

食費

一般的には一ヶ月2万円前後といわれています。
ただ、この2万円前後というのも毎日自炊しての金額だそうです。
引っ越して初めのうちは楽しんで自炊をするかもしれませんが、だんだん飽きてくるとそうもいきません。
一人暮らしは外食も多くなりますし、コンビニご飯も増えてしまいがちです。それにより、食費が3万4万と増えていってしまうなんてことも。
スーパーで買い物をして毎日家で自炊していく事が食費を抑える大事なポイントだといえるでしょう。
また友人から誘われていく飲み会等も程ほどにしなければいけませんね。

光熱費

光熱費といえば水道代、電気代、ガス代を含めまとめて光熱費といいます。レオパレス等の特別な賃貸契約を除きその支払いは必須なものです。

電気代の平均は3000円~4000円ただし、エアコンなどの冷暖房器具をよく利用する磁気はもう少し金額が高くなるようで、7000円~1万円程度になることもあるようです。

つぎにガス代ですが、こちらはプロパンガスか都市ガスかによって前後するようですが、3000円~5000円程度とされています。

水道代の平均が3000円~4000円となっており、一人暮らしであれば基本料金くらいで済みます。自治体によっては多少、差がでて来るようです。
ただ、お風呂が好きな人は水道代が高くなりがちなので、注意が必要です。
お風呂以外の水の利用はトイレとキッチンくらいです。お風呂の利用量に比べたらたいした事はありませんので、そこまで節約を気にしなくてもいいでしょう。

その他の費用

雑費といわれるその他諸々のこと。
通信費や交際費、日用品や服代また税金等の公共料金等含まれます。

  • 通信費は現代人からなかなか切っても切れない存在のスマートフォン等の携帯代やインターネット代のこと。10000円~20000円と言われています。
  • 服代は女性、男性によってかなり異なるといわれていますが、平均20000円~30000円とされています。
  • 税金に関しては給料の約20%程度といわれています。
  • 日用品は消耗品などのことを指します。ティッシュや洗剤などなど平均3000円。ですが、女性の場合はこれに化粧代も足しますのでもう少し費用がかかりそうですね。

一人暮らしのお金の全体的な平均は?

毎月の生活費用ですが、家賃や税金などを含まずに考えても70000円~80000円といわれています。
こういった出費の上に年末年始に実家に帰省しなければいけない、結婚式に出席しなければいけないなんてときに突然のお金が用意できるように、事前に貯金などをして準備しておきたいものですね。

生活が苦しくなったときに取れる対策とは?

今月の生活はぎりぎりで、実家に帰るお金も用意できない。
お金が無いから、大切な友人の結婚式にも参加できない。
または思ってたよりもイベントが多い月だったため、食べるのに一苦労なんてなる前にとれる対策はあるのでしょうか?

親に借りる

いざ、一人暮らしをしようと思ってもうまく計算できないときもあります。そんな時は思い切って親を頼ってみましょう。
友人などから借りるよりは気心の知れた家族から借りるのが良いかもしれませんね。
ただ親子だからこそ、お金のことで迷惑をかけたくないと考える方もいるでしょう。
また、親に一度借りてしまうと返済がなぁなぁになってしまったり、癖になって何度も甘えてしまうかもしれませんので注意が必要です。

キャッシングで借りる

友人にはもちろん、家族にも迷惑をかけたくないなんて時。
また次の給料日には必ず返せるんだけど、少し借りたいなんてときには特に便利なものです。

プロミスアコムなどといった消費者金融では初回30日間無利息期間が付くというサービスを行っています。
審査時間は最短30分とその日のうちに借り入れをすることが出来ますので、食べるのに今困っているという方にも嬉しいですね。
また、新生銀行カードローンレイクでしたら、5万円以内の借り入れであれば180日間も無利息期間がつきます。生活になれて、お金に多少の余裕が出るころには完済できますので、利息なしで借り入れが可能ですね。

一人暮らしは誰かに甘えてしまうと、甘え癖が付いてしまう人も多いですので、そうならないように気をつけたいですね。
自立のためにも自身で借り入れをして計画的に返済していくのは自身を大人にする一歩かと思います。

5社のカードローンを比較!ピッタリのサービスを探そう!→

実家に帰る

もういっそ一人暮らしは諦めて実家に帰るというのはどうでしょうか?
夢にまで見た一人暮らしかもしれませんが、ぎりぎりの生活を続けて体を壊してしまうよりはマシでしょう。少しばかりを家に入れておけば親もそこまで文句を言うことはないでしょう。
ただ、実家に戻るまでの交通費や引越し代がかかりますので、事前にお金を用意しておかねばなりません。早く実家に帰ってしまいたい、など急ぐようであれば、即日で借りれるプロミスなどでキャッシングを考えてみてもいいでしょう。

一人暮らしでは節約生活を徹底しよう

特にイベントがあったわけでもないのに、万年的に生活費が足りないという方は一度生活費を見直してみるべきでしょう。

生活費で特に節約しやすいのは食費といわれています。外食を控えなるべく家で作るなどして食費を抑えていきましょう。買った食材を無駄にしてはいけませんので、無理の無い程度に出来るとよいですね。
電気や水道代も細かい積み重ねで節約する事が出来ます。つけっぱなしにしない、だしっぱなしにしないという気持ちをいつも心のどこかに置いておくと良いでしょう。

欲しいものと必要なものは違います。お金が無いときこそ、その見極めが大事と言えますね。
どうしても必要、でもお金が無いなんてときはキャッシングを考えてみても良いと思います。
必要なものをいつまでも放置するよりも借りて買ってしまえば、困らないですし、キャッシングも借りた分を早々に返済してしまえば何も躊躇することは無いのです。
ただし、キャッシングを利用する際は、後で返済があるということも忘れず、計画的に借り入れしなければいけませんね。

給料日前のピンチをお金がなくても切り抜ける方法

給料日前のお金がピンチになったときには

給料日前にお金がピンチになってしまうことは誰にでもありえることですよね。
たとえば、急な出費がかさんだときは、所得が多かったり貯金をしていても給料日前のピンチになる事だってあります。

今すぐお金が必要な時

今すぐ、どうしてもお金が必要なときには、お金を借りる手段をとりましょう。
親や友人、金融会社から借入をすることが出来ます。

親や友人から借りるとき

ピンチだと言えば、多くの場合で貸してもらえるかもしれませんが、借りると信用をほぼ100%信用を失います。
借りて返せたとしても『借りる人なんだ』という印象が残ってしまい、最終的な局面で「この人に任せられない」と言う結論に至ってしまう可能性も残るのです。
また、どうしても親や友人から借りるときは、借用書などをあらかじめ準備をして、返済がちゃんとできると言うことを示すのも礼儀です。

人間関係が壊れて、今後の人生の彩を無くしてしまうのであれば、なるべく親や友人などからお金を借りるのはやめておきましょう。

金融機関から借りる場合

銀行や消費者金融などから借入をする方法です。時間が本当にないときは、消費者金融からの借入がオススメ。
プロミスアコムモビットなどのカードローンに申込をしましょう。申込をすると、審査が行われて『最短30分』で回答がもらえます。
30分で答えが出るので、その日のうちに借入が出来ます。

このサイトが見れているということは、ネット環境があると思いますので『Web申込』を使うと大変便利です。
プロミスを例に挙げてみると、ホームページの申込フォームに入力して、契約方法を選ぶことが出来ます。
Web契約の場合、銀行振り込みでお金を借りることが出来るので便利。三井住友銀行の口座を持っていれば、24時間いつでも借入することが出来ます。
また、来店契約であればカードがその場で発行されるので、郵便物などの心配もありません。

他にも、プロミスの場合メールアドレスの登録とWeb明細の利用で30日間の無利息サービスが受けられるので、金利が0円で利用できるので、お得。

ある程度は余裕がある時

ある程度余裕があるけど、ピンチ、ギリギリだ。と言うときは他の方法で乗り切る方法もあります。
まず、基本的に食事などをあるものですませるようにしましょう。外食をしていると、家で自炊をしているのと比べて、平均的に倍以上かかると言われています。

また、ネットショッピングなどを控えるのも大切です。
今月乗り切ったとしても、来月請求が来て同じく給料日前にお金がピンチな状態になってしまっては意味がありません。

また、生活費を切り詰めすぎてストレスにならないように工夫をするのも大切です。切り詰めすぎると、次の月に一気に使ってこちらも同じく給料日前にお金がピンチな状態になりかねないのです。

給料日前にお金を借りてピンチを防ぐのはアリなの?

プロミスなどからお金を借りるのは抵抗がある。と言う風に考えてしまうことが多いですよね。

ですが、給料日前であればキャッシングをするのに適したタイミングだってご存知ですか?

キャッシングなどを行うときに『金利』が発生します。
それは、返済のときに同じ金額だけ返すのではなくて、借りたお礼に少しだけお金を追加して返す。と言ったものなのですが、これは『借りた日数分だけお金が加算される』しくみなのです。

つまり、給料日前。と言うことは給料が入ったらすぐに返せるので『金利がほとんどかからないタイミング』なのです!

給料日前に借りて、給料が入ってすぐに返す。と言うことが出来るのであれば、まったく問題がありません。

しかも、会社や知り合いに知られることは自分から言うなどをしなければ、基本的に無いので『もし誰かに知られてしまったら』と言う心配はいりませんね。