液タブやペンタブの為のお金が無い!解決策まとめ

お金がない時にペンタブ、液タブを買うべきか

趣味や仕事、色々なシーンで使う人が増えてきた『ペンタブ』や『液タブ』ですが、お金がないときに無理をしてでも買うべきなのでしょうか?
仕事では、プレゼンの資料を見せるときに、手描きの文字を書くことが出来る等で大変重宝される物です。
また、イラストの趣味や仕事をする人は、ペンタブよりも液タブ(液晶タブレット)が欲しいと言う人が多くいます。

仕事に支障をきたす場合

デザインの仕事や、ペンタブや液タブを使った編集作業等をしている場合、プレゼンで使う場合など、仕事に支障をきたす場合は迷わず購入を考えるべきだと思います。
特にデザインやイラスト関係の仕事をしている場合は、早急に必要です。
お金が無い時に買う方法は後ほど例を上げていきます。

また、替芯が無くなってしまった場合は、素直に純正の替芯を買うことをオススメします。
一時期『パスタを替芯にすると書きやすい』と言う噂が流れましたが、パスタを芯にすると折れた時に様々なトラブルが考えられます。絶対にやめましょう。

イラストを書いていたら壊れた

趣味でイラストを書いたり、同人誌や漫画を書いている人の場合は、場合によりけりですが早急に必要な時もあります。
特に『同人即売会』などのイベントの締め切り前なんかに壊れた時は、迷ってる時間もありません。すぐに買いましょう。
それ以外の時は、基本的に自分のペースに合った買い方をするのが良いと思います。
イラストを毎日とりあえずちょっとずつ、と言うタイプの人は先に買うほうがいいかもしれませんが、書く日に一気に書くタイプの人は後々買っても問題がなさそうですよね。

初めてのペンタブ、液タブが欲しい時

絵を描く人間にとって、お金が無くてもペンタブや液タブと言うものは魔力を秘めたアイテムのように欲しくなります。
特に液タブ(液晶タブレット)は年々進化を遂げて、値段も昔に比べて手に入りやすい金額となってきました。
ですが、お金がないときに買うべきか否か、という点については今後も続けていくのかどうかにかかってくると思います。

ペンタブや液タブを買ってから、なれるまで平均的に半年以上はかかると言われているので、これからアナログで絵を描くことからデジタルに一気に切り替えようと思う場合は、それなりの根気が必要です。
なんとなく買う、というのであれば少しお金が貯まってから買うのが懸命だと判断出来ます。
それでも欲しい、今すぐに慣れておきたい。と言う人は、先に買うことも吝かでも無いのではないでしょうか。

お金がないときにペンタブ、液タブを買う方法

お金がないときにペンタブや液タブを買う方法は何があるのでしょうか?

お金がないから中古で買う

これはあまりオススメ出来ません。
ペンタブや液タブは消耗品ですので、特に中古で買う場合『不具合』の可能性が否定できません。
新品でしたら、お店に言えば取り替えてくれますが、中古の場合取り換えが効かない場合も有ります。
特に、ネットオークションなどではそういったトラブルも多発しているので、注意が必要。

ですが100%悪い、と言うわけではなくあくまで『失敗する可能性』が高いので、オススメが出来ないものだと考えて下さい。

お金を借りてペンタブ、液タブを買う

次に紹介するのは、お金を借りてペンタブ、液タブを買う方法です。
友人に借りたり、金融機関から借りたりします。

友人や知人に借りる

これはなるべくなら避けたほうが良い方法です。
社内の同僚などで『次の給料日』が分かっている場合でも、それまで相手に不快な思いをさせてしまう場合もあり、人間関係が劣悪になる可能性が高いからです。
手軽な雰囲気はありますが、一番リスクが高いものだと考えられます。

金融機関から借りる

銀行や信販会社、消費者金融から借りる方法です。
クレジットカード等で買う方法もありますが、電気屋さんに行って直接買う場合は『現金が有る方が良い』と言われています。
クレジットカードで支払うと、クレジットカード会社に売上のお金を何%か渡さなければならないので、現金が有る方が値切り交渉がし易いです。

現金を借りる方法としては、カードローンを使いましょう。
本当に急いでいる場合は、即日融資が出来る消費者金融がオススメです。
プロミスアコムなどでしたら、30日間の無利息期間もあるためお得に利用できます。

少し時間に余裕がある場合は、みずほ銀行カードローンがオススメ。
金利が他のカードローンと比べて、上限金利14%とかなり低いので返済の際に余分なお金があまりかかりません。
ですが、無利息期間は無いので長期間の返済計画を考えている場合意外はやめておきましょう。

5社のカードローンを比較!ピッタリのサービスを探そう!