学生ローンとカードローンの違いって何?

学生ローンとカードローンの違い

学生ローンとカードローンには違いがあります。
学生ローンの場合は、文字通り学生を対象としたカードローンと考えて良いと思います。
そうなるとそもそもカードローンって何?と言う疑問点が出てきますね。

カードローンとは?

カードローンは、銀行や消費者金融が提供しているキャッシングサービスの一つで、分割払いを行って返済していく事が出来るのが特徴です。
また、カードローンは担保や保証人を必要としない『無担保ローン』だと考えて良いでしょう。
信用情報や属性、収入によって、貸し付けを出来る金額が決定されます。

無担保ローンとは言いますが、信用情報に記録されるため『信用を担保にしているローン』として覚えておく必要もあります。
返済をちゃんと行わないと、今後自動車ローンや携帯電話の分割払いなども利用できなくなるリスクもある事は忘れてはなりません。

カードローンには種類があり、銀行が発行しているカードローンと消費者金融が発行しているカードローンがあります。
消費者金融の場合は『総量規制』と言われる規制の対象となります。
年収の3分の1以上貸し付けをしてはいけないと言う法律で、年収が0の人は借入が出来ないので注意が必要。

総量規制とは?総量規制の対象、対象外をわかりやすく解説

学生ローンとは?

カードローンの一種で、対象年齢や客層が違う消費者金融だと考えておくと分かりやすいでしょう。
学生ローンの場合も、消費者金融同様に総量規制の対象となります。
なので、アルバイトをしている事が必須条件だと言えるでしょう。最近はブログ等で収入がある自営業者も学生に多いですが、確定申告をしておく必要が有るため注意が必要です。

18歳以上の大学生や専門学生が学生ローンの対象となるので、高校生は利用できません。
学生ローンと言っても、すべての学生ではなく高校卒業後の人と考えておいたほうが良いのではないでしょうか。実際大学生でなくても、高校卒業後社会人になった人が利用することも出来ます。

学生ローンとカードローンはどっちがいいの?

学生ローンとカードローンを比べてみると、学生ローンの金利や利用することの出来る範囲が違います。
学生ローンの場合は、18歳以上の安定した収入がある大学生が対象となりますがカードローンは20歳以上の全ての安定した収入がある人が対象となります。
なので、20歳を超えている場合はカードローンを利用する方が今後の事を考えると良いのではないでしょうか。

就職で地方から都会に出る場合や、都会から地方に行く等、今いる土地から離れる場合学生ローンの場合銀行振込をしなければならなくなります。
ATMで返済が出来る消費者金融のカードローンの中には、手数料無料のものがありますが、銀行振込しか出来ない状態になると手数料が必ずかかります。
そうなると、不便極まりない上に無駄な出費が増えてしまいますので、返済のことを考えるとカードローンで利用するのが良いではないでしょうか。

他にも、金利が下がりやすかったりキャッシングに関するサービスが充実しているので、学生ローンよりもカードローンで借入をした方がいいことが分かります。

ただし、どちらも『借金』であることには変わりありませんので、返済計画をちゃんと立ててから借入をしましょう。
出来ることなら学生の間に借金は作らないようにしたいものですね。

学生が即日でローンを組むならカードローンと学生ローンどっちがいいの?

5社のカードローンを比較!ピッタリのサービスを探そう!

学生ローンは審査が緩い?使い方

審査が緩い?と思える理由

学生ローンは、実は学生でも気軽に利用できます。そのため、いざお金を借りたいと思ってもその利用をためらってしまう学生もいるではないでしょうか。
一般のキャッシングサービスを利用してみようと思うと、審査が心配ですよね。
学生ローンだったら簡単に審査が通ったと言う話はよくありますが、具体的に何が違うのでしょう?

学生ローンも消費者金融の一つ

学生ローンも消費者金融の一つで、あくまで学生対象のカードローンであるということを覚えておきましょう。
学生ローンは教育ローンと違い、フリーローンであるカードローンの一種なので、多額の借り入れをするには収入がその3倍必要となります。

その理由としては、総量規制と言って『貸金業者は収入の3分の1以上の貸し付けを行ってはいけない』と言う法律に基づいた理由があるからです。
その為、学生ローンの限度額は50万円以下などの低額に抑えられている傾向があるようです。

学生ローンの収入の安定の基準について

学生ローンの場合、一般的なキャッシングサービスと比べて収入の基準が甘いのか、と言われればそうではありません。
社会人の場合は、基本的には土日を除いて週5毎日働きます。つまり週5日はフルタイムと言う事に、収入が安定していると判断されますが、学生も週3日ほどのアルバイトでも収入が安定していると判断される事が多いようです。
学生ローンの場合、その当たりの事情を考慮すると言われているようですが、実際には消費者金融のキャッシングサービスでも問題なく借入が出来る事が多いようです。

学生という肩書がある以上、学生は稼ぐのが仕事ではなく学ぶのが仕事と言われていますが、現在のように多様化してきた社会では毎日お金を稼いでいる学生もいます。
アルバイトの掛け持ちなんてよく耳にする話ですよね。

さらに、夏休みや春休みなどであれば毎日のようにフルタイムで働く人もいます。
実際に、毎日朝から夕方まで働けばそれなりの収入になるでしょう。また、平日のバイトでも深夜であったりすると時間が短くてもそれなりの金額を稼げますよね。

週3日程度入って毎週2万円以上稼げば、月に8万円以上になります。その為、年間であれば100万近くの金額を稼ぐことが出来ますよね。アルバイトでもその金額があれば安定した収入として認められる事が多いようです。

日雇いのアルバイトは緩くない

ある学生二人がいて、一人は日雇いのアルバイトで月20万円を稼いでいる人がいました。もう一人はコンビニで月8万円の稼ぎです。
日雇いで20万稼いだ人は、日雇いなのでいつやめてしまうのかわからないと言う事でローンの審査を落とされてしまったのですが、コンビニで働いている人は2年目になるので安定した収入だと認められてローンの審査を通過した。
ということが以前ありました。

審査の基準として、アルバイトの場合は勤続年数等が考慮されるようです。
最低でも半年以上は同じ所に勤めておくことが大切だということですね。

ですが、安定した収入の基準は、それぞれの業者によって異なるで、わかりやすく基準が目に見えるように決められている訳ではありません。
自分が実際に借りられるかどうかを確かめるには、業者の簡易診断サービスなどを利用するといいでしょう。

簡易診断サービスとは、各種業者公式HPのトップに設置されていることがあり、最低限の情報を入力して即座に借り入れ可能かを診断するサービスです。簡易審査と言う言葉も目にしますが、こちらは審査なので申込をしないと利用できません。

申込をし過ぎると、半年間情報が残ってしまうので他のところからの借入もどんどん難易度が上がっていきます。

他ローンと較べて楽なわけ

学生ローンの利用が他のと較べて楽だと言われている理由は、学生証で申し込みが可能だからと言われています。
消費者金融の借入で免許証の他にも、保険証やパスポートでも受け付けをしてくれるので、学生ローンだけに借入の的を絞る必要はありません。

難易度が高いと思われがちな収入証明書も、50万円以下の借入なら不要なので安心していいでしょう。
学生の間に50万円以上の高額な借入をする必要なんて、そうそう無いと思います。
なので、学生ローンに限らず消費者金融のカードローンの利用も検討してみてください。

学生はカードローンで借入が出来るの?

学生はカードローンで借入が出来るの?

学生はカードローンで借入が出来るのか

「どうしても飲みに行くお金が足りない!」「今月の家賃分も使ってしまった!」という大学生の人は多いのではないでしょうか。
特に一人暮らしを初めて、お金の管理を自分でするようになってから間違えてしまうなんてことがありますよね。

そんな時にカードローンを使ってみたいと考えたものの、学生がカードローンで借入が出来るのか分かららないと言う意見がありました。

カードローンの多くは『年齢20歳以上のご本人に安定した収入のある方』を対象にしている物が多いです。その為、大学生の方も20歳以上でしたら利用する最低条件の一つはクリア出来ます。

もう一つのご本人に安定した収入のある方。となっているのでこちらは注意が必要です。
仕送りなどの場合は、安定した金銭ではありますが、本人が得た収入ではありません。税法上所得とは認められないからです。その為、アルバイトや派遣、その他の収入が得られる状態であることが必須となります。
アルバイトでしたら、週に3回ほど最低でも入っていることが安定した収入があることの条件になると言われています。月に1回しか入らない人の場合は、いつ辞めてもおかしくないと思われてしまうからです。
安定した収入とかんがえるには、安定して仕事を続けるということも必要になりますね。半年以上同じ所で勤めていると良いと考えられます。
また、日雇いのアルバイトは安定した収入と認められづらい傾向にあるので注意が必要です。

カードローンを学生が使う利点

学生がカードローンなんて、と思う大人も多いですが、利点も多いことを理解しておかねばなりません。
大学生となると、ある程度お金を使って遊ぶ機会が増えてきます。そうすると、中高生の頃よりも金銭感覚が大雑把になりがちで、お金の貸し借りも多くなることが統計的にも出ています。
しかし、友人間で貸し借りをしていると、どうしても金銭のことなのでトラブルになりがちです。貸した側は「返してなんて言えないし」と言ってズルズル引きずって大きな亀裂になることも多々。

このようなトラブルを避けると言った意味では、カードローンでお金を借りるというのはとても有効的です。
カードローンの場合は、どうしてもお金がないときに借りて返済をちゃんとすれば、後腐れも無い物です。
借入を行うのであれば、親しい友人ではなく会社から借入をしておけばいらない心配をせずにすみそうですね。

また、学生のうちは少額の利用となるので、借入返済を繰り返すことでクレジットヒストリーが多くつくことになります。
クレジットヒストリーで遅延などが無いと判断されれば、他の金融機関からもちゃんと返済が出来る人として判断されて、クレジットカードなどの審査が通りやすくなる事もあるのです。

学生がカードローンで借入をする時の注意点

学生がカードローンを使うときの注意点は、借入をしていることを忘れないというのが最も重要です。
お金を借入ると言うことは、借金をするということです。
なので、お金を借りたら必ず返さなければなりません。踏み倒しをしようとしても、裁判所から出頭命令が出るなどの恐ろしい事態にもなりかねないので注意をしましょう。

また、返済が遅れるのも注意が必要です。
返済の遅れは「信用情報機関」に記録されます。CICやJICCと呼ばれる所に保管され、5年は消えません。その為、社会人になってからクレジットカードを作ろうとしても審査が通らなかったり、自動車ローンが利用できなかったりします。

他にも、申し込みの時に幾つかの注意点があります。
限度額を必要最低限以上にしてしまったり、収入などを見栄を張って多く書くなどです。
利用限度額を念のために30万円にしとこうと思っても、学生なので30万円の返済は難しいと判断される事も多く、利用限度額は必要最低限の金額に抑えておかないと審査落ちをしてしまう可能性があります。
また、収入の金額を見栄を張ってかさ増ししても審査落ちの対象となります。
消費者金融や銀行は収入などの情報をちゃんと調査していますので、審査の際に虚偽申告をしてもすぐにバレてしまいます。それどころか本当に必要なときに貸してくれない可能性も出てくるので絶対に『嘘』は書かないようにしましょう。
嘘でなくても、書き間違い等で虚偽申告をしたと捉えられることがあるので、そちらも注意が必要です。

キャッシングで学生がお金を借りる時に知っておきたいこと

お金に困った学生がお金を借りる時に知っておきたいこと

「飲み会続きで給料日までお金が足りない」
「卒業旅行に行きたいけどお金がない」
親には相談しても断られるし、でも友達付き合いも大事だし…
そんな学生向けのキャッシングがあるんです。

学生向けキャッシングとは…

消費者金融の学生でも借りれるキャッシングで、一般のキャッシング条件と特に変わりはありません。ただアルバイト勤務で収入がそんなに高くなくても収入に応じた金額だったら借入可能ですよといった方法です。

学生向けキャッシングの条件

20歳以上であること
アルバイトなど安定した収入がある

必要書類

本人確認が出来る書類
(運転免許証・保険証・住民票)
収入証明証は50万円以下の借入までは不要

総量規制が適用されるため年収の1/3までの金額しか借りれないので、アルバイトの収入だけでは限度額上限の50万円にも満たない学生がほとんどです。このことから収入証明書不要の場合が多いですね。

学生向けのキャッシングのメリット

毎月きちんとした収入があれば利用できる
融資限度額が高くないから保証人や担保を必要としない
無担保だから親や家族に相談なしでも借りることができる
全国から利用可能

ここまで消費者金融の学生向けのキャッシングサービスを説明してきましたが、もう一つ学生を専門とした学生専用ローンがあります。

学生専用ローンとは…

学生を専門としたローンで、学生向けキャッシングとの大きな違いはやはり学生向けに設定されている低い低金利です。学生のうちは収入も少なめなので少しでも利息が少ないという学生にとっても負担が少なくメリットのひとつになります。

学生専用ローンの特徴

収入の少ない学生でも借入可能
学生向きだから低金利
18歳以上であれば申込が出来る(高校生を除く)

18歳以上の未成年でも申込が出来ることが最大のメリットですが、未成年の場合は親の承諾が必要になるので注意しましょう。

必要書類

本人確認が出来る書類+学生証
(運転免許証・保険証・住民票)

学生専用ローンは安定した収入がなくても借りれる事から借りられ金額も低めの設定で10~20万円が限度額という業者が目立ちます。

親バレはしたくない

学生向けキャッシングも学生専用ローン両方とも保証人の必要もなく、学生証と保険証などの身分証明証で審査を進めることが出来るので親に内緒で借りることが可能になります。申込確認の電話はかかってくる事もありますが、連絡を入れる時間帯なども指定できることも多いので申込時に確認してみましょう。

パソコンやスマホで申込から借入れまで出来る「WEB完結」が便利ですが、学生専用ローンでは扱っている業者がほとんどなく、親バレ防止のためにも郵送・電話のないのできる大手消費者金融のプロミスやアコムなどの学生向けキャッシングをオススメします。

親にバレずに借りる方法を説明しましたが、返済が滞ることがあれば郵送や電話で連絡がくることがあるので注意しなくてはいけません。

申込む前に知っておこう

安定した収入を得ることが大事

お金を借りるということはお金を返さないといけないということ。
収入源のない人にお金を貸したい業者はいません。
返済能力があるかどうかを重要視するので、安定した収入があると審査に通りやすくなります。

支払いの延滞はだめ

他社からの借入の滞納や、携帯電話などの分割料金を含め滞納は絶対にしてはいけません。滞納した事実は信用情報機関に記録されるので審査の際には非常に不利になります。

学生向けキャッシングと学生専用ローンどちらを選ぶべきなのか

学生向けキャッシングと学生専用ローンの特徴などを知ったところで、果たしてどちらを選ぶべきなのか考えてみましょう。

借り入れ可能額

学生専用ローンの場合は1~50万というところがほとんどですが、アコムやプロミスなどといった学生向けキャッシングの場合は、年収に応じた金額になりますが最高500万円といった高額キャッシングも可能になります。ただし年収の1/3しか法律で借りる事が出来ないので500万円には満たないことが多いのが現実です。

利便性

学生向けキャッシングを行っている消費者金融は全国のコンビニATMと連携したいたり無人契約機を配置しているので、全国どこからでも借入・返済ともにしやすいのが特徴です。
一方で学生専用ローンは銀行振込が一般的です。
振込時間によっては翌日確認となり返済に遅れてしまった!などといったこともあることから余裕を持って振り込む必要があります。直接店舗に行って返済しなければならないケースもあり銀行振込でも手数料がかかりますので、そういった点では学生向けのキャッシングをおこなっている消費者金融を選んだほうが無難でしょう。

中退や卒業したときはどうなるのか

学生専用ローンだと卒業するまでに完済しなければなりませんが、学生向けキャッシングは卒業や中退に関係なく継続して利用することが可能です。

こういった内容から見ても学生向けのキャッシングを行っている消費者金融を選ぶ方をオススメします。中でも初心者でも安心して借入が出来るプロミスやアコムなどをチェックしてみてはいかがでしょうか?

オススメの学生キャッシング会社

最大メリット 実質年率 限度額 審査時間
プロミス 30日間無利息サービスWEB申込 4.5%~17.8% 500万円 最短30分
アコム 大手の中では審査が柔軟WEB申込 4.7%~18.0% 500万円 最短30分
モビット 知名度と信頼性が高いWEB申込 3.0%~18.0% 500万円 最短10秒
学生専用ローン 18歳以上の未成年から申込可能(親の承諾が必要) 14%~17%前後 50万円 即日

※プロミスはメールアドレス登録とweb明細利用の登録が必要です。

※モビットは14:50までの振込手続きで完了で当日振込が可能。
また10秒審査の結果表示は、事前審査による結果表示となる。

最後に借金をしたことは就職などに影響はありませんが、計画性を持って利用しないと借金が膨れ上がって生活に支障がでてきます。
借入額を少なめにし早めに返済することを心がけるようにしましょう。