銀行カードローン審査が厳しいのはなぜ?審査落ち対策は?

銀行カードローンの審査が厳しいワケ

銀行カードローンの審査が厳しいと言われるには、理由があります。
それは『保証会社の有無』だと言われています。

保証会社の審査と、銀行自体の審査の両方があるので2社の審査に通らないとキャッシングが出来ないからだと考えられるからです。
銀行カードローンのほとんどが保証会社を使っている理由としては『返済が滞った時のリスク』を避けるためです。
返済が滞った際に、代わりに保証会社が弁済します。そのため、保証会社の審査をある程度厳し目になると言われているのです。

保証会社になるのは、その銀行の子会社やグループ会社であることが多いですが、それ以外の例外も存在するようです。

銀行カードローンの審査対策は何がある?

銀行カードローンの審査対策は何があるのでしょうか?
カードローン全般で言えることとしては

  • 安定した収入が有ること
  • 借入の合計額が基準以下であること
  • 過去に返済遅延や滞納を起こしていないこと

が三大原則としてあります。

安定した収入が有ること

安定した収入がある、と言うのは抵触についている社会人だけではなく、アルバイトやパートの方も含まれます。
ですが、アルバイトやパートの方は、勤めている期間が短いと『すぐに辞めてしまうかも』と考えられて、審査が厳しくなりがちです。
安定した収入があれば、自営業の人でも問題なく借入できます。

借入の合計額が基準以下であること

借入の合計額が基準以下、と言うのはよほど多くの会社から借入をしていないかぎり問題ありません。
収入の3分の1が基準と言われていますが、借入が多くなるほど『返済能力』と照らしあわせて、本当に返済ができるかの判断が厳しくなっていくので、なるべく借入を減らしてから申込みをするのが良いでしょう。
住宅ローン等も借入に含まれますが、払い忘れ等が無ければ問題ないと考えられます。

過去に返済遅延や滞納を起こしていないこと

過去に返済の遅延や滞納を起こしていない、と言うのは信用情報機関に記録される情報で、そのような遅延や滞納を起こしていない状態をさします。
その為、極端な例を上げると税金などの場合は何年滞納していても関係がありません。
ですが携帯電話の分割払いや奨学金の支払いが遅れてしまうと、信用情報機関に『遅延・滞納』の情報が記載されてしまうので注意が必要です。

今まで1回も借入したことがない人も注意が必要

今まで1回も借入をしたことがない人も注意をしなければなりません。
30歳を超えて初めてカードローンの申込みをした際に、今まで借入の経験がないと『スーパーホワイト』と言う状態になっている可能性があります。
自己破産をした人なのか、それとも今まで1回も借入をしたことがない人なのか判断がしづらくなっている状態ですので、審査落ちをしてしまうことがあります。
プロミスアコムといった消費者金融は、初めての借入に向いていると言われています。

保証会社の数を確認すると良い

保証会社の数を確認しておくと、審査の対策を行うことが出来ます。
保証会社が2種類ある『オリックス銀行カードローン』等の場合は、審査の際に片方の保証会社の審査落ちをしても、もう片方がOKだった場合は借り入れできる可能性が出てきます。

どうしても不安だ、と言う人はオリックス銀行カードローンのように、保証会社が2つ有る銀行カードローンを利用してみてはいかがでしょうか?