今月はどうしても返済できない!困ったらまずはここをチェック

うっかり返済日を忘れていただけの場合

支払日当日になって、引き落とし口座に入金するのを忘れていた。返済する日に出かけて完全に忘れていた。なんて事は人間なら誰しも1回はあるでしょう。
そんな時は慌てず、借入をした所に連絡をしましょう。
手元にあるお金をどこに振り込むべきなのか、引き落とし口座に入れておくだけでいいのか、ATMで返済するべきなのか。等を確認して、指示通りに入金をするべきです。

少し延滞しそうな場合はどうする?

入金日にお金がなくてどうしても返済できない、以外にも海外出張があって返済が出来ない。等の理由がある場合はこちらも一度借入をした所に相談してみる必要があります。
「返済日が25日なのに、給料が入るのが30日だ」と入金が5日ほど遅れることが分かっている場合等は、特にそうです。
電話をしてから『今月の支払い日に払えないが、30日には必ず支払える』と言うことを明確に伝えましょう。
その場合はどうすればいいのか教えてくれるはずです。

お金がどうしてもない

お金がどうしても無い場合もありますよね。
ですが、絶対にやってはいけない事を先に書いておきます。
それは他の消費者金融から借りたお金で返すことです。
借りたお金を他のところから借りて返すと、利息が膨らんでいくどころか、借入れをする事によって様々な問題点が生じます。最終的に続けていると、ヤミ金に手を出しかねません。
そうなる前に、お金を借りた金融会社に連絡して相談してみましょう。
返済する意思がある場合は、相手も鬼ではありませんので無理やりとりたてようとはしません。
今後の人生に大きく関わることなので、ちゃんと慎重になって返済をしていきましょう。

おまとめローンで借金一本化する

複数の場所からの借入がある人はこの方法が有効です。
おまとめローンで一本化することによって、複数社からの借入の返済日が1つになります。
そうすると、返済漏れが失くなってかなり返済がしやすくなると考えられるのです。
また、おまとめローンにすると借り入れをする金額が一つにまとまって大きくなるので、金利が下がる傾向にあります。
金利が下がれば、最終的に支払う利息分が少なくなるということなので、お得に利用できることが分かります。

ただし、おまとめローンを利用した時に借金が減ったと勘違いしてしまうことがあります。
今まで利用していた場所の借金を一度肩代わりして返済する代わりに、ここでお金を借りてね。というのがおまとめローンの仕組みです。
なので過去に借入をしていた金融会社から限度額の引き上げや再度利用しないかと言う提案があります。
ですが、借金が減っているわけではないので他から借入をしないようにしましょう。
これは今月のお金がない、と言う問題よりも長期的な問題を考えた際に有効な手段です。
おまとめローンも審査があり、時間がかかる場合もあるので注意をしましょう。

ブラックリストに載るともう借りれないの?

返済が滞ってしまった場合は、ブラックリストに載ってしまう可能性があります。ブラックリストというものが実際にあるわけではなく『信用情報に事故情報として掲載される』事で、他のところからの借入が難しくなる事や、現在借入をしているところからの信用がなくなる事があります。
これを俗称ブラックリストとして言われているのです。

その状態になると5年間情報が消えませんので、次の利用が難しくなる可能性があります。
住宅ローンや自動車ローンなどの際にも影響するので、なるべく載らないようにしたいですね。

ブラックリストに載るとローンは絶対に組めなくなる?

そんな事はありません。
ブラックリストに載ると、先程も言ったとおり5年は情報が残りますが、その後返済をちゃんと続けていると「この人は一度失敗をしてもその後ちゃんと心を入れ替えて返済をしているな」と判断されて、ローンが組みやすくなっている場合もあります。
ちゃんと返済を続けていくことで、その事が好評化につながって最終的にローンが組みやすくなることも有るので、ちゃんと返済を続けていきましょう。

キャッシング返済のコツを教えます

効率のいい借り方は?

キャッシングをする時に重要なのは「最低限低金利最短期間」を意識することです。
せっかくだから多めに借りておこうではなくて、必要最低限の金額で済ませましょう。
次に、返済のときに上乗せされる金額を最低限で済むように低金利の会社を選ぶこと。
そして最後は「最低限の期間で返済を済ませる」ということです。

キャッシング返済方法の種類

会社名 返済方法 手数料
プロミス インターネット返済
口座振替
店頭窓口
ATM
コンビニ
銀行振込
無料or108円~216円
アコム インターネット返済
口座振替
店頭窓口
ATM
銀行振込
無料or108円~216円
モビット 口座振替
ATM
コンビニ
銀行振込
無料or108円~216円
レイク インターネット返済
口座振替
ATM
銀行振込
無料
みずほ銀行カードローン 口座振替 無料
オリックス銀行 口座振替
ATM
インターネット返済
(追加返済のみ)
無料

※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。

詳しくはコチラから
キャッシング会社別返済方法比較→

返済の負担を減らす方法

返済の負担を最低限で済ませるためにはどのような事を覚えていたらいいのか。
キャッシング返済で困らないためのポイントを説明したいと思います。

金利はなるべく低いもの

借金で返済するお金はまず月々の金利の返済に充当され、残りが元金の返済に充てられます。金利が低いほど元金が早く減るため返済期間が短縮されるので、金利は低いほど有利になるでしょう。

手数料を確認する

借入や返済の際に手数料がかかっていないか確認しましょう。
手数料のかからない返済方法などを選んで余計な出費は押さえましょう。

繰り上げ返済する

完済までの期間が長い場合や、臨時収入などによって手持ちの資金に余裕のあるときは繰り上げ返済がオススメです。返済期間が長くなるとその分だけ支払う利息も増えるので返済負担が大きくなるので、繰上げ返済を利用して少しでも早く完済できるようにしましょう。

おまとめローン

すでに複数の借金を抱えているなら、別々の業者の借金を一つにまとめてしまいましょう。借入額が大きいほど金利も下がる傾向にあります。そして返済にかかる手間や手数料も半減されるので、おまとめローンの利用も検討してみる価値があります。

返済日は厳守

返済が遅くなってしまうと遅延損害金が発生します。
遅延損害金は通常の金利よりも高く設定されているため負担額も大きくなります。
さらに個人信用情報に返済遅延の記録が残されるのでメリットはありません。

返済に困ったとき

毎月ちゃんと計画を立てて返済をしていたけど、今月だけは返済できない!そういう時どうしたらいいのでしょうか。
先ほど少し説明しましたが、返済が遅れてしまうと遅延損害金が発生します。
また延滞期間が長くなれば個人信用情報に履歴が残ってしまい今後のキャッシングに影響が出てきます。
返済が遅れそうなときはまず返済期日に遅れる前にキャッシング会社に相談してみましょう。

さらにもっと知りたい方は…
今月はどうしても返済できない!困ったらまずはここをチェック→

借りたお金をを効率よく返すために知っておきたいこと

キャッシングを利用する際は借入と返済のバランスをよく考えて利用しなければなりません。返済計画を明確にしてから申し込むことが大事になります。

借入前に返済計画を立てる

キャッシング返済で困らないためには「しっかりとした返済計画を立てること」が重要になってきます。月々の自分の収入と支出を把握し、いくらまでなら返済できるのかなど抑えておくべきです。多くのカードローン会社のHPでは、簡単な入力で「返済シュミレーション」をすることが出来るので利用してましょう。

希望額は必要最小限

キャッシングの申し込みの際は、希望額は必要最低限にしておくべきです。
ついつい借りてしまって返済が追いつかないなどのトラブルをなくすためにも、必要な金額だけを借りることが重要なポイントです。

利息の計算方法を理解すること

利用残高×金利÷365×日数
さらに自分で利息の計算が出来ると、借りすぎや無駄な借入を受けなくて済むようになり返済計画を立てるときに便利です。

おすすめのキャッシング

サービス名 金利(年率) 審査時間 限度額
アコム 4.7~18.0% 最短30分 500万円
プロミス 4.5~17.8% 最短30分 500万円
モビット 3.0~18.0% 最短即日 800万円
みずほ銀行カードローン 4.0~14.0% 最短即日 1000万円

ご利用前にしっかりとした返済計画を立て、生活に無理のない借入をしましょう。

キャッシング会社別返済方法比較

キャッシング返済方法の種類

キャッシングをして、返済する方法は色々あります。
どんな返済方法があり、その特徴などをは何なのかをまとめてみました。

口座振替

多くのキャッシング会社で利用出来る返済方法です。
毎月決められた日に、決められた額を返済される方法で払い忘れなどの心配がありません。
口座振替の返済日は各会社によって変わります。
アコムの場合は毎月6日なのです。
プロミスの場合は三井住友銀行、ジャパンネット銀行の場合は5日、15日、25日、末日のいずれかで選ぶことが出来ます。それ以外の講座の場合は毎月5日で固定されています。
返済日が選べれば、自分の給与形態に合った返済方法を選ぶことが出来ますね。
返済手数料無料は基本的に無料の物がほとんどです。

ATM返済

近くのATMを利用して返済する方法です。返済方法としては一般的で、返済の金額を毎月選ぶことが出来る。
利用している銀行や消費者金融専用のATMでなく、提携ATMでも返済が可能。
返済方法は利用可能なATMに利用しているカードローンのカードを入れて、支持に従い返済するだけなので多く人が利用されています。

インターネット返済

近年多くのカードローンで採用され始めた返済方法。
返済する口座を登録しておいて、そこからパソコン・ケータイ・スマートフォンからボタン操作で返済をすることが出来る返済方法です。
口座にお金が入っていれば自分のタイミングで返済が可能なので、ATM返済同様に人気。
この返済方法の場合は振込手数料がかからない場合が多いので、ATM返済よりもお得に返済することが可能です。

銀行振込

一昔前主流だった返済方法。
現在振込手数料などの問題であまり使われることはありませんが、生活環境により利用する方もいます。

店頭窓口

店頭窓口で返済する方法です。
銀行カードローンの場合はこの方法を利用する事も可能ですが、消費者金融の場合店頭窓口の数が極端に少ないので利用するのが難しいと考えておきましょう。
また、人と接するのであまり人気のないカードローンの返済方法だと言われています。

コンビニ払い

コンビニの電子決済サービスを利用して返済する方法です。
『Loppi』『Famiポート』を利用して返済する事が出来る金融機関があります。特に出来る物の多くは消費者金融です。
Loppi、Famiポートが置いてあるのは、ローソン、ミニストップ、ファミリーマートです。

各社返済方法の比較

各社の返済方法を比べてみましょう。

会社名 返済方法 手数料




プロミス インターネット返済
口座振替
店頭窓口
ATM
コンビニ
銀行振込
無料or108円~216円
アコム インターネット返済
口座振替
店頭窓口
ATM
銀行振込
無料or108円~216円
モビット 口座振替
ATM
コンビニ
銀行振込
無料or108円~216円

みずほ銀行 口座振替 無料
オリックス銀行 口座振替
ATM
インターネット返済
(追加返済のみ)
無料

この表で比較してみると、消費者金融の方が返済方法に柔軟であることがわかります。
収入にばらつきがある人は、消費者金融で返済するのが比較的人気のようです。

キャッシングで覚えておきたい繰り上げ返済(任意返済)

任意返済を行うことは利息を減らすことにもつながるので効率的です。
多くの返済方式で、キャッシングの返済を行うとその月の利息分と一部の元金が返済されます。その為、スライドと名前が付くリボルディング払い等の場合は元の返済額を減らすことが、返済開始直後では難しくなる事が分かります。
最低返済額で返済している場合は、最初の返済の9割近くが利息に充てられる場合もあり、あまり好ましくありません。

出来ることならばなるべく早めに繰り上げ返済を行いましょう。

繰り上げ返済の方法は各社返済方法に既存しますが、インターネット返済等手数料のかからない物を選ぶようにしましょう。