収入証明書が不要でキャッシング出来るのは何処?

収入証明書が不要なキャッシングとは?

収入証明書が不要なキャッシングとはどういうことなのでしょうか?
消費者金融の場合、貸金業法によって『50万円以上の貸付を行うときに収入を調査する必要がある』『貸金業者からの借入が、合計100万円以上担った際に調査する必要がある』となっています。
その為、50万円以上、または合計100万円以上の貸付を行う際に収入証明書の提出が求められるのです。

それに対して、銀行カードローンの場合は銀行法によって定められているため収入証明書の提出に関して消費者金融よりも高い金額で設定出来るのです。

消費者金融の収入証明書不要なキャッシング

消費者金融である『プロミス』『アコム』『モビット』から借り入れをするときに収入証明書が不要で借り入れできる方法があります。
50万円以下の借入の場合、基本的に収入証明書の必要がありません。
なので、借入希望額を50万円以下にしておくことで必要な書類を少なく済ませることが出来ると考えられます。

銀行カードローンで収入証明書不要なキャッシング

銀行カードローンで収入証明書が必要になる金額が書く銀行によって違います。
新生銀行カードローン レイク』の場合、100万円を超える場合に提出する必要があります。
みずほ銀行カードローン』の場合は、ご利用限度額が200万円を超えなければ、原則、書類提出はありません。
オリックス銀行カードローン』の場合は、300万円以下の場合収入証明書の提出は必要がありません。

このように大きく差が開くものなので、収入証明書を出すのがどうしても面倒だという人は、オリックス銀行カードローンを選ぶのがオススメ。
また、みずほ銀行の通帳を持っている場合、本人確認書類の提出も不要な場合もあるみずほ銀行カードローンがオススメです。

収入証明書が後から必要になる場合

収入証明書等が申し込みの時ではなく、後から必要になる場合があります。
それは『限度額を引き上げる』時です。
上記にも書いたとおり、消費者金融の場合貸金業法によって、提出を求める金額が決まっています。
そのため、限度額引き上げをする際には収入証明書が必要となるのです。

知っておきたい限度額の引き上げ

カードローンを何度が利用していると『限度額の引き上げ』についての連絡が来ます。
その際に、金利が下がることも少なくありません。
節度を持った利用の場合、金利が下がる限度額引き上げは受けておいたほうが良いでしょう。
人によっては、限度額が上がると使いすぎてしまうから。と言う理由で断る人もいるようですので、収入証明書を出すのが面倒だという人はこうやって断るのが妥当だと思います。

会社に源泉徴収票を発行してもらう時の言い訳

収入証明書には、源泉徴収票や納税証明書等があります。
その中でも、源泉徴収票を発行してもらう時に会社に『カードローンを使いたいから』というのは気が引けることも多いと、よく言われています。
カードローンを使いたいから、というのではなく他に言い訳が何かあるのでしょうか?
『市役所(区役所)で必要だから』と言ったり『確定申告で必要だから』というのがスタンダードではないでしょうか。

基本的に、源泉徴収票を出して欲しい。と言うだけで会社は出す義務がありますので、深く追求されない事が多いようですが、もしも聞かれた時に応える方法として覚えておきたいものですね。

カードローンの審査必要書類は何があるのか

カードローン必要書類

申し込みをされる際に、必要書類はどんなものがあるのか気になりますよね。
必要書類には種類があり、各個人の勤務状況にもより変わりますのでご注意下さい。

申込時に必要な書類は、大きく分けて2つの必要書類があります。

  • 本人確認書類
  • 収入署名書類

収入証明書類は、限度額によって提出が不要となる場合もございます。

本人確認書類

本人確認書類として一番最初に出てくるのはやはり『免許証』ですよね。
ですが、都市部に住んでいる人や、身体的、金銭的都合で持っていない人も多いのが事実です。

他の本人確認書類として多く用いられるのは『社会保険証』や『組合保険証』です。
会社勤めの方の場合は、特にこの社会保険証が勤務中の会社の情報等もあるため、本人確認書類として使われます。
『国民健康保険証』でも、本人確認の書類として認められますが、一部消費者金融では国民健康保険証ではWeb完結を受け付け出来ないものもあります。
その他にも「パスポート」「住民基本台帳カード」が使われます。
外国籍の方は、在留カードや特別永住者証明書(法令により、有効とみなされる期間内は「外国人登録証明書」を含む)を使うことが多いです。

上記いずれかの内容を提出する際に、住所地が異なる場合は公共料金の支払い領収書等が必要となります。新しい住所に住んでいる事が確認できない場合は契約が出来ない可能性も出てくるので注意が必要です。
金融機関で書類を郵送で送るのは、この住所確認の意味も含まれている為だと言われています。

収入証明書類

貸金業法によって、消費者金融では50万円以上の貸し付けを行うか、複数の貸金業者からの貸し付けの合計が100万円以上の場合に収入証明書類を確認しなければならなりません。
その為、50万円以上の借入を考えている人は、収入証明書類を準備しましょう。

収入証明書類は大きく分けて3つ。
源泉徴収票、所得証明書類、その他の証明種類です。

源泉徴収票

源泉徴収票は1年間に会社から受けた所得等が書いてある書類です。
1年間の給与と賞与の合計額(年収)が記載されているので、収入証明書類として有効です。

所得証明書類

所得証明書類は市役所や区役所で発行してもらえます。
源泉徴収票だけでなく、確定申告を行った際に記入された所得を全て含めて記載されます。
所得申告を行っていないと、申請が出来ない書類です。副業を行っている人はこちらを提出しましょう。

その他の証明書類

その他の証明書類で必要な書類はいつくかあります。

  • 納税通知書
  • 確定申告書
  • 青色申告決算書
  • 給与の支払明細書
  • 収支内訳書
  • 年金証書
  • 年金通知書
  • 支払調書

この中のいずれかの書類の提出を求められます。よく使われるものは『納税通知書』が使われます。
他の書類でも利用が可能ですが、各貸金業者によって受付が出来ない可能性もあります。
一度必要な物が何かを貸金業者に問い合わせ、確認しておきましょう。

必要書類を出すのは審査前?審査後?

必要書類を提出するのは、審査後の事のほうが多いです。
ですが、本人確認書類は一部金融機関において審査前に提出する場合がございます。
消費者金融の場合、ほとんど契約時に必要となります。

また、収入証明書の提出は契約後にも求められることがあります。
上限額の引き上げを申請した時や、情報が古くなってしまった場合等に収入証明書類の提出となり、借入の限度額が収入により変更される事が多いようです。

深夜お金を借りたい!24時間借りれる方法を紹介!?

深夜の出費に備えておこう

深夜、急にお金が必要になった時困りますよね。銀行に預金も無いと困ったどころの騒ぎではありません。
そんな時、あらかじめ消費者金融や銀行系カードローンのカードを作っておけば緊急時に対応できます。
キャッシングやカードローンは銀行などのATMだけではなくコンビニATMと提携しているところも多いです。
24時間営業の店であれば、深夜でも気にすることなくキャッシングを利用する事が可能となります。

深夜のキャッシングを可能にするためには大きな条件があり、それがあらかじめ消費者金融や銀行系カードローンの審査に通過していること。

深夜でも申込み大丈夫

キャッシングやカードローンの申込みは、店頭や自動契約機、電話など様々ですが、24時間対応して大変便利なのがインターネットです。
携帯(スマートフォン)やパソコンからの申込みを24時間受け付けているので、いつでもどこにいても申し込む事が可能となっています。
ただ借りるためには審査が必要となります。審査の結果回答は各会社の営業時間内となっています。そのため、深夜に申込んでもその夜のうちに回答が返ってくるわけではありませんので、注意が必要です。

審査回答遅くまでやってくれるところは?

プロミスやアコムの自動契約機は22時まで審査回答を行っております。(営業時間は店舗によって事なります)
だからと言って22時ちょうどに行ってもその日の審査に間に合うわけではありませんので、21時までに審査申込みを済ませておくのが無難でしょう。
各社審査の時間は最短30分となっていますが、審査にかかる時間は人よって異なります。時間に余裕を持って審査に向かったほうが、その日のうちに借りれる可能性が高くなるでしょう。

またインターネットで予め申し込みをしておくことで、その後の契約時間を短縮する事が可能です。自動契約機に向かう前に携帯(スマートフォン)やパソコンで事前に申込みを済ませておくことで審査を素早く終わらす事が出来ますね。
21時までに申し込みをするのであれば、自動契約機に行かずともネットだけでも審査までできますので、ネットのほうがオススメですね。

深夜の申し込みから素早く審査を済ますために

プロミスやアコムなどは特にインターネットからの申し込みを24時間受け付けてくれているところが多いです。
深夜に申し込んでおいて翌朝自動契約機に向かえば、自動契約機の中で行う作業が少なく済み、受付可能時間になったらすぐに審査に移る事が可能となりますね。審査が通ればその場でカードを受け取ることも可能なのですぐにATM等を利用して借入れでき大変便利でしょう。

気をつけたい深夜のキャッシング

0時を超えても審査結果を出してくれる消費者金融には気をつけましょう。
深夜に申込みその日の深夜のうちに審査回答、または審査なしなどと言っている会社に申し込むのはやめたほうが安全です。もしかするとその消費者金融はヤミ金かもしれません。
審査なしなどの甘い言葉に騙され、法外な金利で取れ立てられる可能性もでてきます。
そんな危険を冒すのではなく、時前に用意さえしておけば深夜でもキャッシングは可能なのです。

深夜のお金の借り方

次に審査が済んだ状態で、深夜にお金を借りるには方法が二種類あります。
ATMを利用してキャッシングと振込キャッシングを利用することです。

ATMを利用してキャッシングをする

コンビニATMは消費者金融や銀行系カードローンなどのカードに対応しており、24時間借入れが可能となっています。
深夜でも気にすることなくお金を借りる事が出来て便利ですね。キャッシング会社やATM自体のシステムメンテナンスにより利用できない場合もありますので、あらかじめ確認しておくと安心でしょう。

ATMでキャッシングを利用した場合手数料が掛かる事が多いのですが、オリックス銀行カードローンであれば提携ATMの手数料は借入れ、返済ともに終日無料となっています。利用可能なATMが全国で93000台以上(2015年4月現在)ですので、大変便利でしょう。

振込キャッシングを利用する

深夜に振込キャッシングを利用しようと考えた場合、条件があります。事前に審査に通っていることはもちろん「指定している銀行口座を持っているか?」ということ。
各消費者金融や銀行が指定している口座を所有しており、なおかつ振込先として設定をしておけば、即時振込が可能となるのです。
各消費者金融や銀行が指定した銀行口座を所有していない場合は、振込みがよく営業日となりますので注意が必要です。
また振込キャッシングの場合もシステムメンテナンスや振込先の銀行のメンテナンスなどで利用できない場合も有り得ますので、前もって確認しておきましょう。

深夜対応の振込キャッシング一覧

サービス名 指定銀行 受付時間 振込実施の目安
プロミス 三井住友銀行・ジャパンネット銀行 月~日・祝日
0:00~24:00
受付完了から10秒程度
アコム 楽天銀行 月~日・祝日
0:10~23:50
受付完了から1分程度
新生銀行カードローン レイク 指定銀行なし 月・1:00~24:00
火~日・0:15~24:00
即日振込
オリックス銀行カードローン ジャパンネット銀行 月~日・祝日
0:10~23:50
即時

事前に審査を済ませている事が大事

ATMで借りるにしろ、振込キャッシングを利用するにしろ事前に申込みを済ましておくことが大事です。
いざ深夜に利用しようと考えても、審査に通っていなければ意味がありません。
急な予定が入った場合にも対応できるのがキャッシングです。深夜だけではなく昼間ももちろん利用できますので申込んでおいても損は無いでしょう。
また深夜に利用する事が多い方はカードを持っておいたほうが良いでしょう。振込キャッシングもありますが、いざという時にATMで借りれたら便利です。

ただ気軽に借入れできてしまうため、借りすぎてしまう人もいるようです。あくまでキャッシングサービスを利用していると自覚し、賢くキャッシングを利用できると良いですね。

無人契約機の流れを解説。在籍確認の電話等はどうなるのか?

無人契約機での流れ

無人契約機とは、金融機関の各社それぞれに設置されている、自動契約機のことです。
まずは、無人契約機で行われる内容について、流れを確認しましょう。
無人契約機での流れは基本的に以下の通り。

  1. 入室
  2. 申し込み※1
  3. 審査※1
  4. 契約
  5. カード発行
  6. ※1 先にインターネットで申し込み、即時審査が可能。

基本的に、入るとATMの様な機械が置いてある所が多く、その機械を使い申し込みや契約を行うことが出来ます。
中には機械ではなく電話が置いてあるなど、各社それぞれの契約形態がなされています。

申し込み

申し込みでは、住所氏名電話番号などの個人情報を入力します。
申し込み時に間違い等があると、審査落ちの可能性が出てしまうので、打ち間違い等には注意をしましょう。

また、意図的に嘘をつくのはもっといけません。
他社からの借り入れを少なく見積もったりすると、すぐにバレてしまい『詐欺』の可能性を疑われてしまいます。
そうなると審査落ちの確率がぐっと高くなってしまうので、ちょっとした見栄でも嘘は書かないようにしましょう。他のところから借り入れがある場合は、数万円単位でいくら残っているかはちゃんと把握しておく必要があります。

操作がわからない場合は、備え付けの電話などで操作を確認して行うことが出来ます。

インターネットで申し込み

各種それぞれの公式サイトから申し込みをして、無人契約機でカードの発行などだけを行う方法です。
この方法の利点としては『無人契約機に行ってスグにカードを受け取れる』という点です。
申し込みを先にしておくことで審査が先に行われます。無事審査が通過して、無人契約機に入った時には審査が完了して、細かい契約を行うだけでお金が借りられる状態になっているのです。

インターネット申込が先に出来るキャッシングサービス

サービス名 審査時間 Web申し込み
プロミス 最短30分
モビット 最短30分
アコム 最短30分
レイク 最短即日

審査

無人契約機で申し込みをすると審査時間もかかってきます。
インターネットで申し込みをした場合は、審査は先に行われるので、移動している間に審査を受けられて無駄がありません。

在籍確認の流れとしては、この審査の最後で行われます。

審査の間は何もやることがありませんので、一度契約機を出てから戻ってくることも出来ます。
その場合、契約機に他の人が入ってしまったら順番待ちをすることもあるので、中で待つ人も少なくないようです。
審査の結果や連絡は電話やメールでお知らせしてくれる事が多いようです。

契約

審査が終了し次第、契約を行えます。
利用規約などの説明や、内容の確認があってから、内容をよく読み同意をしたうえで契約をしましょう。

カード発行

契約が完了したら、自動契約機の場合その場でカードが発行されます。
これで一通りの流れは完了ですね!
後は、カードが発行されたら、すぐにATMなどで借り入れをすることが出来ます!

無人契約機の場合在籍確認はどうなる?

無人契約機で契約をする場合も、在籍確認は行われます。
電話で行われる場合は、審査の最後の方に電話で在籍確認を行われるようです。
早い段階で在籍確認が行われないのは、その他の要素で審査落ちとなった際のトラブルを避けるためだと言われています。

自動契約機で申し込んでいる場合、本人が不在となりますが問題ありません。
在籍していることが分かれば良いので、簡単な流れとしては『ただいま席を外しております』などの返答が来れば、在籍確認通過だと考えて良いでしょう。
中小の金融機関の場合は、本人が出ないといけないケースもあるようなので、プロミスやアコムなどの大手を利用するのが良いでしょう。

また、在籍確認を書類で済ませることもあります。
どうしても電話で確認が取れない場合などは、給与明細の直近2ヶ月分や会社の保険証、社員証等を利用して在籍していることを在籍確認をすることが出来るのです。

各社それぞれの無人契約機の特徴

自動契約機は町中でよく見かけますが、それぞれの会社別に特徴があります。
無人契約機の数は、年々減少傾向にありますが、繁華街などにはまだ多く見かけることがありますので、安心して下さい。

プロミス

プロミスの自動契約機の特徴としては『三井住友銀行のローン契約機を利用出来る』という点が一番の利点だと考えられます。
プロミスの契約機も数多く設置されていますが、三井住友銀行のローン契約機も利用できるので、業界トップクラスの自動契約機の数だと考えられます。
三井住友銀行のローン契約機の場合、カードの発行も周りに知られずに行えるのが利点。
プロミスの店舗に入るよりも気軽に利用することが出来ます。

[プロミス]

アコム

自動契約機の先駆けである『むじんくん』を設置したキャッシングサービス。
多くの人が聞き覚えがある名前なので、安心して利用できます。
[アコム]

モビット

モビットの自動契約機は一般的な自動契約機だと考えられます。
モビットの場合は、自動契約機での借り入れよりもWeb完結での借り入れが特徴的で、郵送物がないどころか、カードの発行も一切無いので他のキャッシングサービスよりも周りにバレにくいと言う特徴を持っています。
[モビット]

レイク

レイクの自動契約機は、申し込みからカード発行まで約50分で完了となっていて、時間がないときに役に立ちます。
Web申込をして、審査待ちの時間を無くすことで更にスピーリーに利用出来ますね!
[レイク]

無人契約機よりもWeb完結のほうが良い?

無人契約機で契約をするよりも、Web完結で契約するほうが良いのでしょうか?
最近の傾向を考えると、無人契約機も良いですがWebで契約をするのも悪くありません。
無人契約機を利用して契約をする場合の利点としては、すぐにカード発行をすることが出来るので、ATMで借り入れを考えている人にオススメ。
Webで契約する場合は、家にいながら契約をすることが可能です。その為、銀行に振り込みをしてもらいお金を借りる場合や、外で人に見られるのが嫌だと言う人にうってつけです。

Webでの契約の場合は、各社の公式サイトに移動してから、申込内容を入力して申込をするだけ。
審査が通過し次第、振込融資が利用できるのでかなり便利。
在籍確認も、Web完結の場合書類で済ませる事の出来るプロミスやモビットがオススメです。

ですが、注意をしなければならないのは時間です。
振込融資の場合、24時間利用出来る銀行と15時までに振込融資が出来ない場合は翌日に振り込まれる銀行の2種類があるからです。
プロミスを例に上げると、三井住友銀行かジャパンネット銀行の場合は24時間いつでも10秒程度で利用できます。(メンテナンス時間を除く)
ですが、他の銀行の場合14:50分までに振込融資を依頼しないと翌営業日に振り込まれます。

その為、対応の銀行を持っていないけどその日のうちにお金を借りたい。と言う人はカードを発行できる無人契約機を利用したカード発行での借り入れで対応出来るのです。

スグに借り入れをしたい!と言う人にオススメの申込~契約の方法は
『Webで申込~自動契約機』です。
審査時間の無駄を無くせる他にも、その日のうちに借り入れできる時間がかなり長い事が理由です。
家族に知られたくない、と言う場合にも自動契約機でカードを発行するなどすれば、カードが郵送されてくるなどのリスクを減らしていけるので、周囲に秘密で借り入れをする場合などにはうってつけです!

仕事中の人も即日融資出来る申し込み方法!

仕事中に申し込みをするならWebで申し込み

同僚に「今日の夜飲みにいかないか」と言われたものの、給料日前。お金がどうしても足りないと言う人も多いのではないでしょうか。
仕事中にこっそりと出来るカードローンの申し込み方法としてWeb申し込みがあります。
トイレに入っている間にスマフォでささっと申し込みをしてしまう人もいるぐらいに簡単で、パソコンを使って作業をしている人ならこのままホームページに移動して申し込みをしていきましょう。

基本的に仕事中に申し込みをして、夜までにお金を借入をしたい場合は、プロミスやアコムなどの消費者金融で借りるのが一番確実です。

Web完結と、Web申し込みの違い

Web完結型の申し込み方法と、Web申し込みをしてカードの受取は別に必要な物があります。
それぞれの利点欠点を把握してから、申し込みをされないと当日中に借入が出来ない可能性がありますので、注意をして下さい。

仕事中にWeb申し込みをするには

仕事中にWebで申し込みをするには、パソコン、ケータイ、スマートフォンでホームページにアクセス。その後、申し込みフォームに内容を入力して申し込みをします。
申込時や、審査完了時に契約方法として『来店契約』を選びましょう。来店契約は、店舗(無人契約機)に行って契約をする方法です。

仕事終わりに、近くの自動契約機に行って契約。カードの発券をすることでその日のうちにお金を借りることが出来ます。自動契約機の営業時間は業者によって異なりますが、21時まで営業している所が多いようです。各社ホームページで確認をしておきましょう!
必要な書類は基本的に本人確認書類と収入証明書類ですが、収入証明書類は多くの消費者金融で50万円未満の場合は不要となっています。
本人確認書類は免許証や社会保険証です。

仕事中にWeb完結で申し込みをするには

Web完結型の申し込み方法の場合、借入れをするのは振込融資が中心となります。振込融資の場合受付時間が、平日14時までの所もありますので午前中に申し込みを完了させておくのが良いでしょう。
プロミスの場合は、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座があれば時間の制限が無いので、持っている人はWeb完結で申し込みをするのが良いかもしれません。

また、Web完結の利点として社員証などをカメラで撮影した物を送付して電話での在籍確認をしない所もあります。会社に電話がかかってくるのが困る人は、早めにWeb完結の申し込みをするのが良いですね。
社員証などの画像化は、昼休みやトイレ休憩でやっている人も多いようです。

ただし、土日の場合は口座への振込時間や、対応銀行が土日も対応しているのかなども注意が必要です。

仕事中に申し込みで注意すること

仕事中の申し込みで注意することは、やはり周囲にバレない事……だけじゃありません!
申し込みをするときに仕事中なので確認を怠りがちですが、十分注意をしておきましょう。間違った情報を入力して送信すると『嘘を付いている』と思われて契約が出来ない事があります。
申し込み内容を送信する前に、確認する画面があるはずなのでちゃんと見直しをすることを忘れてはいけません。

また、自動契約機で契約をするときに挙動不審になるのもNG。中に人はいませんが、契約機本体にあるカメラから映像が見えていますので、ちゃんと落ち着いて契約をしましょう。

申し込み、審査、契約にかかる時間

やはり仕事中とはいえ、どれぐらい時間がかかるのか気になりますよね。
一般的に申し込みは15~30分程度で終わります。内容は簡単なのですが、入力する所が多いので少し時間がかかることが多いようです。
入力内容を確認して送信すると審査に入ります。

審査の時間は各金融機関によってそれぞれ違います。
プロミスやアコムの場合は最短30分で審査が完了するので、それほど時間はかかりませんね。
また、仕事中に申し込みを終わらせてしまえば審査の間は何もすることがありませんので仕事に集中出来ますね。

審査通過の結果を貰ったら、あとは上記の通り自分に合った方法で借入をするだけです。
契約も15~30分ほどで完了するようなので、お金を引き出すまでにそれほど時間を有しません。
あとは、発見されたカードや振込された口座のキャッシュカードを使ってお金を借り入れるだけですね!

カードローンに最短で申し込みをする方法まとめ

消費者金融の最短申し込み方法

消費者金融に最短で申し込む方法をまとめてあります。
今回はプロミス、アコム、モビットの最短の申し込み方法を見てみましょう。

プロミスカードローン最短で

プロミスの最短の契約方法はホームページからの申し込み方法です。
ホームページの必要事項を入力して、送信。契約方法は予めWeb契約にしておくのが早いです。
申し込み完了の連絡とともに、審査が開始されます。審査の時間は最短30分です。
30分後審査を完了させてから実際の契約。
契約の際に、本人確認書類や社員証などの在籍確認書類、借入限度額次第で収入証明書類などの必要書類を提出しましょう。携帯のカメラで撮って送るだけで問題ありません。

契約が完了したら振込融資を依頼して、指定の口座に振り込んでもらいましょう。
指定口座が三井住友銀行、ジャパンネット銀行の場合は契約完了後いつでも利用が可能です。

他の口座の場合は14時までに契約を完了させて振込融資を依頼すれば利用可能ですが、その時間を過ぎているorすぎる可能性がある場合は契約時点で来店契約を選択する必要があります。
自動契約や三井住友銀行ローン契約機に営業時間内に向かい、カードを発行してもらうことで即日で融資を受けることが出来ます。
各契約機ごとに営業時間が異なりますので、向かう前にプロミスホームページから調べておきましょう。

アコムカードローン最短で

アコムも場合もプロミス同様ホームページからの申し込みが最短でカードローンを利用出来る方法となっています。
手順としてはプロミスとほとんど変わりません。申し込み~書類提出をする時間が14時までに出来ない場合は、ホームページから申込み後お近くのむじんくんに向かいましょう。

むじんくんの営業時間は9:00~21:00で、一部営業時間が21:30までのところもあります。アコムのホームページから時間を検索する事が可能です。

モビットカードローン最短で

モビットは、パソコン、スマートフォン、ケータイから申し込みをてから、フリーダイヤルで電話をかけます。
申し込み完了後、電話番号が表示されるので電話をかけましょう。
電話をすると、すぐに審査を開始してくれます。

その後、電話で審査結果の通知を受けてから会員登録を完了。
14:50までに振込融資の依頼を行うことで、その日のうちに借入が可能となります。

その時間を過ぎてしまったらモビットのローン申込機に向かいましょう。中にある
ただし、プロミスとアコムに比べて設置台数が少ないので注意が必要です。

銀行カードローン最短申し込み

銀行カードローンで申し込みをするので、最短で申し込みをする方法をまとめてあります。

みずほ銀行カードローン最短で

みずほ銀行の場合は、みずほ銀行の口座を持っていることが前提条件となります。
ホームページから申し込み、審査、回答。その後スグに利用することが出来ます。
利用する際に、今まで使っていたキャッシュカードにカードローンの機能を付属させることが出来ます。なので、実際にATMで借り入れをする際に他の人に見られても普通にお金を引き下ろしているようにしかみえません。

また。200万円以下の借入をご希望の場合は、本人確認書類や収入証明書類は不要なので、かなり便利。

他の銀行は時間がかかる

みずほ銀行以外にも即日で借入を出来るとしている銀行も多くありますが『即日審査』となっている所や、実際には数日掛かって審査結果が通達される所も多くあります。

カードローンを最短で利用するなら消費者金融

どうしても当日中にお金を借りたい、最速でお金を借りる方法がしたい、と言う人は消費者金融でお借入をすることをオススメします。
消費者金融でお金を借りる時は、限度額が50万円未満でしたら収入証明書類が不要なので、スムーズに借り入れをすることが出来ます。

最速でお金を借りたい人は『申し込み→審査中に移動→カードの受取→ATMで借入』が確実に借入をする方法だと考えられますね!

カードローンに申し込んでキャッシングをするまでの流れ

カードローンの申し込み方法

各金融会社それぞれにカードローンの申し込み方法が設けられています。
申し込み方法で自分に合った物を選んで利用しましょう。
各種金融機関により、取扱がない場合がございますのでご注意ください。

申し込み方法の種類

  • Web申し込み
  • 自動契約機
  • 電話申し込み
  • 店舗窓口で申し込み
  • 郵送申し込み

Web申し込み

Webで申し込みをする方法が最近の主流としてあります。
特に、大手金融会社の場合ほとんどがWebでの受け付けをしています。
申し込み方法は、各種業者のホームページにアクセスして申し込みボタンを押します。その後、操作内容に従って情報を入力すると申し込みが完了します。

申し込み完了後、審査が行われ審査結果が通知。契約となります。
契約後は、各種金融機関の利用方法によりますが、振込融資や発行されたカードでのキャッシングの利用が開始できます。

自動契約機

自動契約機は、大手消費者金融を利用する際に多く使われます。町中で消費者金融のプロミスやアコム、モビットといった看板の多く見かけますが、その中には自動契約機と呼ばれる物がある場所がほとんどです。
一部有人店舗もありますが、消費者金融によっては1箇所も有人店舗が無い業者もあるほど。
自動契約機の中に入ると、それぞれのやり方にそって必要事項を記入ないし入力をしていきましょう。
分からないことがあれば、付属の電話でオペレーターに質問をしながら進めていくことも可能です。
その後審査、契約と全て自動契約機で行うことが出来ます。審査時間によっては、後日連絡等もあるので、ポピュラーな申し込み方法としてWeb申し込み→自動契約機で契約と言う形も取られています。

メガバンクの銀行の場合は、各窓口の他にローン契約機やテレビ電話窓口等が設置されており、そこから申し込みを行うことも出来ます。こちらも自動契約機同様の申し込み方法だと考えて下さい。

電話申し込み

カードローンを取り扱っている金融機関の多くはフリーダイヤルを設置しており、そこに電話をして申し込みをすることが出来ます。中小企業の消費者金融などでは一部フリーダイヤルではなく一般回線である場合もあるようです。
また、申し込みの際に相談をしたいと言う人に人気です。

店舗窓口で申し込み

店舗窓口に直接おもむき、申込をする方法もあります。
消費者金融の場合、店舗窓口の数が限られているので銀行カードローンへの申し込みの際に使われると考えて下さい。
直接相談をすることが出来るので、申し込みの際に人とあって申し込まれたい人は窓口で相談されるようです。
また、一部のネット銀行では窓口自体を設けていない所もあるのでWebや電話での申し込みなど、その銀行の申し込み方法に合わせて申し込みをしましょう。

郵送申し込み

郵送申し込みの場合は、ホームページから必要書類をダウンロードして印刷する方法や、窓口や自動契約機などにおいてある書類に記載して投函します。
その後、審査が行われて通過すれば契約書類やカードが送られてきます。
契約後は書類の手順に従って利用が出来るようになります。

カードローンでのキャッシングの利用方法

実際にカードローンで借入をする方法はいくつかあります。
こちらも各種金融機関によって取扱がない場合がございますので注意をして下さい。

ATMから借入

メジャーな借り方の一つとして、ATMからの借入があります。
実際にカードが手元に届いてから、借入をする金融機関の専用ATMや提携ATMを利用して借入をすることが出来ます。
同じATMから返済も可能となっている金融機関がほとんどです。

振込融資

カードローンの中には、カードが郵送で送られてくるまでに振込融資で借入をすることが出来るものもあります。中にはカード自体が発行されない振込融資専用のカードローンもあるほど、人気の借入方法です。
Webや、電話を利用して振込融資の依頼をすると、指定口座の対応時間に振込が完了されています。
銀行のキャッシュカードでATMから引き下ろしをすることが出来るので、周囲に知られたくないと思っている人が使う傾向にあるようです。

銀行カードローンの場合は、その銀行の口座をカードローン契約時に作る物があります。その対応口座のキャッシュカードでATM等から借入をする事もあるようです。
振込融資とATMでの借入の中間といった形だと考えられますね。

店頭窓口で借入

大手金融機関ではあまり取り扱われていませんが、中小の金融機関では直接お金を借りる形のカードローンも存在します。
基本的に多くのカードローンの取扱があるのは、ATMもしくは振込融資だと考えておきましょう。