マイナンバーでキャッシングの対象外になる人はいるの?

そもそもマイナンバーって何?

マイナンバー制度とは『国民総背番号制』の通称で、国民番号を国民一人々に割り当てて、住所、生年月日、所得、税金、年金等の個人情報を管理しやすくするための物です。
国民番号があることによって、市役所や区役所での手続きが簡単になることが期待されています。
マイナンバー制度が開始されると、個人番号カードが希望する人には交付されます。
個人番号カードは身分証明書として利用することが出来るので、基本台帳カードの代わりとして利用する事が多くなる事も考えられます。

マイナンバー制度が導入されるのは、脱税や年金不正受給の抑止や災害の対策等の様々な理由があります。
また確定申告の際に提出する控除証明書等が不要になる事も検討されています。

キャッシングサービスとの関係

キャッシングサービスとの関係性としては、あまり無いと考えても良いでしょう。
噂の中には『マイナンバー制度が始まると借金がばれる』と言われる事もありますが、実際にはそのようなことはありません。
マイナンバーの中には借入金額等の情報は記載されないからです。
また、会社にマイナンバーを提出しますが、その情報から会社が内容を照会することは出来ません。
詳しい内容はこちらから。
マイナンバー制度で会社に借金がバレるって本当?

マイナンバー制度が始まるとキャッシングを利用するにあたって良い点もあります。
マイナンバー制度で、上記にも書きましたが国民番号カードが希望する方には交付されます。その為、免許証などの身分証明書の代わりになるのではないかと期待されています。
国民番号カードの表面は、現在身分証明書の代わりになると内閣官房のホームページに記載されています。
なので、キャッシングサービスでも随時利用出来る身分証明書として国民番号カードも利用出来るようになってくると考えられます。

銀行口座とマイナンバーを紐付け

マイナンバー制度が開始されると、銀行口座とマイナンバーを紐付けすることが2018年から出来るようになります。また、2020年を目処に紐付けを義務付ける動きとなっています。
その為、銀行口座との結びつけが出来るようになった場合は銀行カードローン等の審査に影響することが考えられます。

マイナンバー制度の初期においては民間利用は認められていませんが、ある程度浸透した場合利用が出来るようにする法案が出ていますので、銀行の審査にあたって口座をいくつ作っているのか等が追加される可能性がありますね。

マイナンバーが始まって消費者金融と関係あるの?

銀行の場合は、口座の紐付けがあるため審査に影響することも考えられますが、消費者金融の場合は今後展開される民間利用が行える法案に記載されていませんので、影響が無いと考えられます。
マイナンバーが始まって消費者金融と関係するとすれば、身分証明書として利用できるようになるということだと考えられます。

マイナンバー制導入によってカードローンの審査は厳しくなる?

マイナンバーが交付されず、利用できない人は?

マイナンバーが交付されない人は、日本の現状ほとんど存在しません。
住民基本台帳法にもとづき、個人番号を取得して利用する事が出来ます。
ですが、住民基本台帳法に記載されていない人はマイナンバーが交付されないということも示しています。住民基本台帳法に記載されない人の例としては、天皇及び皇族の基本情報は皇室典範に記載されるのでマイナンバー制度の適応を受けません。
天皇や皇族の方々がキャッシングサービスを利用するとは考えにくく、身近私達一般人には関係がありませんのでこの点は気にしなくて良いでしょう。

また、住民票が無い人もマイナンバー制度が適応されない対象となります。
住民票がない人は現在の日本ではほとんどいません。出生届を提出しなかった場合等、かなり特殊な例であれば無い事も考えられますが、十中八九近所の人の通報等で申告漏れが有ることが判明します。

マイナンバー制度でキャッシングの裏ワザが使えなくなる!?

マイナンバー制度で使えなくなる裏ワザ

マイナンバー制度が始まることによって使えなくなる裏ワザの種類をまとめてみました。
どのような裏ワザがマイナンバーによって使えなくなるのでしょうか。

無職者の裏ワザ

無職の人の裏ワザとして、色々な噂が囁かれています。
そのいくつかが利用できなくなると考えて良いと思われます。

それは、個人事業主や派遣社員として偽装する方法です。
本来この方法は『利用規約』に反するので、利用することは出来ないのですが、その調査漏れで審査が通ってしまう可能性もあったのです。
個人事業主や派遣社員として申し込みをする方法は以下のとおり。

・個人事業主として偽装する際に、オークションサイトで物を売る事で個人事業主として収入得を得ていると見せていた。
・以前登録した派遣会社の名前を使って、派遣社員として偽装する。

この方法は、マイナンバー制度導入によって利用できなくなる可能性も示唆されています。
その理由としては「脱税対策で収入漏れを隠蔽出来ない」ということにあります。
マイナンバー制度は、災害対策や税金対策が中心に事業が進んでいます。その中で『脱税対策』と言う点に現状重点をおかれているため年収が明らかになります。

銀行カードローンの場合は各社定めた金額、消費者金融の場合は50万円以上の場合は収入証明書の提示が求められます。
現状『嘘』の収入が有ることを言うのが安易になっている以上、個人事業主や派遣社員の場合は各種定められた金額以下でも収入証明書の提出が求められやすくなるかもしれません。
実際にマイナンバーの情報を使って調べることは出来ないと考えられますが、今後マイナンバーの民間利用を検討していると、政府の法案にありますのでそれ以外の方法でも調べられる可能性は十分にあります。
ですが、スグにそのような自体になるわけではなく、実際に法案が可決してからになるので当分先の事になるのではないでしょうか。
他にも会社にマイナンバーを提出することが義務付けられるので、将来的にそのマイナンバーにより在籍確認が行われるということになる可能性もあるのではないでしょうか。

退職した後も即日融資を受けられる?
カードローン審査の抜け道や裏ワザってあるの?

苗字を変えて申し込みをする裏ワザ

苗字を変えて再度申し込みをするという裏技が実しやかに噂されていました。
その理由としては、信用情報にアクセス出来ないために「過去にお借入経験がない人」として扱われる事があったからです。

ですが、マイナンバー制度が開始された場合旧姓と今の姓のひも付けが容易になると考えられます。
信用情報にマイナンバーが利用される事は現在無いようですが、将来的に起こりうる可能性が高いと考えてよいでしょう。
また、銀行口座にマイナンバーが紐付けされることによって、信用情報機関の情報も更新されることも考えられますので、この裏ワザは使えなくなると考えて良いでしょう。

審査の時結婚前(離婚前)の名前は聞かれるの?

マイナンバー制度開始後も使えるキャッシング裏ワザ

逆にマイナンバー制度が始まっても使える裏技を紹介します。
実際違法ではないだけで、あまり一般認知されていない裏ワザなので、安心して下さい。

キャッシング在籍確認の裏ワザ

在籍確認の裏技としては、在籍確認なしで申し込む方法があります。
Web完結での申込方法や、在籍確認の時に使える裏技。Web完結で申し込むと簡単で便利に契約が出来ます。審査の時間なども他の申込方法と変わらないので早いです。

審査の電話で裏ワザはありますか?

返済手数料無料で返済する裏ワザ

普段ATMで返済をしている人は、コンビニATMで返済していませんか?
返済方法として各種借入をした所のATMで返済するだけで、手数料無料で利用出来ることがあります。
また、消費者金融からお借入の場合は『コンビニ払い』で手数料無料で利用出来るとも考えられますね。

ただし、そもそも返済方法が口座振替しか無い所もありますので、裏ワザと言っても使えない金融機関も有ることを覚えておきましょう。

キャッシング会社別返済方法比較

マイナンバーはキャッシングに利点が多い?

マイナンバーとキャッシングの関係

マイナンバー制度が始まった際に、キャッシングにどのような影響が出るのでしょうか?
国民総背番号制度の別名マイナンバー制度は、基本的にキャッシングとは無関係であると考えられます。

現在決定している時点での法律では、マイナンバーはキャッシングと大きな関係はありません。
基本的に税金関連や、社会保障、災害補償を中心に活用されていきます。また、医療などの現場にも活用されることが検討されています。

ですが、2018年を目処に銀行の口座とマイナンバーのヒモ付が出来るようにする法案が現在検討されています。
マイナンバーと銀行の口座がヒモ付をされると、個人の資産が分かるようになるので様々な影響が出ると考えられています。

一部の人からは『銀行のヒモ付が行われると個人が現金で資産を管理するようになり危険』という声も上がっており、それによって窃盗などの被害が増えるのではないかという懸念の声も。
それによって、一時的にお金が必要になった人がキャッシングを利用するとも考えられるのではないでしょうか。

現在の法案は『脱税対策』と言う側面が大きいため、将来的にどのように活用されていくのかの見通しが立たないのが現状です。
民間利用も検討されているので、将来的に個人信用情報機関も利用できるようになると新卒生がクレジットカードやカードローンなどを利用しやすくなると言う利点も出てくるかもしれません。

マイナンバーは外国人のキャッシングにも影響があるの?

マイナンバーで銀行カードローンが変わる可能性も

マイナンバー制度が実施されてから、上記にも書きましたが2018年から銀行口座とのヒモ付が出来るようになります。
ですが、それによって銀行カードローンの審査が変わる可能性も否定出来ません。
現状の法律では『民間企業がマイナンバーを利用できない』となっていますが、今後マイナンバーを民間利用出来るようにすると言う法案が出ています。
その為、マイナンバーを銀行が利用できるようになると資産などの把握をして、それを元にカードローンの審査が行われる。という風になるかもしれないのです。

マイナンバー制導入によってカードローンの審査は厳しくなる?

マイナンバーとキャッシングに関する利点と欠点

マイナンバー制度が実施された時に、キャッシングに関する内容が一部変更される可能性があります。
利点としては、利用出来る本人確認書類にマイナンバーカードが導入されると考えられています。個人番号カードの表面は免許証同様の本人確認証として有効になる事が検討されているからですね。
今まで首都圏に住んでいて免許証が無い人も、多くの場面で利用しやすくなると考えられるのです。

欠点としては、個人事業主の場合『事業番号が国民番号と同一』になるのが理由の一つです
マイナンバー制度で個人事業主の事業番号を万が一消費者金融などの所に登録されてしまった場合、『個人番号が消費者金融のデータベースに残る』危険性が出てくるのです。
そうなると、最悪の場合今まで借入が出来ていたはずの人も『個人番号流出の危険性』を加味して利用できなくなる可能性があるのです。

恐らくは納税証明書等の提出等を中心に今までと変わらない対応になると考えられますが、マイナンバー制度が始まることにより利点も増えるものの、リスクの方が大きいと考えている企業も多いのが現状です。
最重要の個人情報なので、自分でも漏洩させないように注意しておくことがとても大切です。

マイナンバー制度はクレジットヒストリーや信用情報に関わるの?

マイナンバー制度はクレジットヒストリーと関係がある?

マイナンバー制度によってクレジットヒストリーに影響はあるのでしょうか?
またクレジットヒストリーに影響があるとどうなるのでしょう?

そもそもクレジットヒストリーとは?

そもそもクレジットヒストリーとは何でしょうか?
クレジットヒストリーとは信用情報に残る『返済履歴』です。
過去にお金の借入をした様々なサービスの返済履歴が残っています。代表的なものとしてはクレジットカードの返済履歴が残っています。
他にもキャッシングの返済履歴や、携帯電話の本体料金分割払い等も対象です。
日本学生支援機構の奨学金も対象となっています。
多くの場合、3ヶ月以上の遅延を『延滞』として扱われ、キャッシングなどの審査に大きく影響するヒストリーとなります。

マイナンバーとクレジットヒストリーとの関係はある?

国民総背番号制の通称マイナンバー制度で、クレジットヒストリーとの関係はあるのでしょうか?
現状では、マイナンバーを民間利用をする事は出来ません。
なので、マイナンバー制度開始後もクレジットヒストリーに何か悪影響が有ることはないと考えても良いでしょう。

ですがマイナンバー制度は今後改正を行って行く『改正マイナンバー法案』等が出ています。
2018年から金融機関の預貯金口座にマイナンバーを適応することが可決されており、2021年から義務化を検討されています。
民間利用を徐々に検討する法案も出ていますので、いずれマイナンバーとクレジットヒストリーのひも付けが行われる可能性があります。
現状すぐにマイナンバーでひも付けはされませんが、紐付けが行われてから様々な事に利用される可能性があります。

マイナンバー制度で会社に借金がバレるって本当?

マイナンバー制度が始まると信用情報から差し押さえもあり得る?

マイナンバー制度が始まって、ある程度すると銀行口座とマイナンバーの紐付けが行われます。
そうなると、タンス預金と言われている普段使っていない預金口座も適応されてしまうので、預金額がマイナンバー一つで全て分かってしまいます。
本当にタンスに仕舞ってある現金までは紐付けされないと思いますが、海外で不評とされているマイナンバー制度を導入した政府の考え方として、今後どうなるのか想像が尽きません。

現状、信用情報機関のマイナンバー利用に関しては議論されていませんが、スピード可決で法案が決まってしまった場合国民があまり知らない所で『個人の預金を企業が見れる体制』が出来てしまう可能性があるのです。
極論的ではありますが、あり得ない話ではないので信用情報機関がマイナンバーを利用できるようになった場合、借金の返済を滞った時預金口座の凍結が行われるようになる可能性も否定出来ないのです。
ただし、そのような事になると銀行自体の信用が落ちかねないので、よほどのことがない限り差し押さえまでは行くことがないと思います。

上記に上げたのは1つの可能性程度のものですが、そのような法案が撮ったとしても実際変わるとすれば、預金があると裁判所経由で様々な手紙が届きやすくなる、などだと考えられます。
大きく変わることはありませんが、返済等を滞らせるリスクは高くなると考えて良いでしょう。

マイナンバー制導入によってカードローンの審査は厳しくなる?

マイナンバーは外国人のキャッシングにも影響があるの?

マイナンバーは外国人に関係があるの?

結論から言うと、外国人にも関係あります。
マイナンバー制度が通知されるのは2015年10月ですが、日本人だけではなく中長期在留者、特別永住者等の外国人の場合はマイナンバーが発行されます。外国人だけでなく、外国人が経営する会社にもマイナンバーは振り当てられます。
会社では税金や保険等の情報が一元管理(一ヶ所で管理)されることになり、
手続きの内容が変わるので、外国人の人は戸惑うことが予想されています。

さらに、マイナンバー制度により収入の金額が複数の箇所からでも一元管理されるようになります。
複数社から収入がある人は、申告漏れ等が無いように気をつけなければなりません。

また、本国への帰還をする時に在留カードと一緒に通知カードや個人番号カードを返却する形となります。それと同時にマイナンバーが書かれたカードが交付されます。
再度中長期の滞在をするときに同じマイナンバーを交付されるので心配は入りません。紛失した際も本人照合を行って同じマイナンバーが交付されます。

マイナンバー制が始まることによってキャッシングがしづらくなる?

マイナンバー制が始まってスグに、キャッシングが今までよりしづらくなるとは考え難いです。
マイナンバーによって『審査の基準が変わる』事は現状ありません。

ですが、マイナンバー制が始まることによって外国人のキャッシング利用者が増える可能性があります。
外国人のキャッシング利用者の中には、今まで『複数の名前』を使える通名等が有ることから、踏み倒しの危険性が高いとして利用を断っていましたが、外国人向けのキャッシングサービスでマイナンバーが利用されるようになると、以前よりも緩和される可能性は残されています。

逆に、外国人利用者が増えることによって、借りた後そのまま帰国するなどのトラブルが増えることも予想されますので、審査基準が一時的に厳しくなる可能性も否定できません。

ですが、基本的に消費者金融等のキャッシングサービスはマイナンバーの民間利用の法案に現状含まれていませんので、あまり気にする必要は無いと考えられます。

マイナンバー制導入によってカードローンの審査は厳しくなる?

外国人の利用ってそもそも難しいの?

外国人のキャッシングはそもそも難しいのでしょうか?
マイナンバー制度が始まって、初めて借入をしようと考える人も少なくないはず。
外国人のキャッシングは、出来る所が多くあります。

ただし『特別永住者証明書』等の証明書類が必要となります。通称、永住許可証等と言われている書類です。
他にも『外国人登録証』や『在留カード』などで受け付けをしてくれる所もあるようです。

外国人の場合は、日本に国籍といよりも住所を持っていることが大切のようです。
ホテル住まいの方などは利用が難しいと考えられます。
消費者金融や銀行カードローンと比べると、やはりこの点でも消費者金融の方が柔軟な対応をしてくれるようです。

また、外国人であっても、審査の手順は代わりません。
ただし証明書類が多い分Web完結などの利用が難しい可能性があります。
Webで申し込みをしてから、無人契約機に向かい契約をする方式が一般的なのではないでしょうか。
他にも分からないことがあれば、事前に電話で確認をしておくことが重要です。

このページをここまでご覧頂ける人の場合は問題ありませんが、キャッシングをするときに重要なポイントの一つで、日本語がコミュニケーションを取れる程度には使える必要があります。
日本語が使えない場合は、審査の際に電話がかかってきて、審査落ちをする可能性が高いとかんがえられるからです。

日本人相手でもトラブルが多い貸金業なので、外国人の場合は貸し付けを行うことに更に慎重になります。
あなたが悪いわけではなく、過去に借りたまま帰国してしまって連絡が取れないなどのトラブルがあった事から、仕方がないことなのです。

マイナンバー制導入によってカードローンの審査は厳しくなる?

マイナンバー制導入によってカードローンの審査は厳しくなる?

2015年の10月に国民全員に配布されるマイナンバー。
このマイナンバー制度導入によって、カードローンの審査は厳しくなるのでしょうか?

マイナンバーについて

マイナンバーの利用に関しては、税収、社会保証、災害対策の3つの利用として施策されています。
税金としては、確定申告関連や、提出する届け出書類
としては、年金関連や労働関連(雇用保険など)や医療福祉に関する物等があります。その他にも各細かいの調査のために使われるようです。

また、銀行の口座に2018年から任意でマイナンバーのヒモ付(番号登録)を行うことになります。
2年間は強制力を持たない任意で、3年目を目処に強制的に番号登録を行う事を必要とする法改定を検討しているようです。

マイナンバー制でカードローンの審査に影響は?

マイナンバー制が導入されるにあたって、番号法(マイナンバー法)を見てみると、この情報を利用していいのは上記に上げた3つの事に関連することのみのようです。
その為、カードローンの審査に対してただちに影響が出るということはないようです。

ただし、スグに影響をされないというだけで、将来的に変わる可能性が残っています。
2018年~2019年の間に、民間事業者を含めて利用範囲が拡大される法案を、現在の国会で検討しているそうです。

マイナンバーの影響を受ける前にカードローンを作るべき?

可能性として、マイナンバー制によって、カードローンの審査内容が変わる可能性が現在残されています。
消費者金融などの貸金業法に関しては、将来的にマイナンバー制の活用を出来る可能性は低いようですが、銀行のカードローンは特に注意が必要かもしれません。

銀行の口座に、マイナンバーのヒモ付を行うことを義務付ける可能性があるので、銀行自体がマイナンバーの民間利用を積極的に始める事が予想されます。
ですので、銀行の審査の内容にマイナンバーに記載される情報が追加される恐れもあるのです。
マイナンバーに記載される情報として、年金資格や、雇用保険などの情報の他に、医療関係の情報も入る予定があるようです。

ここから推測されることは、雇用保険などの情報から在籍確認が不要になるかもしれないと言う事です。
これは利用者にとってかなり大きな利点ですが、他の点も懸念されるのが怖い所。
年金資格等から、審査の際に年金未納のため審査落ち、なんて可能性も出てくるということです。

他にも一部懸念されることとしては、医療関連です。
個人情報の観点からどこまで情報が公開されるのかは不明ですが、持病を持っているなどの情報から、安定した収入を得ることが出来ない可能性がある、などと判断されてしまうと、今まで借入ができていた人も借入が出来なくなってしまう可能性があるのです。
ガンなどの悪性腫瘍があることで、死亡して返済がされない、と言う可能性がある人には貸せないなんてことになる可能性は否定できません。
また、極論ではありますが、極度の肥満なので収入が統計データと照らしあわせて下がる傾向にあるので、限度額が低く設定される。なんて可能性もあるのです。

カードローンの審査基準が銀行と、消費者金融ではまるで違うものになるかもしれませんね。

マイナンバーでカードローン申し込みも便利に!?

一部の市町村ではマイナンバーカードを使い、住民票を会得することが出来るようになるそうです。
それと同様に、マイナンバーカードそのものに本人証明書としての効力が発揮されるとの事です。
なので、今まで本人証明書として免許証を持っていなかった人は、かなり便利なカードになると言っても過言ではありませんね。
特に都内に住んでいる人や、政令指定都市に住んでいる人は特に免許証を持っていない人も多くいます。他にも、違反をして免許を没収されてしまったとき等も便利ですね。

マイナンバー制度で会社に借金がバレるって本当?

マイナンバー制度ってそもそも何?借金と関係あるの?

マイナンバー制度導入がされた場合、借金はバレてしまうのでしょうか?
マイナンバー制度の内容から考えてみましょう。

マイナンバー制度とは?

マイナンバー制度とは純粋な日本語に言い換えると、国民総背番号制度です。
住民票を会得できるすべての人に、12桁の番号を配布する制度で、現在のところ一生番号が変わることは無い予定の、とても大切な番号です。
国民番号を各それぞれに配布することによって、税金などの管理が一元で見ることが出来るので、手続きなどが減ります。
また、企業は支払った給与等をマイナンバーに基づいて集計するため、脱税などの摘発をしやすくなり税収を正確に徴収しやすくないります。
給与等の支払いが生じた企業への国民番号の提出は、義務化されるため必ず行わなければなりません。ただし、提出が求められない場合は安易に記入するのではなく、提出がある義務が有ることを伝えると共にそのことを記録しておく必要があります。

マイナンバー制度が開始されると、国民番号カードが発行されて身分証明書としての利用も可能になるようです。
一部の市町村では、住民票をコンビニで発行するサービスも予定されています。

マイナンバーは2018年から、銀行口座とのヒモ付を出来るようになる予定です。その後、現在の審議ではマイナンバーと銀行口座のヒモ付を2020~21年の間に義務化しようという案が出ています。

借金との関係

マイナンバー制度が開始されると、企業(会社)にはマイナンバーを通知する義務が生じます。
ですが、マイナンバーから情報を紹介することが出来るのは初期において公共機関や医療機関の一部だとされているため、マイナンバーから借金がバレることはありません。
マイなバーに個人の借入状況は含まれていないのです。

ですが、税金や年金未納等の事を起こすと資産や給与の差し押さえが起こります。
給与の差し押さえが合った場合、企業にはその事が知らされますので何か個人的な質問をされる可能性があります。その際、借金がバレる事になる可能性がある、と言うことになります。
何か直接的な原因で借金がバレるということはありませんが、マイナンバーに関係する事柄から知られる可能性が高くなると言うことは覚えておきましょう。

マイナンバーでバレる物って何?

マイナンバー制度が開始されると、会社は国へ従業者のマイナンバーの提出が義務付けられます。
その為、通常の業務以外にアルバイトなどをしている事が、国にバレることになります。そこから住民税等の計算がなされます。
住民税の金額が他の人よりも高くなる、と言うことは会社の同僚と同じ給料帯であるにも関わらず違う税金の金額で副業をしている。と言うことが会社の経理担当の人等に知られることにあります。
副業やアルバイト禁止の企業としては、バレてしまうことになります。
借金返済等でアルバイトなどの副業をしなければならない人は、注意をしなければなりません。

税金が増えるのと共に、会社に副業がバレてしまう事になるので何か言い訳を考えておかないといけませんね。
中でも多いのは、借金の返済がある事を正直に話す。と言う意見が目立ちます。
その為会社に借金がバレてしまうと言う事が吹聴されているようですね。

マイナンバーで会社にバレない物は?

マイナンバー制度が開始されても、消費者金融からの借入など、借金などの情報は開示されません。マイナンバー制度が始まっても、企業に開示される情報無く税金や医療福祉等に活用されるのが基本だということがわかります。
マイナンバー制度が始まるからといって、身構える必要は無いという事ではないでしょうか。

SF映画のように国民番号によって完全管理される社会ではなく、身分を証明するものがひとつ増えると考えておくと良いかもしれません。
年金問題や、現在の脱税問題を解決する事だけでなく、災害等の予期せぬ大惨事が起きた時に役に立つと考えられます。