無利息期間のあるおまとめローンは存在するの?

無利息期間でおまとめローンはできる?

無利息期間が付いているもので、おまとめローンをしたいなぁとお考えの方には、新生銀行カードローン レイクがオススメです。
レイクは新生銀行の銀行カードローンですので、もちろん総量規制の対象外。そのため、おまとめローンという商品は用意されてはいませんが、おまとめローンとして利用することが可能となっています。
総量規制とは?総量規制の対象、対象外をわかりやすく解説

他行に比べて金利は少し高めですが、他には無い30日間の無利息期間があります。
また融資までの時間も比較的早く、最短即日で振込みがされるということもあるようです。今すぐにでもおまとめしたい、と考えている方には良いですね。

ただ、無利息期間は初めてレイクを利用する人だけに限ります。
また、無利息期間は30日間のみのため、その期間内に返済できないのであれば、結果的には意味が無いものとなってしまうのです。
小額の借入を一本化する場合や、まとまった大きなお金が入ってくる事が確定している場合ではオススメです。
高額の返済を長く続けていこうと考えているようであれば、無利息期間を重視しての借り入れは不適当ではないでしょうか。

おまとめローンで重要なのは無利息期間じゃない?

おまとめローンは大抵「大きい金額・長期間での返済」を考えてされる事が多いと考えます。
おまとめローンへの借換えを考える上で重要なのは、支払い総額が減るか否かということ。そのため限定的な無利息期間ではなく、利用限度額とともに今後に付いてくる金利を考えていくのが大切です。

ここは気をつけたい!おまとめの罠!?

先ほど上げた通り、おまとめローンで大事なのは総返済額が減ることです。
しかし、おまとめをした人の中には逆に総返済額が増えてしまった人もいるでしょう?いくら金利が低くなったからといって、返済額を大幅に下げ、最少額で返済していてはいつまでも返済が終わりません。
元金が残っている間は利子もずっと付いてくることになりますので、結果的に返済期間も支払い総額も増えてしまっただけになるのです。
現在の支払い状況を改善するためならば仕方の無いことかもしれませんが、なるべく返済額を下げすぎないように気をつけましょう。
お金に余裕があるときなどは、繰り上げ返済をするのも良いですね。

おまとめをしたからといって、借りていたお金が無くなったわけではありません。複数から借りていたお金を1社にまとめただけですので、借り入れたお金自体はそのまま残っています。
おまとめローンをした人に良くありがちなのが、まとめたことにより返済が終わったとされた会社から新たな融資の話が来て、それに乗ってしまうなど。せっかくまとめたのにそこで新しく借入れをしてしまっては本末転倒となりますので注意しましょう。

各社用意されているおまとめローン

金融機関によっては「おまとめローン」専用のローンが用意されています。本来消費者金融では総量規制によって年収の3分の1以上の借り入れは出来ないのですが、おまとめローンや借金の一本化は貸金業法に基づき、金利が下がり利用者に有益になるような借換えであれば銀行以外の金融機関でも例外的に総量規制の対象外となります。そのため会社によって借り換えのためのサービスが用意されているのです。

消費者金融で通常のキャッシングをおまとめ目的で利用しようと考える方もいるかもしれませんが、こちらの場合は総量規制の対象となります。そのため限度枠が小さくまとめきれないという可能性も出てきます。
それに、通常のキャッシングに比べ「おまとめローン」のほうが通常の金利よりも低くなっている場合が多いので、通常のキャッシングでのおまとめはオススメできません。

ただ、おまとめローンのほとんどが返済専用なので、追加の借り入れが出来ないようになっています。

他にもおまとめローンには雇用形態を条件にしているところもあり、正社員又は契約社員のみとされているところがあります。キャッシングやカードローンと比べると審査基準が厳しいようですね。

おまとめローンには銀行カードローンがオススメ?

そこでオススメなのが銀行カードローンです。
消費者金融でのおまとめ専用ローンも良いのですが、追加での借入れを考えた際新しく申し込む必要があります。
銀行カードローンをおまとめとして利用していれば、利用限度額の範囲内で追加の借入が可能ですね。
新しく申し込む必要が無いので、金利も借入している額にあわせて低くなっているのでお得に借入が出来るでしょう。

銀行カードローンは消費者金融と比べ金利が低いものが多いので、長期での借入ならば無利息期間よりも銀行カードローンの低い金利を選ぶのが賢い選択ではないでしょうか。
また銀行カードローンであれば、総量規制の対象外なので借り入れできる金額も大きいので、借り入れできる金額ではまとめきれないといった心配は無いですね。

特におすすめ銀行カードローン!

銀行カードローンでおまとめを考えているようであれば、オリックス銀行カードローン又はみずほ銀行カードローンがオススメです。
みずほ銀行カードローンであれば金利が4.0~14.0%となっており、融資限度額も1000万と申し分ないですね。また、200万以下でみずほ銀行の口座を持っていればインターネットの申し込みで最短即日でローンをまとめてしまうことも可能です。
またオリックス銀行カードローンは限度額800万円とこちらも十分な金額ですね。また金利は3.0%~17.8%となっています。最高金利は消費者金融に近いものですが、オリックス銀行カードローンでは利用限度額に応じて適用される金利が異なります。
おまとめでよく使われるといわれている300万円~400万ですと4.5%~8.8%とかなりお得になります。小額での融資を考えている場合は機になった金利ですが、大口の融資でこんなにも金利が下がるのであれば助かりますね。

みずほ銀行カードローンもオリックス銀行カードローンも雇用形態の条件もありません。先ほどのあげた一部のおまとめローンですと、アルバイトやパートの方には不利ですが、こちらのカードローンではそんなことはありません。原則、安定して収入があれば利用条件には当てはまりますので、アルバイトやパートの方でも審査に通る可能性はあります。

またこちらもおまとめローンとは異なり銀行カードローンは利用限度額内であれば追加の借り入れも可能ですので、おまとめで利用している金利で借り入れが出来るので、わざわざ高い金利で新しく借り入れする必要も無いですね。

200万円以下での借換えを考えの方であれば、即日融資も可能なみずほ銀行カードローンがおすすめです。
また、200万円以上を考えならば利用限度額に応じて段階的に金利が下がるオリックス銀行カードローンがおすすめですね。自身の借入れ額等と見合わせて都合の良いものを選んでいくと良いでしょう。

消費者金融や銀行の借換えって何が一番いいの?

まず借り換えとは?

高い金利で組んでいたローンを、より低い金利で組み直すなど、有利な条件で借り入れしなおすことを借り換えといいます。借り換えをすることで実質年率を下げることができれば月々の返済額や利息負担なども減り、完済までの期間と総返済額を軽減することができるでしょう。
また複数の金融機関からの借入れを1社にまとめるような借り換えを一本化と言い「おまとめローン」など各社で用意されているようです。仕組みとしては新しいローンを組んで現在借りているローンを一括返済するというものになります。
重要なのは返済総額が借り換えよりも小さくなるかどうかですが、他のメリットとしても、毎月の返済日を一つにまとめて管理しやすくするというのもあります。

借り換えは手数料がかかる場合があるため金利の差が1%以上ないと効果がないといわれています。ただ、おまとめローンの金利は基本的に一般のローンやキャッシングよりも低い金利を設定しているものが多いようです。
消費者金融でも銀行でも金利は借りる金額が大きくなるほど安くなるのが一般的。ですので複数の金融機関から借りるよりも1社にまとめて借りたほうが金利が安くなる可能性が高いとも言えます。まとめて借り換えると言うのは良い手と言えるでしょう。

借換えのデメリットは?

完済までの期間と返済総額が増える場合も有ります。
たとえ金利が安いおまとめローンを利用できたとしても、毎月の返済額の設定を下げすぎると、支払い期間は長くなりますし、支払い期間が延びることにより金利を支払う期間も長くなってしまいます。結果的に総支払額が増えてしまうことになってしまいますね。
現在の支払いの負担を減らすことを優先するのであれば仕方がないかもしれませんが、借り換えにおいて一番大事なのは、今より低い金利で借り換えて、返済期間を延ばさないことですので気をつけましょう。

あとは借り換えをすることにより、他の借入れは全部返したことになります。それにより全額返済したところから再融資の勧誘が来ることがあるようです。ですが実際に借金が減ったりなくなったりしているわけではないので、すべての返済も終わっていないのに新たに借入れをして借金がさらに膨らむ恐れがありますので注意。
また、カードローンの一本化は信用力や返済能力があるうちに申し込みすることが大切です。

消費者金融の借換えは?

金融機関によっては通常のキャッシングとは別に「おまとめ専用」「借り換え専用」などのプランがあります。
例えば、プロミスの「おまとめローン」やアイフルの「借り換えMAX」、アコムの「借換え専用ローン」といったもの。
通常のキャッシングですと消費者金融の場合、総量規制の対象となるので収入の3分の1以上借り入れることはできないけれど、おまとめローンなどですと、貸金業法に基づき金利が下がり利用者に有益になるような借換えであれば銀行以外の金融機関でも例外的に総量規制の対象外となり、年収の3分の1以上を超えていても問題ないとなります。
おまとめプランのコースならば15%程度に抑えられる可能性も出てきますし、限度額も基本のキャッシングに比べて高めの設定にされるようです。
ただ借換えのためのローンですので、追加の借入れは不可能。

一方で、通常のフリーローンをおまとめ目的で利用しようと考える方もいるかもしれませんが、こちらはオススメできません。こちらの場合、総量規制の対象となるので、限度枠が小さくまとめきれないという可能性も出てきます。

銀行の借換えは?

銀行運営のおまとめローンですと、東京スターおまとめローンなどが有名ですね。
こちらは限度額が借入限度額と利用限度額の2種類が設定されます。借入限度額が借換えの際の限度額のこと、利用限度額が追加で借りる際の限度額となっています。利用限度額がローン残高を上回った場合にその差額分が借入れできるというシステムになっているようです。

銀行カードローンや消費者金融とは違い、パートやアルバイトは申し込めないというところが多いようです。
また借換えの重要な要素である低金利・高限度額を推すためには、比較的審査に時間がかかってしまう可能性も出てきます。

銀行カードローンで借り換えてみよう!

おまとめローンの優れた条件は「低金利・高限度額・総量規制の対象外」ですので、資金用途を選ばず金利の安さや借入限度額の大きさから言うと銀行カードローンはオススメといえます。もちろん銀行運営のおまとめローンと同じく総量規制の対象外。また、収入に応じた借入れ金額の規制がないので借り換えにおすすめ。こちらは正規社員や契約社員でないと申し込むことができないといった職業による条件もありません。利用限度額の範囲内であれば何度でも借り入れ可能で追加の借入れがいつでも可能となっています。

おまとめローン以外で借換えをするメリット

消費者金融での借換えの場合追加で借り入れをするならば新規での借入れとなります。その場合金利はおまとめローンの金利と異なり、通常の金利での利用となりますので少し損したことになりますね。
また銀行での借換えの場合は通常のカードローンよりは、職業に対する条件などがあり比較的審査を通るのが難しいものとなっているようです。
その点で言うと、例えばオリックス銀行カードローンなどですと、融資限度額も高く金利も安いので、新規での借入れをせずにそのまま借入れができますし金利も低くすみます。さらに銀行のおまとめローンのように職業の条件などは申込み時に必要はありませんので、アルバイトやパートの方にもオリックス銀行カードローンはオススメできます。