なぜ消費者金融の金利は銀行と比較して高いのか?

消費者金融の金利は銀行と比べてなぜ高い

消費者金融の金利が銀行カードローンに比べて金利が高いといわれている原因は貸し倒れリスクを背負うからです。
貸し倒れリスクとは貸したお金(元金や利息など)を回収できなくなる可能又はそのリスクのこと。
貸金業では貸したお金が返ってこないと損をするため、お金を貸す相手がきちんと返済をしてくれる人かどうかを見極めながら融資を行っています。
これが各会社融資の前に審査を行う理由ですね。
そのために、一般的に貸し倒れリスクが高いと判断されると、融資を断られたり審査に落ちる可能性も。

初めてキャッシングを利用する際はおおむね各会社の上限金利に近い金利が適用される事が多く最初から最低金利で融資を受けることは難しいようです。
なぜなら、初めてのキャッシング利用では各金融会社としても初めての取引となりますので、その後の返済をちゃんとしてもらえるかどうかが不定なため、貸し倒れのリスクが高い状態なのです。万が一の貸し倒れのリスクを考え、損失が最小限で済むように、適用金利を高くし借入限度額の設定を低くするのです。
反対に長期で取引をしており過去に返済の遅れも無く、定期的に借り入れ返済を続けている場合、金融会社としてもその後の貸し倒れリスクがほとんど無いと判断できるため、金利を引き下げたとしても十分な利益がでることになるのです。
消費者金融では基本無担保・無保証で貸付を行っています。担保が無いため返済不能となった人からは回収が困難になります。その補填を他の利用者の金利によって補っている場合もあるようです。

逆に銀行カードローンの金利が消費者金融と比べて低い理由

では次に消費者金融にくらべて銀行カードローンの金利が比較的低い理由。
銀行カードローンも保証人や担保問いいたものは必要ありませんが、必ず保証会社を利用することとなります。
保証会社は格銀行ごとに異なり、大手の消費者金融や銀行子会社の保証会社を利用します。一般的に銀行カードローンの審査が厳しいとされるのは、保証会社と銀行からの2回の審査があるため、という理由もあるようですね。

銀行カードローンは利用者が返済を滞納した場合、遅延損害金が発生しますが、想定以上の日数返済しなかった場合、保証会社が代位弁済します。

代位弁済とは一時的に保証会社が代理で返済をしてくれるのですが、そこからの債権は銀行から保証会社に譲渡されます。
それにより、保証会社から返済を要求されるようになるのです。

銀行側は銀行と保証会社で2回審査を行い、返済が不可能となった場合、保証会社が支払ってくれるため一切のリスクを負うわけではないのです。
そのため、消費者金融に比べて銀行カードローンは金利が低く貸し出しを行うことが出来るのです。

消費者金融の銀行グループってどういうこと?

大手消費者金融の多くは銀行グループに属しています。
その際に過払い請求といって支払いすぎた分を消費者金融から返してもらう請求が増え、消費者金融はかなりの痛手を受けたのです。
当時多くの金融会社が倒産していったのですが、現在の大手消費者金融も自力で事業を続ける事が難しくなり、大手銀行の傘下に入ることとなったのです。
現在は銀行の支援もあり、持ち直しているようです。

プロミス 三井住友銀行グループ
アコム 三菱UFJフィナンシャルグループ
モビット 三井住友銀行グループ

大手消費者金融と中小消費者金融どちらの利用が良い?

中小でも大手でも消費者金融と大きな違いは有りません。
中小消費者金融は大手と違い情報が集め辛い傾向にあります。中小消費者金融の中にはヤミ金業者が混じっている可能性も。
そのため名前を聞いたことも無いような中小消費者金融でキャッシングを行う場合は慎重に行う必要があると言えます。

どうしても中小消費者金融での借入れを、と考えているようであれば「貸金業登録番号」を必ず確認しましょう。
サイトや広告には登録番号を必ず載せなければいけないことになっていますので、まずそのサイトなどで確認します。ただ、その番号が偽物の場合も有るので、金融庁のサイトで公開されている情報と照らし合わせるようにしましょう。

悪徳業者の中には、会社名や登録番号を詐称している業者も多いですので気をつけたいところですね。

お金を借りる上で大事なものは信用度です。
それは自身のであっても消費者金融のであっても同じこと。
そのため審査に不安があったとしても、まずプロミスアコムといった大手消費者金融を利用するのが安心といえるのではないでしょうか。

だからと言って無闇にお金を借りて良いというわけではありません。
消費者金融で借りる場合、事業資金出なければ何に使っても良いというところと、全く用途を問わず自由というところも有ります。
ですが、パチンコや競馬といったギャンブルなどへの利用は禁止されています。誰にもちゃんとした理由を言えないような借り方は「悪いこと」と言えますね。
他にもどこで借りても、借りたぶんをしっかりと返済を行わなければそれも「悪いこと」でしょう。
キャッシングする場合は自身の収入に見合った分の借り入れと、返済計画をしっかりと立てることが必要でしょう。

消費者金融からお金を借りるのは悪いこと?

昔の消費者金融のイメージ「サラ金」や「グレーゾーン金利」が頭に残っている方は借りるのが怖い、又は悪いことなのでは?と考える方もいるでしょう。
結論から言うと、消費者金融からお金を借りることそのものは怖いことでも、悪いことでもありません。
大手消費者金融のプロミスアコムなどであれば経営母体として銀行が係っていることもあり取り立てに恐ろしい人が来る等といった怖いことはありません。そういった取立ては法律で厳しく禁じられており、すぐに営業停止処分になります。
また法律が改正され、総量規制の影響で年収の3分の1までしか借り入れができませんので、借金まみれにならずに済むのです。

返済のための計画を立てつつキャッシングを利用するのであれば悪いことはありませんので、賢く利用しましょう。

大手消費者金融が安心できる理由はこれだ!

なんとなく消費者金融が怖いと思ってしまう理由

昔はキャッシングの手軽さから多重債務者も続出しそんな人たちにつけこむ悪質業者も多く登場しました。
他にもグレーゾーン金利という法律の穴を突いたものがあり、最高金利が29.2%もあったため高利貸しと呼ばれることも多かったようです。また一部の消費者金融が、高圧的で怖い不法な取立てをしているとこともあり社会問題にもなりました。
そういった昔の負の遺産によって作られた、マイナスのイメージが消費者金融は怖いという感情を持たせているのでしょう。

これだけ変わった消費者金融!?

昔と比べ現在の消費者金融は全く違う「安心」と「信頼」のものとなりました。
現在の消費者金融では貸金業法が改正され、上限金利が引き下げられることにより、上限利率20%以上(元金額に応じてそれぞれ年率が異なります)での貸出はなくなりました。さらに総量規制の影響で収入の3分の1までしか貸付ができないことになっており、利用者ごとに枠が設けられるようになったため、無制限に貸し付けて、強引に取り立てるということが消費者金融全体で出来なくなったのです。
そのため貸し出しの条件や金利が明確に表示されているので、その範囲内での借入れを計画的に利用し、返済する分には怖いなんてことはありません。

取立てに関しても、脅したり、生活や仕事に影響を与えるような取立てや、深夜・早朝の取立て等々、非常識な取立ては法律で禁止されるようになっていますし、もし暴力団と関係があるとされれば貸金業として認められませんので営業停止となってしまうのです。怖いお兄さんたちが来ないとなると夜も安心して眠ることが出来ますね。

消費者金融の多くは過払い金の返還によって経営が圧迫されており、銀行を中心に大手消費者金融などは再編が行われました。銀行の傘下に入ることにより、それぞれの会社で法律の枠内での適正な貸付を行うよう、法律遵守が徹底されるようになっています。

このように「なんとなく怖い」というマイナスのイメージを払拭しつつある消費者金融。最近では各大手消費者金融で一定期間金利の付かない商品などを用意しており、それに惹かれて利用する方も多いようです。また有名な俳優やタレントの起用も利用者が安心して借入れを決めることの出来る要因かもしれませんね。
また最近では頻繁に問題になっている、個人情報の扱いですが、個人情報保護法のもと管理もしっかりしていますので、たとえ借入れをしたとしても、きっちり返済をしていれば信用情報に傷が付くようなことはありません。

中小企業と大手の比較

「じゃあ、大手でも中小でも法律に従って営業している消費者金融なんだから、どこでも安心して借入れができるんじゃないの?」なんて考えますよね。
中小消費者金融では大手とは違いコンピューターで自動審査を行うのではなく、人がそれぞれ借入れに来た方々の話を聞いて、融資担当者が今後の返済をきっちりしていけるかどうかを見極めるのです。たとえ過去に金融事故があっても現状の収入や生活状況をしっかりと伝えれば審査が通る可能性が出てきます。また中小消費者金融は融資拡大のため、大手消費者金融と比較してリスクが高い利用者を対象としているので、大手よりは中小消費者金融のほうが審査は優しいと言われています。当然のことではありますが中小消費者金融であっても、信用情報は確認しますので、嘘の申告はしないようにしましょう。

ただそういったリスクを取っていることも関係してか、大手に比べると融資額がかなり低いところが多いようです。また金利も高く、例え融資額がかなり高い金額であっても、大手消費者金融ほどは利率が下がらないようになっている場合があります。
大手消費者金融ですと最大利用金額が500~800万ですが、中小消費者金融ですと大体50万~100万程度。中には最大300万というところもありましたが、今度は金利が高く最低金利が12%となっていました。大手消費者金融の最低金利ですと一番低くいもので3.0%というものも。中小企業は完全に白旗を振るほかないですね。

他にも取り扱いしている金融機関などに制限があることが多いため、対応している銀行などが近くにない場合、利用ができないこともあります。それに、コンビになどのATMで簡単に借入れが出来るような便利なカードもありません。また、こちらも大手とは違い、各々に設定された利用限度額の範囲内で、自分の好きな金額で借入れを繰り返すことは出来ない会社が多いため、大手消費者金融と比べると、どうしても不便と言わざる終えません。

他にも中小消費者金融に混じってヤミ金が存在している可能性も有ります。いまやヤミ金もホームページを持っているところが多く、外見上では正規の消費者金融と区別がつきにくいのです。中小消費者金融が大手に比べ、リスクを取っているとは言いましたが、表立って堂々と「ブラックOK」や「審査なし」などと書いている会社はありませんので、かなり慎重に選択する必要がありますね。
審査無しのカードローンはヤミ金!?審査で行われることは?

以上のことを考えるとやはり、中小と比較しても限度額が高く金利が安い、更に借入れも便利で安心して利用できる大手消費者金融を利用するのが良いと言えます。