パートでお金を借りる時に知っておきたいこと

バイトでもパートでも収入があれば借りれる!

パートというのは、フルタイムで働く正社員に比べ労働時間の短い時給制で働く人の事を言いますが、パートなど収入が不安定だと金融会社からお金を借りることが出来ないと思っている人が多いようですが、実際は毎月安定した収入があれば申し込むことが出来るんです。
また最近では女性専用のレディースローン増えています。
レディースローンで借りるメリットや口コミ→

パートで借りれる金額はどのくらい?

カードローンってパートだとどのくらい借りれるのか気になりますよね。
実際はパートといっても収入や勤務先、勤続年数がそれぞれ異なり、銀行系か消費者金融系のどちらで選ぶかでどのくらい借りれるかが変わってきます。
消費者金融では総量規制の法律から「年収の1/3までの借入」しかできません。
また、正社員に比べ所得額が低い可能性が高いため、借入金額の上限を低くされる場合もあります。

バイト・パートも借りれる会社はココ!

会社名 金利(年率) 審査時間 限度額 パート・バイト 収入証明書
アコム 4.7~18.0% 最短30分 500万円 融資可能 限度額50万円まで不要
プロミス 4.5~17.8% 最短30分 500万円 融資可能 限度額50万円まで不要
モビット 3.0~18.0% 最短即日 1~800万円 融資可能
みずほ銀行カードローン 4.0~14.0% 最短即日 1000万円 融資可能 限度額200万円まで不要

専業主婦も可能

消費者金融と銀行カードローンのメリット・デメリット

メリット デメリット
消費者金融 ○銀行よりも顧客対応が柔軟
○融資までの時間が短い
○年収1/3を超える借入はNG
○安定した収入が申込の条件
銀行カードローン ○収入に縛られずに融資が出来る
○収入のない主婦でも申込可能
○審査が少し厳しい傾向にある
○年収制限がある

審査で見られることって…

それではカードローン審査の際、パートの場合「収入なのか・職種なのか…」どんなところを見ているのでしょうか?

毎月安定した収入があるかどうか

年収は高い方が有利にはなりますが、一番大切なのは安定性になります。
収入は少なくても毎月安定した収入があることが重要です。

借入の状況

すでに借入をしている場合、どこから借入しているか返済状況など調べます。
3件以上の借入があると「ちゃんと返済してくれるのか」と疑問を持たれ審査にマイナスになります。

※携帯電話などの分割料金の支払い遅延なども審査の対象となるので注意が必要です。

勤務先と勤続年数

小さな小売店でのパートと大企業の事務でのパートだとどちらが信用されるのか…職種で審査落ちすることはほぼないですが、やはり大企業など安定性を感じられる職種の方が審査にはプラスになるでしょう。
そして勤続年数は、同じ勤務先に1年以上働いているとプラスになるといわれています。

審査の際、金融側が一番重要視していることは「返済能力」と「信用力」なんです。

審査落ちする原因は?

上記のことがクリアしているのに審査に落ちた…
どんな理由があるのでしょうか?

  • 他社からの借入をしている
  • 返済を滞納している、または過去に滞納したことがある
  • 一度に多数からカードローンの申込をしている

これらの事は金融側にマイナスのイメージを与えてしまって返済能力がないと判断されるために審査に落ちやすくなります。

パートがお金を借りる時の注意点

それではここまで紹介したパート収入でお金を借りる時の注意点やポイントを最後におさらいしておきましょう。

  • パートでも安定した返済能力があれば審査に通る
  • 勤続年数が1年以上であること
  • 総量規制に気をつける
  • 同時に多数の金融会社に申し込まないこと
  • 他社からの借金をしていないこと
  • 過去に返済の滞りがないこと
  • 収入や職業などウソを書いて申し込まない

パートでも借入OK!オススメ会社

アコム

金利(年率) 限度額 審査時間
4.7~18.0% 500万円 最短30分
初回サービスで30日間金利0円
最短30分で審査回答!
Web申込で24時間いつでもどこでも利用可能!

プロミス

金利(年率) 限度額 審査時間
4.5~17.8% 500万円 最短30分
初めての利用で30日間無利息サービス
Webで契約完了できて即日融資も可能!
50万円までは収入証明書不要!

モビット

金利(年率) 限度額 審査時間
3.0~18.0% 1~800万円 最短即日
Webなら24時間いつでも申し込めて来店不要
審査回答時間は最短30分!
Web申込で電話なし!郵送なし!

みずほ銀行カードローン

金利(年率) 限度額 審査時間
4.0~14.0% 1000万円 最短即日
みずほ銀行の口座を持っていると最短即日融資可能!
キャッシュカードがそのまま使える!
Web申込で来店不要!

自分に合ったカードローン会社選びも重要!

  • とにかく急いでいて早くお金が必要
  • 審査が通るか不安だから、なるべく通りやすいのを選びたい
  • 計画的に返済する予定だから低金利がいい
  • すぐに返済できる予定だから無利息期間のあるローンがいい

「サービスで選ぶ」
「目的・状況で選ぶ」
「口コミ評価で選ぶ」

自分が一番重要視することは何か?をしっかり考えて比較し自分に合ったローン会社を選びましょう。

主婦キャッシングの基礎知識

専業主婦と兼業主婦のキャッシングの違い

主婦と言っても様々ですよね。昔のように井戸端会議で楽しむ人もいれば、仕事バリバリのキャリアウーマンもいます。
そこで、今回は専業主婦と兼業主婦の違いからキャッシングの性質の違いを考えてみましょう。

専業主婦でキャッシグの場合

専業主婦の場合は、文字通り主婦業に専念するため収入がありません。
なので収入なくても借り入れをすることが出来る所からキャッシングをする形になります。
収入が無くて借り入れをする場合、銀行カードローンからの借入か、貸金業法に基づく「配偶者貸し付け」で借入を行わなければいけません。

銀行カードローンの場合は、収入がなくても借りられる専業主婦向けのキャッシング方法があります。限度額が低いのですが、安心して借りられるという点ではこちらをオススメします。

また、貸金業法に基づいて消費者金融からも借り入れをすることが可能です。
総量規制の例外として、配偶者との合算をして借入が年収の3分の1まで出来る方法があります。配偶者に同意書を書いてもらい、戸籍謄本や事実上婚姻関係で有ることが分かる書類と共にを提出すると借り入れをすることが可能です。
ですが、消費者金融の場合このような手間のかかる案件は扱うことがあまりなく、実際には申し込みの時点で断られることが多いので注意が必要です。
大手の消費者金融は特にこの事業を縮小、停止させたものも多くあります。
総量規制とは?総量規制の対象、対象外をわかりやすく解説

兼業主婦でキャッシグの場合

兼業主婦の場合、特徴としては働いているので収入がある事が大きいですね。
収入があると、上記の条件になってしまった総量規制の問題が解除されて収入の3分の1までは借り入れをすることが可能となります。
その為、専業主婦と違い消費者金融からの借入も見込めるのが大きな利点です。
借り入れをするときに選択肢が増えることによって、利用する事の出来るサービスや、即日借入などの条件にも基づいて借り入れをすることが出来ます。

収入が有ることがキャッシングにおいて兼業主婦と位置づけされますので、内職や副業、ネットオークション等も個人事業主などの形式で提出することが可能です。
ただし、副業や内職といったものですと、収入が少ないので限度額が結果的に少なくなってしまう可能性もありますのでご注意ください。

配偶者(旦那、ご主人)に秘密で借入は可能?

結論から言いますと、100%バレない方法はありません。
ですが、秘密で借入をする方法はいくつかあります。バレてしまうケースと共に内容を確認してみましょう。

Web完結で申し込みで秘密に

Web完結での借入の場合は、郵便物等でカードの発行をしないものもあります。
カードの受取を自動契約機にすると家に郵便物が届かない受取方法ですね。またカード自体を発行しないモビットのカードローン等もあります。
スマートフォンなどで簡単に申し込みが出来るので、楽で良い利用方法だと考えられますね。

他の申し込み方法も、秘密厳守にしている物が多いので安心して申し込みをしてみましょう。

即日で借りれるWeb完結!各社比較

電話でバレる

在籍確認や本人確認の電話等で知らない人からの電話がかかってくるので、電話に出たのが配偶者であった場合に疑われてしまうことがあります。
また、電話がかかってくるのは申し込みの時だけでなく、限度額引き上げやキャンペーンなどのおしらの時も電話がかかってくることがあります。

ですが、一番バレてしまう事で多いのは支払いの遅延による督促の電話だと言われています。
支払い忘れなどの事を起こさないことが秘密で借りることの前提条件となるようです。

郵便物でバレる

先にも挙げましたが郵便物が届かないサービスは多々ありますが、どうしても避けられない郵便物もあります。
カード発行時に郵送で受け取りにしてしまう場合や、督促状などの手紙が来てしまう時です。
基本的に消費者金融の場合、差出人は消費者金融の名前(アコムやプロミス)などではなく部署の名前(ACサービスセンター等)となっています。銀行カードローンの場合は、銀行名なので不審点はありません。
ですが、内封されているチラシや、カード自体を見られてバレてしまうケースが多いようです。

カード受け取り時にバレる

カードの受け取りの際に、自動契約機に入るのを近所の人に見られてバレてしまうこともあるようです。
自動契約機が近所にあっても、少し離れた所で受け取りをするのが得策かもしれませんね。

在籍確認でバレる

旦那に秘密で借入をしたい……と言っても、自分に収入がない。と言う人は、配偶者の収入によって借入が出来るか決定します。
そのため、借入の際に在籍確認が配偶者の職場にかけられ、バレてしまう事があります。
これを防ぎたいのであれば、自身に収入が有ることが一番だと考えられます。

主婦でもweb完結は利用できるの?

主婦でもWeb完結のキャッシングの利用は出来るの?

貸金業法の改正により消費者金融等は総量規制のため年収の3分の1までしか貸付は出来ません。
逆に言えばパートやアルバイトでも安定した収入があれば借入は可能ということです。
つまり兼業主婦の方でも安定して収入があれば銀行や消費者金融などでキャッシングやカードローンの利用ができるのです。
逆に専業主婦の場合は基本的に収入が一切無いため総量規制を元に考えると、消費者金融でのキャッシングの利用は難しいといえます。
ただ銀行は総量規制の対象外なので、専業主婦でも借り入れが出来る可能性はあります。

Web完結は銀行や消費者金融などのカードローンやキャッシングの一種のサービスですので、それぞれ利用が可能かどうかが異なってきます。
ではキャッシングやカードローンでWeb完結ができるかどうかを順番に見ていきましょう。

銀行系カードローンでは?

上のとおり、銀行系カードローンは総量規制の対象外です。そのため、借入限度額が消費者金融に比べて高いことや比較的金利が低いことが魅力的。また、一部の銀行カードローンでは専業主婦でも利用できるものがあります。では、順番に見ていきましょう。

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行はネット銀行のため、店舗やATMがありません。
そのため、申し込みはインターネットからのみとなっています。
申し込みや必要書類の提出などはWebだけで済みますが、郵送でローン専用のカードがきますし、在籍確認のため職場に電話がかかってきます。
オリックス銀行カードローンの詳細はこちら→

新生銀行カードローンレイク

新生銀行カードローンレイクは消費者金融と勘違いされやすいのですが、今は新生銀行のカードローンサービスとして存在します。
こちらも、Webだけでの申し込みというものがあります。24時間いつでも申し込む事が可能で、個人差はありますが審査の結果が来るのは30分程度といわれています。しかし、審査結果をすぐに確認できるのは8:10~21:50(毎月第3日曜日は、8:10~19:00)となっていますので注意が必要ですね。レイクも在籍確認がありますのでWeb完結とは言い辛いですね。
新生銀行カードローンレイクの詳細はこちら→

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンもWeb契約が可能となっていますが、いくつか条件があります。
みずほ銀行の普通預金口座を持っていること。
希望限度額は200万以下であること。
契約時にキャッシュカード兼用型にしておくこと。
それによりWeb完結が可能となります。ただ、Web完結といっても在籍確認の電話はありますので注意してください。
またみずほ銀行カードローンは専業主婦でも利用が可能です。もちろん無担保で、配偶者に安定した収入があれば可能となります。ただ、借入限度額は30万円までとなります。専業主婦の場合は確認の電話が申し込み時に記入した、自宅か携帯電話の方にかかってきますので、家族に知られたくない場合などは携帯電話のみを記入すると良いでしょう。
みずほ銀行の詳細はこちら→

消費者金融での比較

先ほどもあげたとおり、専業主婦の場合は消費者金融からの借り入れは難しいです。しかし、パートやアルバイトなど安定して収入を得ている方の場合は、主婦の方でももちろん消費者金融からの借入は可能です。
では、消費者金融でのWeb完結の申し込みはどうなっているのか見比べてみましょう。

プロミス

プロミスもWebで申し込み・書類提出契約が可能となっています。
最短30分で審査の回答が返ってきますし、Web申し込みをすることにより即日融資が可能なようです。ただ、やはり在籍確認はあります。時間指定を出来ることも有るようなので、事前にオペレーターに相談してみるのも良いでしょう。
プロミスの詳細はこちら→

アコム

こちらも同様インターネットで申し込みから借入、返済まで完結で済ますことが出来ます。消費者金融と契約する上でやはり在籍確認は避けられないのか、アコムも在籍確認は必須となります。こちらも電話の時間の指定が出来ますし、本人が不在の場合でも確認が取れた場合はそれで済むようです。
アコムの詳細はこちら→

モビット

モビットでWeb完結をするには「社会保険証もしくは組合保険証」と「三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に普通預金口座」を持っている場合に限ります。このように必要書類や条件が増えるのですが、内容に不備が無ければ在籍確認どころか、申込者本人にも電話がかかってきません。また、Web完結の場合はカードの発行もありませんし、Myモビというモビットの会員サービスに登録することにより領収書などの郵送もなくなるため旦那さんに見られる事がありません。主婦の方でも、パートやアルバイトで社会保険に加入しているようであれば、旦那さんに内緒で借り入れが可能となりますね。
モビットの詳細はこちら→

主婦が借りるのであればどこがオススメなのか

専業主婦が借りるのであれば、配偶者の収入が安定していれば借り入れが可能となるみずほ銀行カードローンの利用がオススメです。
みずほ銀行カードローンは数少ない、専業主婦が借入できるカードローンですし、金利が低いのもお得です。
また、主婦の方でもアルバイトやパートをされているのであれば、銀行でも消費者金融でもWebでの借り入れは出来ますが、ほとんどが在籍確認を必要としています。
ただ、主婦の方でもアルバイトやパート先で社会保険に加入されているようであれば、在籍確認なしでWeb完結できるモビットが利用できる可能性があります。
モビットであれば、条件さえ合えば在籍確認も無く誰にも知られること無く借入できますね。Myモビに登録しておけば明細などもネット上で見れるの、郵送物が自宅に届くことはほとんどありませんので、家族に家族に見られることもありません。

「主婦だから、パートだから通らないんじゃ」と諦める前に一度申し込んでみてはいかがでしょうか。
自分に合った会社を探したい方はこちら→