低金利でお金を借りる方法とは?目的ごとの賢い借り方

お金を借りる目的をはっきりさせて低金利で借りよう

お金を借りる際には色々と目的がありますよね。
銀行や消費者金融などでは目的別ローンといってそれぞれの目的に合わせたローンを用意しています。
目的別ローンは基本的に借入れ額が高額になるものが多いです。そのため利用者は返済計画を立てた上で利用するため、貸し倒れリスクが少なくなります。

それに対してカードローンやキャッシングなどは手軽に利用できますので、その分貸し倒れのリスクが高くなります。そのため、目的ローンに対してカードローンやキャッシングは金利が高めになってしまうのです。

種類の多い目的別ローン

目的別ローンは様々な会社で用意されているため種類が豊富にあります。

住宅ローン
住宅ローンとは居住するための住宅及びそれに付随する土地を購入、新築、増築、改築、既存住宅ローンの借り換えなどの目的のために、土地と家屋を担保として金融機関から受ける融資のことです。無担保で借りれるものもありますが、担保を設定しておくほうが低金利で借りる事が可能です。
マイカーローン
主に自動車の購入や買い替えを目的としたローン。バイクを買う場合はバイクローンなど別に用意される場合も有ります。新車でも中古車でも利用でき、中には免許取得に利用できるローンもあるようです。
教育ローン
入学金や授業料のほかにも、在学中に必要な教材費などにも利用が可能なローン。また他にも留学や学生の一人暮らしのための資金として利用できるものもあります。日本政策金融公庫が取り扱っている国の教育ローンが特に有名ですね。
ブライダルローン
結納、結婚式、披露宴、新婚旅行、新居のための費用等、結婚費用を目的としたローンです。固定金利が一般的とされており、限度額も会社によって異なりますが、300万円~500万円が相場とされています。
その他目的別ローン
旅行、家電、介護、葬儀、着物などを利用する目的を限定した様々な目的別ローンがあります。

目的ローンにはデメリットがある

目的別ローンの場合、使途を確認するために資金使途証明書や領収書などの提出や、相手先への直接入金を条件にしています。
またキャッシングより審査基準が厳しいと言われており、審査結果まで時間がかかるため急いでお金を借りたいと考える人にはかなり不向きです。

また目的別ローンは最初に決定した金額を振り込まれ、あとは返済のみとなります。もちろんこれはフリーローンも同じこと。その点カードローンでしたら、「限度額の枠内であれば何度も利用可能」なので便利ですよね。目的別ローンでお金を借りて旅行に行ったけど、旅行先でお金が無いなんて時に持っていると便利でしょう。

低金利で借りる方法は目的ローンだけじゃない!

お金の借り方としては、目的ローンのほかにもカードローンがあります。大きな違いは、提携ATMやネットバンクなどから自由に借入れや返済ができる事です。
他にも、カードローンの方が融資までの時間が早いなどのメリットが見受けられます。
デメリットとしては最初に述べたとおり目的ローンと比較すると金利が高いことです。
カードローンを利用して、低金利でお金を借りる方法もあります。

高額融資で低金利でキャッシングしたい場合

オリックス銀行カードローンは金利が業界最低水準の年利3.0%~17.8%、利用限度額が最高800万円となっております。
オリックス銀行カードローンはおまとめローンなどの高額融資に向いているといわれています。ど利用限度額ごとに金利がコース設定されており、おまとめでよく利用されると言われている金額帯の400万円コースの場合4.5%~8.8%とかなりの低金利となっています。

おまとめだけのローンも銀行や消費者金融で用意されていますが、そういったローンは目的ローンと同じく追加の借入れができません。
おまとめローンを利用して追加で融資を求めた場合、新規でキャッシングの申込みをしなければいけません。
新規での申込みとなると、金利は初期の高い状態での借入れとなってしまいますね。

ですがオリックス銀行カードローンであれば、新規でキャッシングの申し込みをせずとも、限度額内で何度でも借入れが可能です。
おまとめにあわせて金利の設定も下がりますので、おトクに低金利でキャッシングが利用できてオススメです。

住宅ローンとあわせてもっと低金利!

みずほ銀行カードローンは金利のプランが二種類よういされており、3.0%~7.0%のエグゼクティブプランと3.5%~14.0%のコンフォートプランがあります。
どちらのプランも審査の結果によって決まるため自身で選ぶことは出来ないのですが、どちらも最大限度額が1000万円となっており目的ローンに負けない程の低金利での借入れが可能ですよね。

ちなみにみずほ銀行カードローンの最低金利は住宅ローンを利用することにより0.5%引き下げられた金利です。住宅ローンとの併用だけで金利が0.5%も下がるのであれば、かなりのおトクなのではないでしょうか。

他にもみずほ銀行カードローンはみずほ銀行の口座を持っており、なおかつWEB完結での申込みをすることで、最短即日で利用が可能となっておりスピードも申し分ないです。目的ローンには無い素早い対応は急いでいるときには大変助かりますね。

低金利だけじゃないオススメ無利息期間!

ボーナスや給料日がもう少しだけど、お金が無いなんて時はプロミスアコムなどがおすすめです。
目的ローンなどに比べて金利が少し高めではありますが、低金利に負けない無利息期間といったサービスがあります。
アコムやプロミスは初回30日間の無利息期間サービスというものを提供しております。そのため、その期間は低金利どころか、金利0円でキャッシングの利用が出来るわけです。

プロミスであればポイントサービスに登録し、そのポイントを貯めることで無利息期間を再度利用出来るので、何度でもおトクにキャッシング出来ますね。
ちなみにプロミスの無利息期間を利用するためにはEメールアドレスの登録とWeb明細の申込みが必要となります。アコムの場合も返済期日35日ごとにしなければ無利息期間の利用が出来ませんので、事前に確認するよう気をつけましょう。

また銀行系カードローンの方が良いという場合も、新生銀行カードローン レイクがあります。こちらも初回無利息期間が付いており、30日間と180日間の二種類の無利息期間が選べます。
180日間無利息の場合、借入額のうち5万円までを無利息でキャッシングできます。
契約した翌日から約半年間が無利息期間となりますので、小額で借りることを考えている場合は大変オススメです。

上記に上げたプロミスやアコム、新生銀行カードローン レイクなどは最短即日融資なので急いでる時は助かりますね。
またカードローンですので、目的ローンとは違い限度額内であれば何度も借入れできるから使い勝手も良いでしょう。

ただ使い勝手が良いからといって、使いたい放題にならないよう気をつけましょう。返済計画を立てて賢くおトクに利用したいですね。

目的に合わせて借りたいあなたのためのカードローン

サービス名 金利 限度額 無利息期間
プロミス 4.5%~17.8% 1万円~500万円 初回30日間・ポイントサービス利用で再度利用可
アコム 4.7%~18.0% 1万円~500万円 初回30日間
新生銀行カードローン レイク 4.5%~18.0% 1万円~500万円 初回30日間or5万円以内なら180日間
みずほ銀行カードローン 3.5%~14.0% 10万円~1,000万円 なし
オリックス銀行カードローン 3.0%~17.8% 最高800万円 なし

低金利でキャッシング!メリットとデメリットを検証

低金利キャッシングとは

低金利キャッシングとはキャッシングの中で特に金利が低いもの。
低金利キャッシングを上手く使うことで、利用する時の負担を最小限にできるキャッシングサービスです。

低金利キャッシングのメリット

メリットはなんといっても金利が低いこと。
そして低金利キャッシングのよさは金利の低さだけでなく、融資の限度額が高くまとまったお金を借りることができることでしょう。
細かく何度も借りるなら、低金利キャッシングで一度に借りておいたほうが負担が少なくなります。

低金利キャッシングのデメリット

低金利キャッシングは審査が厳しいといわれています。
金利を低くすることでキャッシング会社にとって大きなリスクになります。そのために通常のキャッシングに比べて審査基準が高く設定されていると考えられています。
そして、低金利キャッシングの場合も長期に支払っていくと、意外と多くの金利の負担があるということを頭に入れておいてください。

各社の金利をチェックしてみましょう

サービス名 金利(実質年率)
プロミス 4.5~17.8%
アコム 4.7~18.0%
モビット 4.8~18.0%
レイク 4.5~18.0%
みずほ銀行カードローン 4.0~14.0%
オリックス銀行カードローン 3.0~17.8%

実際に借りた場合、消費者金融と銀行のカードローンでは利息にどれくらいの差が出るのでしょうか。
こちらで詳しく説明してるので確認してみましょう。
低金利のローンの利息はどれぐらいお得なの?→

こんな人は低金利のキャッシングがオススメ

では、どんな人に低金利のキャッシングが向いているのでしょうか。

借入の金額が大きい(大口融資を受ける)

借入の用途にも異なりますが、希望額が大口の場合は低金利での借入がおすすめです。
借入限度額が多ければ、適用金利が下がる傾向にあります。

長期間にわたってお金を借りる予定

長期間お金を借りた場合、返済回数は増えますが月々の返済金額は小額になります。
毎月の返済時には借入残高に対して利息が発生します。元金の一部と利息を支払うことになるので、長期間の借入をする人はその分多くの利息を支払うことになるので、低金利がオススメです。

1ヶ月以内の短期間で返済予定

上記の2パターンとは違って短期間での返済が可能な方は、無利息期間のあるキャッシングがオススメになります。無利息期間中に完済することが出来れば、利息の負担なくお金を借りる事が出来ます。

他社での借入を一つにまとめたい

他社での利用数が増える前に、低金利キャッシングを利用して出費を最小限にとどめたい人には、おまとめローンを利用することで利息と手数料を半減することも可能です。

低金利のキャッシングを選ぶときのポイント

返済計画を立てずに利用してしまうと、利息の返済額が高額になってしまって返済ができないといった事にも繋がるので借り入れる前にしっかりとした返済計画を立てることが一番重要になってきます。

下限金利ではなく上限金利を見る

ついつい下限の金利を見がちですが、下限の金利が適用されるのは大口の限度額を借りた場合になることが多く、小額の借入の場合は上限の金利が適用となります。
借入限度額による金利の違いはサービスによって異なるので確認してみましょう。

サービス名 金利(実質年率) 借入限度額
プロミス 4.5~17.8% 500万円
アコム 4.7~18.0% 500万円
モビット 4.8~18.0% 800万円
レイク 4.5~18.0% 500万円
みずほ銀行カードローン 4.0~14.0% 1,000万円

無利息期間サービスを利用する

短期間で小額の借入返済なら、プロミスアコムなどといった無利息期間サービスのある金融機関を利用することで、最低限の利息額で済みます。
無利息期間サービスを利用するには、それぞれ会社によって条件が異なるので、自分に合ったサービスを選ぶようにしましょう。

無利息期間のあるサービスはココ!

プロミス

プロミスの詳細 

年率金利:4.5~17.8%
限度額:500万円
審査時間:最短30分
収入証明:50万円で不要

30日間無利息サービスあり:初めての利用ならWeb明細メールアドレスの登録で適用!

※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。

アコム

アコムの詳細 

年率金利:4.7~18.0%
限度額:500万円
審査時間:最短30分
収入証明:50万円で不要

30日間無利息サービスあり:アコムとの契約が初めての人。

レイク

新生銀行カードローンレイクの詳細 

年率金利:4.5~8.0%
限度額:500万円
審査時間:最短30分
収入証明:100万円以下で不要

2種類の無利息サービスあり:

  • 借入額5万円、契約額200万以下の条件で180日間の無利息サービス
  • 30日間無利息サービス

※どちらも初回利用時のみ。

低金利と無利息どちらを選ぶべきか

さいごに低金利と無利息どちらで借りるのがいいのでしょうか。
借入額によって、低金利がお得なのか、無利息サービスがお得なのかが違ってくるので、まずは借入額から考えましょう。

  • 小額で短期間の借入返済ができるなら無利息サービスを選ぶ
  • 高額な借入で短期間での返済に目処がつかない人は低金利を選ぶ

今すぐ借りたい人や短期間で小額の借入を検討中の方はプロミスやアコムなどの無利息キャッシングを選択肢に入れるのもいいかもしれませんね。

低金利のローンの利息はどれぐらいお得なの?

低金利のローンはどれぐらい差があるのか

今回、カードローンを例に上げて金利の計算をしていきます。
カードローンには消費者金融のカードローンや銀行カードローンなどの種類があり、様々な金利が設定されています。
消費者金融のカードローンの場合、4~18.0%前後の金利の所が多く、上限金利のほとんどは18%となっているようです。
銀行のカードローンの場合、3~15.0%前後の金利が一般的です。銀行カードローンの場合、一部では消費者金融と同じような金利形態であったり、上限金利が10%を切る低金利ものもあります。

そこで、今回消費者金融の上限金利平均値である18%と、銀行カードローンの上限金利平均値である15%で比べて計算をしてみましょう。

消費者金融の金利の利息

消費者金融の上限金利の18%の場合は、どれぐらいの利息が付くのでしょうか。
50万円を借入て、半年、1年、3年、5年を借入れをした時の利息を計算してみましょう。
計算方式はプロミスなどの消費者金融で一般的な『残高スライド元利定額返済方式』を使い計算をしてみます。

■返済総額/利息総額■
半年:526,574円/26,574円
1年:550,074円/50,074円
3年:650,721円/150,721円
5年:761,781円/261,781円

半年で返済すると、2万6千円程度ですが、5年借り入れすると10倍の26万も利息を支払わなければなりません。

銀行カードローンの金利の利息

銀行カードローンの上限金利15%の場合は、どのような利息になるのでしょうか。
条件は公平を期すため消費者金融と同じ金額、返済方式で計算してみましょう。

■返済総額/利息総額■
半年:522,100円/22,100円
1年:541,544円/41,544円
3年:623,963円/123,963円
5年:713,682円/213,682円

こちらは半年の返済で2万2千円、5年で21万円とおよそ10倍程度だとわかります。

低金利だとやっぱり利息はお得

上記の2つの割合を比べてみて、3%の違いで5年あると5万円の差が出来ました。半年ですら4千円も差があるので、やはり金利は低いに越したことはありません。
金利の低いカードローンで、大手銀行のみずほ銀行のカードローンがあります。みずほ銀行カードローンの金利は4.0%~14.0%と他の銀行カードローンよりも低い金利になっています。
他の銀行カードローンの上限金利が15%なので、さらに1%分お得に利用することが出来上ます。また、みずほ銀行のように名前の知られた銀行でしたら、借入をするのも安心ですね。

カードローンは低金利だけじゃない。無利息期間もお得

実際にカードローンを利用するときに、低金利にこだわるあまり見落としてしまうともったいないのが『無利息期間』です。
プロミスやアコムで行われているサービスで、どちらも最大30日間の無利息期間があります!
1月の間無利息で利用できるので、1ヶ月以内に返済すれば元金だけで済み、無駄なお金がかからずに済みます。
特にプロミスは、返済方法で手数料無料で行えるものが多いのでお得だと考えられますね。

プロミスの金利でキャッシングをすると利息はどれぐらい?

今すぐ借りたい人は低金利よりスピード重視

カードローンで借入を考えるときに、金利が低いのも重要だけれど、それよりも今日中に借りることのほうが重要だ。と言う人は、消費者金融で借入を考えるの方が良いかもしれません。
銀行カードローンの場合、即日審査を行うと書いてあっても一部の銀行では審査に時間がかかる場合があり、今日中に借りられない可能性があります。

ですが、消費者金融のプロミスやアコム場合は審査時間は最短30分で、銀行カードローンよりもかなり早く利用を開始できる事がわかります。
Web完結で申し込みをする際は、振込融資が出来る時間帯には気をつけて申し込みをしてください。Web申し込み→来店契約でカードの受け取りをしないと即日借入が出来ない場合があります。