無利息期間のあるおまとめローンは存在するの?

無利息期間でおまとめローンはできる?

無利息期間が付いているもので、おまとめローンをしたいなぁとお考えの方には、新生銀行カードローン レイクがオススメです。
レイクは新生銀行の銀行カードローンですので、もちろん総量規制の対象外。そのため、おまとめローンという商品は用意されてはいませんが、おまとめローンとして利用することが可能となっています。
総量規制とは?総量規制の対象、対象外をわかりやすく解説

他行に比べて金利は少し高めですが、他には無い30日間の無利息期間があります。
また融資までの時間も比較的早く、最短即日で振込みがされるということもあるようです。今すぐにでもおまとめしたい、と考えている方には良いですね。

ただ、無利息期間は初めてレイクを利用する人だけに限ります。
また、無利息期間は30日間のみのため、その期間内に返済できないのであれば、結果的には意味が無いものとなってしまうのです。
小額の借入を一本化する場合や、まとまった大きなお金が入ってくる事が確定している場合ではオススメです。
高額の返済を長く続けていこうと考えているようであれば、無利息期間を重視しての借り入れは不適当ではないでしょうか。

おまとめローンで重要なのは無利息期間じゃない?

おまとめローンは大抵「大きい金額・長期間での返済」を考えてされる事が多いと考えます。
おまとめローンへの借換えを考える上で重要なのは、支払い総額が減るか否かということ。そのため限定的な無利息期間ではなく、利用限度額とともに今後に付いてくる金利を考えていくのが大切です。

ここは気をつけたい!おまとめの罠!?

先ほど上げた通り、おまとめローンで大事なのは総返済額が減ることです。
しかし、おまとめをした人の中には逆に総返済額が増えてしまった人もいるでしょう?いくら金利が低くなったからといって、返済額を大幅に下げ、最少額で返済していてはいつまでも返済が終わりません。
元金が残っている間は利子もずっと付いてくることになりますので、結果的に返済期間も支払い総額も増えてしまっただけになるのです。
現在の支払い状況を改善するためならば仕方の無いことかもしれませんが、なるべく返済額を下げすぎないように気をつけましょう。
お金に余裕があるときなどは、繰り上げ返済をするのも良いですね。

おまとめをしたからといって、借りていたお金が無くなったわけではありません。複数から借りていたお金を1社にまとめただけですので、借り入れたお金自体はそのまま残っています。
おまとめローンをした人に良くありがちなのが、まとめたことにより返済が終わったとされた会社から新たな融資の話が来て、それに乗ってしまうなど。せっかくまとめたのにそこで新しく借入れをしてしまっては本末転倒となりますので注意しましょう。

各社用意されているおまとめローン

金融機関によっては「おまとめローン」専用のローンが用意されています。本来消費者金融では総量規制によって年収の3分の1以上の借り入れは出来ないのですが、おまとめローンや借金の一本化は貸金業法に基づき、金利が下がり利用者に有益になるような借換えであれば銀行以外の金融機関でも例外的に総量規制の対象外となります。そのため会社によって借り換えのためのサービスが用意されているのです。

消費者金融で通常のキャッシングをおまとめ目的で利用しようと考える方もいるかもしれませんが、こちらの場合は総量規制の対象となります。そのため限度枠が小さくまとめきれないという可能性も出てきます。
それに、通常のキャッシングに比べ「おまとめローン」のほうが通常の金利よりも低くなっている場合が多いので、通常のキャッシングでのおまとめはオススメできません。

ただ、おまとめローンのほとんどが返済専用なので、追加の借り入れが出来ないようになっています。

他にもおまとめローンには雇用形態を条件にしているところもあり、正社員又は契約社員のみとされているところがあります。キャッシングやカードローンと比べると審査基準が厳しいようですね。

おまとめローンには銀行カードローンがオススメ?

そこでオススメなのが銀行カードローンです。
消費者金融でのおまとめ専用ローンも良いのですが、追加での借入れを考えた際新しく申し込む必要があります。
銀行カードローンをおまとめとして利用していれば、利用限度額の範囲内で追加の借入が可能ですね。
新しく申し込む必要が無いので、金利も借入している額にあわせて低くなっているのでお得に借入が出来るでしょう。

銀行カードローンは消費者金融と比べ金利が低いものが多いので、長期での借入ならば無利息期間よりも銀行カードローンの低い金利を選ぶのが賢い選択ではないでしょうか。
また銀行カードローンであれば、総量規制の対象外なので借り入れできる金額も大きいので、借り入れできる金額ではまとめきれないといった心配は無いですね。

特におすすめ銀行カードローン!

銀行カードローンでおまとめを考えているようであれば、オリックス銀行カードローン又はみずほ銀行カードローンがオススメです。
みずほ銀行カードローンであれば金利が4.0~14.0%となっており、融資限度額も1000万と申し分ないですね。また、200万以下でみずほ銀行の口座を持っていればインターネットの申し込みで最短即日でローンをまとめてしまうことも可能です。
またオリックス銀行カードローンは限度額800万円とこちらも十分な金額ですね。また金利は3.0%~17.8%となっています。最高金利は消費者金融に近いものですが、オリックス銀行カードローンでは利用限度額に応じて適用される金利が異なります。
おまとめでよく使われるといわれている300万円~400万ですと4.5%~8.8%とかなりお得になります。小額での融資を考えている場合は機になった金利ですが、大口の融資でこんなにも金利が下がるのであれば助かりますね。

みずほ銀行カードローンもオリックス銀行カードローンも雇用形態の条件もありません。先ほどのあげた一部のおまとめローンですと、アルバイトやパートの方には不利ですが、こちらのカードローンではそんなことはありません。原則、安定して収入があれば利用条件には当てはまりますので、アルバイトやパートの方でも審査に通る可能性はあります。

またこちらもおまとめローンとは異なり銀行カードローンは利用限度額内であれば追加の借り入れも可能ですので、おまとめで利用している金利で借り入れが出来るので、わざわざ高い金利で新しく借り入れする必要も無いですね。

200万円以下での借換えを考えの方であれば、即日融資も可能なみずほ銀行カードローンがおすすめです。
また、200万円以上を考えならば利用限度額に応じて段階的に金利が下がるオリックス銀行カードローンがおすすめですね。自身の借入れ額等と見合わせて都合の良いものを選んでいくと良いでしょう。

消費者金融や銀行の借換えって何が一番いいの?

まず借り換えとは?

高い金利で組んでいたローンを、より低い金利で組み直すなど、有利な条件で借り入れしなおすことを借り換えといいます。借り換えをすることで実質年率を下げることができれば月々の返済額や利息負担なども減り、完済までの期間と総返済額を軽減することができるでしょう。
また複数の金融機関からの借入れを1社にまとめるような借り換えを一本化と言い「おまとめローン」など各社で用意されているようです。仕組みとしては新しいローンを組んで現在借りているローンを一括返済するというものになります。
重要なのは返済総額が借り換えよりも小さくなるかどうかですが、他のメリットとしても、毎月の返済日を一つにまとめて管理しやすくするというのもあります。

借り換えは手数料がかかる場合があるため金利の差が1%以上ないと効果がないといわれています。ただ、おまとめローンの金利は基本的に一般のローンやキャッシングよりも低い金利を設定しているものが多いようです。
消費者金融でも銀行でも金利は借りる金額が大きくなるほど安くなるのが一般的。ですので複数の金融機関から借りるよりも1社にまとめて借りたほうが金利が安くなる可能性が高いとも言えます。まとめて借り換えると言うのは良い手と言えるでしょう。

借換えのデメリットは?

完済までの期間と返済総額が増える場合も有ります。
たとえ金利が安いおまとめローンを利用できたとしても、毎月の返済額の設定を下げすぎると、支払い期間は長くなりますし、支払い期間が延びることにより金利を支払う期間も長くなってしまいます。結果的に総支払額が増えてしまうことになってしまいますね。
現在の支払いの負担を減らすことを優先するのであれば仕方がないかもしれませんが、借り換えにおいて一番大事なのは、今より低い金利で借り換えて、返済期間を延ばさないことですので気をつけましょう。

あとは借り換えをすることにより、他の借入れは全部返したことになります。それにより全額返済したところから再融資の勧誘が来ることがあるようです。ですが実際に借金が減ったりなくなったりしているわけではないので、すべての返済も終わっていないのに新たに借入れをして借金がさらに膨らむ恐れがありますので注意。
また、カードローンの一本化は信用力や返済能力があるうちに申し込みすることが大切です。

消費者金融の借換えは?

金融機関によっては通常のキャッシングとは別に「おまとめ専用」「借り換え専用」などのプランがあります。
例えば、プロミスの「おまとめローン」やアイフルの「借り換えMAX」、アコムの「借換え専用ローン」といったもの。
通常のキャッシングですと消費者金融の場合、総量規制の対象となるので収入の3分の1以上借り入れることはできないけれど、おまとめローンなどですと、貸金業法に基づき金利が下がり利用者に有益になるような借換えであれば銀行以外の金融機関でも例外的に総量規制の対象外となり、年収の3分の1以上を超えていても問題ないとなります。
おまとめプランのコースならば15%程度に抑えられる可能性も出てきますし、限度額も基本のキャッシングに比べて高めの設定にされるようです。
ただ借換えのためのローンですので、追加の借入れは不可能。

一方で、通常のフリーローンをおまとめ目的で利用しようと考える方もいるかもしれませんが、こちらはオススメできません。こちらの場合、総量規制の対象となるので、限度枠が小さくまとめきれないという可能性も出てきます。

銀行の借換えは?

銀行運営のおまとめローンですと、東京スターおまとめローンなどが有名ですね。
こちらは限度額が借入限度額と利用限度額の2種類が設定されます。借入限度額が借換えの際の限度額のこと、利用限度額が追加で借りる際の限度額となっています。利用限度額がローン残高を上回った場合にその差額分が借入れできるというシステムになっているようです。

銀行カードローンや消費者金融とは違い、パートやアルバイトは申し込めないというところが多いようです。
また借換えの重要な要素である低金利・高限度額を推すためには、比較的審査に時間がかかってしまう可能性も出てきます。

銀行カードローンで借り換えてみよう!

おまとめローンの優れた条件は「低金利・高限度額・総量規制の対象外」ですので、資金用途を選ばず金利の安さや借入限度額の大きさから言うと銀行カードローンはオススメといえます。もちろん銀行運営のおまとめローンと同じく総量規制の対象外。また、収入に応じた借入れ金額の規制がないので借り換えにおすすめ。こちらは正規社員や契約社員でないと申し込むことができないといった職業による条件もありません。利用限度額の範囲内であれば何度でも借り入れ可能で追加の借入れがいつでも可能となっています。

おまとめローン以外で借換えをするメリット

消費者金融での借換えの場合追加で借り入れをするならば新規での借入れとなります。その場合金利はおまとめローンの金利と異なり、通常の金利での利用となりますので少し損したことになりますね。
また銀行での借換えの場合は通常のカードローンよりは、職業に対する条件などがあり比較的審査を通るのが難しいものとなっているようです。
その点で言うと、例えばオリックス銀行カードローンなどですと、融資限度額も高く金利も安いので、新規での借入れをせずにそのまま借入れができますし金利も低くすみます。さらに銀行のおまとめローンのように職業の条件などは申込み時に必要はありませんので、アルバイトやパートの方にもオリックス銀行カードローンはオススメできます。

100万以上借りる時のカードローンの選び方

100万円以上借りるならどこがいい?

100万円以上借りるときに、何処借りるのがいいのでしょうか。
キャッシングや、カードローンで借入を考えている場合『銀行カードローン』と言われる物が100万円を超える金額を借入したい時に便利。

消費者金融の場合50万円以上となると、確実に収入証明書の提出を求められますが、銀行カードローンの場合はそれぞれの銀行で設定できるので、100万円までは不要と言うところも多いです。

銀行、商品名 金利 限度額 収入証明書が必要になる額 特徴
新生銀行カードローン レイク 4.5~18.0% 500万円 100万円を超える場合 最短30分審査
即日融資可能
無利息期間有
みずほ銀行カードローン 4.0~14.0% 1,000万円 200万を超える場合 最短即日融資可能
オリックス銀行カードローン 3.0~17.8% 800万円 300万円以下不要 業界最低水準の年利

※収入証明書の提出は原則不要ですが、提出を求められることもあります。

100万円の借入の場合は、上記にあげたどこの銀行カードローンでも、所得証明書不要で借入が出来ます。
それよりも高額の融資を受けたい場合は、みずほ銀行カードローンか、オリックス銀行カードローンを利用すると、所得証明書不要でスムーズにカードローンを使うことが出来ます。

みずほ銀行カードローンの場合、口座を作る必要がありますが、オリックス銀行カードローンの場合はありませんので、口座を持っていない場合はオリックス銀行カードローンが手続きの数を減らせて便利です。

100万円以上借りるのでオススメのカードローンは?

100万円借りる時にオススメのカードローンをご紹介します。
借りる時の状況によってそれぞれオススメのカードローンが変わるので、状況別に考えてみましょう。

とにかく急いでいる人

とにかく急いで100万円借りたい。と言う人は新生銀行カードローン レイクが特にオススメです。
審査時間が最短30分で即日融資可能なので、その日のうちに借り入れすることが出来ます。

みずほ銀行の口座を持っている場合は、みずほ銀行カードローンもオススメ。
審査が終了したら即日で借入が出来る他、現在持っているキャッシュカードにキャッシング機能を追加することも出来るので、かなり便利に利用できます。
口座を持っていない場合は、数日時間がかかってしまうので注意をしましょう。

低金利で借入をしたい人

低金利での借入を望んでいる人には、みずほ銀行カードローンオリックス銀行カードローンのどちらかがオススメです。

ある程度の限度額で止める人

ある程度の金額で、借入限度額を止めておこう。と思う人の場合は『みずほ銀行カードローン』がオススメ。
みずほ銀行カードローンであれば、上限金利が14.0%なので基本的に他のカードローンよりもおトクに利用できます。


みずほ銀行カードローンで借りる

借入額がかなり大きくなる人

借入額がかなり大きくなる人の場合は、オリックス銀行カードローンが良いと考えられます。借入額が大きくなるほど、金利が安くなっていき最低3.0%まで下げることが出来ます。
収入証明書を提出して、大口の融資を望まれる場合はオリックス銀行カードローンを利用しましょう。

大口融資で借入をする時収入証明書はどうなる?

大口融資の借入はいくらから?

お金を借入するときに、大口融資はいくらからが対象になるのでしょうか?
答えとして、明確な基準はありません。

大口融資として、銀行などのローンの場合は100万円以上を大口融資ということが多いようですが、消費者金融の場合は50万円以上で収入証明書の提出が必要になるので50万円~大口融資として書かれている場合が多いようです。

100万円以上の借入をするときに、様々な方法で借入をすることが考えられます。
大口融資の場合、目的ローンとフリーローンに分かれます。
今回はフリーローンのキャッシングについて内容を掘り下げてみたいと思います。

何故フリーローンの方を掘り下げてみるかといいますと自由に使えるお金を借り入れしたいと考える場合はフリーローンである、カードローンなどを利用する場面があるからです。
目的ローンの場合、旅行や趣味などの多目的で利用することが出来ないので、自由度が非常に低いローンだと考えられます。

収入証明書は大口融資で必要なのか

大口融資の場合、ほとんどの金融会社で収入証明書が必要となります。
収入証明書についてはこちらを参照にしてください↓
カードローンの審査必要書類は何があるのか

特に消費者金融の場合は、50万円を超える金額の場合は貸金業者により収入証明書の確認が義務付けられています。
ですが、銀行カードローンの場合は銀行法に準ずるためその義務はありません。
オリックス銀行カードローンの場合は300万円まで収入証明書が不要なので、100万円を超える大口融資の場合にも煩わしい証明証発行の手続きが必要ありません。

また、大口融資となると自動車ローンなども候補に上がって来ますが、自由にお金を使いたい人は大口融資を受ける上で総量規制の対象外である銀行カードローンを選びましょう。

総量規制の対象である消費者金融で利用すると、収入の3分の1以上の借入をすることが出来ないので注意が必要です。
500万円の借入をしようと思うと年収1500万円以上とかなり難しいですね。日本人の平均年収が442万円(2014年度)なので、その3倍以上ですのでほとんどの人が利用できませんね。

総量規制とは?総量規制の対象、対象外をわかりやすく解説

大口融資の借入で重要視するポイント

大口融資を受ける上で重要視するポイントはいくつかあります。

金利

大口融資の場合、利用する額に応じて金利の変動がどうなるのかを知っておく必要があります。
金利の額は、多くのローンの場合利用する金額に合わせて減っていきます。各金融機関のガイドラインにお借入利率などで掲載されているので、そこを参考にしてみましょう。
最高金利が低くても、高額になっても利率があまり下がらないものもあります。

利用用途

カードローンの利点としては、様々な事に利用出来る他、繰り返し借入返済が行えることでもあると覚えておきましょう。
自動車ローンなどの場合、それ以外の目的で利用できないものが多いので大口融資で他の使用用途を考えている人はカードローンを利用することをオススメします。
ただし、業務での利用などが出来ないカードローンもありますので、個人事業主の資金運用等の場合は利用規約をちゃんと読んでおくことが必要です。

利用限度額

消費者金融の場合は利用限度額が500万円の所が多いのですが、銀行カードローンの場合は1000万円の所もあります。
ただし、利用限度額を高めにして申し込みをすると収入証明書が必要な他にも、審査が厳しくなり審査時間も長めになる傾向があるので注意が必要です。

総量規制

上記にも書きましたが、総量規制の問題は避けて通ることが出来ません。
消費者金融で500万円を借り入れようとすると年収1500万円以上であることが必須条件なのです。
1500万円の年収があったらカードローンを使う必要もなさそうですよね。
限度額を高めに設定するのであれば、銀行カードローン一択です!

以上のことを踏まえてカードローンの借入をしましょう。

キャッシング返済のコツを教えます

効率のいい借り方は?

キャッシングをする時に重要なのは「最低限低金利最短期間」を意識することです。
せっかくだから多めに借りておこうではなくて、必要最低限の金額で済ませましょう。
次に、返済のときに上乗せされる金額を最低限で済むように低金利の会社を選ぶこと。
そして最後は「最低限の期間で返済を済ませる」ということです。

キャッシング返済方法の種類

会社名 返済方法 手数料
プロミス インターネット返済
口座振替
店頭窓口
ATM
コンビニ
銀行振込
無料or108円~216円
アコム インターネット返済
口座振替
店頭窓口
ATM
銀行振込
無料or108円~216円
モビット 口座振替
ATM
コンビニ
銀行振込
無料or108円~216円
レイク インターネット返済
口座振替
ATM
銀行振込
無料
みずほ銀行カードローン 口座振替 無料
オリックス銀行 口座振替
ATM
インターネット返済
(追加返済のみ)
無料

※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。

詳しくはコチラから
キャッシング会社別返済方法比較→

返済の負担を減らす方法

返済の負担を最低限で済ませるためにはどのような事を覚えていたらいいのか。
キャッシング返済で困らないためのポイントを説明したいと思います。

金利はなるべく低いもの

借金で返済するお金はまず月々の金利の返済に充当され、残りが元金の返済に充てられます。金利が低いほど元金が早く減るため返済期間が短縮されるので、金利は低いほど有利になるでしょう。

手数料を確認する

借入や返済の際に手数料がかかっていないか確認しましょう。
手数料のかからない返済方法などを選んで余計な出費は押さえましょう。

繰り上げ返済する

完済までの期間が長い場合や、臨時収入などによって手持ちの資金に余裕のあるときは繰り上げ返済がオススメです。返済期間が長くなるとその分だけ支払う利息も増えるので返済負担が大きくなるので、繰上げ返済を利用して少しでも早く完済できるようにしましょう。

おまとめローン

すでに複数の借金を抱えているなら、別々の業者の借金を一つにまとめてしまいましょう。借入額が大きいほど金利も下がる傾向にあります。そして返済にかかる手間や手数料も半減されるので、おまとめローンの利用も検討してみる価値があります。

返済日は厳守

返済が遅くなってしまうと遅延損害金が発生します。
遅延損害金は通常の金利よりも高く設定されているため負担額も大きくなります。
さらに個人信用情報に返済遅延の記録が残されるのでメリットはありません。

返済に困ったとき

毎月ちゃんと計画を立てて返済をしていたけど、今月だけは返済できない!そういう時どうしたらいいのでしょうか。
先ほど少し説明しましたが、返済が遅れてしまうと遅延損害金が発生します。
また延滞期間が長くなれば個人信用情報に履歴が残ってしまい今後のキャッシングに影響が出てきます。
返済が遅れそうなときはまず返済期日に遅れる前にキャッシング会社に相談してみましょう。

さらにもっと知りたい方は…
今月はどうしても返済できない!困ったらまずはここをチェック→

借りたお金をを効率よく返すために知っておきたいこと

キャッシングを利用する際は借入と返済のバランスをよく考えて利用しなければなりません。返済計画を明確にしてから申し込むことが大事になります。

借入前に返済計画を立てる

キャッシング返済で困らないためには「しっかりとした返済計画を立てること」が重要になってきます。月々の自分の収入と支出を把握し、いくらまでなら返済できるのかなど抑えておくべきです。多くのカードローン会社のHPでは、簡単な入力で「返済シュミレーション」をすることが出来るので利用してましょう。

希望額は必要最小限

キャッシングの申し込みの際は、希望額は必要最低限にしておくべきです。
ついつい借りてしまって返済が追いつかないなどのトラブルをなくすためにも、必要な金額だけを借りることが重要なポイントです。

利息の計算方法を理解すること

利用残高×金利÷365×日数
さらに自分で利息の計算が出来ると、借りすぎや無駄な借入を受けなくて済むようになり返済計画を立てるときに便利です。

おすすめのキャッシング

サービス名 金利(年率) 審査時間 限度額
アコム 4.7~18.0% 最短30分 500万円
プロミス 4.5~17.8% 最短30分 500万円
モビット 3.0~18.0% 最短即日 800万円
みずほ銀行カードローン 4.0~14.0% 最短即日 1000万円

ご利用前にしっかりとした返済計画を立て、生活に無理のない借入をしましょう。

キャッシング会社別返済方法比較

キャッシング返済方法の種類

キャッシングをして、返済する方法は色々あります。
どんな返済方法があり、その特徴などをは何なのかをまとめてみました。

口座振替

多くのキャッシング会社で利用出来る返済方法です。
毎月決められた日に、決められた額を返済される方法で払い忘れなどの心配がありません。
口座振替の返済日は各会社によって変わります。
アコムの場合は毎月6日なのです。
プロミスの場合は三井住友銀行、ジャパンネット銀行の場合は5日、15日、25日、末日のいずれかで選ぶことが出来ます。それ以外の講座の場合は毎月5日で固定されています。
返済日が選べれば、自分の給与形態に合った返済方法を選ぶことが出来ますね。
返済手数料無料は基本的に無料の物がほとんどです。

ATM返済

近くのATMを利用して返済する方法です。返済方法としては一般的で、返済の金額を毎月選ぶことが出来る。
利用している銀行や消費者金融専用のATMでなく、提携ATMでも返済が可能。
返済方法は利用可能なATMに利用しているカードローンのカードを入れて、支持に従い返済するだけなので多く人が利用されています。

インターネット返済

近年多くのカードローンで採用され始めた返済方法。
返済する口座を登録しておいて、そこからパソコン・ケータイ・スマートフォンからボタン操作で返済をすることが出来る返済方法です。
口座にお金が入っていれば自分のタイミングで返済が可能なので、ATM返済同様に人気。
この返済方法の場合は振込手数料がかからない場合が多いので、ATM返済よりもお得に返済することが可能です。

銀行振込

一昔前主流だった返済方法。
現在振込手数料などの問題であまり使われることはありませんが、生活環境により利用する方もいます。

店頭窓口

店頭窓口で返済する方法です。
銀行カードローンの場合はこの方法を利用する事も可能ですが、消費者金融の場合店頭窓口の数が極端に少ないので利用するのが難しいと考えておきましょう。
また、人と接するのであまり人気のないカードローンの返済方法だと言われています。

コンビニ払い

コンビニの電子決済サービスを利用して返済する方法です。
『Loppi』『Famiポート』を利用して返済する事が出来る金融機関があります。特に出来る物の多くは消費者金融です。
Loppi、Famiポートが置いてあるのは、ローソン、ミニストップ、ファミリーマートです。

各社返済方法の比較

各社の返済方法を比べてみましょう。

会社名 返済方法 手数料




プロミス インターネット返済
口座振替
店頭窓口
ATM
コンビニ
銀行振込
無料or108円~216円
アコム インターネット返済
口座振替
店頭窓口
ATM
銀行振込
無料or108円~216円
モビット 口座振替
ATM
コンビニ
銀行振込
無料or108円~216円

みずほ銀行 口座振替 無料
オリックス銀行 口座振替
ATM
インターネット返済
(追加返済のみ)
無料

この表で比較してみると、消費者金融の方が返済方法に柔軟であることがわかります。
収入にばらつきがある人は、消費者金融で返済するのが比較的人気のようです。

キャッシングで覚えておきたい繰り上げ返済(任意返済)

任意返済を行うことは利息を減らすことにもつながるので効率的です。
多くの返済方式で、キャッシングの返済を行うとその月の利息分と一部の元金が返済されます。その為、スライドと名前が付くリボルディング払い等の場合は元の返済額を減らすことが、返済開始直後では難しくなる事が分かります。
最低返済額で返済している場合は、最初の返済の9割近くが利息に充てられる場合もあり、あまり好ましくありません。

出来ることならばなるべく早めに繰り上げ返済を行いましょう。

繰り上げ返済の方法は各社返済方法に既存しますが、インターネット返済等手数料のかからない物を選ぶようにしましょう。

無利息期間のキャッシングはどこがいいのか比較

無利息期間があるキャッシングはどこ?

まず、無利息期間があるキャッシングは何があるのでしょうか?

会社、サービス名 無利息期間の有無
プロミス 初回30日
※Web明細の利用とメアド登録が必要
アコム 初回30日
返済期日「35日ごと」で契約が必要
モビット なし
新生銀行カードローン レイク 180日or30日間の無利息
※180日間の無利息は5万円まで
みずほ銀行カードローン なし

オリックス銀行カードローン
なし

カードローンの申し込みで、キャッシングをするときに無利息期間がある物をを選ぶのであればプロミスアコムレイクを使うのが良さそうですね。

レイクの場合は、無利息期間が2種類選ぶことが出来ます。
5万円以下の借入の場合は180日間の無利息期間が、一番便利。約半年間、無利息で何度でも利用が可能。5万円以上の借り入れをする場合は、超えた分だけの利息額しか支払わなくても良いので、かなりおトクに利用出来ます。

どこの無利息期間が一番おトクなの?

どこの無利息期間サービスが一番おトクなのでしょうか?
上記にも書いたとおり、5万円以下ならば180日間無利息期間がある新生銀行カードローンレイクが一番オススメです。

レイクで借り入れをする際に、ホームページからどちらの無利息期間がオトクなのか、おおよそのシミュレーションが出来るので、調べてから申込みをすると大変便利です。

ですが、20万円以上の借入を考えている人は、プロミスがおトクです。プロミスの場合『ポイントサービス』無利息期間を延長できるというのが最大の特徴。
他のカードローンサービスにはほとんどないサービスで、本当に必要なときに使えるのでオススメです。
ポイントサービスは別途カードが必要などもなく、利用をしていくと勝手に溜まっていく仕組みで、財布を圧迫しませんので心配無用です。

また、申込みの翌日からアコムは無利息期間が開始されますが、プロミスは初めての借入の翌日から無利息期間が30日になるので先に作っておく。と言うやり方でも使えるので、先に作っておくことも可能です。

金利と無利息期間のどっちを優先するのが良い?

金利が低いものと、無利息期間があるもののどちらを優先して申し込むのが良いのでしょうか?
こちらも借りる金額と、頻度によってオススメが変わります。
まず、借りる金額が大きくて返済までの時間が短い場合は、プロミスやレイク等がお勧めです。金額が大きくなると、無利息期間の効果がとても大きくなります。
低金利のみずほみずほ銀行カードローン等を使うのもよいですが、返済までの期間が短いのであれば、返って高くついてしまうことがあるので要注意。
返済期間が長い場合は、みずほ銀行カードローンを使うと金利を低く抑えられます。

逆に借りる金額が少ない場合は、新生銀行カードローンレイクが良いでしょう。
上記にも書いたとおり5万円以下ならば180日間無利息なので、半年間かなりオトクに利用することが出来ます。
低金利とは言え、金利を払わなければならい状態と比べると無利息期間がある分レイクのほうが良いと考えられますね。

無利息期間があるカードローンでキャッシングはお得?

無利息期間があるカードローンはお得?

様々なサイトで無利息期間があるカードローンと言われていますが、大手のカードローンの中で無利息期間があるのはどこなのでしょうか?

新生銀行カードローン レイク
・契約日から最大180日
プロミス
・初回借入日の翌日から最大30日
アコム
・契約日の翌日から30日

大手のカードローンで、無利息期間がある所はこれだけ!
他にも無利息期間がある物はありますが、知名度が高くないので割愛。
レイクの最大180日には惹かれますが、内容としては5万円以下の借入の場合なので、それ以上借りてしまうと30日間と他の2つと同じ期間の無利息期間となりますね。

30日間無利息だといくらお得?

アコムの無利息期間で計算をしてみましょう。
アコムの無利息期間は、契約翌日から30日間なので即日融資を受ける場合が一番お得です。

10万円を借り入れした時に、1月で返済すると返済額が101,479円。利息分の1,479円のお得。
ですが、50万円の借入の場合は1月で返済すると507,397円。利息分7,397円もお得になります。

一月で返済することを考えれば、金額を多く借りて返済するのがお得になります。

無利息期間の落とし穴

上記の通り、無利息期間中に大きな金額を借りたほうがお得になりますが、1月で返済ができなかったら逆に損をしてしまいます。
金額が大きいほど利息は高くなるので、返済が出来る金額、本当に必要な金額だけを借りるようにしましょう。

無利息期間が延長されるサービス

無利息期間は長い方がいいに決まっています。
利用されている方の多くがそう考えていると思いますが、無利息期間が延長されるサービスがプロミスにあるのはご存知でしょうか。
他のサイトであまり取り上げられていないサービスで『ポイントサービス』があるのです。
無利息期間をポイントで購入をしたり、提携ATMの手数料無料のサービスを利用することも出来ます。

250ポイントで7日間無利息期間が適応され、700ポイントは30日間の無利息期間があります。
無利息期間が延長されるだけでなく、自分に合ったタイミングで利用することも出来るので、大きな金額をを借りなければならなくなった時に使えるのは安心感があります。
借入をしている金額が大きいほど、利息も大きくなるのでそれが1月分減っているだけでも大分違います。

無利息期間と金利はどっち優先?

無利息期間と金利で、どちらを優先するほうがお得に利用することが出来るのでしょうか?
それは、利用する期間と金額によると考えられます。

利用する期間が長く、金額が大きい場合は金利が低いところを優先しましょう。
返済期間が長くなる場合は、どうしても毎月の返済額の中の利息の割合が大きくなり、元金が減りづらい状態となります。最初の1月で多く返せたとしても、焼け石に水。お得になる金額はあまりありません。

利用する期間が短い場合は金額に左右されず、無利息期間があるもののほうがお得になります。
一活返済が出来て、次の利用が無いと考えられる場合は特に無利息期間がある方が良いでしょう。次回の利用が無いのであれば、利息を支払う事無く利用することが出来ます。

また、他にも利用する金額が少ない場合はどちらでも良いと考えられます。
即日融資を受けたいと考える場合は、やはり無利息期間がある消費者金融のプロミスやアコムを利用して借りるのがお得だと言えますが、その日のうちに利用しなければならないわけでないのであれば、みずほ銀行などの銀行カードローンを利用するほうが、金利が低いので最終的に返済の最いに支払いする金額を減らすことが出来るでしょう。

お得に利用する場合は、自分に合った利用法ホを検討してみてはいかがでしょうか?

低金利でお金を借りる方法とは?目的ごとの賢い借り方

お金を借りる目的をはっきりさせて低金利で借りよう

お金を借りる際には色々と目的がありますよね。
銀行や消費者金融などでは目的別ローンといってそれぞれの目的に合わせたローンを用意しています。
目的別ローンは基本的に借入れ額が高額になるものが多いです。そのため利用者は返済計画を立てた上で利用するため、貸し倒れリスクが少なくなります。

それに対してカードローンやキャッシングなどは手軽に利用できますので、その分貸し倒れのリスクが高くなります。そのため、目的ローンに対してカードローンやキャッシングは金利が高めになってしまうのです。

種類の多い目的別ローン

目的別ローンは様々な会社で用意されているため種類が豊富にあります。

住宅ローン
住宅ローンとは居住するための住宅及びそれに付随する土地を購入、新築、増築、改築、既存住宅ローンの借り換えなどの目的のために、土地と家屋を担保として金融機関から受ける融資のことです。無担保で借りれるものもありますが、担保を設定しておくほうが低金利で借りる事が可能です。
マイカーローン
主に自動車の購入や買い替えを目的としたローン。バイクを買う場合はバイクローンなど別に用意される場合も有ります。新車でも中古車でも利用でき、中には免許取得に利用できるローンもあるようです。
教育ローン
入学金や授業料のほかにも、在学中に必要な教材費などにも利用が可能なローン。また他にも留学や学生の一人暮らしのための資金として利用できるものもあります。日本政策金融公庫が取り扱っている国の教育ローンが特に有名ですね。
ブライダルローン
結納、結婚式、披露宴、新婚旅行、新居のための費用等、結婚費用を目的としたローンです。固定金利が一般的とされており、限度額も会社によって異なりますが、300万円~500万円が相場とされています。
その他目的別ローン
旅行、家電、介護、葬儀、着物などを利用する目的を限定した様々な目的別ローンがあります。

目的ローンにはデメリットがある

目的別ローンの場合、使途を確認するために資金使途証明書や領収書などの提出や、相手先への直接入金を条件にしています。
またキャッシングより審査基準が厳しいと言われており、審査結果まで時間がかかるため急いでお金を借りたいと考える人にはかなり不向きです。

また目的別ローンは最初に決定した金額を振り込まれ、あとは返済のみとなります。もちろんこれはフリーローンも同じこと。その点カードローンでしたら、「限度額の枠内であれば何度も利用可能」なので便利ですよね。目的別ローンでお金を借りて旅行に行ったけど、旅行先でお金が無いなんて時に持っていると便利でしょう。

低金利で借りる方法は目的ローンだけじゃない!

お金の借り方としては、目的ローンのほかにもカードローンがあります。大きな違いは、提携ATMやネットバンクなどから自由に借入れや返済ができる事です。
他にも、カードローンの方が融資までの時間が早いなどのメリットが見受けられます。
デメリットとしては最初に述べたとおり目的ローンと比較すると金利が高いことです。
カードローンを利用して、低金利でお金を借りる方法もあります。

高額融資で低金利でキャッシングしたい場合

オリックス銀行カードローンは金利が業界最低水準の年利3.0%~17.8%、利用限度額が最高800万円となっております。
オリックス銀行カードローンはおまとめローンなどの高額融資に向いているといわれています。ど利用限度額ごとに金利がコース設定されており、おまとめでよく利用されると言われている金額帯の400万円コースの場合4.5%~8.8%とかなりの低金利となっています。

おまとめだけのローンも銀行や消費者金融で用意されていますが、そういったローンは目的ローンと同じく追加の借入れができません。
おまとめローンを利用して追加で融資を求めた場合、新規でキャッシングの申込みをしなければいけません。
新規での申込みとなると、金利は初期の高い状態での借入れとなってしまいますね。

ですがオリックス銀行カードローンであれば、新規でキャッシングの申し込みをせずとも、限度額内で何度でも借入れが可能です。
おまとめにあわせて金利の設定も下がりますので、おトクに低金利でキャッシングが利用できてオススメです。

住宅ローンとあわせてもっと低金利!

みずほ銀行カードローンは金利のプランが二種類よういされており、3.0%~7.0%のエグゼクティブプランと3.5%~14.0%のコンフォートプランがあります。
どちらのプランも審査の結果によって決まるため自身で選ぶことは出来ないのですが、どちらも最大限度額が1000万円となっており目的ローンに負けない程の低金利での借入れが可能ですよね。

ちなみにみずほ銀行カードローンの最低金利は住宅ローンを利用することにより0.5%引き下げられた金利です。住宅ローンとの併用だけで金利が0.5%も下がるのであれば、かなりのおトクなのではないでしょうか。

他にもみずほ銀行カードローンはみずほ銀行の口座を持っており、なおかつWEB完結での申込みをすることで、最短即日で利用が可能となっておりスピードも申し分ないです。目的ローンには無い素早い対応は急いでいるときには大変助かりますね。

低金利だけじゃないオススメ無利息期間!

ボーナスや給料日がもう少しだけど、お金が無いなんて時はプロミスアコムなどがおすすめです。
目的ローンなどに比べて金利が少し高めではありますが、低金利に負けない無利息期間といったサービスがあります。
アコムやプロミスは初回30日間の無利息期間サービスというものを提供しております。そのため、その期間は低金利どころか、金利0円でキャッシングの利用が出来るわけです。

プロミスであればポイントサービスに登録し、そのポイントを貯めることで無利息期間を再度利用出来るので、何度でもおトクにキャッシング出来ますね。
ちなみにプロミスの無利息期間を利用するためにはEメールアドレスの登録とWeb明細の申込みが必要となります。アコムの場合も返済期日35日ごとにしなければ無利息期間の利用が出来ませんので、事前に確認するよう気をつけましょう。

また銀行系カードローンの方が良いという場合も、新生銀行カードローン レイクがあります。こちらも初回無利息期間が付いており、30日間と180日間の二種類の無利息期間が選べます。
180日間無利息の場合、借入額のうち5万円までを無利息でキャッシングできます。
契約した翌日から約半年間が無利息期間となりますので、小額で借りることを考えている場合は大変オススメです。

上記に上げたプロミスやアコム、新生銀行カードローン レイクなどは最短即日融資なので急いでる時は助かりますね。
またカードローンですので、目的ローンとは違い限度額内であれば何度も借入れできるから使い勝手も良いでしょう。

ただ使い勝手が良いからといって、使いたい放題にならないよう気をつけましょう。返済計画を立てて賢くおトクに利用したいですね。

目的に合わせて借りたいあなたのためのカードローン

サービス名 金利 限度額 無利息期間
プロミス 4.5%~17.8% 1万円~500万円 初回30日間・ポイントサービス利用で再度利用可
アコム 4.7%~18.0% 1万円~500万円 初回30日間
新生銀行カードローン レイク 4.5%~18.0% 1万円~500万円 初回30日間or5万円以内なら180日間
みずほ銀行カードローン 3.5%~14.0% 10万円~1,000万円 なし
オリックス銀行カードローン 3.0%~17.8% 最高800万円 なし

低金利でキャッシング!メリットとデメリットを検証

低金利キャッシングとは

低金利キャッシングとはキャッシングの中で特に金利が低いもの。
低金利キャッシングを上手く使うことで、利用する時の負担を最小限にできるキャッシングサービスです。

低金利キャッシングのメリット

メリットはなんといっても金利が低いこと。
そして低金利キャッシングのよさは金利の低さだけでなく、融資の限度額が高くまとまったお金を借りることができることでしょう。
細かく何度も借りるなら、低金利キャッシングで一度に借りておいたほうが負担が少なくなります。

低金利キャッシングのデメリット

低金利キャッシングは審査が厳しいといわれています。
金利を低くすることでキャッシング会社にとって大きなリスクになります。そのために通常のキャッシングに比べて審査基準が高く設定されていると考えられています。
そして、低金利キャッシングの場合も長期に支払っていくと、意外と多くの金利の負担があるということを頭に入れておいてください。

各社の金利をチェックしてみましょう

サービス名 金利(実質年率)
プロミス 4.5~17.8%
アコム 4.7~18.0%
モビット 4.8~18.0%
レイク 4.5~18.0%
みずほ銀行カードローン 4.0~14.0%
オリックス銀行カードローン 3.0~17.8%

実際に借りた場合、消費者金融と銀行のカードローンでは利息にどれくらいの差が出るのでしょうか。
こちらで詳しく説明してるので確認してみましょう。
低金利のローンの利息はどれぐらいお得なの?→

こんな人は低金利のキャッシングがオススメ

では、どんな人に低金利のキャッシングが向いているのでしょうか。

借入の金額が大きい(大口融資を受ける)

借入の用途にも異なりますが、希望額が大口の場合は低金利での借入がおすすめです。
借入限度額が多ければ、適用金利が下がる傾向にあります。

長期間にわたってお金を借りる予定

長期間お金を借りた場合、返済回数は増えますが月々の返済金額は小額になります。
毎月の返済時には借入残高に対して利息が発生します。元金の一部と利息を支払うことになるので、長期間の借入をする人はその分多くの利息を支払うことになるので、低金利がオススメです。

1ヶ月以内の短期間で返済予定

上記の2パターンとは違って短期間での返済が可能な方は、無利息期間のあるキャッシングがオススメになります。無利息期間中に完済することが出来れば、利息の負担なくお金を借りる事が出来ます。

他社での借入を一つにまとめたい

他社での利用数が増える前に、低金利キャッシングを利用して出費を最小限にとどめたい人には、おまとめローンを利用することで利息と手数料を半減することも可能です。

低金利のキャッシングを選ぶときのポイント

返済計画を立てずに利用してしまうと、利息の返済額が高額になってしまって返済ができないといった事にも繋がるので借り入れる前にしっかりとした返済計画を立てることが一番重要になってきます。

下限金利ではなく上限金利を見る

ついつい下限の金利を見がちですが、下限の金利が適用されるのは大口の限度額を借りた場合になることが多く、小額の借入の場合は上限の金利が適用となります。
借入限度額による金利の違いはサービスによって異なるので確認してみましょう。

サービス名 金利(実質年率) 借入限度額
プロミス 4.5~17.8% 500万円
アコム 4.7~18.0% 500万円
モビット 4.8~18.0% 800万円
レイク 4.5~18.0% 500万円
みずほ銀行カードローン 4.0~14.0% 1,000万円

無利息期間サービスを利用する

短期間で小額の借入返済なら、プロミスアコムなどといった無利息期間サービスのある金融機関を利用することで、最低限の利息額で済みます。
無利息期間サービスを利用するには、それぞれ会社によって条件が異なるので、自分に合ったサービスを選ぶようにしましょう。

無利息期間のあるサービスはココ!

プロミス

プロミスの詳細 

年率金利:4.5~17.8%
限度額:500万円
審査時間:最短30分
収入証明:50万円で不要

30日間無利息サービスあり:初めての利用ならWeb明細メールアドレスの登録で適用!

※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。

アコム

アコムの詳細 

年率金利:4.7~18.0%
限度額:500万円
審査時間:最短30分
収入証明:50万円で不要

30日間無利息サービスあり:アコムとの契約が初めての人。

レイク

新生銀行カードローンレイクの詳細 

年率金利:4.5~8.0%
限度額:500万円
審査時間:最短30分
収入証明:100万円以下で不要

2種類の無利息サービスあり:

  • 借入額5万円、契約額200万以下の条件で180日間の無利息サービス
  • 30日間無利息サービス

※どちらも初回利用時のみ。

低金利と無利息どちらを選ぶべきか

さいごに低金利と無利息どちらで借りるのがいいのでしょうか。
借入額によって、低金利がお得なのか、無利息サービスがお得なのかが違ってくるので、まずは借入額から考えましょう。

  • 小額で短期間の借入返済ができるなら無利息サービスを選ぶ
  • 高額な借入で短期間での返済に目処がつかない人は低金利を選ぶ

今すぐ借りたい人や短期間で小額の借入を検討中の方はプロミスやアコムなどの無利息キャッシングを選択肢に入れるのもいいかもしれませんね。

低金利のローンの利息はどれぐらいお得なの?

低金利のローンはどれぐらい差があるのか

今回、カードローンを例に上げて金利の計算をしていきます。
カードローンには消費者金融のカードローンや銀行カードローンなどの種類があり、様々な金利が設定されています。
消費者金融のカードローンの場合、4~18.0%前後の金利の所が多く、上限金利のほとんどは18%となっているようです。
銀行のカードローンの場合、3~15.0%前後の金利が一般的です。銀行カードローンの場合、一部では消費者金融と同じような金利形態であったり、上限金利が10%を切る低金利ものもあります。

そこで、今回消費者金融の上限金利平均値である18%と、銀行カードローンの上限金利平均値である15%で比べて計算をしてみましょう。

消費者金融の金利の利息

消費者金融の上限金利の18%の場合は、どれぐらいの利息が付くのでしょうか。
50万円を借入て、半年、1年、3年、5年を借入れをした時の利息を計算してみましょう。
計算方式はプロミスなどの消費者金融で一般的な『残高スライド元利定額返済方式』を使い計算をしてみます。

■返済総額/利息総額■
半年:526,574円/26,574円
1年:550,074円/50,074円
3年:650,721円/150,721円
5年:761,781円/261,781円

半年で返済すると、2万6千円程度ですが、5年借り入れすると10倍の26万も利息を支払わなければなりません。

銀行カードローンの金利の利息

銀行カードローンの上限金利15%の場合は、どのような利息になるのでしょうか。
条件は公平を期すため消費者金融と同じ金額、返済方式で計算してみましょう。

■返済総額/利息総額■
半年:522,100円/22,100円
1年:541,544円/41,544円
3年:623,963円/123,963円
5年:713,682円/213,682円

こちらは半年の返済で2万2千円、5年で21万円とおよそ10倍程度だとわかります。

低金利だとやっぱり利息はお得

上記の2つの割合を比べてみて、3%の違いで5年あると5万円の差が出来ました。半年ですら4千円も差があるので、やはり金利は低いに越したことはありません。
金利の低いカードローンで、大手銀行のみずほ銀行のカードローンがあります。みずほ銀行カードローンの金利は4.0%~14.0%と他の銀行カードローンよりも低い金利になっています。
他の銀行カードローンの上限金利が15%なので、さらに1%分お得に利用することが出来上ます。また、みずほ銀行のように名前の知られた銀行でしたら、借入をするのも安心ですね。

カードローンは低金利だけじゃない。無利息期間もお得

実際にカードローンを利用するときに、低金利にこだわるあまり見落としてしまうともったいないのが『無利息期間』です。
プロミスやアコムで行われているサービスで、どちらも最大30日間の無利息期間があります!
1月の間無利息で利用できるので、1ヶ月以内に返済すれば元金だけで済み、無駄なお金がかからずに済みます。
特にプロミスは、返済方法で手数料無料で行えるものが多いのでお得だと考えられますね。

プロミスの金利でキャッシングをすると利息はどれぐらい?

今すぐ借りたい人は低金利よりスピード重視

カードローンで借入を考えるときに、金利が低いのも重要だけれど、それよりも今日中に借りることのほうが重要だ。と言う人は、消費者金融で借入を考えるの方が良いかもしれません。
銀行カードローンの場合、即日審査を行うと書いてあっても一部の銀行では審査に時間がかかる場合があり、今日中に借りられない可能性があります。

ですが、消費者金融のプロミスやアコム場合は審査時間は最短30分で、銀行カードローンよりもかなり早く利用を開始できる事がわかります。
Web完結で申し込みをする際は、振込融資が出来る時間帯には気をつけて申し込みをしてください。Web申し込み→来店契約でカードの受け取りをしないと即日借入が出来ない場合があります。

お金が無い女性がお金を借りる方法は?女性専用キャッシング

女性の味方レディースキャッシング

レディースキャッシングといって消費者金融などが用意している女性の向けのキャッシングサービスがあります。
本来のキャッシングと大きく異なるのが「女性利用者専用」というのと「女性スタッフが対応してくれる」こと。
ちなみに女性専用だからといって審査が甘くなったり、金利が低くなることはありません。

一番のメリットといえば、男性スタッフの対応が怖いかもしれない・・・・・・と敬遠していた方でも、女性スタッフが対応してくれるのであれば安心して利用ができますね。
在籍確認の際もしっかりと配慮してくれるのでもし自分以外の人間が電話を取ったとしても、助かるでしょう。

レディースキャッシング他に変わるところは?

大手消費者金融ではプロミス新生銀行カードローン レイクがレディースキャッシングサービスを提供しています。
また他の消費者金融でもレディースキャッシングを提供しているところもあるようです。

プロミス

融資額500万円、金利も4.5%~17.8%、本来のカードローンよりも高くなることは有りません。
契約の際にEメールアドレスの登録とweb明細での確認を選択することにより30日間の無利息サービスを受ける事が可能になります。
他にも女性専用ダイヤルのレディースコールというものを用意しており、初めての利用で不安な方にも気軽に問い合わせが出来るよう、女性オペレーターが対応してくれます。

新生銀行カードローン レイク

銀行系で選びたいという方にオススメが、新生銀行カードローン レイクにあるレディースレイクです。
限度額500万円、金利は4.5%~18.0%。
Webだけで簡単に申込みができ、最短当日で借入れが可能です。
また、銀行カードローンなので総量規制の対象外ということもあり、利用しやすいですね。

初回契約時は選べる二つの無利息期間もあります。30日間の無利息期間もしくは5万円以内であれば180日間の無利息期間を選ぶ事が可能です。
契約日から180日もの間無利息なので、希望に合わせておトクに利用したいですね。

専業主婦でもレディースキャッシングは利用できるのか

プロミスや新生銀行カードローン レイクのレディースキャッシングは両社とも本人に安定した収入が無いと申込みが不可能となっております。
主婦の方でもパートやアルバイトまたはオークションや内職などで一定の収入を得ているのであれば、利用できる可能性があるのですが、収入の無い専業主婦の方は利用できる確立がかなり低くなってしまいます。

中小消費者金融は特に本人に収入がないとキャッシングの利用が難しいのですが、中には配偶者貸付を行っている会社もあるようです。
配偶者貸付とは『総量規制の例以外として、配偶者と合算して、(二人分の)借入れが(二人分の)年収3分の1まで借入れを行うこと』です。

ですが中小消費者金融で配偶者貸付を行っているところは平均しても15.0%~20%となっており、かなり金利が高め。
大手消費者金融のように提携ATMも多くはありませんので、借りれるところが限られていたり、振込しか対応していなかったりと不便なことが多いです。

また配偶者貸付を行う場合は配偶者の同意書、配偶者と婚姻関係を示す書類、配偶者の年収を証明する書類などを提出する必要があるため、手続きに手間も時間も掛かってしまいますね。

専業主婦でも利用できるカードローン

レディースキャッシングとは少し異なってしまうのですが、専業主婦でも利用が可能な銀行カードローン、それがみずほ銀行カードローンです。

専業主婦でも配偶者に収入があれば利用できるのですが、みずほ銀行の口座を持っていればweb完結で申込み可能で最短即日で利用が可能となります。
専業主婦の場合は30万円までと少し限度額が低めになるのですが、金利も4.0%~14.0%と比較してもかなり低いためオススメ。

キャッシングのカードとキャッシュカードを一体化できるため、お財布の中に入れたおいてもばれることもありませんね。
みずほ銀行の口座を持っている方や、金利が低いほうがいいと考えている専業主婦以外の女性の方にももちろんオススメです。

女性のためのオススメキャッシング

サービス名 金利 限度額 無利息期間
プロミス 4.5%~17.8% 1万円~500万円 初回30日間・ポイントで追加期間あり
新生銀行カードローン レイク 4.5%~18.0% 1万円~500万円 初回30日間or5万円以内なら180日間
みずほ銀行カードローン 3.5%~14.0% 10万円~1,000万円 なし

※プロミスの無利息期間の利用はEメールアドレスの登録とWeb明細の利用登録が必要です。

レディースローンで借りるメリットや口コミ

レディースローンのメリット

レディースローンと聞いてピンと来ない人も多いのではないでしょうか。
最近テレビCMで『女性に安心』『女性のためのキャッシング』と言う言葉が流れるようになってきましたが、まだまだ認知度は高くありません。

レディースローンとは、女性専用キャッシング、女性専用ローンとも呼ばれるカードローンです。女性限定にしたサービスで、女性のオペレーターが対応するなど不安感をなるべく無くすようになっています。

レディースローンのメリットとしては、やはり女性専用であることが大きいです。
他のカードローンの場合、電話先の相手が男性で物怖じをしてしまう人等は特に良いですね。女性ならではの相談も出来るのがイイ!と評判です。
また、利用限度額は他のカードローンよりも少なめに設定されていることが多く、使いすぎないので安心です。

普通のカードローンと違う

普通のカードローンですと、女性の場合は収入や生活環境によって審査が通りにくい場合があると言われています。属性によってカードローンの審査が落とされてしまうこともあるのです。

レディースローンの場合は、他のカードローンよりも女性であることを考慮した審査になると言われいるようです。
ですが、返済能力がないと判断されてしまうと審査落ちをしてしまうので、甘く考えず理路整然とした生活を心がけておくことが大切です。

ですが、普通のカードローンとの違いはほとんどありませんが、男性が利用することが出来ない事が一番の違いだと考えられます。

専業主婦も借りられる?

レディースローンと書いてありますが、消費者金融のレディースローンの場合は借りることが出来ません。貸金業法による総量規制の問題で、収入の3分の1以上借入が出来ないので年収0円の場合は0円しか借りれません。
アルバイトやパートを行い、収入がある必要があります。

収入が無い専業主婦の場合は、銀行カードローンを探す必要があります。
銀行カードローンの場合は総量規制の対象外なので、借入が出来る場合もあります。

レディースローンの口コミから分かること

レディースローンの口コミは色々とあります
・女性専用ダイヤルから電話をかけたら、ちゃんと女性が対応をしてくれました(笑)
・ダメ元で申し込んだけど借りられた!
・オペレーターがとても丁寧です
・アルバイトでお金を借りられなかったんだけど、レディースローンは審査が通った
・最初に電話をかけた時は女性だったけど、結果通知が男性だった。落ちたし最悪
・名前も聞いたことが無い所に申し込んだら女性専用ダイヤルなのに男が出た

など、色々とレディースローン自体に口コミがあるようです。
比較的良いと言う口コミが多く見られますね。
ですが、一部批判的な内容としては男性が対応する所もあるようです。

プロミスやモビットといった、大手の場合は特にそのような事が書かれていないようです。
安心して使うのであれば、大手消費者を利用するのが理想でしょう。

甘い審査レディースローンと言う無いように注意

レディースローンを探していると『審査が甘い』や『審査無し』と言う内容をたまに見かけます。
ですが、そのような内容は基本的に違法業者による違法行為なので、気にかけてはいけません。

主婦や、散財癖のある女性等を狙ってくる事があるようですので、絶対に手を出さないようにしましょう。
ブラックOK無審査、審査激甘、審査なしで、まともな貸金業者は存在しません。
違法業者に手を出してしまうと、その後の人生を大きく狂わせてしまうので注意をしておきましょう。

学生ローンとカードローンの違いって何?

学生ローンとカードローンの違い

学生ローンとカードローンには違いがあります。
学生ローンの場合は、文字通り学生を対象としたカードローンと考えて良いと思います。
そうなるとそもそもカードローンって何?と言う疑問点が出てきますね。

カードローンとは?

カードローンは、銀行や消費者金融が提供しているキャッシングサービスの一つで、分割払いを行って返済していく事が出来るのが特徴です。
また、カードローンは担保や保証人を必要としない『無担保ローン』だと考えて良いでしょう。
信用情報や属性、収入によって、貸し付けを出来る金額が決定されます。

無担保ローンとは言いますが、信用情報に記録されるため『信用を担保にしているローン』として覚えておく必要もあります。
返済をちゃんと行わないと、今後自動車ローンや携帯電話の分割払いなども利用できなくなるリスクもある事は忘れてはなりません。

カードローンには種類があり、銀行が発行しているカードローンと消費者金融が発行しているカードローンがあります。
消費者金融の場合は『総量規制』と言われる規制の対象となります。
年収の3分の1以上貸し付けをしてはいけないと言う法律で、年収が0の人は借入が出来ないので注意が必要。

総量規制とは?総量規制の対象、対象外をわかりやすく解説

学生ローンとは?

カードローンの一種で、対象年齢や客層が違う消費者金融だと考えておくと分かりやすいでしょう。
学生ローンの場合も、消費者金融同様に総量規制の対象となります。
なので、アルバイトをしている事が必須条件だと言えるでしょう。最近はブログ等で収入がある自営業者も学生に多いですが、確定申告をしておく必要が有るため注意が必要です。

18歳以上の大学生や専門学生が学生ローンの対象となるので、高校生は利用できません。
学生ローンと言っても、すべての学生ではなく高校卒業後の人と考えておいたほうが良いのではないでしょうか。実際大学生でなくても、高校卒業後社会人になった人が利用することも出来ます。

学生ローンとカードローンはどっちがいいの?

学生ローンとカードローンを比べてみると、学生ローンの金利や利用することの出来る範囲が違います。
学生ローンの場合は、18歳以上の安定した収入がある大学生が対象となりますがカードローンは20歳以上の全ての安定した収入がある人が対象となります。
なので、20歳を超えている場合はカードローンを利用する方が今後の事を考えると良いのではないでしょうか。

就職で地方から都会に出る場合や、都会から地方に行く等、今いる土地から離れる場合学生ローンの場合銀行振込をしなければならなくなります。
ATMで返済が出来る消費者金融のカードローンの中には、手数料無料のものがありますが、銀行振込しか出来ない状態になると手数料が必ずかかります。
そうなると、不便極まりない上に無駄な出費が増えてしまいますので、返済のことを考えるとカードローンで利用するのが良いではないでしょうか。

他にも、金利が下がりやすかったりキャッシングに関するサービスが充実しているので、学生ローンよりもカードローンで借入をした方がいいことが分かります。

ただし、どちらも『借金』であることには変わりありませんので、返済計画をちゃんと立ててから借入をしましょう。
出来ることなら学生の間に借金は作らないようにしたいものですね。

学生が即日でローンを組むならカードローンと学生ローンどっちがいいの?

5社のカードローンを比較!ピッタリのサービスを探そう!

学生ローンは審査が緩い?使い方

審査が緩い?と思える理由

学生ローンは、実は学生でも気軽に利用できます。そのため、いざお金を借りたいと思ってもその利用をためらってしまう学生もいるではないでしょうか。
一般のキャッシングサービスを利用してみようと思うと、審査が心配ですよね。
学生ローンだったら簡単に審査が通ったと言う話はよくありますが、具体的に何が違うのでしょう?

学生ローンも消費者金融の一つ

学生ローンも消費者金融の一つで、あくまで学生対象のカードローンであるということを覚えておきましょう。
学生ローンは教育ローンと違い、フリーローンであるカードローンの一種なので、多額の借り入れをするには収入がその3倍必要となります。

その理由としては、総量規制と言って『貸金業者は収入の3分の1以上の貸し付けを行ってはいけない』と言う法律に基づいた理由があるからです。
その為、学生ローンの限度額は50万円以下などの低額に抑えられている傾向があるようです。

学生ローンの収入の安定の基準について

学生ローンの場合、一般的なキャッシングサービスと比べて収入の基準が甘いのか、と言われればそうではありません。
社会人の場合は、基本的には土日を除いて週5毎日働きます。つまり週5日はフルタイムと言う事に、収入が安定していると判断されますが、学生も週3日ほどのアルバイトでも収入が安定していると判断される事が多いようです。
学生ローンの場合、その当たりの事情を考慮すると言われているようですが、実際には消費者金融のキャッシングサービスでも問題なく借入が出来る事が多いようです。

学生という肩書がある以上、学生は稼ぐのが仕事ではなく学ぶのが仕事と言われていますが、現在のように多様化してきた社会では毎日お金を稼いでいる学生もいます。
アルバイトの掛け持ちなんてよく耳にする話ですよね。

さらに、夏休みや春休みなどであれば毎日のようにフルタイムで働く人もいます。
実際に、毎日朝から夕方まで働けばそれなりの収入になるでしょう。また、平日のバイトでも深夜であったりすると時間が短くてもそれなりの金額を稼げますよね。

週3日程度入って毎週2万円以上稼げば、月に8万円以上になります。その為、年間であれば100万近くの金額を稼ぐことが出来ますよね。アルバイトでもその金額があれば安定した収入として認められる事が多いようです。

日雇いのアルバイトは緩くない

ある学生二人がいて、一人は日雇いのアルバイトで月20万円を稼いでいる人がいました。もう一人はコンビニで月8万円の稼ぎです。
日雇いで20万稼いだ人は、日雇いなのでいつやめてしまうのかわからないと言う事でローンの審査を落とされてしまったのですが、コンビニで働いている人は2年目になるので安定した収入だと認められてローンの審査を通過した。
ということが以前ありました。

審査の基準として、アルバイトの場合は勤続年数等が考慮されるようです。
最低でも半年以上は同じ所に勤めておくことが大切だということですね。

ですが、安定した収入の基準は、それぞれの業者によって異なるで、わかりやすく基準が目に見えるように決められている訳ではありません。
自分が実際に借りられるかどうかを確かめるには、業者の簡易診断サービスなどを利用するといいでしょう。

簡易診断サービスとは、各種業者公式HPのトップに設置されていることがあり、最低限の情報を入力して即座に借り入れ可能かを診断するサービスです。簡易審査と言う言葉も目にしますが、こちらは審査なので申込をしないと利用できません。

申込をし過ぎると、半年間情報が残ってしまうので他のところからの借入もどんどん難易度が上がっていきます。

他ローンと較べて楽なわけ

学生ローンの利用が他のと較べて楽だと言われている理由は、学生証で申し込みが可能だからと言われています。
消費者金融の借入で免許証の他にも、保険証やパスポートでも受け付けをしてくれるので、学生ローンだけに借入の的を絞る必要はありません。

難易度が高いと思われがちな収入証明書も、50万円以下の借入なら不要なので安心していいでしょう。
学生の間に50万円以上の高額な借入をする必要なんて、そうそう無いと思います。
なので、学生ローンに限らず消費者金融のカードローンの利用も検討してみてください。

学生はカードローンで借入が出来るの?

学生はカードローンで借入が出来るの?

学生はカードローンで借入が出来るのか

「どうしても飲みに行くお金が足りない!」「今月の家賃分も使ってしまった!」という大学生の人は多いのではないでしょうか。
特に一人暮らしを初めて、お金の管理を自分でするようになってから間違えてしまうなんてことがありますよね。

そんな時にカードローンを使ってみたいと考えたものの、学生がカードローンで借入が出来るのか分かららないと言う意見がありました。

カードローンの多くは『年齢20歳以上のご本人に安定した収入のある方』を対象にしている物が多いです。その為、大学生の方も20歳以上でしたら利用する最低条件の一つはクリア出来ます。

もう一つのご本人に安定した収入のある方。となっているのでこちらは注意が必要です。
仕送りなどの場合は、安定した金銭ではありますが、本人が得た収入ではありません。税法上所得とは認められないからです。その為、アルバイトや派遣、その他の収入が得られる状態であることが必須となります。
アルバイトでしたら、週に3回ほど最低でも入っていることが安定した収入があることの条件になると言われています。月に1回しか入らない人の場合は、いつ辞めてもおかしくないと思われてしまうからです。
安定した収入とかんがえるには、安定して仕事を続けるということも必要になりますね。半年以上同じ所で勤めていると良いと考えられます。
また、日雇いのアルバイトは安定した収入と認められづらい傾向にあるので注意が必要です。

カードローンを学生が使う利点

学生がカードローンなんて、と思う大人も多いですが、利点も多いことを理解しておかねばなりません。
大学生となると、ある程度お金を使って遊ぶ機会が増えてきます。そうすると、中高生の頃よりも金銭感覚が大雑把になりがちで、お金の貸し借りも多くなることが統計的にも出ています。
しかし、友人間で貸し借りをしていると、どうしても金銭のことなのでトラブルになりがちです。貸した側は「返してなんて言えないし」と言ってズルズル引きずって大きな亀裂になることも多々。

このようなトラブルを避けると言った意味では、カードローンでお金を借りるというのはとても有効的です。
カードローンの場合は、どうしてもお金がないときに借りて返済をちゃんとすれば、後腐れも無い物です。
借入を行うのであれば、親しい友人ではなく会社から借入をしておけばいらない心配をせずにすみそうですね。

また、学生のうちは少額の利用となるので、借入返済を繰り返すことでクレジットヒストリーが多くつくことになります。
クレジットヒストリーで遅延などが無いと判断されれば、他の金融機関からもちゃんと返済が出来る人として判断されて、クレジットカードなどの審査が通りやすくなる事もあるのです。

学生がカードローンで借入をする時の注意点

学生がカードローンを使うときの注意点は、借入をしていることを忘れないというのが最も重要です。
お金を借入ると言うことは、借金をするということです。
なので、お金を借りたら必ず返さなければなりません。踏み倒しをしようとしても、裁判所から出頭命令が出るなどの恐ろしい事態にもなりかねないので注意をしましょう。

また、返済が遅れるのも注意が必要です。
返済の遅れは「信用情報機関」に記録されます。CICやJICCと呼ばれる所に保管され、5年は消えません。その為、社会人になってからクレジットカードを作ろうとしても審査が通らなかったり、自動車ローンが利用できなかったりします。

他にも、申し込みの時に幾つかの注意点があります。
限度額を必要最低限以上にしてしまったり、収入などを見栄を張って多く書くなどです。
利用限度額を念のために30万円にしとこうと思っても、学生なので30万円の返済は難しいと判断される事も多く、利用限度額は必要最低限の金額に抑えておかないと審査落ちをしてしまう可能性があります。
また、収入の金額を見栄を張ってかさ増ししても審査落ちの対象となります。
消費者金融や銀行は収入などの情報をちゃんと調査していますので、審査の際に虚偽申告をしてもすぐにバレてしまいます。それどころか本当に必要なときに貸してくれない可能性も出てくるので絶対に『嘘』は書かないようにしましょう。
嘘でなくても、書き間違い等で虚偽申告をしたと捉えられることがあるので、そちらも注意が必要です。

金利の計算や方式違いは?どれがお得?

金利の計算方法

金利から利息を求める基本的な計算方法は
『借入金額×金利÷365(1年)×30(1ヶ月)』
です。

それぞれの返済方式による違いを見ていきましょう。

アコムの返済方式

アコムの返済方式は『定率リボルビング方式』
定率リボルディング方式は

『借り入れ残高×一定の割合=最低返済額(月)』

で毎月の返済額を計算することが出来ます。
一定の割合は、30万円までは4.2%、100万円までは3.0%、それ以上は2.0~3.0%です。

20万借り入れをした場合は20万×4.2%=8400円。
千年単位での支払いのため、9千円が最低返済額となります。

プロミスの返済方式

プロミスの返済方式は『残高スライド元利定額返済方式』
初めのうちは、返済額の利息が占める割合が高いため、返済を何度かして確認した時に元金がほとんど減っていないことがあるので注意が必要。
ただし、繰り上げ返済がかなり効果的に働くので、利息をあまり払いたくない人は短期間の返済がオススメです。
最低返済額は、借りる金額によって変動します。

モビットの返済方式

モビットの返済方式は『借入後残高スライド元利定額返済方式』
返済方式としては、基本的にプロミスと同じタイプの返済方式。
最低返済額は借りる金額によって変動します。

レイクの返済方式

新生銀行カードローン レイクの返済方式は『残高スライドリボルビング方式』『元利定額リボルビング方式』の2種類あります。
残高スライドリボルディング方式は、ご利用残高に応じて最低返済額が変わる方式。残高が少なくなっていくに連れて、返済額が少なくなるため長期化しやすいのが難点。
元利低額リボルディング方式では、毎月一定額を返済するシステム。
返済額は利用限度額によって変動します。ですが、一定額を返済していくので元金が残高スライドリボルビング方式よりも減りやすいので、こちらがオススメ。毎月一定額の返済なので、負担も少ないです。

みずほ銀行カードローンの返済方式

みずほ銀行カードローンの返済方式は『残高スライド方式』
レイクの残高スライドリボルビング方式と同じく、返済が進むに連れて返済額が少なくなって繰り上げ返済を行うと効率的に元金を減らせます。

オリックス銀行カードローンの返済方式

オリックス銀行カードローンの返済方式は『残高スライドリボルビング方式』
レイクの返済方法と同じです。
残高が減ると返済が楽になるメリットがあり、特にオリックス銀行カードローンの場合借入額が高い人向けのカードローンなので、効果的に利用出来ると考えられます。

どの返済方式が一番お得なのか

返済の際の金利等の条件を一定にして、返済をするのであればアコムが一番お得。
ですが、それでも年間数千円程度の差しか出ないので、あまり気にする必要はないと考えられます。

どの返済方式でも『繰り上げ返済』を意識することが大切です。
繰り上げ返済を行えば、元金を効率的に減らすことが可能なので、支払う利息の金額がかなり少なくて済みます。

また、金利を意識しておくことも大切。

サービス名 金利(年率) 審査時間 限度額 アコム 4.7~18.0% 最短30分 500万円 プロミス 4.5~17.8% 最短30分 500万円 モビット 3.0~18.0% 最短即日 1~800万円 みずほ銀行カードローン 4.0~14.0% 最短即日 1000万円 オリックス銀行カードローン 3.0~17.8% 最短即日 1000万円

無利息期間を有効に使うのが一番お得

金利や返済方式について説明しましたが、一番お得なのは無利息で借りること。
金利や利息の事を考えないでいい期間がある『無利息期間あり』のカードローンを検討してみましょう。
プロミス、アコム、レイクでは、30日間の無利息期間があります。プロミスではポイントサービスでその無利息期間を延長でき、レイクでは5万円以下の借り入れ分を180日間無利息にするか、全額30日間無利息にするかを選ぶことが出来ます。

現在借り入れをしている人も、借り換えをして無利息期間を利用することも可能です。

自分に一番合った返済方法から申し込みをしてみてはいかがでしょうか。

カードローンとは?基礎知識を知っておこう

カードローンとは

基礎知識として、そもそもカードローンとは一体何なのでしょうか?
テレビCMや銀行に行くと置いてあるパンフレットで名前を見たことはあるけれど、何なのかわからない。お金を借りたいと思った時に便利というけれど、取り立てが不安……。

カードローンとは、銀行や消費者金融の行っている『個人向け無担保ローン』です。
なので、実際に借入をする際に資産を担保にする必要はありません。また、カードローンのほとんどは無保証人で利用できるので、保証人になってくれる人がいないと思っている人は気にする必要がありません。

他のローンと比べると、自由度が高いのが特徴。
住宅ローンや自動車ローンは使用用途が限定されていますが、カードローンはフリーローンと呼ばれて、利用目的が限定されません。基本的に生計費と言われ、借りたお金で家具を買うのも食事に行くのも問題ありません。
ただし、個人事業主の生計費及び事業費に限ると表記されているカードローンや、生計費に限ると表記されているカードローンも多いようです。企業の運用資金に使うのは出来ないようですね。

カードローンが人気な理由

カードローンの利用目的として、生活費や娯楽、交際費が上位に上がることがしばしばあります。
生活費の補填として使う場合、給料日前にお金が尽きてしまった人が、給料日までの間で借り入れをすると言う使い方が多いのではないでしょうか。
娯楽、交際費は旅行などの際に使われることが多いようです。旅行先のATMで借入をする形だと考えられますね。
他にも恋人へのプレゼント、趣味の楽器や限定のアニメグッズをすぐに買いたいから、なんて身近な意見も多く見られます。

また、人気な理由の一つに何度でも借入返済をすることが出来る事もあります。
住宅ローンや自動車ローンの場合は一度借りたら、あとは返すだけです。ですが、カードローンは何度も借入返済が可能です。
一度契約をしておくと、必要なときにお金を借り入れすることが出来て安心できるというのが意見として上がることがあるようで、他のローンと比べて自由度が高いと言うのは利用者に取って有難いことなのだと分かります。

カードローンには種類がある

カードローンにはいくつか種類があります。
中でも大きく2分類されているのが、銀行カードローンと、その他のローンです。
銀行カードローンの場合、他のカードローンは貸金業法によって定められているものが適応されず、銀行法によって決められます。
その為総量規制と言われる規制の適応外になります。

ですが、消費者金融の場合は銀行カードローンと比べてキャッシングサービスに柔和である事が多く、返済方法や利用出来る提携ATMが多いことが特徴となります。

■総量規制■
貸金業法によって、貸金業者は顧客の収入の3分の1以上の貸し付けが出来ない。一部の例外もある(おまとめローン、等)

忘れてはいけない基礎知識とは

カードローンの基礎知識として忘れてはいけないこととは『借金』であることです。住宅ローンや自動車ローン同様にお金を借りている以上返済をすることが必要となります。
返済方法は一括返済だけでなく、リボ払い(リボルディング払い)や分割返済があり、返済方式も含め各金融機関によって様々です。

返済方法も、金融機関によります。毎月口座振替のみのものもあれば、消費者金融同様に様々な提携ATMから返済できるものもあります。
また、手数料がかかるものからかららないものまで様々です。

また、返済する際に借りた分だけ返すのではなく『利息』を含めて返す形になるのも忘れてはなりません。
利息とは、返済する金額に金利をかけて1年間で割った金額です。日割りで利息はついていくので、早く返したほうが利息は少なくて済みます。
返済額を少し無理をしてでも多く払うことで、利息を払うリスクを少なくする事が出来るのは覚えておいて損はないでしょう。

審査での会社に電話を回避!内緒でキャッシング出来る

そもそも審査に電話が掛かってくるのはなぜ?

キャッシングやカードローンなどを申込んだ際に、審査の過程で電話が掛かってくるのは「在籍確認」または「本人確認」とも呼ばれます。
信用調査の一種で申込者の勤務先で電話を掛けることで勤務先が確かに存在し、そこに本当に在籍しているかなどを確認するものです。
ちゃんと職についており安定した収入があるのかを確認し、返済の可否を確認するのです

この在籍確認などの会社への電話ですが、基本的には避ける事が出来ないといわれています。

会社への電話を回避できる方法がある!?

基本的には回避できないと言われている在籍確認ですが、モビットであればいくつかの条件をクリアすることで、電話なし・郵送なしのWEB完結での申込みが可能となります。

  • 三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に口座があり、その口座をモビットからの振込貸付と口座振替による返済に利用すること。
  • 本人を確認できる書類として「運転免許証」か「パスポート」の写し
  • 現在の収入を証明できる書類として「源泉徴収票」「税額通知書」「所得証明書」「確定申告書」「給与明細書(直近2か月分)」のいずれかの写し
  • 勤め先を確認できる書類として「全国健康保険教会発行の保険証(社会保険証)」もしくは「組合保険証
    」と「直近1ヶ月分の給与明細書」

またこれに加え、書面の交付をインターネットにての交付を承諾すること、交付した電子書面ファイルを保存できる環境である事が必須となっています。
カード申込よりは書類や条件が多いためかなりの手間が掛かってしまいますが、会社に電話が掛かってこなくなるのは嬉しいですね。
※申し込みの状況によって要望に沿えない場合があります。
[モビット]

他にもある?会社への電話回避方法

プロミスなどの消費者金融の場合は基本的には在籍確認の回避が不可能となっていますが、
Web完結を利用することで会社への電話を回避することが可能な場合があります。
その場合社員証や給与明細などの確認で済むことがあります。
確認の電話がかかってきた時などに担当者に相談してみるのも良いでしょう。
ただし、書類のみでの審査希望が必ず通るわけではないので気をつけましょう。
[プロミス]

在籍確認はそんなに怖いものではない

WEB完結のための資料が用意できない、または在籍確認は回避できないとなってしまい、会社に電話がかかってきたからといって周囲の人間にキャッシングを利用する事がばれるというわけではありません。
会社に電話がかかってくるイコール会社の人間にばれてしまうと考える方もいるようですがそれは違います。

会社の電話口で名乗られたらばれてしまうのでは?

審査のために会社に電話がかかってきて自分以外がとった場合、消費者金融の担当者が社名を名乗ってしまうとすぐバレてしまいます。そのため、消費者金融は一切社名を名乗ることはしません。
名乗るのは担当者の個人名だけを名乗るのです。
同じくカードローンのサービスを提供している銀行の場合ですと、申込者から特に要望がない限り銀行名を名乗ります。そのため周囲にカードローンを申込んだと怪しまれることもないでしょう。
ちなみに銀行の場合も希望すれば個人名で掛けてもらうことも可能なようなので、事前に希望を伝えておくと良いでしょう。

ちなみに他の銀行名や会社名または偽名を名乗ると法律違反になってしまうため、そういった希望は通りません。名乗れるのは実際の会社のみとなります。

在籍確認はどんな内容の話をするのか

申込者本人が審査の電話に出た場合は名前の確認をするだけ、また業者によってはその場で住所や生年月日を聞くこともあるようです。

反対に申込者本人が審査の電話に出れなかった場合は「ただいま外出中です」や「本日は休んでおります」などの具体的な不在理由を答えてもらうことで在籍確認が終了となります。
中には、掛かってきた電話を不審に在籍しているにもかかわらず「○○はおりません」と電話を切られてしまい、審査に落ちてしまうなんてこともありますので、カードローンなどは言わず自分あてに電話が来るかもしれないなど伝えておくのも良いでしょう。

厳重に注意していてもばれてしまうことのある電話

担当者ももちろんキャッシングのプロですので、しつこく用件を尋ねられたりしても第三者に話すことは一切ありません。ですが、慎重に慎重を重ねたとしても不意に知られてしまう可能性が0になるわけではないのです。

個人名でかかってきた電話にもかかわらず、生年月日や住所などを伝えていると、自分で在籍確認の電話を取った場合怪しまれるかもしれませんよね。

自信が取れなかった際でも、電話を代わりに取ってくれた同僚がキャッシング経験者であった場合気づかれてしまう可能性は決して低くはないでしょう。また外部から個人名での電話が珍しい職場であればなおさらのことですね。

念のために「クレジットカードの会社から連絡が来るかもしれない」など事前に伝えておけば周囲に怪しまれることも少なくなるかもしれませんね。

これは気をつけたいキャッシング

審査のために会社に掛かってくる電話が嫌だからといって、審査なしと書かれているキャッシングを申し込むのはやめましょう。
審査を全く行わないでキャッシングできるなどと大きな声で言う会社は、まともな会社では一切ありません。
ヤミ金融の恐れがありますので、法外な利子を請求されたり、違法な取立てをされる恐れがあります。後悔をしないためにも絶対に手を出さないようにしましょう。

会社に電話がかかってくるのが嫌だからといって、在籍確認のために偽装会社を利用するという方もいるようですが、それも絶対に行わないでください。
違法というのもありますし、ばれてしまう事がほとんどです。本当の会社を言っておけば通ったかもしれないのに、偽装会社を利用したことにより、落ちてしまっては元も子もないですよね。
在籍確認はあなたの信頼情報を確認するためのものです、悪いことをしているわけではありませんのでドンと構えていましょう。

在籍確認は怖いことではありませんが、必要書類が全て用意できるというのであれば、WEB完結のモビットを利用するのも良いですね。
[モビット]

在籍確認で固定電話無しは不利になる?カードローン審査の話

在籍確認の際に家に固定電話は重要?

カードローンの審査等を受けるときに必要な『在籍確認』ですが、家の固定電話はドレぐらい重要なのでしょうか?
答えは『現在あまり重要ではない』です。

固定電話があるほうが、審査に有利だと言われていますが、実際の所携帯電話だけで固定電話が無くても問題ないと考えられます。
現在多様化した生き方がありますので、固定電話が無い家庭も増えているからです。

ですが、電話機器が一切無い人は注意!
現在パソコンのインターネットだけで、生活するので事足りると考えられますが、何かあった時にすぐ電話が出来ないと言うのは『返済が滞った時に連絡が出来ない』と言うことなので、審査で不利に働いてしまいます。
携帯電話だけでいいので、用意をしておくことが大切です。

在籍確認の際に職場の固定電話は重要

カードローンだけではなく、審査の際に在籍確認があるもので『職場の固定電話』はとても重要です。
零細企業の一部では、代表取締役社長の携帯電話が直接受付になっている場合があります。
その場合、在籍確認をする為に電話をかけるのが不自然となるため、在籍確認を取れないと判断されて、審査落ちをしてしまう可能性があるのです。
例外的に個人事業主の場合は、携帯電話でも問題がない事もあるようです。

また、固定電話でも電話に出れない事が続く場合もNG。
例えば会社で、形式上固定電話をつけているけれど、ほとんど使われいない為出られる事のほうが少ないとなると『在籍確認が出来ない』として早々に審査落ちをしてしまう事があります。

固定電話があるならWeb完結の申し込みで解決

社員として働いている会社で、固定電話はほぼ使われていないけれどある。と言うのであればWeb完結での申し込みがオススメ!
Web完結の申し込みで、在籍確認を書類で済ませることが出来るものであれば、固定電話に電話がかかってくることはありません。

在籍確認を書類で済ませる場合、多くの金融機関で必要になるのは次の通り。保険証や社員証、給与明細(直近数カ月分)等です。これらを用意しておくと良いでしょう。
オススメなのはモビット。
モビットの場合、Web完結で『電話連絡なし』と公式サイトで名言されているため、Web完結での申し込みができる人はこちらから申し込みをすると良いでしょう。
[モビット]

在籍確認の審査は何を聞かれるの?

在籍確認の電話での審査で何を聞かれるのかご存じですか?
『〇〇さんはいらっしゃいますか?』
たったこれだけです。

文字通り、その企業に在籍していることを確認したいだけなので「少々お待ち下さい」や「ただいま席を外しております」と言われれば、在籍確認通過です。
審査と言っても、本当にそこにいるのかの審査ですので、実際に電話がかかってくる状態だとしても気にすることは無いかもしれません。

もしも在籍確認の電話がかかってくる事が原因で、固定電話の番号を書かないようにしようとお考えであれば、考えなおしたほうが良いでしょう。
嘘を書いていしまうと、審査に影響してしまいます。

固定電話がないと絶対に審査が通らないの?

絶対に審査が通らない、という訳ではありません。
ですが、銀行カードローンのように審査が厳しいと言われている所では借り入れが難しいかもしれません。

固定電話の有無よりも重要なのは、返済能力です。
会社に勤務している勤続年数がながければ、その分返済能力が高いと考えられます。
また、過去にクレジットカードや奨学金などの返済で遅延を起こしていなければ、審査が有利になります。
家に固定電話がないからと言って審査を諦めなくて良いでしょう。
会社に固定電話がない場合でも、とりあえず申し込みをしてみると審査が通った。と言うこともよくあります。一度審査を受けてみてみるのも大切かもしれません。